お笑いワイドショー マルコポロリ デニス・植野&マテンロウ・アントニー 爆笑!ハーフ芸人はここがツラいよSP

放送日 2015年6月21日(日) 13:59~14:54
放送局 関西テレビ

番組概要

オープニング (その他)
13:59~

今週の見どころがダイジェストで紹介。

番組タイトル。

スタジオ挨拶とゲスト、ハーフ芸人のデニスとマテンロウを紹介。デニスは父がブラジル人で母は日本人、出身については大阪・吹田市と回答。また2人の出会いはカナダだった事を明かした。そしてマテンロウは父親はアメリカ人で母親が日本人、出身は東京・板橋区と回答。また父親が幼少時に亡くなっていて、母親は再婚し両親が日本人で実家は寿司屋ですと説明した。更に2人は東京NSC 15期生で動機である事を明かした

キーワード
吹田市(大阪)
板橋区(東京)
東京NSC

デニス・植野&マテンロウ・アントニー 爆笑!ハーフ芸人はここがツラいよSP (バラエティ/情報)
14:02~

スタジオでデニス 植野についてトーク。現在33歳で、養成所には27歳時に入ったと説明。それまでは西麻布のバーで働いていた事を明かした。また数年前に市川海老蔵が起こした事件について当時、働いていた店と同じビルでニュースで中南米系の外国人が流れ、自分が疑われた事をきっかけに自分を見つめなおしたと説明した。また、マテンロウ アントニーは自分の本当の父親の姿は3歳の時に亡くなった、自分が20歳の時に元プロボクサーだった父親の写真を見せられ驚いたと語っていた。ここで本名は堀田・世紀・アントニーである事も明かした。

ここで2人の小学校時代についてトーク。デニス 植野は林間学校のお風呂でアソコの毛について盛り上がっていたが当時、すでにぼうぼうだったと明かした。また体の成長について自分が相撲大会で3年連続で優勝した事で相撲大会がなくなったと明かしていた。また、植野はボーイスカウトに入ると服が似合いすぎる理由で異例の出世で副リーダーになり、ポスターも自分がどんぐりを入れている写真が採用されたと語っていた。また性についても成長が早く、キャンプ場で見つけた赤いパンティを見つけると、その後も気になり取りに戻ったらキャラメルコーンの袋だったと笑いをとっていた。また、アントニーも小学校3年時に、父親から俺の本当の息子ではないと伝えられた時、人生で初めて「知ってるよ」とツッコミを入れたと明かした。

アントニーの実家についてトーク。実家が寿司屋だった事から小学校時代、食べログやぐるなびなどで自分の店を検索すると、口コミの所で「やたらと、この寿司屋では黒人の少年がうろついている」と書かれていた事を明かした。また成長については小学校3年生で既に160cm、ランドセルが背負う事ができず、キャリーバッグで登校していたと伝えられた。また、アントニーが母親と銭湯に行き、女風呂に入ろうとすると身長も大きかったため、おばあちゃんが「ぎゃー」と叫び、母親から「男湯に行け!」と裏切りの言葉を言われたと赤していた。また身体能力について抜群で小学校5年生になると175cm、体重は80kgになっていたと語り、ドッチボールでは3人を保健室送りにし、自分はドッチボール禁止させられたと伝えた。

2人の中学から高校時代についてトーク。デニス 植野は見た目だけ番長で、18歳時には地元の暴走族に入れられると、相手からは軍人が入ったと噂になったと明かしていた。また、アントニーは中学校に入ると17cmの身長もあり、先輩からグループに入ってくれと頼まれていた事を明かした。その理由は体型だけでなく、父親についての噂がFBIの人間で寿司職人は仮の姿、地下組織のストリートファイトの優勝者など噂が先走っていたと語った。ここで東野が英語について質問するとアントニーは英検5級に落ちてますと述べていた。ここで上方漫才大賞を獲ったテンダラーがアメリカで英語で漫才してきた事を告白した。

