速報解説!大阪ダブル選挙 特番 2019年4月8日放送回

放送日 2019年4月8日(月) 0:55~ 1:25
放送局 朝日放送

番組概要

オープニング (その他)
00:56~

大阪都構想をめぐり対決。候補の中からr勝利の女神が微笑むのは?

キーワード
大阪都構想
橋下徹
吉村洋文
小西禎一
松井一郎
柳本顕

速報解説!大阪ダブル選 (ニュース)
00:57~

出演者によるオープニングの挨拶。今回のダブル選で知事選は吉村洋文、市長選は松井一郎が当選。大阪維新の会はすでに46議席を占めている。

今回のダブル選で知事選は吉村洋文、市長選は松井一郎が当選。記者会見で当選直後の2人に上田と木原が直撃。選挙戦では若者とのふれあいを徹底していた。厳しい戦いだったが有権者の一人ひとりに理解したかどうか声をかけたという。大阪都構想をめぐる公明党との決裂について、今回の結果をどう受けるか、こちらは話し合いには拒否しない。都構想については任期中に住民投票を実現させると話した。

当選したということで安堵はあったが笑顔は少なかった。松井さんは当初劣勢だったが吉村さんが一緒に選挙戦を戦った。松井さんとセットで通してもらわないと困ると吉村さんは呼びかけていた。クラブやアメリカ村などでも若者に投票に行ってほしいと呼びかけていた。自民党は組織戦であった。二階幹事長や石破さんは来たが安倍首相や小泉進次郎さんは来てくれなかった。市長選年代別では30代40代の子育て世代が7割松井氏に投票していた。市長選支持政党別は自民支持層の3割を松井さんに食われているのが敗因。府知事選支持政党別では吉村氏が自民支持層の半分を食っている。都構想賛成派が6割にも登った。

キーワード
松井一郎
吉村洋文
大阪ダブル選
大阪維新の会
中央区(大阪)
大阪都構想
公明党
松井さん
吉村知事さん
維新
クラブ
二階幹事長
石破さん
自民党
安倍首相
小泉進次郎さん
柳本顕氏
都構想
大阪市(大阪)

速報解説!大阪ダブル選 (ニュース)
01:09~

大阪都構想の行方について、木原さんは住民投票に進むには議会の過半数が必要だとし、選挙前の議席数と選挙後の議席数を紹介。現状、府議はすでに過半数をとっており、ポイントは、橋下徹氏が立候補し維新が大躍進した2011年の統一地方選の再来となるかということ。現状、府議会で維新は49議席まで伸ばしている状況。そんな中注目となる選挙区は、定数1の都島区だが、自民・現職の花谷充愉氏が維新の新人に負け落選となっている。

勝者がいれば敗者もいる。負けた二人の敗戦の弁は。小西禎一氏は「”大阪の政治を変えよう。一つになって大阪を元気にしよう”と訴えてきた。多くの府民に共感をいただけると思っていたが、結果としてはそうならなかった事については私自身重く受け止めなければならない。「都構想」を十分に府民が理解されての結果かどうかは疑問。」と述べた。市長選で敗北した柳本顕氏は「「都構想」を賛成する方々が勝利されたということは真摯に受け止めなければならないが、その中身が一体何なのかについてはこの選挙戦を通じて深まっていない。突然の選挙戦であったことに変わりない”維新”というよりは現職知事・市長による強みがあった。私としては退路を断っての戦いだった。政治家柳本顕としては息絶えたと思っている。」と述べた。「小西さん、柳本さんはまさに悔しさを滲んでますよね。」上田さんは述べた。「この二人に関してはなんと言っても決定的だったのは出遅れですね。候補者選定を巡ってもたもたして意中の候補に断られた結果、ようやく擁立出来たお二人だったので出遅れと。それともう一つは自民側は司令塔が不在だった。自民・公明に加えて労働組合の連合も推薦しました。色んな人達が応援してるんだけども統一した選挙戦略を立てる司令塔がいない。寄り合い所帯の弱さがでてしまった。それともう一つ選挙選序盤で自民党自身が行った世論調査では市長選では柳本さん有利という結果がでてたんですね。自民党はこのままいけると思ったんですがこれが逆に維新の側に危機感を生み出して逆転されてしまった。」と木原さんは述べた。「勝ち馬に乗るという方に行かなかったということですね。この選挙結果を受けて気になるのがこちらです。今市議会の方83議席で維新の会が27ということですね。」 と上田さんが述べた。

キーワード
大阪都構想
住民投票
大阪府
大阪市
維新
統一地方選
橋下徹さん
自民
花谷充愉氏
都島区
松井さん
吉村さん
小西禎一氏
柳本顕氏
共産

速報解説!大阪ダブル選 (ニュース)
01:17~

全国で11の知事選が行われた今回の統一地方選、奈良県では荒井正吾氏、徳島県では飯泉嘉門氏の現職の2人が当選を決めた。

全国の知事選の結果を紹介。国政の与党と野党が勝負したのは北海道と大阪だけ。北海道は自・公がとったなどとし、実情ガチンコ勝負で自民が負けたのは大阪だけとみられる。今後の大阪について木原さんは、大阪はこの先ビッグイベントが目白押しだと伝えた。まず6月にG20大阪サミットが開催、これにより大阪をPRする絶好のチャンスで松井氏らの腕の見せ所となる。また9月にはラグビーワールドカップが開催、大阪での試合は多くはないが、インバウンドの集客も考えられる。また大阪都構想の住民投票については、松井氏、吉村氏は4年の任期内でとコメントしたが市議選で過半数取れなければ公明党との交渉が必要となる。そこで重要なのが次の衆院選の時期。公明党は衆議院の小選挙区8議席中半分の4つが大阪にもっており、落選の危機になり妥協しなければならない可能性もあるなどと解説した。またIR・カジノ・大阪万博の舵取りについてもどうなるのかも2人の腕の見せ所。これらにより鉄道網が変わる計画があり、万博の跡地では吉村氏がF1の大阪グランプリをしたいとものべており、実現すると経済効果は大きいと考えられる。きょうの夕方の「キャスト」でも松井氏と吉村氏が登場するため大阪の未来について伺うと伝えた。

キーワード
荒井正吾氏
奈良県
徳島県
飯泉嘉門氏
維新
G20大阪サミット
北海道
大阪府
ラグビーワールドカップ
吉村さん
松井さん
IR
大阪万博
大阪メトロ中央線
JRゆめ咲線
京阪中之島線
  1. 4月8日 放送