情報プレゼンター とくダネ! 2018年5月25日放送回

放送日 2018年5月25日(金) 8:00~ 9:50
放送局 関西テレビ

番組概要

オープニング (その他)
08:00~

オープニング映像。

ニュース (ニュース)
08:00~

史上初の米朝首脳会談についてきのう夜、アメリカ側から中止が発表。約7時間前、金正恩との首脳会談の中止について会見を行ったトランプ大統領。会見前のホワイトハウスが公開した金正恩委員長へ送った書簡には「残念ながら直近の発言で示された強烈な怒りと敵対心を踏まえるとこの会談を現時点で実施するのは不適切だと感じます」と伝えている。アメリカ側は準備のため北朝鮮と連絡を取ろうとしたところ反応がなかったという。

こうした中で豊渓里の核実験場がきのう爆破された。この爆破の直後に米トランプ大統領が米朝首脳会談中止を表明した形。北朝鮮非核化をめぐってはアメリカが一気に完全な非核化を求めているのに対し、北朝鮮側は段階的な非核化を求めているという大きなスタンスの違いがあった。共同通信社・磐村和哉氏によると、北朝鮮の意向は段階的な非核化や非核化後の体制保証などの要求があった。こうした意向が今月22日に韓国文大統領から伝えられたトランプ大統領が疑念を表明。書簡では「この大事な会談についてもし考えが変わるようなら迷わずわたしに連絡して欲しい」と書かれていて、スタンスを変えるならばやるというふうにも読み取れる。核実験場爆破の日に会談中止した理由については「それだけでは評価しない。ハードルはもっと高いというメッセージを発信する効果的なタイミング」とのこと。米政府高官によると、北朝鮮側がトランプ政権の高官との面会場所に現れずに約束を破った、北朝鮮との連絡が途絶えたのが会談中止の理由とのこと。朝鮮中央通信によると、キム・ゲグァン次官は「思いがけない、非常に遺憾」「人類の念願に符合しない決定」「米側に時間と機会を与える用意がある」と述べている。

北朝鮮・豊渓里の核実験場爆破の瞬間が紹介。日本を除いた5ヶ国の海外メディアが招かれ、その姿勢を示した形。グローバーは「検証を一切させていない時点で、これが実際なんなのかも、アメリカじゃOKというわけにもいかないのがよく分かる状況ですよね」など述べた。

ナッツ姫こと大韓航空の副社長が韓国の捜査機関に出頭。ナッツ姫といえば3年半前、客室乗務員のナッツの出し方に腹を立てて飛行機を引き換えさせたいわゆる「ナッツリターン事件」で謝罪した際には全身が黒のシックな服装だった。きのうの服装は黒パンツに青カーディガンを羽織って出頭。

キーワード
トランプ大統領
米朝首脳会談
金正恩
豊渓里(北朝鮮)
大韓航空
非核化
ホワイトハウス
アメリカ
朝鮮中央通信
磐村和哉氏
共同通信社
米韓首脳会談
文大統領
Foreign Policy
キム・ゲグァン次官
核実験
ナッツリターン事件
ナッツ
ソウル(韓国)

ニュース (ニュース)
08:10~

大韓航空元副社長が韓国の捜査機関に出頭したのはフィリピン人を不法雇用した疑い。元副社長はフィリピン人を大韓航空研修生として偽装し入国させ、実際は研修生ではなく家政婦として就業させていた不法雇用の疑い。元副社長の実家や自宅で家政婦として働いていたという。家政婦の様子を近くで見ていた母親の元運転手は「家政婦のパスポートを取り上げて逃げられないようにしていた」と述べている。暴言女王と名付けられた母親にも初めて捜査のメスが入る。女性作業員の腕をつかみ引っ張る暴行映像が物議を醸しているナッツ姫の母。地元メディアによると、警察が捜査を進めた結果、来週月曜日に母親が暴行容疑で警察に出頭するよう命じていたことがわかった。韓国では外国人を家政婦として雇うことが禁止されていた中でフィリピン人も含まれていたもよう。ファミリーに雇われる家政婦は10年間で10~20人。休暇は年1回。1日14~16時間労働。月給は4万5000円と相場の3分の1と違法かつブラックでもあった。

