バイキング 【告発状キーマン鶴木氏生出演!ボクシング連盟は反論▽日大アメフト続報】

放送日 2018年8月2日(木) 11:55~13:45
放送局 関西テレビ

番組概要

オープニング (その他)
11:55~

番組テーマ曲久保田利伸の「Make U Funky」が流れた

坂上さんらの挨拶。日本ボクシング連盟告発問題の続報。告発のキーマン鶴木良夫さんが緊急生出演する。日大アメフト部タックル問題を深掘りする。

キーワード
Make U Funky
久保田利伸
日本ボクシング連盟
日本大学

御意見番が斬る!ニュースランキング (ニュース)
11:55~

第3位は壁に投げつけられたヌルッとした物体。この怪事件は7月27日未明北海道札幌市で起きた。マンションで1時間に渡りドンッと何かが壁に当たる音がし、男性は怖くなり通報したという。音の正体は投げつけられたタコで周辺にはタコの残骸があり、原因は不明。町のご意見番は意味不明等とコメントし、不思議な体験をしたという人も。学生時代寺の合宿で男性に道を聞かれ答えたが友だちには見え無かったという。

2位は勝地涼さん・前田敦子さんの超速婚。一昨日連名FAXで発表された2人の電撃結婚は、交際数ヶ月のスピード婚だった。3年前に共演した2人は今年1月から撮影の映画で再共演、春頃から交際へ発展した。2人は結婚を見据えた交際だったことも明かした。ご意見番は祝福の声があり、初恋の人に似ていたことから結婚を決めた人もいた。

1位は日本ボクシング連盟告発問題。告発状にはアスリート助成金の不正流用等12項目の問題点が記載されていた。ご意見番からは泥水より汚い、開いた口が塞がらないなどの声が出た。昨日連盟は告発状に対する見解をHPに掲載。一部事実を認めながらも食い違う主張が。そこには何があるのか。

徹底的に深掘り!

キーワード
御意見番が斬る!ニュースランキング
梅沢富美男さん
札幌市(北海道)
勝地涼さん
前田敦子さん
AKB48
食べる女
東映
結婚
日本ボクシング連盟
山根明会長
日本ボクシング連盟HP

ニュース (ニュース)
12:04~

アマチュアボクシング関係者333人から告発を受けた日本ボクシング連盟。審判の不正ジャッジ疑惑など12項目の問題が指摘されている。岐阜県で行われたインターハイ会場ではパイプ椅子が並べられた中に1つだけ革張りで肘掛け付きの椅子があった。山根会長専用の席だがその後撤去されパイプ椅子に差し替えられた。山根会長は現在入院中とされ開会式に現れなかった。岐阜県ボクシング連盟四橋会長は挨拶で「連盟が話題になり恥ずかしい。あれが事実なら山根会長をはじめ皆様には辞めて頂きたい。審判に信頼がなくなったらスポーツじゃない」などと述べた。この発言に吉森副会長が「普通ああいうことは言わない」と話し、不正ジャッジを否定した。昨日連盟が発表した文書では一部疑惑は認めたものの「虚偽の説明に騙されないで」などと反論した。

昨日高校総体で岐阜県連盟の四橋会長が開会式挨拶で「事実だとしたら山根会長をはじめ皆様には辞めて頂きたい。審判に信頼がなくなったらもうスポーツじゃない」と発言。日本ボクシング連盟の吉森副会長は「普通ああいうことは言わない」と言い不正判定も否定。小林さんは「勇気ある発言。高校生からすればこれからリングに上がるけど不正判定なんだろ、っていったら思い切って出られない。その心を思えばあの発言はまとも」と話す。鶴木さんは「感謝してます」などと話す。

