林修のニッポンドリル 仁丹!もちっ子!昭和の大ヒット商品が奇跡の進化!

『林修のニッポンドリル』(はやしおさむのニッポンドリル)は、フジテレビ系列で2018年4月25日から放送されているクイズバラエティ番組である。2018年10月3日からは、フジテレビが20時台のフライングスタートを廃止したことに伴い、放送時間が毎週水曜日 20:00 - 21:00(JST)となった。東進ハイスクールの講師である林修の冠番組となる。レギュラー開始前、2018年1月6日にパイロット版が放送された。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年10月31日(水) 20:00~20:54
放送局 関西テレビ

番組概要

オープニング (その他)
20:00~

「世紀の天才フェルメールの罠」の番組宣伝。

オープニング映像。今夜は大ヒットした仁丹などについて迫る。

キーワード
仁丹

昭和の大ヒット商品は今 (バラエティ/情報)
20:01~

大阪の森下仁丹という会社が販売した常備薬「仁丹」。口に数粒いれて舐めて清涼感が得られるもので、昭和生まれは懐かしさを感じる商品。作られたのは1905年、当時は万病に効果があると言われ日露戦争に赴く兵隊が常備したといわれている。1982年には売上38億円になるまで成長したが、2000年を過ぎると数を減らし今の若者はあまり知らない。その理由は宿敵であるガムや超刺激のタブレット菓子が流行ったため。

現在の森下仁丹はどうなっているのか取材。現在の社長は駒村純一さん、2003年には30億円の大赤字になるまで転落していた。それでも2010年からは仁丹ではない商品が大ヒットし売り上げを伸ばしている。

このあと、70億円を稼ぎ出した驚きの技術とは?

キーワード
森下仁丹
仁丹
日露戦争
こち亀

昭和の大ヒット商品は今 (バラエティ/情報)
20:11~

森下仁丹はある商品が大ヒット、年間70億円のV字回復となった。そこにあったのは使われずに眠っていた特許、仁丹の欠点を解消するため生まれた技術。仁丹は銀箔で包んでいるため硬く溶けにくく不評だった。それを解消するため開発していたのはシームレスカプセル、仁丹を溶けやすい物でコーティングするために開発、つなぎ目のないカプセル。今までのカプセルと違って液体も入れることができ、液体化した仁丹を販売したが全く売れず特許は眠ってしまった。この特許により生まれたのがカプセルの中にマウスウォッシュを入れた口臭予防カプセル、100社以上から商品を請け負い年間70億もの売上となった。

林修が森下仁丹について解説。現在の社長・駒村純一さんは会社復活の為に呼ばれた人物、外部から見ると伝統ある企業だけど老舗病という状況にあった。老舗だからとあぐらをかいて、暖簾の重さが新しい事をできなくさせていた。そこからの脱却が業績復活につながった。

1971年に東芝が発売したのが全自動でもちが作れる「もちっ子」。1974年にはヒット商品ベスト10にもランクイン、現在も当時の商品が残っている。途中で鳴るブザーの音が思ったより大きくてビックリした人も多い。1960年代から都市部では多くの団地が建ち、急速に核家族化していった。そんな時に発売されたもので、臼と杵でついたような粘りや味を再現したことで人気になった。それを可能にしたのが羽の形状、お米から餅に変化させることに成功した。そんな「もちっ子」は「サトウの切り餅」の登場により、徐々に衰退していった。

電気餅つき機がヒントとなって生まれたのが今人気の「ホームベーカリー」。羽の形がパン生地をこねるのに活かされており、更には25代目の「もちっ子」も販売されている。

キーワード
森下仁丹
仁丹
シームレスカプセル
阿部寛さん
駒村純一さん
東芝
もちっ子
オイルショック
サトウの切り餅
ホームベーカリー

店主のこだわり 変態レベルの名店 (バラエティ/情報)
20:24~

とことん1つの物にこだわっている変態レベルの名店を紹介する。

銀座駅から徒歩5分の場所にある割烹「智映」を紹介。店主は北山智英さん、かつてはミュージカル女優を目指していた異色の経歴。美味しい魚を食べさせるため、魚の性格で決めている。

このあと、ど変態料理が続々登場!

キーワード
銀座駅
智映
椿鬼奴

店主のこだわり 変態レベルの名店 (バラエティ/情報)
20:31~

割烹「智映」の店主・北山智英さん、イワシは美味しく提供するため、手でむしるように捌いている。指の絶妙な力加減で中骨から身を引き離せば小骨も一緒にとれる。

この日訪れていたお客さんの度肝を抜いたのが、サンマを美味しく食べさせる方法。塩を塗って5分放置、切れ目を入れてかぶりつかせる。調味料は酢&胡椒、暴挙な変態度合いだが美味しいという。

スタジオに北山智英さんが登場、出演者らがサンマを生のままかぶりつくように味わった。一茂は「骨を食べていないが、骨の味がよくわかる。サンマがありがとうと言っている」とコメント。変態と呼ばれるほど美味しい魚の食べ方を追求する智英さん、日本の沿岸の長さは世界でも指折りで料理人として魚の美味しさを伝えたいのだという。

代々木上原駅から徒歩10分の場所にある日本料理「おこん」を紹介。店主は小柳津大介さん、これまで食べてきた100種類以上のお米を旬の食材で炊き上げる炊き込みご飯のスペシャリスト。今のオススメは「栗とベーコンの炊き込みご飯」や「鯛とカラスミの炊き込みご飯」。

このあと、閉店後に行う店主の謎の儀式!?

キーワード
智映
イワシ
イワシ焼きなすアンチョビの和え物
ハモと松茸のサンドイッチ
塩サンマと酢胡椒
サンマ
代々木上原駅
おこん
栗とベーコンの炊き込みご飯
鯛とカラスミの炊き込みご飯

番組宣伝 (その他)
20:42~

「目撃!超逆転スクープ2」の番組宣伝。

「SUITS」の番組宣伝。

店主のこだわり 変態レベルの名店 (バラエティ/情報)
20:43~

日本料理「おこん」の小柳津大介さんを紹介。メニューは全てコース料理の炊き込みご飯だが、お通しは米の実力を知ってもらうため白米。更にお米は横幅2.5mm以外はお客さんに出さずまかない用、2.5mmの大きさが口の中に入れた時の溶け感が良いという。この計測は閉店後に夜な夜な行っている。

このあと、究極の炊き込みご飯が登場!

キーワード
おこん

店主のこだわり 変態レベルの名店 (バラエティ/情報)
20:50~

日本料理「おこん」の小柳津大介さんを紹介。炊き込みご飯の完成までは約1時間、待つ間も豪華な料理が次々と運ばれてくる。こうして出てくるのが「ローストビーフとウニ&いくらを添えた混ぜご飯」、主張が強い具材たちを自慢のお米で1つに調和させる贅沢メニュー。更にメニューに合わせて100種類以上の土鍋を使い分けており、細かい味の違いを作り出している。

キーワード
おこん
ローストビーフとウニ&いくらを添えた混ぜご飯
  1. 前回の放送
  2. 10月31日 放送
  3. 次回の放送