日大アメフト部の話題。昨夜日大アメフト部の保護者会が開催され、111人が参加した。保護者たちは監督らの会見を受け、危機感を募らせている。また、現役選手らから声明を発表したいという動きもあるという。また、子どもから監督の指示があったと聞いている保護者も一部存在する。また、加害選手に対して、守ってあげられなかった事を申し訳なく思っている事を明かした。昨日、関学は日大から2回目の回答書を受け取った。回答書で日大は、意図的な反則指示はなく、学生を追い込んだのは全て監督とコーチの責任だと主張。一昨日の会見では、司会者の記者への態度や会見を打ち切ろうとする姿が波紋を広げた。

先週火曜日、日大から関学へ回答書提出。指導者による指導と選手の受け取り方に乖離が起きていたとして、5月24日をめどに再回答するとしていた。このとき関学は、日大の回答に誠意が見られない場合定期戦は行わないとしていた。関学と被害者側は日大に不信感を抱いている。謝罪と真実を求められているが、日大側は、コーチと選手・監督の主張が、「QBがけがをして出られなくなったら得」などの発言の有無が食い違っている。きのう日大が関学に再回答書を提出。内容は、意図的な反則の指示はしていないとシた上で、「学生を追い込んだのはすべて監督とコーチの責任」と謝罪しているもの。生沢浩は、「あくまで監督・コーチは指示してなく、選手が司令を違った解釈をしてプレーに反映したと繰り返すと思う。」などとコメント。日大は選手にヒアリングをせず、再回答書を提出している。あす、関学側は会見へ。生沢浩は、「被害者選手の父親が出てくることで、刑事告訴まで踏み込む発言が出てくる可能性がある。」などとコメント。きのう監督会見後、森琢ヘッドコーチは、「言った言わないに関して、解釈のところがあるかもしれない。」などと言っており、日大アメフト部緊急保護者会では、「聞いた範囲では指示があったと聞いている。」などの声も。若狭勝は、「本人の自己保身などが関わっているときは嘘を言う可能性がある。選手は会見で得るものはないから絶対的に信用性がある。監督やコーチは保身や大学のメンツなどがある。これで選手が信用出来ないなら、裁判を根底から覆すようなインパクトがある。」などとコメント。小倉智昭は、「不利益のある会見に出て、名前も顔も晒して謝罪している。嘘はつけない。」などとコメント。刑事罰は受ける覚悟があるとの会見だった。

日大アメフト部の話題。番組は関係者6人に取材。すると、前監督とコーチの関係性が見えてきた。

この職員は日大広報部の職員の他、森林インストラクターとして書籍も出版している。この職員の知人は、普段は腰が低く良い人だと話した。また、この職員は元共同通信社の記者で、ワシントン特派員などを歴任。問題の会見を振り返る。司会者は会見開始から約50分後、記者の質問などを注意し始めた。また、記者の質問に答えたいコーチと、会見を早く進めたい司会者とで齟齬が発生しているように見える場面もあった。会見では、機材トラブルも発生し、思うようにいかない状況から司会者は苛立ち始め、記者の質問に割り込むなどを行った。

会見開始から1時間40分が過ぎた頃、司会者は前監督の「先程も」の言葉に反応するように、同じ質問はやめるよう記者に注意し始めた。会見後、司会者に疑問を抱いた報道陣が司会者のもとに集まったが、自身の名前を明かそうとしなかった。日大職員に記者が問い合わせると、日大広報部の職員だと明かしたが、フルネームを明かさなかった。三年前の日大の謝罪会見にもこの司会者は登場しており、その際には自身で名前を告げていた。この時司会者は冒頭から喋り続け、当事者に対する記者の質問に、当事者に代わって発言する場面もあった。関東学生アメリカンフットボール連盟の監督会では、今後日大との試合をボイコットする声も浮上。日大現役アメフト部員は、加害選手に同情する声をあげた。加害選手は、22日の会見で全てを話したので、もう話す事はないとしている。