鶴木さんによると会長が就任したのが7年程前。その時から威厳を増しまともな人を排除、取り巻きを固めていたという。告発状は180ページ、鶴木さんは「全国からじわじわと。来る時が来たら一緒にやろうと。各都道府県の理事以上に限定した。100人くらいは集めようと。1日2日で333人集まった。もっとあったけど提出する日にちがあったので締め切った」などと話す。峰子さんは「スポーツ界悪いものを正してオリンピックに向かって頑張っていく姿勢が出てきた。良いことですしほぼ100%が会長をダメと言ってるから間違いない。病院行っちゃいましたね。力のある方は最初から逃げないで欲しい」などと話す。

篠井さんは「最終的にどうなるのが望ましい?」と質問。鶴木さんは「会長個人を責めるわけでなく会長を中心とした取り巻きが考えを改めてもらうなりすること。退いていただく。会長の独裁より取り巻きが偶像を作り上げた罪の方が大きいと思っている」などと話す。取り巻きの人数は本格的が10人、あやふやが10人などで30人程だという。

助成金の不正流用疑惑の発端は3年前。当時リオ代表でJOCの強化指定選手だった成松選手にJSCから240万円の助成金が交付された。これについて山根会長から3人で分けろと指示があり、逆らえず成松選手は2選手に80万円ずつ分配した。この行為が不正流用にあたると告発側は指摘している。さらに問題がJOCで議題になると連盟の常務理事が成松選手を呼び出し「会長命令って言うとおかしくなる」と言い不正流用が山根会長の指示であることの隠蔽を図ったと告発。疑惑に対して連盟は認め「全体の強化に役立つと考えた。会長が選手を思う親心からしたことで利益目的ではない」などとコメント。清原さんは「動機は同情できてもルール違反。もし連盟側が組織的に関わっていたら連盟に助成金は払わないといった制裁が出るかもしれない」などと話す。薬丸さんは「成松選手は自分が勝ち取った助成金でしょ?ライバルになる人たちになんで助成金を。技術向上のために出るわけでしょ?それがプロに行くきっかけになるかもしれないのに。それを分けるって親心とは思えない」と話す。

日本ボクシング連盟はこのコメントを一部削除し再投稿している。削除されたのは「会長としての私の責任でありJSCやJOCに謝罪します」という文言。小林さんは「もっと素朴に『私の』って書いてるけど私が出してるんじゃない。本当は山根会長が書いたことを文にしたのか、それが残ってる痕跡」などと話す。岩尾さんは「これ削除するなら親心も削除していいような。親心ならポケットマネーで出せばいいわけで」などと話す。薬丸さんは「お粗末だよね。今の世の中1回アップしたら100%消えない」などと話す。山根会長について坂上さんが「顔は強面だけど気の小さい人?」などと質問。鶴木さんは「そういう一面もあると思う」などと話す。

このあと 金銭不正流用疑惑は他にも!?

キーワード
日本ボクシング連盟
インターハイ
山根会長
岐阜県ボクシング連盟
四橋英児会長
吉森副会長
岐阜県
高校総体
岐阜県連盟
四橋英児
吉森照夫
村田選手
四橋会長
成松選手
JOC
JSC
リオ
日本スポーツ振興センター

ニュース (ニュース)
12:23~

日本ボクシング連盟告発問題についてスタジオでトーク。もう一つの不正流用疑惑について、告発状によると今年3月韓国・仁川での合宿中にある常務理事から「事前に日当3万円を振り込まれたコーチは2万円を徴収するので出して下さい」という申し出があった。日当3万というのは競技力向上事業助成金から支出されたものでコーチらがこれを徴収されるいわれのないものであったがその理由については何ら説明もなかった。日本連盟はコーチから日当相当額を恐喝したと評価されてもやむを得ない、徴収した資金の使途も明らかにしていないと告発されている。これに対して連盟は選手の食事を含む観光目的のためにコーチ陣から寄付を募ることが不正と言えるのかとしていて、謝礼金を受領予定のコーチ陣に対して監督が「山根会長に自己負担してもらうのはどうかと思うのでコーチ人で2万円を協力して食事を含む観光旅行の費用に充てよう」と具体的な提案があり、これに賛成したコーチ人から各2万円を受領したという主張で、強制的に2万円を徴収したかのような虚偽の証明文書を提出しているものという主張を繰り出した。

