よ〜いドン! 2017年7月14日放送回

放送日 2017年7月14日(金) 9:50~11:15
放送局 関西テレビ

番組概要

オープニング (その他)
09:50~

大阪・心斎橋駅周辺をぶらり。父の死・不登校…人生を変えた音楽との出会い。おしえてスゴ腕ワーカー、500年間伝統の味を守る御茶師、茶葉に捧げる情熱と繊細な匠の技。

キーワード
大阪府
心斎橋駅

となりの人間国宝さん (バラエティ/情報)
09:53~

きのうに引き続き心斎橋で八光さんがぶらり。心斎橋のシューズ屋の黒人さんには円さんや織田さんも出会っていて3人制覇。銀シャリ2人は凄腕ワーカーでも行きたいというが、何の凄腕?2分で終わるとトークした。

新たなお仕事発見!?「女装専門のメイク」。

大阪・心斎橋。若者の流行発信地、そしてアジア各国から多くの観光客が訪れるエリアとしても賑わっている。

マヨネーズ本舗。自家製マヨネーズ専門店。36種類のマヨネーズがある。様々なメニューにマヨネーズをディップ、野菜スティックやフライドポテトなどにつけて楽しめる。定番料理をマヨネーズでアレンジしたメニューも豊富で、一番人気はムース状のマヨネーズをくわえたマーボー豆腐。

ギターを担ぐ女性に声を掛けた。歌とギターと弾き語りをやっているという女性はブラジル音楽『ボサノバ』の一節を歌った。そして演奏を聞くためいつもライブ演奏しているジャズバーへ。八光はジャズにハマりかけている持論を展開した。そして『コモド バー ウィズ ジャズ』に入店。オーナーがおられベースでジャズをやるという。そしてまた八光さんはジャズにハマりかけている持論を展開した。そして女性に早速ボサノバ『イパネマの娘』演奏してもらう。心斎橋などを中心に演奏をしているプロのボサノバ歌手・山本さんは16歳から演奏を始めたという。始めたきっかけは10歳に亡くなった父が白血病で他界し明るさを次第に失っていった山本さんは小学校を休みがちに、中学校では登校できずギターを弾く日々。職員室で迎えた生徒1人だけの卒業式。学校のギターを先生が持ってきて演奏してと言い、ビートルズをたぶん弾いて、たくさんの教員の前で披露して泣いた先生もいたという。そして初めて人前で演奏する素晴らしさを知った山本さん。その頃に丁度ボサノバと出会って『三月の雨』っていう曲に出会って以降プロの歌手を目指し本場ブラジルも旅をして音楽を学んだ。今後も歌い続けていくという。ここで認定証が渡された。

陽気に話しかけてきた黒人の男性。円さん、織田くんにも会ったことがあるという。日本に来て6年、日本語が上手なのは彼女がいるからではない、質問に「前も言うたもん!」と突っ込み、「次は俺スタジオ出なあかんな」と笑いながら話した。

ありがたいお言葉は、先生がどういう心境で泣いたのか気になると八光が問うと、初めて出会った先生だったと語る山本さん。逆に初めて会って泣いた先生の心境が聞きたいと八光。

キーワード
織田信成
心斎橋
大阪府
マヨネーズ本舗
マーボー豆腐
コモド バー ウィズ ジャズ
心斎橋駅
イパネマの娘
ボサノバ
ビートルズ
白血病
三月の雨
ブラジル

となりの人間国宝さん (バラエティ/情報)
10:09~

「ミルキーアンジェ エクロール」にやってきた。オリジナル衣装のレンタルが本業のお店だが女装目的の男性客にメイクを施し、衣装を貸し出して撮影などをする事もしているという。井上さんは全国的にも珍しい女装専門のメイクアップアーティスト。自身のお店や出張先でメイクを行う。また、顔の半分だけ行う女装メイクはアート作品としても高い評価を受けている。せっかくなので八光くんも体験することに。

