FNNスピーク 2015年7月27日放送回

『FNNスピーク』(エフエヌエヌ スピーク、英称:FNN SPEAK)は、フジテレビをはじめとするFNN(フジニュースネットワーク)にて、1987年10月1日から2018年3月30日まで(土曜日は1992年4月4日から2016年3月26日まで)生放送されていた昼の報道番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2015年7月27日(月) 11:30~11:55
放送局 関西テレビ

番組概要

オープニング (その他)
11:30~

オープニング映像。「墜落原因 エンジントラブルか」「安保法案 ”課題山積”」といった今日伝えるニュースを紹介。

キーワード
安保法案

ニュース (ニュース)
11:30~

東京調布市の小型機墜落事故について、国交省や運輸安全委員会は小型機のエンジンになんらかのトラブルが起き、高度が上がらないまま墜落した可能性があるとみて調査中。事故現場より池田圭司が中継、事故により住宅9棟などが焼け、死亡した3人について身元確認中となっている。今後、国交省・警視庁が連携し、機体整備をしていた日本エアロテック社や生存者から話を聞く方針。

東京調布市で墜落した小型飛行機の事故概要を説明、昨日午前10時58分頃に調布飛行場を離陸し、1分も経たず墜落した。現場は中央自動車道や味の素スタジアム、調布中学校などが密集している。これまでにも現場近くでは1980年に小型機の墜落事故が発生。今回警視庁は機体になんらかのトラブルがあったとしているが、航空評論家・杉江弘氏は機体トラブルではなく、格納すべき車輪が残っていること、乗員で重くなった機体と暑い環境に対応できなかったのではなどとし機長の判断ミスの可能性が高いと指摘。

調布飛行場では今朝から伊豆大島や新島との定期便が、安全確認の上、天候の影響で欠航になった一部の便を除き運行が再開された。一方、事故のあった自家用機の発着は東京都の要請で当面自粛される。調布飛行場は滑走路が1本と小規模で、1日の平均着陸回数は約20回。離島との定期便や自家用機のほか、測量事業用の航空機などに利用されていて、1992年に東京都が国から管理を引き継いだが、2006年以降は経費削減などの理由で国の管制官が配置されなくなった。このためパイロットは、都が委託した国交省の外郭団体が提供する天候や滑走路の情報をもとに安全確認する仕組みになっている。

きょうも東日本を中心に夏空が広がり、午前中から厳しい暑さに見舞われている。午前10時半までの最高気温は千葉県市原市で34.6℃、群馬県桐生市で34.5℃、富山市秋ケ島で34.4℃など。このあと東日本や東北を中心に35℃を超えるところがある見通しで、埼玉県熊谷市で38℃、群馬県前橋市と栃木県宇都宮市で37℃などと予想されており熱中症に警戒が必要。東日本、北日本ではしばらく平年よりも気温の高い状態が続く見込み。一方、台風12号から変わった熱帯低気圧の影響で九州南部は大気の状態が不安定で、鹿児島県肝付町では今朝6時半までの3時間雨量が観測史上最多の195.5ミリを観測した。鹿児島県ではこのあと昼すぎにかけて局地的に激しい雨が降るおそれがあり、土砂災害などに警戒が必要。

安全保障関連法案はきょう午後から参議院での審議がスタートする。支持率低迷にあえぐ安倍政権は同時に「新国立の責任」「原発再稼働」「戦後70年談話」の3つに取り組む必要があり、いずれも誤れば安全保障関連法案に逆風ともなりかねない大きな課題。参議院で「丁寧な説明を尽くす」という安倍首相は午後の本会議で自ら答弁に立つほか、あすから3日間委員会に出席し安保関連法案への国民の理解を促したい考え。 しかし「丁寧な説明」以上の打開策が見当たらず、戦後70年談話など政権の体力を奪いかねない重い課題も目白押しで、午前中は特別委員会の与野党の理事が協議したが、定例日の設け方で折り合えず審議の土俵決めがまだ続いている状況で、安倍政権にとって真夏の試練がこれから始まる。

佐賀県佐賀市久保泉町の残土置き場の土の中から、一部白骨化した性別不明の2人の遺体の一部と軽乗用車が見つかった事件で、警察は今日も現場付近で60人体制で残る遺体の一部の捜索を進めている。遺体は去年8月から行方不明の山口県下関市の70代の不動産経営者の男性と知人で40代の無職の女性の可能性が高いとみられ、警察は司法解剖して身元の確認を急いでいる。男性には金銭などのトラブルがあり、会社の従業員に「佐賀の知人に会いに行く」と言い残していたという。また、行方不明になる前も複数回佐賀県を訪れていて、警察は交友関係や足取りを調べている。