日本ボクシング連盟の不正流用疑惑についてスタジオでトーク。鶴木さんは「これは一つの例、合宿や海外遠征は年間何十回もやる。海外だともっとかかる」と話した。清原さんは「2万を払うのは強制であれば恐喝的。連盟側がコメントを出したのが吉森副会長という弁護士、連盟側も何らかの調査をした上での反論なのでどちらが正しいかはわからない。連盟が言うように寄付だとしても、助成金なので観光目的に使うのはルールに適応しているのか」等と話した。峰子さんらは「話がせこい、会長はお金持っているだろうからごちそうするだろう。選手は遊びに行っているわけでないので観光したくない。コーチも可愛そう」などと話した。鶴木さんは会長が強面だがお金に細かいか聞かれると「2人で飲みに行ったことがないのでなんとも言えない」と話した。

”奈良判定”とは!?徹底検証!

キーワード
日本ボクシング連盟
山根会長
吉森副会長
仁川(韓国)
奈良判定

ニュース (ニュース)
12:31~

日本ボクシング連盟への告発問題についてスタジオで解説。告発状では不正審判疑惑にも言及していて、日本連盟は公式試合当日に行われる審判員ミーティングにおいて特定の選手を名指しやジェスチャーなどで表し、勝敗について暗に指示を行っていたとしていて、審判員は山根会長を始めとする日本連盟のパワハラを恐れ審判不正に加担することを余儀なくされているとしている。かつて山根会長が奈良県ボクシング連盟のトップだったことから奈良県の選手に有利な判定になる奈良判定を実際の試合映像を元に検証。いわて国体の試合で奈良県と岩手県の選手が対戦、奈良の選手が序盤から押され気味で第3ラウンドでは1度目のダウン、さらに1分後に2度目のダウン、岩手の選手は勝利を革新したのか大きくガッツポーズするが判定は奈良選手の勝ち。間近で見ていた対戦相手の父親は「2回倒してくれたので勝ったと言える確信しかなかった。信じられない。洗脳された審判と会長のご機嫌取りのための採点」と話した。絶対的権力を持つ山根会長、告発状によると会長がひいきにしている選手が試合する際は意図的に審判の配置を変えていたという。今回のインターハイ出場選手は「ボクシング界では有名なのでみんなしっている。倒しに行くしか無い、判定になると持って行かれる」と多くの関係者が証言した。この疑惑に対し日本ボクシング連盟は昨日発表の文書で、2回カウントを取られたことは事実だが、コレクトパンチではなかった、プロとは異なりダウンはクリーンヒットの一打でありそれ自体に加点することは無い、その評価が別れた結果スプリットで判定が割れたため奈良の選手の勝ちとなった、不正審判であるかのように吹聴することは審判に対する不審を煽るもので容認できないと反論している。

日本ボクシング連盟へのなら判定についてスタジオでトーク。小林さんは「ダウンを引いても岩手の選手のほうが勝っていたというのは選手立ちの反応を見れば明らか」と話した。鶴木さんは「この問題で一番可愛そうなのが奈良の選手、審判も苦しんでいる」と話した。薬丸さんは「奈良県の選手が岩手の選手に謝罪していて、大人の上の白黒、リングの上の白黒ではない。何のための審判なのか、大人がリングサイドで勝敗を決めるのはスポーツではない」と話した。横田さんは「スポーツマンシップとは何なのか。これが傷になってボクシングできなくなってしまう可能性もある」と話した。負けた選手は一度ボクシングを辞めていて、今回のことでまたやろうか迷っている。

ボクシング連盟の告発問題について、告発に関わった審判員や関係者を取材。審判員が語ったのは山根会長の圧倒的な権力が伺える実態で「接戦になるとみんな奈良県に入れるだろうと憶測が働いて正常な判断で得点を入れることができないことがあった」と話していて、別の関係者からは「会長お気に入りの選手を負けにした際にはその審判を呼んで恫喝したりとかその後審判員として使ってもらえなくなったりした」と話した。さらに他の審判員は「会長がホテルや会場入りする時は審判団が全員外出てお出迎えをしなければいけない事があった」と話した。