ハーフ芸人の「あるある」アルバイトについてトーク。アントニーは採用される事がなく、ハンバーガーショップも落ちた時は、どこの国の食べ物だ!と感じたと語った。また日焼けサロンバイトとし、日焼けサロンから出てきたフリをするバイトをしていた時、ギャルから「やばぁ、あんなに焼けるんだ」と言われた事を明かしていた。ここで、植野も動物園に行ってラクダと目が合ったらラクダが長旅の準備を始めたなどエピソードが付けられる事になり、頭の整理が出来なくなると明かした。また植野は向井理と一緒のバイトだった事を明かし、芸能界にスカウトされた事を明かされた時、「厳しいんちゃうん?止めといた方がええで!」とアドバイスした事をしたが半年後に月9に出てたと明かした。ここで、ハーフタレント「あるある」疑われる事についてトーク。植野は違法の葉っぱについて疑われる事を明かすと、アントニーも自分の部屋をブログでアップした時に鉢植えが映り込んでいて事務所の人に大丈夫か?と聞かれた事を明かした。

仕事で海外に行くのと日本とでの違いについてトーク。植野は日本の方が落ち着くと述べていた。アントニーは仕事でアメリカに行った時、国内線乗り継ぎで「お前、日本人なんてウソだろ」となり裏に連れて行かれ、仕事を聞かれ「コメディアン」と答えるとウサンクサすぎると信じて貰えなかったと明かした。また銀行口座を開く苦労話で、植野は植野行雄という身分証明書が通用せえへんて、オレはどうしたらええの!!と思うと語っていた。ここでハーフ芸人の「あるある」勘違いについてトーク。植野は足をケガし病院で待っていると「海外の人の名前を呼びながら自分に近づき、最後は一生懸命、発音を変えて訴えてきたが自分は、植野行雄だよ」と思った事を語った。

続いて、アントニーが阪神タイガースのファンである事から一昨年、ファン感謝デーの仕事を頂いて向かい、選手にインタビューをしていると吉田義男さんも現れると「助っ人、肥えすぎやろ!」とゴメス選手と勘違いされた事を明かした。また、植野はお店に行くと現地の人と勘違いされカレーでも3倍辛いカレーが出てくる、お店の人も日本人向けでなく現地の人と思い腕まくりをしヤル気を出してくると明かしていた。また植野は中学校3年時、彼女の家で朝食はみんな、アジの開きなのに自分だけコーンフレークだったと明かし、居酒屋の突き出しではポップコーンだったりと見た目で判断、更に浅草に行くと外国人観光客と思われ、人力車から漢字のTシャツも売りつけられそうになった経験もあると明かしていた。またアントニーは20歳時、好きな女の子とのデートで築地の寿司屋に行き、カッコつけようと思ったが店に入り、「板さん、お任せで!」と言うと出てきたのは「カリフォルニアロール」だったと明かした。

ハーフ芸人、デニス 植野の経歴が紹介。父親はブラジル人、母親は日本人で2歳時から大阪・吹田市で育っていた。その後、中学校に入学するとサッカー王国、ブラジル人の血が流れているという理由でサッカー部に強制入部させられた。しかし見た目で厳しいマークがつきボールに触れる事なく試合が終了すると監督から、見かけ倒しかとののしられたと伝えられた。

一方、マテンロウ アントニーの経歴も紹介。父親はアフリカ系アメリカ人、母親は日本人で東京生まれの東京育ちだった。元ボクサーだったという父親ゆずりなのか幼少時から体格がよかったが、中学校に入るとハーフで調子にのっているヤツと不良達にスカウトされるも拒み続けていた結果、周囲は地下組織のストリートファイトで優勝、マイク・タイソンの隠し子など勝手に噂が先走ったと伝えられた。

見た目だけで勘違いをされてきた植野とアントニーの 実際の話がVTRで紹介。植野がベランダでガーデニングをしていると危ない葉っぱと思われ通報されたり、街では職務質問も多かったと伝えられた。一方のアントニーはアルバイトの面接に行くと不法就労者と疑われ不採用ばかり、ようやく見つかった仕事はキャバクラの皿洗いだったが、お客からは用心棒と勘違いされた事があると伝えられた。

植野とアントニーが2人でコンパに行くと、第一印象から相手に警戒されると伝えられた。

ハーフ芸人 デニス 植野&マテンロウ アントニーのハーフ界のヘンテコな日常が紹介。植野は29歳の時、松下宣夫とお笑いコンビ「デニス」を結成、先輩芸人で最もデニスを可愛がってくれたのは西川きよしで番組が一緒になると楽屋に顔を出してくれた事が伝えられた。更に食事にも誘ってくれ、年末にお歳暮も貰っていると明かされた。デニス 植野はその疑問をぶつけるべく本人に質問すると「ヘレンもハーフやからな!植野くんも頑張りや!」との回答だったと伝えられた。