岩手”いじめ自殺”生徒に説明

キーワード
調布市(東京)
警視庁
中央自動車道
台風12号
熱中症
富山市(富山市)
市原市(千葉)
桐生市(群馬)
前橋市(群馬)
鹿屋市(鹿児島)
肝付町(鹿児島)
安全関連法案
安倍首相
菅官房長官
参議院
戦後70年談話
久保泉町(佐賀市)

ニュース (ニュース)
11:41~

来月中旬に再稼働が予定されている鹿児島県の川内原発1号機で、重大事故が発生した場合の対応訓練の検査が今日から4日間の日程で始まった。訓練は、津波などで一次冷却水の配管が破断し原子炉の冷却機能が失われた想定で行われていて、中央制御室での訓練が公開された。今回の訓練は原子力規制委員会の更田豊志委員が視察しているほか、原子力規制庁の検査官らが運転に関わる社員らの状況判断や、電源を確保する手順が適切か確認している。検査は再稼働に向けた最終段階のもので今月30日まで行われ、九州電力は8月中旬の再稼働を目指している。

岩手県矢巾町の中学2年の男子生徒がいじめを苦にして自殺したと見られる問題で、学校は調査報告書をまとめ、臨時の全校集会を開いて生徒に説明した。校長は「いじめの一つ一つが積み重なり苦しくさせた」と説明し「いじめを絶対に許さない学校を作っていきたい」と話したという。この問題を巡って学校は昨日、亡くなった生徒が同級生に頭を机に押さえつけられたことなど6件のいじめを認める報告書を遺族に提出した。また、その後の保護者会では教師がいじめを「からかい」などと捉え危機意識に欠けていたと学校の対応の甘さを謝罪したという。亡くなった生徒の父親は調査報告書を元に暴行と強要などの罪で警察に刑事告訴し、受理された。

アメリカ・フロリダ州で25日、作家アーネスト・ヘミングウェイのそっくりさんコンテストが開かれた。ヘミングウェイが代表作「誰がために鐘は鳴る」の執筆期間中にフロリダ州キーウエストに滞在していたことにちなんだもので、今でも毎年文豪に思いを寄せる行事が行われている。

株と為替の値動きを伝えた。

このあと、関西のニュース。

キーワード
更田豊志
原子力規制委員会
アーネスト・ヘミングウェイ
フロリダ州(アメリカ)

関西のニュース (ニュース)
11:47~

滋賀県が知名度不足解消のため、県の名前を「近江」に変えるべきなどの意見からのアンケートが実施。結果、三日月知事は、県の名前を変える必要ないが約83%、変えた方がいい6.5%となったと発表。しかし滋賀県が「あまり認知されていない」と答えた人も約65%いて、三日月知事はイメージアップを図りたいとしている。

和歌山県御坊市で自分の車の中に女性の遺体を放置した疑いで64歳無職の男がおととい現行犯逮捕された事件。この事件で遺体はダンボールなどで隠されていたことがわかった。容疑者が通っていたスナック経営者48歳女性が1週間前から行方不明となっており、警察は遺体がこの女性とみて調べている。遺体は助手席の足元にあぐらをかくような姿勢で隠されていたという。容疑者は「店に行った後、和歌山県まで連れて行った」と話し、容疑を認めた上、殺害をほのめかす供述もしている。

きのう夜、大阪市旭区などでバイクを使ったひったくりが4件相次いでおこった。警察は同一犯の疑いもあるとみて捜査。きのう午後8時10分ごろ大阪市旭区清水の路上で81歳女性がバイクに乗った何者かに現金約1万7000円が入ったかばんを奪われる。女性は転倒、右手親指を骨折するなど重症。約30分後には大阪市城東区鴫野東の路上で63歳女性が同様に約1万円が入ったかばんを奪われた。他にも大阪府守口市、東成区でも同様の手口の犯行あり。半径4キロの範囲で2時間のうちに4件のひったくりが相次いだ。守口市では黒のヘルメットに黒っぽい服の男が逃げたとの情報もあり、警察は捜査。

キーワード
滋賀県
三日月大造知事
近江牛
御坊市(和歌山)
ひったくり
旭区(大阪)
清水(大阪)
鴫野東(大阪)
守口市(大阪)
東成区(大阪)

天気予報 (ニュース)
11:53~

大阪の現在の様子と空模様を伝えた。近畿地方の週間天気予報・天気予報を伝えた。熱中症に注意を促した。元台風12号の影響で午後は雷雨などに注意。

キーワード
台風12号
大阪府
熱中症

エンディング (その他)
11:54~

エンディング映像。

  1. 前回の放送
  2. 7月27日 放送
  3. 次回の放送