ボクシング連盟の告発問題についてスタジオでトーク。峰子さんらは「一般でお出迎えをするのは殆ど無い」と話した。小林さんは「審判というのは独立しているべき。選手からも距離を置かなければいけない。本来ならば毅然としてやれれなかったのが疑問があり、指導者の方々も何故声を上げなかったのかと聞いたらそれが出来ない体制が敷かれている」などと話した。鶴木さんは「一つのミスジャッジでクビにされいてうシーンを見せつけられている。辞表を出して辞めたのは自分だけ、ついてきて一人だけ、後はみんな知らんふり。告発に関わっていないのは関西圏が多い」等と話した。審判はアマチュアなのでボランティア。篠井さんは「演劇の世界は助成金を貰うと領収書を出す」と話すと鶴木さんは「もらったという証明はする」と話し、清原さんは「特に助成金だとどう使ったかという報告を書かなければいけない」と話した。成松選手が何に使ったかを書かなければいけないので連盟が犯人に仕立て上げることができる。

ボクシング連盟の告発問題について、山根会長に対する接待を問題視する声も挙がっていて、今回の告発状によると日本連盟は全国大会の開催地において、会長に対するスイートルーム宿泊など過大な配慮を要求していて、全国大会を開催する各都道府県にとって過大な負担になっているとしている。これについて連盟側は、今回の告発者は会長の大会の際に要求を通知を受けている告発しているが、そのような指示をしたことはないとしていて、広い部屋を会長室としているのは夕食後に役員・審判員のミーティングのため会議室などを別に確保すれば費用がかかるのでその費用負担を軽減するためとしている。鶴木さんは「ミーティングは体育館で大きな教室があり、試合前30分毎日ミーティングで使っている。なぜ観客が帰った後にそこを使わないのか」と話した。坂上さんは「地元の物が置いてある程度だったら分かるが接待の食材は多い」と話すと鶴木さんは「写真を撮れたので会長が来る前に撮っているのでその他のお土産がくる、この3・4倍は来る」などと話した。鶴木さんは「最初はリストを取り巻きが渡して、次の県にも指示はないが流れという積み重ね」と話した。岩尾さんは「直接言っていないだろうが、こういうのが当たり前になっていて、これはいらないと言わなければならない」と話した。

グローブの不透明な独占販売!?実態を調査!

キーワード
奈良判定
山根会長
日本ボクシング連盟
パワハラ
いわて国体
日本ボクシング連盟HP
ボクシング連盟
成松大介選手

ニュース (ニュース)
12:50~

アマチュアボクシング界が告発状をキッカケに物議をかもしている。約2か月前、日本ボクシング連盟は『山根会長による試合用グローブの不透明な独占販売疑惑』を指摘され、反論を行っていた。日本のアマチュアボクシングの試合では、連盟公認のマークのついたグローブを使用しなければならないが、連盟はグローブの購入先を1社に限定している。告発状はこの点を問題視した。グローブは2万円以上するという。ボクシング用品を取り扱う店によると、何の加工もされていないステッカーを貼るだけで、5000円~7000円の検定料を取る等、単なるボッタクリだという。更に、納品書に記載された振込先には山根の文字が…。この事について、5月の日本ボクシング連盟の総会で問われた山根会長は「山根はワシの孫だ。俺の顔で金が集まってる金なのだから、俺がどこで使おうが勝手だろう。」等と反論した。日本ボクシング連盟も疑惑を否定した。この問題は昨日の反論文では触れられていなかった。

清原さんは「1つの業者に独占販売権を認める事自体は違法ではない。」等とコメントした。試合用グローブを巡っては2つの疑問点がある。1つ目は、杉スポーツから購入した物の代金の振込先が山根会長の親族や関係者という点だ。2つ目は、杉スポーツがトンネル会社である可能性が高いという点だ。清原さんは「こうなると話は違ってくる。利益相反がある場合、連盟の総会に相談して承認を得なければならない。」等とコメントした。鶴木さんは「会長のとりまきに責任をとって欲しい。全国には有能な指導者が沢山いる。」等とコメントした。

