やすらぎ通信 2019年4月7日放送回

放送日 2019年4月7日(日) 10:00~11:45
放送局 朝日放送

番組概要

オープニング (その他)
10:00~

この時間はドラマ「やすらぎの郷」の続編、「やすらぎの刻 道」の放送を前に、前作の名シーンなどを最新作のキャストとともに振り返る。

「やすらぎの刻 道」初回放送の番組宣伝テロップ。

キーワード
やすらぎの郷
やすらぎの刻 道

「やすらぎの郷」メイキング (バラエティ/情報)
10:01~

「やすらぎの郷」は2016年9月に倉本聰監督の言葉から始まった。物語は映画やテレビの世界で活躍した人物だけが入居できる関東近郊の老人ホームの話。倉本さんは「後のテレビ業界の人達になにか残したい」などの気持ちがあり、この作品に臨んだという。「やすらぎの郷」の出演者の浅丘ルリ子さんなどの役柄を紹介。大好評で終了した「やすらぎの郷」は数々の賞を受賞し、続編の声が倉本さんのもとに集まった。

番組終了から1ヶ月後、倉本さんの姿は山梨県にあった。もう書かないと決めていた倉本さんは視聴者からの声に心が動き、続編の執筆を始めた。その後オーディションも行われた。そして今回のテーマは”道”で一枚の写真から物語が始まる。激動の昭和を生き抜いた、名もなき家族の物語。昭和から平成へ日本の歴史をたどりながら、一組の夫婦の幸せにつながっていくのか。また新入居者を迎えてさらにパワーアップ。

やすらぎの刻 道の番組宣伝。

キーワード
石坂浩二
織本順吉
浅丘ルリ子
加賀まりこ
有馬稲子
五月みどり
野際陽子
ミッキー・カーチス
山本圭
上條恒彦
藤竜也
八千草薫
ビデオリサーチ
東京ドラマアウォード
第34回ATP賞
ギャラクシー賞
第9回 コンフィデンスアワード・ドラマ賞 主演男優賞
エランドール賞
赤沢宿
清野菜名
風間俊介
岸本加世子
宮田俊哉
平山浩行
中島みゆき
南巨摩郡(山梨)
豊富(山梨)

「やすらぎの郷」名場面集 (バラエティ/情報)
10:13~

前作の「やすらぎの郷」の中から出演陣が選ぶ名場面集をブレーバック。まずは浅丘ルリ子さん。石坂さんと長く抱き合った場面とのこと。「抱き合うのは久しぶりだっから印象的だった」などと語る。

やすらぎの刻 道の番組宣伝。

石坂さんが選ぶ名場面は長い1人喋りをする場面とのこと。「大変だったシーンだったから強く印象が残っている」などと石坂さんは振り返る。

「やすらぎの郷」名場面集 (バラエティ/情報)
10:21~

「やすらぎの刻 道」の番組宣伝テロップが流れた。

男が惚れる寡黙な任侠スター、高井秀次役を演じた藤竜也さんの名場面。やすらぎの郷の住人と視聴者の度肝を抜いた登場シーン。まさかの海から登場したシーンだった。藤さんにはもう一つ思い出に残るシーンがあるという。それが年齢を感じさせない立ち回りのシーンだという。その名シーンを紹介した。藤さんは昔はそういう役をしていた。アクション俳優だったから嬉しかったなどとコメントした。

「やすらぎの刻 道」の番組宣伝テロップが流れた。

続いては個性派俳優として名をはせた真野六郎役を演じたミッキー・カーチスさん。ミッキー・カーチスさんは思い出のシーンは野際陽子さんとの最後のシーンだったと話す。野際陽子さんとミッキー・カーチスさんが共演したシーンを紹介した。病をおしての野際陽子さんのシーンは全ての人の脳裏に焼きついたことだろう。