問題:井上さんが女装メイクを始めたキッカケとは?。スタジオでは「癖」「旦那さんが居て旦那さんの仕事が銭湯の番台で違和感なく堂々と男風呂と女風呂で自然に居たかった」「旦那さんではなく彼氏だった。彼がそもそも女装していたのを知らなくてそれを知ったときにショックだったが別れ、これで気持ちが分かっていたら続いたかもしれないという反省も込めて始めた」「夜中にシェイプアップで走っている時にオッサンみたいなオバちゃんや男でも綺麗な顔立ちの方もいる。人間は男と女の境目に気づき、走り始め、助走しているときに気づいた」等とトークされた。正解は「大阪人を笑わせるため」。八光の女装メイクが完成し、披露した。井上さんの家族は仕事について応援してくれているという。職場が近所だという双子の妹さんにも話を聞くことになり来てもらった。姉の仕事について聞くと「最初は驚いたが一生懸命やっているので社会貢献になってるな」と話した。月亭八光は「1つ扉が増えた気がします。開けませんけどね」と話した。井上さんをとなりの人間国宝さんに認定した。

井上今里さんの目標は「東京より世界に行くこと」。井上さんは、「ベトナムやカンボジアで女装したい人がいるみたいでまずはそちらを手伝いにいきたいです。」と話した。

月亭八光さんは、「女性になりたいというよりは、こんな感じなんやというのを味わえるみたいです。女性のメイクなどの大変さもわかりました。人としてレベルアップしたと思います。」と話した。「月亭八光さんの女装にそっくりな女の子がいるよ。」と円広志さん。橋本直さんから、「あの姿で落語したらどうですか?」という提案が。「上下がらくになってええな。」と八光さんは答えた。

本日のお土産はマヨネーズ本舗から「マーボー豆富」。マヨネーズを使用することでまろやかな味わいになっているという。またマヨネーズも普通のものと違い、口溶けの良いマヨネーズとなっている。

月亭八光は「何とも言えん雰囲気が漂ってて、大人の社交場だなと言う感じがした。しかも中学校行かなかったんだから、これは素晴らしかった。高校行かないとかはあるけど中学行かないというのはなかなかない8月の8日にまたこの店でライブがあるそう」と話した。

キーワード
心斎橋
ミルキーアンジェ エクロール
大阪府
東京都
ベトナム
カンボジア
女装
佐々木希
沖縄県
マヨネーズ本舗
マーボー豆富
マヨネーズ
麻婆豆腐

本日のオススメ3 (バラエティ/情報)
10:27~

2つ目のオススメは大阪天満宮向いに店をかまえる「パクレモカレー」の「パクレモカレー」。パクチーとレモンを使ったカレー。粗めに挽いた豚ミンチや玉ねぎ、豆板醤や甜麺醤、中国山椒などおよそ20種類のスパイスをあわせて作られるルウ。そこに温泉卵やネギ、パクチーを盛り付けた後レモンを添えて完成。一度食べると癖になるパクチーとレモンのキーマカレー。お値段900円。

本日のプロは…山本美和。雑誌のグルメ取材を始め、フードコーディネーター、商品開発のプロデュースやカレーショップのオーナーなど、食の世界で幅広く活躍している山本さんの本日のオススメは、「女性に人気!絶品カレー」。

オススメ1。大丸梅田店にある「柿安 精肉 イートインコーナー」。オススメは「黒毛和牛 牛肉ぜいたくカレー」。厳選した黒毛和牛に塩コショウをし、両面をサッと焼きあげ、ご飯の上に盛りつける。牛肉の旨みをくわえた、フルーティーながらも辛さを感じる特製のルゥ。店舗情報とともに掲載。

3つ目のオススメは大阪市中央区・天満橋の路地裏のビルの2階に店を構える「クミンソウルカレー」。水を使わず玉ねぎの水分のみで作るこだわりのルウ。鶏もも肉や玉ねぎ、25種類のスパイスを使い、じっくりと煮込んでいる。有機野菜のサラダや一口デザートなどがついて女子好みのランチとなっている。980円。

キーワード
大阪天満宮
パクレモカレー
山本美和
パクチー
レモン
玉ねぎ
豚ミンチ
ネギ
天神橋(大阪)
大丸梅田店
クミンソウルカレー
神田
チキンカレー
柿安 精肉 イートインコーナー
鶏もも肉
東京都
中央区(大阪)
黒毛和牛 牛肉ぜいたくカレー
大阪駅

おしえて!スゴ腕ワーカー (バラエティ/情報)
10:33~

今回のスゴ腕ワーカーさんは御茶師ということで宇治市にやってきた。どんなスゴ腕ワーカーなのか鰻が得意のイラスト、アクロバットにお茶を入れている業師のような御茶師と予想した。

