前園真聖の鹿児島ぶらり 桜島から中央駅!一直線でおもてなし

放送日 2017年11月29日(水) 4:30~ 5:25
放送局 関西テレビ

番組概要

オープニング (その他)
04:31~

今回は鹿児島がルーツという大物ゲストをおもてなし。桜島からスタート。

前園さんは「小学校の時によく来てここで試合してましたから」と懐かしんだ。今回のゲストは前園さんの大親友で大物アスリートの篠原信一さん。篠原さんは「ちょっといいですか」と言い、「前園イコール鹿児島と思われてるかもしれませんけども、ボクもカゴシマなの!」とコメントした。篠原さんお父親は金峰町大坂(現南さつま市)の出身だという。しかも、約10年前までは本籍は鹿児島にあったと篠原さんは説明した。

今回は…ルーツは鹿児島の篠原信一を、桜島から中央駅まで一直線でおもてなし。話題の最新グルメスポットから、鹿児島愛溢れるトークまで。

キーワード
鹿児島県
桜島
シドニー五輪
南さつま市(鹿児島)

桜島から中央駅!一直線でおもてなし (バラエティ/情報)
04:33~

このあと「鹿児島駅前で50年以上愛され続ける味!!」。

まずは桜島をぐるっと右回りで一直線。どんなおもてなしを用意してるかは見てのお楽しみ。最初のおもてなし先は白浜温泉センターのすぐそばにある産地直送の食材を使ったカフェ。

旬の自家製野菜料理 桜島のカフェしらはまへ。桜島大根を作っている農家の方による料理をさっそく頂くことに。まず予約・雨の日来店サービス「りんご黒酢豆乳」を頂いたあと、「農家のお昼ごはん(1000円)」を頂いた。篠原信一さんはヨモギの天ぷらが一番美味しいなどと話した。「農家のお昼ごはん」は自家製の採れたて食材を使うため、料理は日替わり。桜島大根の時期は大根づくしになる。お味噌汁のワカメも店の前の錦江湾で採れたものが使われている。以前は、鹿児島中央駅近くで果物店を営んでいたご夫婦。その頃から行っていたご主人の実家での農業を本格的に行うため、桜島に戻ってきた。農薬や化学肥料を使わず、桜島大根や桜島小みかんなどを栽培。そして4年前にこのお店をオープンさせた。最後に篠原信一さんらは「季節の野菜と果物を使ったシフォンケーキ(300円)」を頂いた。農作業が忙しい時は臨時で休みになることがあるため、事前に連絡してから出かけるのがオススメ。

次のおもてなし先は。桜島フェリーに乗り込み、一直線に鹿児島市街地を目指す。前園さんは「15分で着くんで」と説明した。

お店の近くにあるという桜島大根の畑へ。一面に広がる畑。土の中には桜島大根がでっかく成長している。翌年植える種をとるため、抜かずにそのままにしている。9月頃に再び種まきが行われる。

キーワード
鹿児島駅
桜島大根
白浜温泉センター
桜島
中央駅
鹿児島県
カフェしらはま
りんご黒酢豆乳
農家のお昼ごはん
桜島フェリー
鹿児島中央駅
桜島小みかん
季節の野菜と果物を使ったシフォンケーキ
白浜町(鹿児島)
錦江湾
イルカ

桜島から中央駅!一直線でおもてなし (バラエティ/情報)
04:42~

市電で天文館へ!話題の店へ一直線!!

続いてのおもてなし先は昔ながらの鹿児島の味を楽しめる、ふるさとの味お菓子処「福美屋」。ここは昭和41年に出来て以来続いている老舗。平成元年に今の場所に移転した。創業者の先代に代わり息子さんがあとを継いでいる。あんこ・餅は全て手作り。一行は柏餅やこれもち・いこもち等に舌鼓を打った。これもちといこもちは鹿児島の郷土料理である。女将は「毎日どうすればお客さんに喜んでもらえるか考えている。喜んで食べてもらうのが嬉しい」と話していた。

ルーツが鹿児島という篠原さんを次にもてなす場所は鹿児島市街地。3人はJR鹿児島駅前にやって来た。鹿児島駅は歴史が古く1901年に開業された。今から58年前の鹿児島駅前を映した映像では、中学を卒業したばかりの若者が集団就職で鹿児島を後にする様子が映されていた。鹿児島駅はこれまで116年もの間様々な出会いと別れ、そして旅立ちを見てきた。

キーワード
市電
天文館
JR鹿児島駅
福美屋
鹿児島県
名古屋市(愛知)
大阪府
柏餅
これもち
いこもち
ヨモギ入り 草いこもち
えんどう豆入りウグイスあんこもち

桜島から中央駅!一直線でおもてなし (バラエティ/情報)
04:49~

街中で鹿児島名物のコレ!!