キーワード
高井秀次
藤竜也さん
やすらぎの郷
真野六郎
ミッキー・カーチスさん
野際陽子さん

「やすらぎの郷」名場面集 (バラエティ/情報)
10:36~

「やすらぎの郷」名場面集・加賀まりこ編。加賀さんは16歳でデビューした大女優「水谷マヤ」役を演じた。思い出のシーンは、女優としての生き方を考えさせられた場面。「冨士眞奈美さん演じる犬山小春がアメリカから帰ってきて落ちぶれて、泊まらせてくれと頼むものの冷たくされて、帰って自殺した。最期の手紙には世の中の厳しさが見え、それを感じた。」などとした。やすらぎの郷で独語する犬山小春のシーンは、人気だった。犬山小春はニューヨークで汚くも気品のある老人と出会った。身の上話を聞くと、サラリーマンだったが、「セールスマンの死」の芝居を見て、ウイリー・ローマンの主人公をやりたくなり、お金を稼いだ。社長にもなったが、60歳で会社をやめ、劇の道に入った。老人は小春にいろんな写真を見せた。その一つのにあった、森のなかの小さな映画館のようなところで、老人はウイリー・ローマン役をやることになったという。この話の後、小春は最期の手紙を残した。そこには「あなたともっと話したかった。色んなこと全部ごめんなさい。もう許して、さよなら。小春」とあった。水谷マヤは、不仲だった小春が死ぬ直前にこの手紙を届けた理由を問うた。また、自分が死ぬ際に手紙を出す相手がいないとして、泣いた。このように、死と孤独への恐怖に対する心からの叫びが視聴者の心を締め付けるシーンだった。

「やすらぎの刻 道」の番組宣伝テロップが流れた。

かつて菊村を夢中にさせた直美という女性に瓜二つの顔で菊村の前に登場したのがアザミだった。思い出のシーンは菊村先生と初めて会った会話だという。喫茶店で菊村先生と会って他のやすらぎの郷の人達が見に来ていた。そのシーンでアザミが被災したなどの人生を語る。実際には清野菜名は被災の経験がないため、実際にアザミが生まれた場所に1人で行ったという。

その他にも名シーンの多いやすらぎの郷。視聴者の反響が多かったシーンを紹介する。1つ目が茄子の呪い揚げ。

超豪華なゲスト陣、倉本先生の脚本に1シーンでも出たいという、近藤正臣や津川雅彦など豪華キャストが登場した。

キーワード
加賀まりこ
水谷マヤ
冨士眞奈美さん
榊原アザミ
菊村
犬山小春
アーサー・ミラー
セールスマンの死
マリリン・モンロー
ウイリー・ローマン
直美
やすらぎの郷
いわき(福島)
倉本先生
近藤正臣
津川雅彦
上川隆也
佐々木すみ江
布施博
向井理
小松政夫
片岡鶴太郎
神木隆之介
笑福亭鶴瓶
茄子
ニューヨーク(アメリカ)
ニュージャージー(アメリカ)
新宿区(東京)

「やすらぎの郷」名場面集 (バラエティ/情報)
11:02~

菊村栄の亡き妻・菊村律子役を演じた風吹ジュンは、浅丘ルリ子や加賀まりこらと共にグリーンバックの前で撮影した豪華すぎる夢のシーンが印象に残っていると語った。また、「やすらぎの郷」といえば男性陣3人が揃った大反響の釣りシーンを思い出すという。

「やすらぎの刻 道」の番組宣伝テロップが流れた。

やすらぎの刻 道の番組宣伝。

キーワード
やすらぎの郷
風吹ジュン
菊村栄
菊村律子
浅丘
加賀

「やすらぎの郷」名場面集 (バラエティ/情報)
11:11~

放送当時、視聴者から反響の大きかった菊村栄に訪れる窮地の名場面集を紹介。孫に翻弄される菊村先生、井深涼子に翻弄される菊村先生、携帯電話に翻弄される菊村先生、名女優2人に翻弄される菊村先生の映像が流れた。