小林さんは「連盟は戦うつもりなので、すぐに辞任はなさそうだ。スポーツ庁は、東京オリンピックでのペナルティーを避ける為に動いている。会長にはまず、出てきて欲しい。」等とコメントした。

このあと『山根会長。日大との意外な接点とは!?』。

キーワード
日本ボクシング連盟
山根会長
ブログ
杉スポーツ
兵庫県
鈴木大地長官
スポーツ庁
東京オリンピック
日大

ニュース (ニュース)
13:03~

山根会長は以前から日本大学の理事長や学長と親密な関係があり、今年4月から日本大学の客員教授になった事が分かった。しかし、まだ講義は行っていないという。

このあと『OB・元教授が語る復帰できない背景とは?』。

キーワード
日本ボクシング連盟
山根会長
日本大学
東京オリンピック
東京都
スポーツ庁

とれたて!ニュースバイキング (ニュース)
13:09~

日大アメフト部の出場停止解除がされなかった事について。コーチの選考委員でもある青島は、関東学連の判断に「残念だ」などと話した。秋のリーグ戦参加を目指し選手や関係者らで一丸となっていたので、それが出来ないのは悔しいとも。

一昨日関東学連は日大アメフト部の出場停止処分を解除しないと発表。この関東学連の決定に対し監督会は「検証委員会の答えと理事会の決定に同意する」と支持する声明を発表。父母会は残念だとしながらも、今後もチームの改善を認めてもらえるよう活動していくとしている。アメフト部OBは苦渋の決断だったろうと一定の理解を示しながらも、日大のガバナンスとチームの復帰は別問題として考えてほしかったとコメント。降格した状態からスタートする為、3年生がモチベーションを維持するのも困難。反則を起こした選手も気持ちが前向きになってきていたのに、今回の判定で彼自身が自分を責めてしまうのではないか心配だともOBは話した。

日大アメフト部の出場停止継続について。選手たちは可哀想だが、こんな状況に持っていったトップらが反省しなくてはいけない、その体制が変わらない限り前には進めないと仁支川。「十分な改善がなされた状態」とはどういう状態だったのか疑問に思うと篠井。

日大出場停止解除されない理由とは?

キーワード
LION
日大
関東学連
秋のリーグ戦
父母会
関東学生アメリカンフットボール連盟
森本啓司専務理事
柿澤優二理事長
大山茂氏
監督会
フェニックス
甲子園ボウル

ニュース (ニュース)
13:18~

一昨日の会見で検証委員会川原委員長は「大学として何とか復帰させようという熱気が伝わらなかった」と疑問を呈した。答申では「理事長の反省と組織改革を進めるなどのメッセージを言明していれば印象は違ったものになった」「加害選手の口封じを図った当時の理事が懲戒処分になっていないことも影響力が排除されたかが不明」としている。青島さんは「選考委員は大学側から圧力がないようメンバーだけの会合が続いた。1回副学長と理事が冒頭に挨拶あっただけだった。あえてそう置いてくれたとも取れなくもないけど、いくぞ、というものは感じられなかった」などと話す。小林さんは「チームいくら改善してもだめで学校だったという結論。最初から言ってほしかったのはある。ちょっと厳しいことになるかもしれないけど他の7大学って3条件満たしてるのかな。全体が見直していかなきゃいけないかなって認識。監督会は半端なことじゃ許さないというのはいい。試合出たいという気持ちを一番受け止めるべきは監督会じゃないのかな」などと話す。

