FNSソフト工場 草食男に強女

FNSソフト工場(FNSソフトこうじょう)は、1999年8月よりFNS系列局が制作・放送しているバラエティ番組枠である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2013年11月24日(日) 1:35~ 2:35
放送局 関西テレビ

番組概要

オープニング (その他)
01:37~

オープニング映像。

今日は4人の魅力的な女性たち「強女」の強さの秘密に迫る。

発見!ニッポンの強女 (バラエティ/情報)
01:38~

尊敬する人はPerfumeのあ~ちゃんという中央大学に通う一見ごく普通の女子大生。その正体は名門応援団の女性団長だった。今日の強女1人目は学ラン姿の女子大生、本城亜利架(22)。

キーワード
Perfume
あ~ちゃん

発見!ニッポンの強女 (バラエティ/情報)
01:42~

東京・八王子市にある中央大学に通う強女・本城亜利架さんは一見ごく普通の女子大生。しかし、本城さんは中央大学応援団の団長だった。応援団は本城さん以外はみんな男性。昼休みには応援団のトレーニングを行っていた。

中央大学応援団の創部は昭和21年。伝統ある応援団に入団したきっかけについて本城さんは「日本の伝統文化にちょっと触れてみたいと思って」と話した。実は本城さんはアメリカ・ロサンゼルスで生まれ、幼少期をニュージーランドやオーストラリアで過ごしていた。

中央大学応援団の夏合宿に密着。バスで移動中にコンビニに立ち寄ったところで問題「コンビニ入口で手を挙げた1年生がこれから始めることは?」。正解「手を自動ドアのセンサーに反応させて先輩が出やすいようにする」。合宿地である長野・白馬村に到着するとすぐに猛練習が始まった。団員たちが休憩に入ったところで問題「飲み物を飲む時下級生がしなければならないことは?」。正解「4年生に飲む姿を見せるのは失礼にあたるので壁に向かって飲む」。

朝9時から夜6時まで続いた練習が終了。宿舎に戻り、食事の時間には上級生が下級生に皿の向きなどの指導を行い、食事中も下級生たちは上級生たちに常に気を配っていた。夕食後には応援歌の練習などがあり、全てが終わる頃には深夜12時前になっていた。翌日は早朝6時からランニングを行っていた。

ここで強女のパワー源である本城さんの勝負メシを紹介。それは鶏肉、ニラ、キャベツを使った本城家特製ギョウザだった。

全日本大学準硬式野球選手権大会での中央大学対法政大学の試合に、本城さん率いる中央大学応援団が登場。試合は5-4で中央大学が勝利した。本城さんは「我慢強いとかですかね。今の後輩とか見てるとまだまだだなと」と強女のプライドについて語った。

2人目の強女は熊本・八代市に住む守田満(90)。趣味はカラオケで18番は森昌子の“愛傷歌”という守田さんは実はマスターズ陸上の世界記録保持者。大正12年に生まれた守田さんがこれまでに獲得したメダル、盾、トロフィーは約300個。学生の時は卓球部に所属をしていた。転機は70歳の時に地域の運動会のリレーに飛び入り参加した事で、まわりが40代の中2位でバトンタッチ。その後、次々と記録を樹立し、今年6月30日に行われた第26回長崎マスターズ陸上競技選手権で200mの世界記録を打ち立てた。

週3日、近所のグラウンドで練習をしていて、練習の無い日は大好きな松平健の出演する“暴れん坊将軍”を見ているという守田さは、いつも地元の子供たちと一緒に練習をしていて、一緒に練習をしている小学生は「俺のじいちゃんとか走れませんよ」と守田さんについて語った。そんな守田さんは100mの世界新記録という野望があった。

強女のパワー源、守田さんの勝負メシを紹介。守田さんは鹿児島から取り寄せた黒豚3枚を朝から食べていた。13年前から朝食はずっと豚肉で、その他にも生卵、赤飯、キャベツサラダなど計5品を食べていた。

7月28日に行われた第30回記念九州マスターズ陸上世界選手権大会で守田さんは100mの世界新記録を目指していた。現在の世界記録はスウェーデンのノラ・ウェデーモさんがもつ23秒18。守田さんの自己記録は24秒24。そんな守田さんがいよいよスタートラインに立った。