やすらぎの刻 道の番組宣伝。

「やすらぎの刻 道」の番組宣伝テロップが流れた。

キーワード
やすらぎの郷
菊村先生
松岡茉優
財前ゆかり
井深涼子

「やすらぎの刻 道」見どころ (バラエティ/情報)
11:24~

「やすらぎの刻 道」の番組宣伝テロップが流れた。

前作の魅力をしっかりと受け継ぎながら新たなストーリーが幕をあける「やすらぎの刻 道」。その見どころを出演者の方に伺う。まずは浅丘ルリ子さんが語る見どころは「やすらぎの郷に入る10年前に白川冴子の部屋で4人で麻雀をしお茶を飲んでいるときに話すこと内容が重要。一番最初のシーンを見て欲しい」と話した。

浅丘ルリ子さんが大事だと語るシーンの映像を紹介した。このシーンでの白川冴子の話を元に菊村は脚本制作に入る。その脚本制作課程が印象に残ったと語ったのは風吹ジュンさんである。風吹ジュンさんは「脚本家というお仕事が見えてくる。今までになかったものがやすらぎの刻は見せてくれる。それをぜひ楽しみに待っていただきたい。」とコメントした。石坂浩二さんは「山梨のロケで、山梨はカイコの産地であった。時の流れにより桑畑をぶどう畑にしてという話を伺った。撮影しながら取材していると改めてしみじみ思う。ロケに最初に出かけたのが印象深い。」とコメントした。加賀まりこさんは「女優さんは年齢で賞味期限が切れると差別されるというシーンが印象に残った」などとコメントした。

「やすらぎの刻 道」の番組宣伝。

キーワード
やすらぎの刻~道
白川冴子
浅丘ルリ子
菊村栄
風吹ジュンさん
菊村律子
石坂浩二
水谷マヤ
加賀まりこ

「やすらぎの刻 道」見どころ (バラエティ/情報)
11:33~

「やすらぎの刻 道」の番組宣伝テロップが流れた。

今回からの出演となる橋爪功さん。今作のキーマンとなる橋爪功さんが語る思い出のシーンについて、「俺がだ~と喋っていて、あまりセリフがない役と変わってもらいたい。」と笑いながら話した。橋爪功さんが語る思い出のシーンを紹介した。この橋爪さんのシーンがきっかけで菊村栄は「道」というドラマの脚本執筆を始めることになる。根来公平役の風間俊介さんは「物語が原風景というのがキーワードになっている。そのためセリフが無いような歩いているシーンが胸に来たりする。」とコメントした。根来しの役の清野菜名さんは「戦争が始まり軍歌を歌うシーンが多くあるが覚えるのが難しくて風間くんの部屋でピザを食べながら軍歌を歌って練習した思い出がある」とコメントした。

劇中、菊村栄執筆の脚本「道」の登場人物を紹介する。根来家の引き取られた女の子。根来しの役、清野菜名さん。明るくおてんばでどこか抜けている女性。根来家の四男の根来公平役の風間俊介さん。口癖は「ついてない。」である。根来家長男の公一役、佐藤祐基さん。二男、公次役はKis-My-Ft2の宮田俊哉さん。三男の三平役の風間晋之介。父親、冴次役の佐戸井けん太さん。本家の長男役の平山浩行さん。長女の信子役の井上希美さん。次女の幸子役の木下愛華さん。そして公平の幼馴染のニキビ役の関口アナンさんら。菊村栄の脳内ドラマ「道」。1年にわたる超大作ドラマ。「やすらぎの刻 道」はいよいよ明日、12時30分からスタートする。

「やすらぎの刻 道」の番組宣伝。

キーワード
水沼六郎
橋爪功さん
菊村栄
根来公平
風間俊介
根来しの
清野菜名さん
根来公一
佐藤祐基さん
宮田俊哉さん
Kis-My-Ft2
根来公次
風間晋之介さん
根来三平
佐戸井けん太さん
根来冴次
岸本加世子さん
根来アヤ
根来鉄兵
平山浩行さん
井上希美さん
根来信子
木下愛華さん
根来幸子
関口アナン
ニキビ
両角周さん
若林元太さん
小林涼子さん
須森隆文さん
大貫勇輔さん
豊嶋花さん
荒木りん

番組宣伝 (その他)
11:42~

ビートたけしのTVタックルの番組宣伝。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 4月7日 放送