2人がやってきたのは世界遺産・平等院へ続く参道にお店を構える宇治茶の老舗「三星園上林三入本店」。お店には今回のスゴ腕ワーカー・御茶師の上林三入さんが。上林三入さんは16代目だという。御茶師は、信長・秀吉・家康の時代から将軍の飲むお茶を用意する役目だった。鰻和弘さんの予想とは違っていた。具体的な御茶師の仕事について上林さんは、「宇治の生産者からお茶を仕入れてそれを私がひとりで製造してここで売っています。デパートみたいなお茶屋さんも卸さないでここだけでやっています。伝統を守っていく使命感のためです。」と話した。御茶師の仕事は、茶葉の仕入れから加工・品質のチェックを行い、数種類のお茶をブレンドさせて商品を作る。一人前になるには20年以上の経験が必要だという。上林さんの作ったお茶をいただくことに。「衝撃的です!」と橋本さん。この抹茶は1杯1000円くらいだという。

今回の凄腕ワーカーは「伝統の味を現代に継承する将軍家御用達の御茶師」。日本を代表するお茶の産地、京都府宇治市。この地でおよそ500年の歴史を持つ宇治茶専門店がある。ここで作られたお茶は織田信長や豊臣秀吉などにも愛されていた。海外からも本物の味を求め訪れる。今回の凄腕ワーカーは宇治産の茶葉にこだわって500年、16代にわたり伝統の味を今に継承してきたお茶師のワザに迫る。

500年の歴史を持つ三星園のあゆみとは、資料館に案内され初代400年前の画像があり目に面影があるという銀シャリ。千利休と初代は友人関係で利休に宛てた直筆の手紙が残る。

そして驚かれると言いクイズ:店の登録商標である三星紋は現在何の印として使われている?との問いかけ。これは現在茶畑の地図記号として使われる。

続いて見せてもらったのがお茶の鑑定作業。茶葉は生き物なので同じ畑のものでも気候によって毎年風味が違う。受け継がれた品質を守るためにテイスティングを行い、それぞれの茶葉が持つ個性を見極めてブレンドし、例年と同じ味に整える。茶葉の手触り・香り・見た目でどんなお茶が出るかイメージできるという。茶葉の状態によってブレンドする数・比率を変える。値段の設定にもつながる重要な作業。鰻もテイスティングに挑戦した。「全然違う」等と話した。伝統の味を伝え続けるワザがそこにはあった。

上林さんがオススメする氷出しのお茶をスタジオに用意した。試飲し…「香りがスゴイね…口の中、ふわ~っと。」「オンザロックで飲んだら、最高!」などと羽野さんらが話した。100グラム8640円の最高級の玉露だという。淹れ方は…茶葉を入れた急須に冷たい水を注ぎ、そこに氷をぎっしり詰め、2~3分待てば出来上がり。

スゴ腕ポイントとして、茶葉から茎や葉脈を取り除く”仕立て”を手作業で行うことで雑味のない抹茶をつくり昔ながらの用法で製造している。そのなかの作業の一つ葉揃い作業を銀シャリも試して行ってみたが難しいようで全然出来ない2人。スゴ腕ポイント、きめ細かい茶葉に仕立てるために片寄らないよう均等にふるいにかけていく。軽い葉の部分だけを飛ばし、茎や葉脈がついている部分と分ける。専用の下駄でさらに細かく葉や葉脈を取り除く。下駄で踏み飛ばしを何度も繰り返し茶葉を仕立てていく。この作業で抹茶になる細かい葉と使わない茎と葉脈に分かれていきます。朝は6、7時から夕方まで10時間かかる作業をしている。最後に仕立てた茶葉を石臼で挽き乾燥させれば完成。

スゴ腕ポイントは…500年の伝統を今に受け継ぐ、御茶師の系譜とスゴ腕なお仕事!徳川家康など将軍家に献上するための茶葉を作っていたのが御茶師。お店の紋が茶畑の地図記号の由来とも言われている。茶葉の仕入れから、加工・品質チェックなど、お茶をブレンドし商品開発まで行う。続いてのスゴ腕ポイントは…茶葉に捧げるこだわりと情熱!一切の妥御茶師協を許さない御茶師の使命!16代続いているので途絶えさせるわけはいかない。手間ひまかけて手作業で行っている。