被害者の父親、奥野康俊氏は、「前監督は一切の否定、これでは選手が可哀想。指導者2人に対して体の震えが止まらない。次の選挙では立候補しません。とことんこの問題に向き合う覚悟。」などとフェイスブックを更新。中瀬ゆかりは、「腹をくくって真相解明にかける。加害者選手は、嘘は微塵も感じないどころか、弱さを吐き出した。監督の会見は何も言っていないに等しい。」などとコメント。被害届・告訴を含め、前監督とコーチの2人だけでは受理できないとのこと。若狭勝は、「告訴する際には2人だけを告訴できない。検察の処分の際は、選手は起訴猶予、監督たちは処罰というのはあり得る。処分は被害者側の気持ちがファクター。」などとコメント。奥野氏は、「選手の減刑と、前監督とコーチに対する厳重処分の嘆願書を出そうと思う。」などとコメント。小倉智昭は、「本来は加害者選手に対して良い感情を持てるはずがない。ただ選手が可哀想だといっているのが全て。」などとコメント。

選手と監督・コーチの会見の比較。出演者たちは、「やらないほうがよかった。」などと批判。中瀬ゆかりは、「選手が会見したからやっただけにしか見えなかった。」などとコメント。選手の会見は前日にFAXが届いたが、監督の会見は1時間前にFAXが届いた。両会見の入場時の映像が流れた。監督の会見は、報道陣が準備中に急に入場。会見冒頭は大きな違いはない。答えづらい質問のときは、選手の場合は穏やかに収めたが、監督の会見は司会者が会見を中断しようとした。生沢浩は、「やめてくださいは報道陣にとってはきつい言葉。」などとコメント。監督会見の司会者は、日本大学広報部職員で、早稲田大学卒の元共同通信論説委員長だった。過去、日本大学名誉教授の元暴力団幹部からの借金問題を受けての解雇会見に出席していた。司会者は前監督のお気に入りだったが、1ヶ月に1回顔を出す程度で、日大関係者は、前監督をかばうために理事長から指示があったのではないかとしている。中瀬ゆかりは、「攻撃するキャラを広げようとしたのか。名前も名乗らないなんてありえない。」などとコメント。日大広報の対応は、奥野さんの会見に対して、「第三者委員会を設け原因究明に取り組む」などと文書を出した。生沢浩は、「ヒアリングがなく回答書が作られているところに疑問がある。」などとコメント。加害者選手の会見をうけて、日大広報は最初”お答えすることはない”と回答しその後、「誤解を招いたとすれば言葉足らずだったと心苦しく思う。」などと発表。若狭勝は、「調査すれば分かることを調査しないことは新しい隠蔽。大学組織として隠蔽している。」などとコメント。前監督は第三者委員会の判断で進退を判断するとのこと。中瀬ゆかりは、「広報は窓口で仕切るところ。日大は危機管理学部もあるのに、あまりにも稚拙。」などとコメント。おとといもきのうも広報が対応せず警備員が対応していた。エイレックスの社長は、「理事長や学長の名前でコメントすべきだし、もっと早く会見すべき。大学は選手を守るべきで会見させるべきではない。法人としてお答えすることはないという発言はありえない。法的責任を回避することが目的だ。」などとコメント。

キーワード
日本大学
関西学院大学
森琢ヘッドコーチ
アメフト
早稲田大学
ナッツリターン事件
ナッツ
大韓航空
SBSニュース
国民日報
OhmyNews
暴行
スポーツ報知
日本山岳会
共同通信社
サンケイスポーツ
関東学生アメリカンフットボール連盟
奥野康俊氏
奥野康俊のフェイスブック
傷害罪
共謀共同正犯
関学
危機管理広報会社エイレックス

ニュース (ニュース)
08:57~

日大アメフト部の話題。問題の試合を取材していた上村氏は、前監督が会見で加害選手の反則行為を見ていなかったと主張している事に異を唱えた。問題の試合映像を見ると、前監督の視界から反則行為は見えているようにも見える。週刊文春デジタルは昨日、試合後に記者にタックルを指摘され、「あれぐらいラフプレーに入らない」という前監督の音声を公開。また会見で前監督は、悪質タックルに繋がる指示はしていないと主張。コーチは自分がQBを潰してこいと指示したと主張した。

