桃色つるべ〜お次の方どうぞ〜 糸井重里が語る!SNS時代に大切にしたい言葉の力▼れにディベートも

『桃色つるべ〜お次の方どうぞ〜』(ももいろつるべ おつぎのかたどうぞ)は関西テレビなどで放送されているトークバラエティ番組。ネットでも有料配信されている(外部リンクを参照)。一部のフジテレビ系列でも放送されている。笑福亭鶴瓶・ももいろクローバーZが一般視聴者や著名人をスタジオに迎え、相談に答える形でトークを繰り広げる。また、笑福亭鶴瓶とももいろクローバーZの冠番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年12月8日(土) 1:25~ 1:55
放送局 関西テレビ

番組概要

オープニング (その他)
01:25~

オープニング映像。

コピーライター・糸井重里(70) (バラエティ/情報)
01:25~

糸井重里は言葉について聞かれると「一部でしか表せないもの」と答えた。どれだけうまくいっているつもりでも足りない部分はあるのでいっそストレートに言ったほうが良いと答えた。鶴瓶も糸井重里に共感し、笑わそうと思って笑わせることは出来ないと答える。さらに糸井重里にメールを打つだけでもなにか思われそうだと答えた。自身の子供についても奔放し、言葉に厳しくしたりはしないと答え、口の上手い人にはなってほしくないと答えた。さらに感想の強要をしないと答え、感じていればいつかわかると答える。任天堂の岩田聡としゃべるというものをやったが岩田聡はみんなの意見を集めてぞれをまとめてくれてがその感想は大したことはないと答える。鶴瓶もライブの感想などを見ないと答えた。

糸井重里がハマっているモノ。

キーワード
古今亭志ん朝
岩田聡
任天堂

コピーライター・糸井重里(70) (バラエティ/情報)
01:33~

糸井重里は現在地球儀にハマっていて、ボールに世界地図がついたものをスマホで読み込むと世界の国が出現し、その国を選ぶと人口などの情報が出る。その恐竜バージョンもあり世界に暮らしていた恐竜が地図上に出現する。さらにおしえてゾウさんではその地球儀をスマホで照合しながら探したい国などを検索すると自動で見つけることができ、自ら開発したものだという。

現在のSNSに糸井重里は限界があると答える。SNSだけで世界だと思っている人が多すぎると答え、実際にそこに行かないと感じられないことが多いと答えた。鶴瓶は実際に情報だけでなく自身で行くその場所はパワースポットだと答えた。糸井重里はももクロの言葉のアドバイスに夜に一人で今日話したことを思い返し反省することが大事と答えた。

今日の収録に糸井重里は面白かったと答え、鶴瓶もももクロも優しく、真面目な質問も飛び出し思っていることを話してくれたと答えた。ももクロに対し一度天井に頭ぶつけるまで一回登っていったら良いと答えた。

キーワード
おしえてゾウさん

高城れに ディベート王への道 (バラエティ/情報)
01:39~

今回はプリマ旦那と高城れにがディベート勝負。判定してくれるのは関西学院大学生らのディベートサークルの大学生3人。ぐっと心に響いた方が勝ちとなる。

河野良祐はこの世の1番の謎に「恋をするコト」と答える。理由にどの瞬間で人を好きになるか決まっておらず、気づいたら恋し、結婚し自分が今大変だと答えるが高城れにはそれは素敵なことと答えた。さらに気持ちはわかるが恋には「好き」という確かな気持ちがあるのでは?と答え、それをひっくるめて謎なのは人の心だと答えた。しかし河野良祐はそれでは人間として制御不能になると答え、同性の場合では異性といる場合よりも人はわかりやすく、趣味などの共通点があって友達になる。さらに恋の場合では初対面でも落ちることがあると反論。高城れにはそれは謎ではないと反論し自分の気持に正直なだけだと答えた。このディベートでも相手は何を考えているんだろう?と謎に思うからこそ相手に意欲が湧くと答えた。判定では高城れにが2票で勝利した。高城れに派の審査員は非常に難しかったが河野良祐が最終的に丸め込まれていたと答えた。

番組宣伝 (その他)
01:44~

「ミュージャック」の番組宣伝。

高城れに ディベート王への道 (バラエティ/情報)
01:47~

高城れにが無駄な時間と感じるのは「トイレが流れきるまでの確認する時間。」だと答え、この自分じゃどうしようもできないもどかしい気分となると答えた。野村尚平はアイドルなのにそれを見るのかと反論し、その時間は後続の人のためにも絶対に欠いたら行けない時間だと答えた。高城れにはそれ以外の無駄な時間が見つからなかったと答え、野村尚平は物事を決断する時間が無駄だと答え、人間は選択を迫られ答えを出さなきゃいけない時間はストレスでその選択の時間を削ればストレスは軽減されると答えた。高城れには選択する時間をそういう気持ちで取り組んできたからなかなか選択できない人になっていると答えたが野村尚平はそれは過去の話で今は選択できる人間になっていると答える。しかし高城れには人は選択をして自立する生き物と話し、無駄ではないと話す。野村尚平は選択はリスクを回避する ものという考えではなく、一度失敗すれば自立に変わると答える。高城れにはその選択こそが自立に変わり、考えたことが次のアプローチの仕方に変わっていくと答えた。野村尚平はならばトイレをを流している時間は何に活用できるのかと聞くと高城れには募金と答えたが、その行くまでの時間は長いと野村尚平が反論。さらに高城れにはならば選択に迷っている時間でなにができるのか?と聞くと待ち合わせに早く行くなど相手を思いやることができると反論。高城れにはそれは選択をしながらできると答えた。判定は野村尚平が勝利。野村を選んだ審査員は野村が終始ディベートで高城れにを押していて優勢だったが大阪の怖いおっちゃんみたいだったと答えた。高城れには野村尚平に再挑戦を挑んだ。

エンディング (その他)
01:54~

桃色つるべ~お次の方どうぞ~の番組宣伝。

カンテレドーガの宣伝テロップ。

出演者募集のお知らせ。詳しくは番組HPまで。

キーワード
カンテレドーガ
桃色つるべ

キャスト

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 12月8日 放送