ザ・ドキュメント 境界を越える道〜コリア国際学園の挑戦

『ザ・ドキュメント』は、関西テレビで深夜に不定期放送されているドキュメンタリー番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2013年1月20日(日) 1:35~ 2:30
放送局 関西テレビ

番組概要

オープニング (その他)
01:36~

オープニング映像。

境界を越える道〜コリア国際学園の挑戦 (バラエティ/情報)
01:36~

国籍について先生が学生たちに何人かと質問した。学生たちは7割日本人で3割韓国人、韓国人だが韓国社会での韓国人にはなれていないなどと答えた。

大阪府茨木市にあるコリア国際学園は開校して5年、中学高校一貫教育で生徒はおよそ70人が学んでいる。池田大介先生は日本人で現代社会や世界史を担当している。高等部2年の朴苑眞さんは父が韓国人、母が日本人で二重国籍で5歳のときに日本に引越してきた。朴苑眞さんは韓国人と日本の間に生まれたのはラッキーでお互いのことを考えながら何かしていきたいと話した。

梁英理さんは大阪育ちの在日韓国人の4世。去年同級生と韓国に旅行し広場でサッカー日韓戦をみた。梁英理さんはサッカー日韓戦で悪口を言われ日本人が帰っていたので日本語を話さないようにしていた複雑だったと話した。

コリア国際学園設立の動きは在日韓国人の有志たちの研究会から始まり金敬得弁護士の呼びかけがきっかけだった。校舎の建設は地元の理解を得るのち時間がかかり遅れ半年後に完成した。

キーワード
茨木市(大阪】

境界を越える道〜コリア国際学園の挑戦 (バラエティ/情報)
01:49~

日本は1910年に朝鮮半島を植民地化し1945年に日本が戦争に負けるまで続いた。この35年の間に朝鮮半島から仕事を求めて日本に渡ってきた人と労働力として連れて来られて人たちもいる。在日韓国人の7割がこの人たちの子孫で社会制度と心の壁に悩んできた。オム・チャンジュン校長は池田大介先生と組んで竹島独島問題の特別授業を開くことにした。

コリア国際学園卒業生のピョン・ヘリさんが訪れ竹島独島について生徒たちが意見を話し議論した。竹島独島問題の特別授業について金正泰教頭はすべての問題が解決できるとは思っていない、子どもたちが自分を見つけていって自分について確立していく課程のステップに過ぎないと思っていると話した。

キーワード
竹島独島問題

境界を越える道〜コリア国際学園の挑戦 (バラエティ/情報)
02:00~

コリア国際学園では校則も生徒たちが決めている。檀野由佳さんはコリア国際学園は数カ国語を話せることあ売りになっているが、領土問題や規則なども真剣に考えられて授業だけではないと話した。

コリア国際学園文化祭のテーマは平和ということで準備が始まっていた。コリア国際学園文化祭には生徒の家族、友人や地域の人たちが訪れ合唱や文化祭様子が紹介された。

境界を越える道〜コリア国際学園の挑戦 (バラエティ/情報)
02:12~

池田大介先生は竹島独島問題の特別授業前の準備講座を行った。終了後、朴尚銀は今日の授業は嫌だったと話した。池田大介先生は勉強という大義名分のもとに生徒個人を傷つけていると思うが、そこから何か生み出して日韓モデルのような物をつくりたいと話した。

コリア国際学園にて竹島独島問題の特別授業が行われた。池田大介先生が日本政府の立場、オム・チャンジュン校長が韓国政府の立場を演じることで両国の主張を生徒たちに聞かせた 。

コリア国際学園にて竹島独島問題の特別授業が行われ両国の主張を聞いた生徒たちがそれぞれ意見を出し合い論議した。

キーワード
竹島独島問題

境界を越える道〜コリア国際学園の挑戦 (バラエティ/情報)
02:25~

金正泰教頭はコリア国際学園の前は朝鮮学校の教員だった。金正泰教頭は朝鮮に行くようになって初めて祖国になっていった。言葉だけでなくそこに知り合いできて何回も行くことが大切だと話した。

  1. 前回の放送
  2. 1月20日 放送
  3. 次回の放送