政宗公のレガシー〜藩祖の偉業〜 ◆(02:26〜)おもてなし神対応II

放送日 2018年1月20日(土) 1:34~ 3:19
放送局 朝日放送

番組概要

政宗公のレガシー〜藩祖の偉業〜 (バラエティ/情報)
01:35~

伊達政宗生誕450年という節目の年を迎え、政宗が残した高度なインフラ整備、芸能文化などを紹介する。

キーワード
伊達政宗
香道

オープニング (その他)
01:37~

オープニング映像。

政宗公のレガシー〜藩祖の偉業〜 (バラエティ/情報)
01:37~

仙台は河岸段丘の上に発展した都市で、大都市では珍しい。開府当時は河岸段丘の上にあるため広瀬川の水を引き込めなかった。そこで考えられたのは四ツ谷用水。四ツ谷用水等水路網総延長約40kmを作り、完成までにかかった年数は半世紀以上である。作並街道には昔馬宿や茶屋が30件くらいあった。四ツ谷用水の水源は広瀬川と八幡の湧水である。四ツ谷用水は昭和33年頃まで水の流れを見ることができた。昔はかんがい用水として田畑に利用されていた。

サンドウィッチマンと森遥香アナが仙台を訪れた。1600年 12月24日仙台城普請の縄張りはじめの儀式が行われ、伊達政宗は仙台の町づくりに着手する。政宗が眠る経ヶ峯の瑞鳳殿に行くと、仙台伊達家第18代当主 伊達泰宗氏が迎えてくれた。毎年5月に開催される青葉まつりの武者行列では、政宗役として先頭に立っている。サンドウィッチマン 伊達は仙台伊達家分家 大條宗行の直系で泰宗氏とは遠い親戚にあたる。瑞鳳殿は桃山様式の絢爛たる文化を今に伝える。一度戦争で焼失したが戦後再建に伴って発掘調査が行われ、副葬品などが数多く発掘された。資料館ではそれらを見ることができ、政宗公の遺髪なども展示されている。

仙台に街を作った本当の理由とは!?

伊達政宗。正式名 伊達藤次郎政宗 幼名 梵天丸は1567年 8月3日 に生まれた(映像/米沢城址)。18歳で家督と相続した政宗は奥州統一の戦いに明け暮れた。そうした中、父・伊達輝宗は「二葉より たのもしきかな 春日山 小高き松の たねと思えば」と、激励ともいえる和歌を添えた書状を贈っている(仙台市博物館蔵)。政宗はこの書状を息子 忠宗に託している。

伊達政宗は摺上原戦いで蘆名氏を破り会津若松 黒川城主に居城を移し、石高120万石の奥州の覇者となった。その後 天下人 豊臣秀吉の軍門に下り岩出山城に居城を移ることになる。政宗は秀吉から相談を受けるなどし、岩ケ崎城主(栗原市)に宛てた書状を見ても政宗は秀吉の信頼が厚かったことがわかる。

キーワード
奥州仙台領国絵図
四ツ谷用水
河岸段丘
伊達政宗
仙台城
瑞鳳殿
青葉まつり
四ツ谷堀開渠水路
大條宗行
伊達朝宗
広瀬川
仙台(宮城)
経ヶ峯
米沢城址
伊達輝宗
仙台市博物館
摺上原の戦い
豊臣秀吉
栗原市(宮城)

政宗公のレガシー〜藩祖の偉業〜 (バラエティ/情報)
01:52~

若林区五橋にある「森重旅館」には今も使っている井戸がある。四ツ谷用水は今でも工業用水として利用されている。伊達政宗が残した杜の都仙台の水環境を支える貴重なレガシーは、2016年土木遺産に認定された。

このあと「地下ダムが育む美味しい名物」

仙台開府当初四ツ谷用水はなかった。四ツ谷用水が作られたのは仙台開府から28年後。開府当時約5万人の生活を支えた水は断層の隆起した部分が地下水の流れをせき止め地下にダムを作っていた。

キーワード
五橋(宮城)
森重旅館
井戸
伊達政宗
四ツ谷用水

政宗公のレガシー〜藩祖の偉業〜 (バラエティ/情報)
02:01~

政宗公のレガシーその弐は芸能文化。一行は伊達家伯記念會を訪れた。仙台伊達家18代当主の伊達泰宗氏が出迎えた。泰宗氏は大名家の優雅な文化である香道という作法を伝えている。早速サンドウィッチマンの2人も香道の作法を学んだ。金ほどの価値があるという香木を温めて香りを楽しむ。サンドウィッチマンの2人の作法について泰宗氏はご立派ですと話した。