日大前監督らの会見の話題。会見で前監督は、悪質タックルを見ていないと主張。実際の映像では、前監督が悪質タックルを見ているようにも見える。小倉は、「タックルを見ていますね」とコメント。上村氏によると、通常の反則があった時、審判がフラッグを出し、反則内容をコールし、監督が見ていなかった場合は近くにいるコーチなどに何があったか聞くのが監督の反応だという。生沢も、「インカムなどで誰が何をしたかは必ず聞く」と指摘。試合の映像では、審判が反則内容をコールした時、前監督は周りに何かを聞く様子はなかった。また、加害選手は反則行為を実行すると監督に報告した時、やらなきゃ意味ないと言われたと会見で説明。これについて前監督は、加害選手との間は3、5m離れており、会話はなかったと主張。山崎は、「聞こえなくても自分に何か訴えているのは分かる」と指摘。

日大現役部員たちも怒りの声

番組は、コーチの現役時代からの友人を取材。友人は会見について、前監督とコーチの間には絶対的な部分があり、コーチは言わされているという印象を持ったと明かした。先週末、前監督は監督辞任を発表。その時、すぐそばにはコーチの姿。日大元関係者は、コーチは前監督に日大職員への就職を斡旋してもらっており、それに恩を感じているのではと指摘した。コーチは日大アメフト部で前監督から指導を受けており、卒業後日大に就職しアメフト部のコーチに就任。友人は、コーチは素直な性格で、基本的にイエスマンだと明かした。また、日大に就職後最初の仕事は、前監督からのたばこの買い出し指示だったという。

友人によると、問題発覚後、コーチとは音信不通になっているという。日大アメフト部のOBたちは、前監督とコーチの関係について、コーチからも意見は基本的に受け入れてもらえてなかったと明かした。また、選手の態度が悪かった時には、コーチに暴力的な指導をしていたという。OBによるコーチの印象は、前監督がくると急に態度が変わり、前監督の言葉を伝達する操り人形のようなものだと語った。コーチは会見で、前監督をかばって嘘を言っているのではという質問に、明確に答える事はなかった。日大が27年ぶりに大学日本一を決めた日、前監督は選手を誇りに思うと語っていた。

問題の試合を取材していた上村は、フィールド上で加害選手と前監督が話しているような姿を見たとし、その時の2人は普通に会話ができる距離にいたとした。小倉は、「アメフトのフィールドには距離が書いてありますからね」とコメント。若狭は、「これは1つの大きな状況証拠になる」と話した。加害選手は、コーチから監督が相手選手をつぶせば試合に出すと伝えられ、つぶせをケガをさせろという意味に捉えたとしている。一方前監督は、指示していないと主張し、コーチは監督の指示ではなく自分からの指示だが、ケガをさせろという意図はなかったと主張。番組がアメフト経験者につぶせの意味をどう捉えるか聞いた所、15人中12人がルール内で強く当たれという意味にとると答え、3人がケガをさせろという意味にとらえるとした。

試合ではコーチから、1プレー目で必ず、リードしなくていい、アライン関係ない、などの指示があったという。これをふまえて再度質問した所、15人中15人がけがをさせろという意味にとらえるとした。リードしなくていいとは、本来の役割をしなくていいという意味。アライン関係ないは、守備位置は関係ないという意味。生沢は、「これらを認めてしまうと、アメフトのプレーが成立しない」と指摘し、図でアメフトにおける立ち位置の重要性を説明した。

キーワード
日本大学
アメフト
関西学院大学
週刊文春デジタル
伊丹空港
LINE
忖度
甲子園ボウル
森ヘッドコーチ
関学

ニュース (ニュース)
09:21~

きのうのフジテレビの取材に対し現役の日大ラグビー部員達は「選手がかわいそう」「認識に違いがあった」「一日も早く戻ってきてほしい」などという言葉の他「喉元まで出かかってるけど我慢している、発言するのは怖い」などという意見もあったという。LINEでも「会見は全部ウソだと思う」などと語られており、現役部員のためにもこれからやるべきことがあると述べられた。生沢氏からは「あの選手を支援する声が上がってきたというのは心強いと思う、保護者会も動いてきてるし段々現役の日大の学生を守ろうという動きが出てきているのが嬉しい」などと語った。若狭氏は、タックルした選手にもっと詳しく話が聞かれ周りを固めた上で最後の最後にコーチや監督に話を聞くという作業が綿密に行われるだろうと語った。