今週月曜日の第三者委員会最終報告で委員長は「理事長は経営責任者で危機管理の責任者でもある。しかるに理事長は本件をアメフト部の問題と割り切り他人事と放置し何の対策も取らなかった。あまりに無責任」と発言。青島さんは「大学経営トップですから何かメッセージを出せばもう少し現状は好転してる。経営者のスタイルですからとやかく言えないけど、学連の話で言うなら学長がもっと積極的なメッセージを出してくれていればもっと印象は良かった、評価できたんじゃないかなということもあった」などと話す。石渡さんは「一番早いのは理事長が辞任して事態収拾。ところが自身は理事長にこだわりたい。ありえる展開として学長を辞任という可能性もある。残るのはアメフト部加藤部長か。実質的に名誉職なのでめぼしい人材は学長くらい」などと話す。

このあと 日大元教授が苦言連発!全責任は…?

キーワード
関東学連
日大
川原貴委員長
学連
加藤直人部長

ニュース (ニュース)
13:27~

日大元教授で元評議員が語る。元教授は「問題発生以降理事長と学長が部の問題として他人事のように扱って無関心だった。そのことによって対処が遅れ社会問題になった。無関心だから為すべきことを為さなかったというより、理事長としてこの問題を自分の所まで及ばないようにする意図があるから無関心を装った。自分がどのような誤りを犯したか理事長自身が語るべき。進退を決めてから説明責任を果たす。HPではなく記者会見を行うべき」などと話す。さらに日本大学が信用を取り戻す道として「学長も理事長も懲戒に値する。理事会が議論して2人を懲戒にする」という意見も。

薬丸さんは「元教授が仰ってることを実行するにはどうすればいいのか」などと話す。理事会について小林さんは「本来そこで動くのが普通」と話す。石渡さんは「今のところ理事長支持の方が圧倒的多数。おそらく今まではだんまり作戦で乗り切ってきたけど、今回の問題取り上げてバイキングでは今日で55日目。当然世論も動いた。受験生が減るとか補助金も数十億円規模で減る可能性が高い。そうなると理事長支持だった理事の中にも疑問を持つ人が強くなる可能性はある」などと話す。

このあと 日大現役部員 胸中明かす

キーワード
日大
バイキング

ニュース (ニュース)
13:35~

日大アメフト部危険タックル問題についてスタジオでトーク。現役4年生の声について「一部ののぞみがあったがこれも断たれてしまった。覚悟はしていたが奈落の底に突き落とされた。全ては前監督ら日大執行部の責任。理事長が記者会見で謝って全体を改革するといえばこういう結末にならなかったという声はあちこちから聞こえる。アメフト部はもちろん悪いが大学は最悪の結末を回避できたのにしなかった、本当に腹が立つ。4年は留年してまでこの大学に出る価値があるかという声が多いが大学でアメフトをやめる選手もかなりいるので最後に公式戦に出たいという未練もある。学生をこういう目に合わせる理事長が一番悪い」などと怒りを顕にしていた。青島さんは「気持ちは分かるが賛同できない。大学生らしい物の言い方ではない。気持ちはよく現れている。連盟の話にも学生たちの態度について問われていた。今回の件は正論と正解があった、正論は連盟が出した改善策がなく心配だというので太刀打ちが出来ないが正解は9月からプレーをするほうがみんなで日大のプレーを見ることができる事など彼らもプレーできる。今はプレー出来ない、選考委員会も解散しメディアも取り扱う機会も少なくなる」等と話した。

まだまだ続く!徹底討論

キーワード
日大アメフト部
日本大学

番組宣伝 (その他)
13:41~

直撃!シンソウ坂上の番組宣伝。坂上さんは「息子さんへの長い取材ではじめて明かした母の素顔がテーマ。知らないことがあってびっくりした。息子さんは良い母だと今でも言っている」等と話した。

最新ニュース言いたい放題 (ニュース)
13:44~

出演者らが江の島の中継映像を背景に「暑くなってきている、13時現在の東京は36.5度。これまで名古屋で39.1℃を記録。多治見では38.8℃」などと天気について話した。

キーワード
江の島(神奈川)
名古屋市(愛知)
東京都
多治見市(岐阜)
  1. 前回の放送
  2. 8月2日 放送
  3. 次回の放送