青葉区一番町の壱弐参横丁にあるうなぎ料理店「明ぼ乃」。うなぎの味を決めるのは生きの良さで、そのためにかかせないのが水。「明ぼ乃」では戸の地下水でうなぎを管理している。店主は「井戸水はうなぎ屋の生命線」と話した。

天下に知られた伊達家の名香

仙台市博物館にある書状には、政宗公が昨晩即興で詠んだ和歌に納得できず、翌日作り直した和歌を手紙に書き添えたといった内容が記されている。この書状から政宗の和歌へのこだわりと人間性が読み取れることができる。

キーワード
伊達家伯記念會
大手町(宮城)
伊達政宗
一番町(宮城)
壱弐参横丁
香道
香木
明ぼ乃
井戸
仙台市博物館

政宗公のレガシー〜藩祖の偉業〜 (バラエティ/情報)
02:09~

政宗公のレガシーその参は桃山様の国宝建築。宮城県に2つしかない国宝の大崎八幡宮は豪壮で絢爛豪華な装飾が政宗公らしいレガシー。もう一つの国宝・瑞巌寺。本堂は仙台城の大広間と同じ構造を持ち、仙台城を彷彿とさせる。

国宝・瑞巌寺には政宗公のレガシーが残されていて、政宗公の長女の五郎八姫の遺品とともに見つかった貴重な名香、柴舟。政宗公が五郎八姫に分け与えたとされている。また息子の秀宗が宇和島に渡る時にも柴舟を分け与えたという。今年は政宗公が生まれて450年という節目の為、今回特別に泰宗氏による献香が行われた。

キーワード
大崎八幡宮
仙台東照宮
伊達政宗
瑞巌寺
仙台城
柴舟
五郎八姫
秀宗
宇和島

政宗公のレガシー〜藩祖の偉業〜 (バラエティ/情報)
02:13~

まちづくり、芸能文化に続く政宗公第四のレガシーは、仙台の食文化。「少しも料理心なきは、つたなき心なり」という明言を遺したことでも知られる伊達政宗公は、その言葉通り食通・美食家としても名高く、自ら献立を考えるほど食事に強いこだわりがあったという。伊達家の料理番・橘川房常が亨保18年にまとめた「料理集」を見れば、赤貝やかまぼこ、石焼料理など土地のものや旬のものを好んで食していたことが伺える。その一方で、白鳥や伊勢海老なども御膳にあがっていた。番組では今回、当時の料理を忠実に再現してもらうため、伊達家の料理再現における第一人者で和食の匠としても知られる高橋博文氏に協力をお願いした。伊達家の献立について、高橋氏は「当時の料理というのは普通、見ればその季節がわかるようになっているが、全国各地から初物を集めた伊達家の場合、四季感はあまり見えてこない」と分析する。

政宗公の食に対する造詣の深さは政治にも生かされた。政宗公は、家康・秀忠・家光と3代に渡って将軍家を仙台藩に招き、豪華な饗応料理でもてなしている。今回は伊達家の料理再現の第一人者・高橋博文先生と宮城調理製菓専門学校の協力の下、数ある伊達家の献立の中でも一等豪華な正月料理を再現していただいた。十八代目当主の伊達泰宗氏もご臨席のもと、まずは伊達家の作法に乗っ取り、「純米大吟醸 戦勝政宗」を馬上杯に注いで乾杯をとり、ついで雑煮、鮭子籠を味わった。雑煮といっても鮑や鰊、海鼠、豆腐。大根、ごぼう、菜の茎、黒豆を用いた贅沢なもので、通常宮城県の雑煮に使われているハゼは用いないとのこと。宮城調理製菓専門学校の伊藤勝平学長によれば「食味・風味の強い乾物を使っている。よく考えられた一品」だという。また鮭子籠は仙台藩の食文化を代表する料理で、その名の通りいくら入りの鮭を塩漬けにして干したもの。焼き方が難しく、いくらに火を通しすぎないよう笹の葉で包んで炭火で焼きあげる。菊の花の盛りころに仕込んだ鮭子籠は最高級の贈り物と呼ばれ、伊達家には、政宗君が「鮭を一本送る ご賞味あれ」と初代阿波藩主へ送った所蔵が現在も飾られている。鮎釣りも趣味だったという政宗公は「馳走とは 旬の品をさり気なく出し、主人自ら調理してもてなすことである」との言葉も残している。森遥香から「もし伊達政宗公と敵対関係にあるなかで、こうした豪勢な食事で振る舞われたらどう考えるか」と質問を受けたサンドウィッチマンは「仲良くしようかなとおもう」「かなわないな、とおもう」とコメントした。