昔の天文館をぶらり。1976年のお正月の天文館を撮影した映像が流た。当時の天文館には多くの映画館があったという。

現代の天文館、午前8時にはほとんどのお店がシャッターを閉めている中、天文館本通りと照国表参道の間にあるゴンザ通りに朝から開いているカフェがあるらしく3人はおとずれた。今年3月にオープンしたばかりの「CAFESHOP」は、フランスのカフェをイメージ、白を貴重とした店内となっている。お店は東京の「自由が丘ベイクショップ」のフードディレクターが手がけた新店舗となっている。まずは朝食のパンをセレクト、おすすめは「メロンパン」でブリオッシュ生地となっておりモチフワとなっている。篠原さんは「クロワッサン」250円とロングブラック(Lサイズ)500円をチョイス、前園さんは「メロンパン」300円と「エスプレッソ」300円を選び、それぞれが試食し「めっちゃフワフワ」などと感想をのべた。

篠原は「長崎・熊本の路面電車は乗ったことあるが鹿児島はない」という。そこで路面電車に乗り、天文館を目指すことに。鹿児島の路面電車では全国に先駆け、路面電車の沿線に芝生を敷いている。一行は繁華街「天文館」に到着。一行は声をかけられたかごしま茶を飲み一息ついた。ここでクイズ、「天文館」の名前の由来は何か前園は「鹿児島ゆかりの学者が天文観測所を作ったことが由来なのでは」と予想。これは正解で島津25代重豪が天文観測研究のため1779年に明時館が建てられた。この明時館は別名天文館とも呼ばれていたことが由来している。天文館本通りとティラモールが交わる位置には島津重豪・水間良実の像がある。

キーワード
天文館
鹿児島県
お正月
CAFESHOP
自由が丘ベイクショップ
インスタグラム
メロンパン
クロワッサン
ロングブラック(Lサイズ)
エスプレッソ
パン・オ・ショコラ
フランス
東京都
中町(鹿児島)
島津重豪
水間良実
かごしま茶
長崎県
熊本県
桜島

桜島から中央駅!一直線でおもてなし (バラエティ/情報)
04:59~

このあとは鹿児島 自慢の食材でおもてなし!!。

鹿児島中央駅に一直線の前に。加治屋町をぶらり、鹿児島生まれの偉人と言えば?西郷どんと大久保利通。地図を見ると西郷隆盛の誕生地、大久保利通生い立ちの地。そして東郷平八郎誕生地。近くに偉人たち誕生地があり、薩摩藩では郷中教育というのがあった。薩摩藩では武士の子弟子教育の為に確立された教育法。武道や学問を学ぶもの。シドニー5輪柔道銀メダリストの篠原さん、子供の頃は柔道が好きじゃなかった。庄村が見た篠原の代表的な試合は?庄村「1本とってました」。篠原はオリンピックだけでなく数々の大会で輝かしい経歴がある。

次のおもてなしは…特別に用意してもらった鹿児島の味。鶴丸機工商会という会社。中に入ると水槽のようなものがある。そうめん流し器。1963年にそうめん流し器を開発し製造している。塩化ビニールパイプなどを当時は作っていたが今の指宿市役所から依頼が。先代がそうめん流し器を開発し製造販売を始めた。城山型やガーデンタイプなどのそうめん流し器を製造販売するようになった。今回お借りするせせらぎWタイプは右回りと左回りの2重構造になっている。九州南部のようにそうめん流し専門店が多い地域は珍しい。鹿児島県に約50箇所ものそうめん流し場がある。そうめん流し器はほとんど壊れないので40年以上使っているところも。水圧のみで作動するため壊れることがあまりない。篠原の住む奈良で流行らせてみたい、奈良は日本三大そうめん、三輪素麺(奈良)、揖保乃糸(兵庫)、小豆島そうめん(香川県)で有名。鶴丸機工商会は鹿児島市加治屋町9-3、電話は099-222-5583まで。