キーワード
八王子市(東京)
中央大学応援団
中央大学
ロサンゼルス(アメリカ)
ニュージーランド
オーストラリア
白馬村(長野)
ニラ
キャベツ
鶏肉
ギョウザ
全日本大学準硬式野球選手権大会
法政大学
八代市(熊本)
森昌子
愛傷歌
マスターズ陸上
松平健
暴れん坊将軍
豚肉
鹿児島県
第30回記念九州マスターズ陸上世界選手権大会
スウェーデン
ノラ・ウェデーモさん

発見!ニッポンの強女 (バラエティ/情報)
02:05~

強女、90歳の守田満さんが100mの世界記録に挑戦。しかし、世界新記録を出す事はできなかった。そして、守田さんは「走れなくなったらあの世に早く逝ったほうがいいです」と強女の覚悟を語った。

3人目の強女はCMにも出演経験のある21歳の女性、佐藤摩弥さん(21)。そんな佐藤さんの職業はオートレーサーだった。2年前のデイリースポーツでは佐藤さんのことを44年ぶりに誕生した女子オートレーサーと報じている。

オートレースとは競馬や競艇などと同じ公営協議で通常1周500mを6周する競技で走る格闘技と呼ばれている。現在、オートレーサーの数は451人で、平均年収は1200万円。2012年には高橋貢選手が約1億1千万円を獲得していることが埼玉・川口市の川口オートレース場でのレースの映像とともに伝えられた。そんなオートレースの世界で、佐藤さんは女子選手として初の優勝という快挙を成し遂げている。

佐藤さんがオートレースを始めたきっかけは5歳の時に兄の影響でモトクロスを始めた事からだった。その後、全日本モトクロス女子選手権に出場し、シリーズランキングは7位。しかし、モトクロスは体力勝負のため女子選手は20代がピークだった。それを知った佐藤さんは2007年から女性の採用が再開されたオートレースの世界に飛び込んだ。

キーワード
デイリースポーツ
オートレース
高橋貢選手
川口市(埼玉)
モトクロス

発見!ニッポンの強女 (バラエティ/情報)
02:14~

佐藤さんはオートレースの採用試験に合格。茨城・下妻市のオートレース選手養成所で訓練を受けていて、筑波山を山頂まで駆け上がる訓練などを行っていた。そして、その生活は9か月にもおよんだ。その後、19歳でプロデビューし、21歳にして獲得賞金は約1100万円となった。そんな佐藤さんの勝負メシは東京・港区にある“南青山 よろにく”の厚切り上タン塩。

川口オートレース場に置かれている佐藤さんのバイクには女の子らしいデザインがあしらわれていた。そのバイクに張られたシールには坂井宏朱さんの名前があった。坂井さんは佐藤さんと同期の女性オートレーサーだったが、デビューから半年後のレース中の事故で亡くなっていて、それは産経新聞でも報じられていた。オートレースで使うバイクにはブレーキがついてなく「ブレーキがあるほうがむしろ危険」と佐藤さんが語った。そんな佐藤さんのレースの様子とともに今年7月に5人の女性オートレーサーがデビューした事が伝えられた。

4人目の強女は福島県警察本部の高速道路交通警察隊に所属する渡辺江紀さん(26)。パトカーの特殊訓練を受ける渡辺さんは警察隊内で唯一の女性で、渡辺さんについて訓練指導担当の小松巡査部長は「走りは度胸のある走りだと思う」と語った。渡辺さんが警察官になったきっかけは高校生の時の事故で「警察官になればルール違反をしている人を注意できる。そういう立場になりたかった」と語った。

そんな渡辺さんが覆面パトカーに乗り込み取り締まりを行う現場に密着。速度違反や事故などに立ち向かう渡辺さんは日焼け止めクリームをかかさなかった。

キーワード
下妻市(茨城)
筑波山
オートレース
オートレース選手養成所
港区(東京)
厚切り上タン塩
坂井宏朱さん
産経新聞

発見!ニッポンの強女 (バラエティ/情報)
02:32~

福島県警察本部の高速道路交通警察隊に所属する渡辺江紀さんの彼氏はいわき中央警察署の坂下巡査部長。福島市にある焼肉店“やまなか家 鎌田店”でデートする2人に密着。そして、渡辺さんは「女は度胸!」と強女の信念について語った。

キーワード
福島市(福島)

エンディング (その他)
02:33~

滝川クリステルが今日紹介された強女について「ただ強いだけじゃなかった。タフで、しなやかで、男勝りだけど愛らしい。」と語った。

  1. 前回の放送
  2. 11月24日 放送
  3. 次回の放送