世界の村のどエライさん オードリー春日NZの高級ウニ救う&6億再生レシピ動画

『世界の村のどエライさん』(せかいのむらのどえらいさん)は、関西テレビの制作により、フジテレビ系列で2018年1月15日から9月10日まで毎週月曜日 22:00 - 22:54(JST)に放送されていたバラエティ番組である。全29回。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年8月6日(月) 22:00~22:54
放送局 関西テレビ

番組概要

オープニング (その他)
22:00~

今夜はどエライ食スペシャル。

出張!お助け料理人 (バラエティ/情報)
22:00~

日本が誇る和食料理人・内山英仁とオードリー春日が訪れたのはニュージーランドの港町タウランガ。日本では高級食材であるウニだが、ニュージーランドでは魚を傷つけて価値を下げてしまうため厄介者扱いされているのだという。ニュージーランドのウニはバフンウニに似た濃厚な甘味が特徴。新鮮なウニを試食した地元漁師は味が苦手と微妙な反応を見せた。

海外でどエライ扱いをされている食材を救済し、和食の技術で創作料理として生まれ変わらせる企画。

和食料理人の内山英仁がニュージーランドでどエライ扱いを受けている「ウニ」を救済する。まずは現地の人に生ウニを試食してもらうと、「食感が気持ち悪い」「生臭い」などの感想が聞かれた。2人はニュージーランドの食文化を調査するため、街で出会ったウニが苦手なご夫婦のご自宅を訪問。夕食を作る様子や冷蔵庫の中身を見せてもらうことができた。ニュージーランドではマヌカハニーやパイ、ミントオイルなどが一般的だという。

食材を調達するため地元スーパーを訪れた内山。ニュージーランドで定番の発酵食品ベジマイトや人気のシリアル&コーンフレーク、ジャガイモやミントを購入した。主役のウニは過去にフィンスイミングの世界大会で銀メダルを獲得した春日が体当たりで調達。50個のウニを手に入れた。

4時間後に控える現地の人たちへの試食会に向けて作業を開始。ニュージーランドの一般家庭でよく食べられているポテトに牛ひき肉を合わせ、生ウニを包みシリアルの衣で揚げてみる。春日はこれを絶賛したが、内山はこの触感が苦手だろうと判断。ウニを蒸すことでドロっとした食感をなくす作戦に出た。

キーワード
タウランガ(ニュージーランド)
ウニ
マヌカハニー
ジャガイモ
ミントオイル
ラムチョップ
ベジマイト
ミント
サンケイスポーツ
フィンスイミングワールドカップマスターズ2016
牛ひき肉
ウニのシリアル揚げ
ニュージーランド

出張!お助け料理人 (バラエティ/情報)
22:21~

和食料理人の内山英仁がニュージーランドでどエライ扱いを受けている「ウニ」を救済。ウニを蒸すことでドロッとした食感をなくそうと考えたものの、ニュージーランドのウニは身に含まれる水分が多く縮んでしまった。内山はウニのシリアル揚げを断念。マッシュポテトをベースに、ハチミツやベジマイトで味付けした牛肉のしぐれ煮を使い「ウニと牛しぐれ煮のパイ包み焼き」を完成させた。焼いたことによりドロッとした食感と生臭さも軽減。試食したスタジオの出演者らは美味しい話しつつ、現地の人は臭いが気になるかもしれないなどと話した。ウニを使った創作料理2品目は、内山がニュージーランドの人々にウニの美味しさを伝えるため生のウニで勝負したいという。

創作ウニ料理の運命の試食会の日がやってきた。舞台は地元で有名な洋食店。港でウニを捨てていた漁師らも店へとやってきた。人々は「ウニと牛しぐれ煮のパイ包み焼き」を試食し、スゴく美味しいと大絶賛。さらに、炙ったラム肉に生ウニを包み組んだ生ウニのラム肉焼きしゃぶ包みが登場。内山はウニの生臭さを軽減するため、ミントとパクチーで爽やかに仕上げた香草ソースを使用した。スタジオで試食した出演者らは「ウニがソースみたいな食感」などとコメント。生ウニの美味しさは和食の技で伝わるのか、果たして!?