キーワード
鹿児島県
鹿児島中央駅
西郷隆盛
大久保利通
東郷平八郎
西郷隆盛・従道誕生地
柔道
薩摩藩
シドニーオリンピック
加治屋町(鹿児島)
鶴丸機工商会
指宿市役所
そうめん流し器
そうめん流し器 せせらぎWタイプ
三輪素麺
揖保乃糸
小豆島そうめん
兵庫県
奈良県
香川県

桜島から中央駅!一直線でおもてなし (バラエティ/情報)
05:09~

薩摩川内市のアレ 何と、九州一位に!!。

間もなくゴールの中央駅。その前にオススメの店がある。中央駅前にある「かごっまふるさと屋台村」。ここで鹿児島がルーツの篠原さんをおもてなし。県内各地の同等的な郷土料理の屋台から新たな鹿児島の味を伝える個性豊かな屋台まで25店舗が軒を連ねている。篠原の父親は南さつま市金峰町出身、前園の出身は薩摩川内市東郷町だ、等と話した。

キーワード
薩摩川内市(鹿児島)
鹿児島駅
中央駅
高見橋
かごっまふるさと屋台村
鹿児島県
金峰町(鹿児島)
東郷町(鹿児島)
桜島

桜島から中央駅!一直線でおもてなし (バラエティ/情報)
05:12~

桜島から一直線でやって来て、鹿児島中央駅に到着。今日の感想を聞かれた篠原さんは「懐かしさとともに、こういう所もあるんだと、色んな所を見させてもらいましたし。また、食べ物が美味しい!鹿児島は本当、何においても満足の」と語った。今回感銘を受けたという篠原さんは、「俺もぜひ南さつま市の観光大使に!」とアピールした。

父親が南さつま市出身の篠原信一さん。かごっまふるさと屋台村にある前園さんの故郷、薩摩川内の味でおもてなし。「SATSUMA」にやってきた。このお店は前園さんの出身地でもある薩摩川内市からお墨付きをもらっているというい、薩摩川内市ふるさと応援店の第一号認定店だという。前園さんは薩摩川内市観光大使もしているという。SATSUMAのご主人の林さんも薩摩川内市出身。前園の3学年年下の林さんも隣町でサッカーをやっていたという。前割り下屋台村オリジナル焼酎をいただく。前園は温泉水を飲んで「飲みやすい、まろやかだ」等と話した。おもてなしは前園の故郷、薩摩川内の味。前園の故郷、薩摩川内市東郷町の木綿豆腐。豆腐協会の品評会で九州一に輝いた一品。鹿児島の枕崎産の鰹節をのせて食べた。つづいてせいろで蒸したさつま揚げを食べた。鹿児島を代表する料理、黒豚のしゃぶしゃぶ。でもこちらはただのしゃぶしゃぶではない。黒豚は鹿児島の大隅半島産。水は薩摩川内市樋脇町の温泉水。を使用している。「六白黒豚しゃぶしゃぶセット・ダブル」をいただいた。 シメはお米マイスターが厳選した込めを薩摩川内市市比野の温泉水で炊いた絶品ご飯。

キーワード
鹿児島中央駅
カフェしらはま
福美屋
鹿児島県
CAFESHOP
鶴丸機工商会
鹿児島駅
かごっまふるさと屋台村
SATUMA
SATSUMA
薩摩川内市
屋台村焼酎
冷奴
さつま揚げ
六白黒豚しゃぶしゃぶセット・ダブル
サツマポン酢
市比野
南さつま市(鹿児島)
薩摩川内市(鹿児島)
東郷町(鹿児島)
樋脇町(鹿児島)
大隅半島

エンディング (その他)
05:22~

前園さんは「こういう番組の機会で、篠原さんをおもてなしさせてもらうっていうのは、非常に嬉しいし。また是非来年あたり」と語った。

キーワード
南さつま市(鹿児島)
鹿児島県
  1. 11月29日 放送