キーワード
日本大学
アメフト
LINE
スポーツ庁

NEWS ヤマサキ調べました (ニュース)
09:23~

公演に放置されたゴールデンレトリバーを巡り、飼い主と保護した人物の間で裁判が行われた。犬は5年前吉祥寺の公園でリードに繋がれて放置されていたという。保護した女性は警察に拾得物として届け出たが引き渡すと殺処分の可能性があるため自ら飼育する事を申し出たという。3ヶ月後、飼い主が名乗り出て「交際相手が犬嫌いで交際相手が犬を置いてきた。交際相手と別れたので返して欲しい」と申し出てきたという。保護した女性は「家族のような犬を公園につないで捨ててきちゃうような人との生活を優先している時点で理解できない、信頼できない」と引き渡しを拒否。去年10月、東京地裁は飼い主の女性が所有権を確定的に放棄したとまでは認められないと判断、続けて高裁でも一審の判決を支持した。

キーワード
東京地裁
東京高裁
吉祥寺(東京)
ゴールデンレトリバー

NEWS ヤマサキ調べました (ニュース)
09:28~

真夏日続出!週末の天気は・・・

犬の所有権を巡り裁判になった件についてのトーク。「現在ももめている状態なんです」「犬に決めさせなさいよ」などと語られた。話を聞くとどちらの気持ちも分かるという事で注目が集まっている。地裁、高裁では飼い主が勝訴したが保護した女性は現在も返すことを拒否している。犬は保護される2週間前にも放置されていた事が分かっており保護した女性は2度も捨てられていたと遺棄を容認していたのではないかと主張。飼い主側は1度は説得し連れて帰った、交際中の男性が置き去りにして自分は探し回っていたので遺棄を容認していないと主張。また、放置後遺失物届をおよそ3か月出さずフェイスブックの書き込みを確認しても連絡もしてこなかったと主張。飼い主はこれに対し当時交際中の男性の強い反対があったので遺失物届けの提出が遅れたと主張している。犬を放置したのは飼い主ではなく男性である点、相手を説得し捜しており期限内に遺失物届けを提出していた点から飼い主の所有権が認められたという。今も返却されておらず保護した女性は犬も高齢なので穏やかに過ごして欲しいと主張、飼い主は警察から命じられた5年前に返還していればこうならなかったとここでも対立しているという。なお、このままだと飼い主が強制執行をかける可能性があり、拒んだ場合裁判所の命令により毎月数万円を支払うことになるという。

BGMでNeil Sedakaの「Calendar Girl」が流れた。

キーワード
大岡越前
強制執行
Calendar Girl
ニール・セダカ
フジテレビ1F

天気予報 (ニュース)
09:38~

フジテレビ1Fから全国の天気予報。

キーワード
フジテレビ

クジアタリ性格診断 (バラエティ/情報)
09:40~

Q 音楽室で行われていたのは何の楽器の練習?1.リコーダー、2.小太鼓、3.ピアノ、4.バイオリン。

キーワード
リコーダー
小太鼓
ピアノ
バイオリン

クジアタリ性格診断 (バラエティ/情報)
09:43~

Q 音楽室で行われていたのは何の楽器の練習?1.リコーダー、2.小太鼓、3.ピアノ、4.バイオリン。この性格診断は「苦手な楽器の練習でわかるあなたの会話に足りないもの」。リコーダーは「言葉の数」。要点だけ伝えようとしている。より詳しく説明することが大切。小太鼓は「相手への確認」。話すときに一気にまくし立てるだけでなく、相手の話に対する相槌などを忘れずに。ピアノは「冷静な判断」。会話に冷静さが欠けている。構成を考え「話し上手な人」に。バイオリンは「感情表現」。感情がうまく伝わっていない可能性があり、もっと自分の気持ちを出すべき。

キーワード
リコーダー
小太鼓
ピアノ
バイオリン
亜門虹彦氏

エンディング (その他)
09:48~

小倉智昭はWBAバンタム級タイトルマッチについて「マクドネルが4、5日前に姿を見せた時やたら良い身体していて、きのうの軽量遅れてきたのは体重減らなくて、ゲッソゲソで絞ったみたいになっていた」など述べた。

キーワード
WBAバンタム級タイトルマッチ
マクドネル
  1. 前回の放送
  2. 5月25日 放送
  3. 次回の放送