キーワード
ウニ
ニュージーランド
ベジマイト
ウニと牛しぐれ煮のパイ包み焼き
ラム肉
生ウニのラム肉焼きしゃぶ包み
ミント
パクチー

出張!お助け料理人 (バラエティ/情報)
22:32~

和食料理人の内山英仁がニュージーランドでどエライ扱いを受けている「ウニ」を救済。内山がプライドをかけて2品目は現地の人々に生ウニの美味しさを知ってもらうため完成させた「生ウニのラム肉焼きしゃぶ包み」、試食会ではこれまで生ウニを食べられなかった人にも好評価を受けることができた。

「千鳥の大漫才2018」のイベント告知テロップ。8/11 チケット発売開始。東京:10/11日~ 中野サンプラザ、大阪:11/15 梅田芸術劇場メインホール、ほか広島・福岡公演あり。

藤本敏史が「内山さんには胸を張って日本に帰ってきてほしい」などとコメントした。

キーワード
ウニ
ニュージーランド
ラム肉
生ウニのラム肉焼きしゃぶ包み
千鳥の大漫才2018
千鳥
内山さん

ヒットを支えるどエライさん! (バラエティ/情報)
22:35~

いま注目を集める話題のヒット商品を支えるどエライさんを探す新コーナー。今回は女性を中心に話題の料理レシピ動画「デリッシュキッチン」を運営する会社エブリーのオフィスをかまいたちの2人が訪問。

料理レシピ動画「デリッシュキッチン」を運営するエブリーのオフィスを訪問。編集長を務める菅原さんに社内を案内してもらった。会社の平均年齢は31歳と若く、転職組が多いのが特徴。2015年に4人で創業したが、現在は300人以上の従業員を抱えている。月に1,500本ほどのレシピ動画を約30人のスタッフが制作。調理スタッフ全員が管理栄養士や料理の講師など食のプロで、和洋中の定番レシピ以外にもデザートレシピやダイエットメニューなど1万6,000種類のレシピを配信してきた。

料理レシピ動画「デリッシュキッチン」を運営するエブリー社内でどエライさんを聞き込み調査。第一のキーパーソンは調理スタッフの荒谷未来さん。ユーザーの目線を大事にする技術の高い撮影者だという。こだわりは真上からの撮影で実際に調理するときと同じ目線を再現している点。料理の得意なかまいたち濱家が調理をしながら撮影方法を学んだ。撮影のポイントは物の出し入れを前後にすること、調理工程の早送りをしないこと。

料理レシピ動画「デリッシュキッチン」を運営するエブリー社内でどエライさんを聞き込み調査。第二のキーパーソンはお客様サポート担当の作花慎一さん。デリッシュキッチンではユーザーからの問い合わせでレシピ内容を変更することもあるのだという。ユーザーからのコメントにもほぼ全て返信。

料理レシピ動画「デリッシュキッチン」を運営するエブリー社内でどエライさんを聞き込み調査。第三のキーパーソンはデリッシュキッチン副編集長の井原裕子さん。18年間料理研究家として活躍しているキャリアを生かしてデリッシュキッチンの全てのレシピをチェックしている。かまいたち山内はパクチー嫌いでも食べられるレシピを紹介してもらうことに。

キーワード
デリッシュキッチン
肉巻き半熟卵
パクチー

ヒットを支えるどエライさん! (バラエティ/情報)
22:49~

料理レシピ動画「デリッシュキッチン」を支える第三のキーパーソンは井原裕子さん。パクチー嫌いでも食べられるというレシピ『パクチーとごまのつくね』をかまいたち山内が試食したが、克服はできなかった。

断崖絶壁に人が!?一体なぜ?

キーワード
デリッシュキッチン
パクチー
パクチーとごまのつくね

エンディング (その他)
22:51~

「世界の村のどエライさん」の次回予告。

世界の村のどエライさんは「カンテレドーガ」で配信中。

キーワード
カンテレドーガ

番組宣伝 (その他)
22:52~

「石橋貴明のたいむとんねる」の番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 8月6日 放送
  3. 次回の放送