この日、茶葉の生産者のもとに行く上林さんに同行させてもらった。お茶は天候に左右されやすいので実際に足を運び、畑の状況を確かめるという。そんな上林さん、生産者の方からの信頼も厚いようで「一生懸命やっとるさかいに綺麗に仕立てよるし真心米てやっとるのはわかるさかいにそれは消費者さんもわからはると思います。1回飲んだら多分忘れられへんと思いますけどね、美味しいお茶はね」と話す。お茶に対して妥協は一切しない。その思いは多くの人に伝わっている。先代である父親が早くに亡くなったため、33歳の時に16代目上林三入を襲名。以来30年間伝統の味を守り続けてきた。17代目はスイス人の娘婿に仕込んでいる最中だという。娘婿のトビーさんはもともとはお客でお茶を買いに来ていた。上林さんのお茶に惚れ込み何度も足を運ぶうちに看板娘のユミさんと仲良くなり三年前に結婚。現在は御茶師としての修行中だという。

上林三入さんオススメ、暑い夏にピッタの家で簡単に出来る美味しいお茶のいれ方をご紹介。上林さんは「氷水で出すのが一番美味しい。」と話した。入れ方は、まず茶葉を入れた急須に冷たい水を注ぐ。その中に氷をぎっしり入れる。最後に氷を入れてから2分ほど待てば完成。上林さんおすすめの氷出しなら、渋味や苦味が少なく飲みやすくなる。

上林さんの今後の目標は「伝統を伝えるために若い方、外国の方に日本の良さと日本の職人の技が違うということろを伝えていきたい」等と話した。

キーワード
宇治市(京都)
世界遺産
平等院
三星園上林三入本店
銀シャリ
織田信長
豊臣秀吉
三星園
千利休
信長
秀吉
家康
地図記号
上林春松本店
徳川家康
利休
蓮華(京都)
抹茶
タンニン

~気になるアノ店~いっちゃん高いもん HOW MUCH!? (バラエティ/情報)
10:57~

商品は全て屋久杉で作られている。売れ筋ナンバー1商品が「鹿児島人形」:税込み1300円~。後からつけたリングではなく、1つの木にリングを削りだして作っている。決して縁が外れない何事も丸く収まるという縁起の良い人形。その後、工場を見学。

今週は、鹿児島へやって来たかまいたち。まずは鹿児島の名物・黒豚専門店「黒かつ亭」で腹ごしらえ。人気のテイクアウト「黒豚ヒレかつサンド」519円をいただく。「すーごいサクサク。」などと山内さんらが話した。本日かまいたちが訪れるのは、屋久杉アリヨシ民芸品店。樹齢1000年を超える屋久杉の家具や民芸品などが数多く揃うお店。

いっちゃん高いもんとは・・・「屋久杉のコブ」。樹齢は4500年。自然の脅威を耐え抜き、コ世界にひとつしかないコブ。お値段は1億円。コーナーで過去最高の金額となった。

来週は…大阪・新世界界隈でHOW MUCH!?

キーワード
サイドボード
M-1
屋久杉
屋久杉アリヨシ民芸品店
鹿児島人形
かまいたち
鹿児島県
黒かつ亭
屋久杉のコブ
黒豚ヒレかつサンド
新世界
喜入瀬々串町(鹿児島)

天気予報 (ニュース)
11:05~

近畿地方の天気予報を伝えた。

視聴者プレゼント (バラエティ/情報)
11:08~

今日の視聴者プレゼント。映画「パワーレンジャー」鑑賞券を10組20名にプレゼント。

キーワード
パワーレンジャー
梅田ブルク7
「パワーレンジャー」ペア鑑賞券
カンテレドーガ

エンディング (その他)
11:11~

円広志は「ウィスキーとか夜お酒飲むよりあのお茶のロックを飲んだほうがいい。美味しいし。何杯もは飲めない、高いし。ちびちびとや」と話した。

スポット

インテリア

屋久杉アリヨシ民芸品店

グルメ

上林春松本店
三星園
マヨネーズ本舗
黒かつ亭
柿安 精肉 イートインコーナー
三星園上林三入本店
クミンソウルカレー
パクレモカレー

ファッション

ミルキーアンジェ エクロール

レジャー/交通

大阪駅
心斎橋
梅田ブルク7
神田
心斎橋駅

宗教

大阪天満宮
平等院

流通

大丸梅田店

音楽

コモド バー ウィズ ジャズ
  1. 前回の放送
  2. 7月14日 放送
  3. 次回の放送