ハーフ芸人、マテンロウ アントニーの経歴が紹介。19歳で大野大介とコンビを組み「マテンロウ」を結成。ハーフ芸人と売れ始めたある日、ハーフタレントが集まるパーティーがあるからと声をかけられるも不安な中、お店に行くとSHELLY やベッキーやJOY、ホラン千秋やユージなど多くのハーフタレントがいた。そこでは年齢など垣根を超えて楽しいひとときを過ごしたと伝えられた。

ハーフ芸人「あるある」注目される事についてトーク。アントニーが銭湯に行くと、ジロジロ見られると述べ、中学生達に一斉に見られたと明かしていた。また好みの女性について、アントニーはガッキーが好きですと述べていた。また植野は、キャバクラなど店で女の子が代わるのは良いが情報を共有して欲しい、同じ事を繰り返すだけと述べていた。

キーワード
吹田市(大阪)
デニス
西川きよし
大野大介
マテンロウ
松下宣夫
食べログ
ぐるなび
テンダラー
上方漫才大賞
阪神タイガース
吉田義男さん

開運ポロリ! (バラエティ/情報)
14:34~

今回、トータルテンボスが土田晃之様を案内する。トータルテンボス2人が土田の別番組の収録終わりを直撃、番組に向け「ありがたいお言葉」を頂きたいと交渉。土田は、「マルコポロリ?ごめんなさい、存じてないんですけど…」と丁重に述べ、更に「これから中学校の同窓会なんです。久々に会う人もいるから早めに行きたい」と語るも何とか交渉成立となった。

3人が向かったのは東京・港区台場にある肉卸問屋の直営店「1129 by ogawa」。厳選された極上の国産牛が人気のお店である。

3人が向かったのは東京・港区台場にある肉卸問屋の直営店「1129 by ogawa」。早速、お供え物1品目に「牛タンカレー」が出されると土田も機嫌となり、1つ目の言葉「芸能界で長生きするには◯◯すべし」の空欄部分を埋めるもの。ここで土田は自分はブレイクしてないけど、仕事がある、バイトも経験がない事を明かした。そして空欄部分には「一生懸命やらない」と回答、収録はちゃんとやる事が必要だが、番組スタッフには一切こびない、自分達の商品価値がなくなったら呼ばれない訳だから、そこで頑張る意味はないと断言していた。また、芸能界で生き残るための努力として、東野と今田の出演番組は全て録画、フレーズを全部メモしている事を明かしていた。

東京・港区台場にある肉卸問屋の直営店「1129 by ogawa」。2品目に出されたのは「1129 オリジナルハンバーグステーキ」に土田も「うめぇ~」と感動していた。ここで第2のポイント「上島竜兵とは◯◯である」のフリップに土田は即答で「クソ」と回答。土田は、今までは芸能界1のイジラレ役にプライドを持ってやっていると思ったけど、上島さんがさんまさんや紳助さんみたいな司会者になりたいと言ったものの1分も持たない…緊張して喋れないと明かした。

さらに事務所の先輩!上島竜兵のクソっぷり…。

キーワード
港区(東京)
牛タンカレー
東野幸治
今田耕司
1129 オリジナルハンバーグステーキ
上島竜兵

開運ポロリ! (バラエティ/情報)
14:43~

東京・港区台場にある肉卸問屋の直営店「1129 by ogawa」で土田が上島竜兵についてトーク。土田は、自分はよしもと番組の出演が多く、よしもと内の話には入れない、自分の事務所にはそういった空気ないと愚痴ってたら上島竜兵が電話をかけてきて相談に乗って貰っていた。そこに上島竜兵は芋焼酎を飲み始め、みんなも待っていると泣き始めたと明かし、30分後には自分は今後、どうしたら良いんだろうと後輩に相談をしてきたと伝えた。また、肥後については先輩後輩でなく友達と言い張ってくる、アホと言い、寺門については年に1回くらい会うけどはしゃぐんだよと明かしていた。

ここで土田著書の書籍、「納得させる話力」が紹介。

キーワード
港区(東京)
上島竜兵
肥後克広
寺門ジモン
納得させる話力

エンディング (その他)
14:49~

スタジオで植野とアントニーが今後についてトーク。アントニーは「踊る アントニー御殿」や「アントニーにおまかせ」が夢と述べていた。

テロップで、このあと…アントニーがナンパされたのは…。

エンディング (その他)
14:52~

エンディング映像。

  1. 前回の放送
  2. 6月21日 放送
  3. 次回の放送