このあと…生まれて初めての!?伊達なサプライズ。

キーワード
伊達政宗
橘川房常
赤貝
伊勢海老
白鳥
かまぼこ
石焼料理
宮城調理製菓専門学校
葉山町(宮城)
饗応料理
徳川家康
徳川秀忠
徳川家光
正月料理
馬上杯
純米大吟醸 戦勝政宗
海鼠
豆腐
大根
ごぼう
黒豆
鮭子籠
料理集

政宗公のレガシー〜藩祖の偉業〜 (バラエティ/情報)
02:22~

政宗公の生誕450年を祝うバースデーケーキが登場した。宮城調理製菓専門学校で和菓子を担当する千葉博康先生、パティシエの奥保春先生らの協力の下作られた豪華ケーキは、台座に伊達家の元日料理に欠かせない紅白の菱餅「奥田餅」を使い、その周りを金や銀で彩られたさまざまな和菓子で飾っている。台座の上にはホワイトチョコの騎馬像が立ち、その様には今にも動き出しそうな勢いがある。政宗公が当主をつとめていた当時は誕生日を祝う風習がなかったため、今回が450年間で初めてのお祝いとなる。

「入り初めて 国豊かなる みぎりとや 千代と限らじ 仙台の松」という伊達政宗公の言葉を伝えた。仙台の永遠の繁栄を願って詠み上げられた歌で、泰宗氏は「政宗公の心意気が現れたよい歌だとおもう」と話した。毎年、命日の5月24日には伊達政宗公三八ニ遠忌法要が行われ、最後まで藩の未来を考え徳川政権のもとで仙台の維持に勤め上げた名君のためにたくさんの人が訪れる。晩年に描かれたとされる肖像画には「少年時代は戦場で過ごしたが、平和になった今は白髪の年寄りになった。残りの人生は天が与えてくれたものだから、どうして楽しまないことがあろうか」と政宗公自身の詠んだ漢詩がしたためられている。

キーワード
宮城調理製菓専門学校
奥田餅
バースデーケーキ
ホワイトチョコ
伊達政宗

エンディング (その他)
02:25~

エンディング映像が流れた。

オープニング (その他)
02:26~

旅人は勝俣州和は山のホテル夢想園の立ち寄り湯に入り、松本から来た客と話をした。天気が良ければ温泉に浸かりながら由布岳が一望できる。温泉から上がり、1日40個限定の自家製プリンを満喫した。

オープニング映像。コンセプトは「おもてなしの心」を体感しながら旅をする。今回の旅の舞台は大分と熊本。訪れた地には心安らぐ温泉などでおもてなし。

キーワード
山のホテル夢想園
由布岳
立ち寄り湯
自家製プリン
由布市(大分)
大分県
熊本県

おもてなし神対応II (バラエティ/情報)
02:29~

勝俣州和らは湯の坪街道を訪れた。去年由布市に震度6弱に揺れが襲い、大きくの店に被害を与え風評被害でお客が来ない時期もあったが、今では多くの観光客で賑わっている。

中島綾菜ときどゆういちが勝俣州和をおもてなしする場所として選んだのは、陽だまり食堂。地元のお母さん達が大分の郷土料理を提供している。勝俣州和は1番人気の陽だまり定食を堪能した。陽だまり食堂は地震があった直後は客足が途絶えた時期もあったが、全メニューを3割引にするなど営業を続けてた。

由布院ミルヒドーナル&カフェの3シュプリッツクーヘンなどの人気の3種類のドーナツを勝俣州和らは堪能した。

別府鉄輪で“名物料理”を食す

キーワード
湯の坪街道
由布市(大分)
陽だまり食堂
陽だまり定食
由布院ミルヒ ドーナツ&カフェ
シュプリッツクーヘン

おもてなし神対応II (バラエティ/情報)
02:38~

大分・別府市にやってきた2人だったが特産品である地獄蒸しなどを求め向かった。地熱観光ラボ縁間などでは行う蒸し料理だがこれも特産品の豊のしゃも、くにさき姫だこ、錦雲豚を蒸すといい、特に豊のしゃものことを地元の伊藤成隆さんは飼育日数が違うことを説明していた。他の地鶏に比べると3、4倍かかるといい、こうして育てて独自なコクや旨味があるという。特に年間5万羽しか出荷されない希少価値もあることから早速この施設を使い用意した具材も蒸した。そして別府八湯では温泉道名人の称号を得た温泉があるということで料理が完成するまで温泉に入ることも説明した。

大分・別府市の露天風呂に入った。おにやまホテルだが展望露天風呂になっていて、「立ち寄り湯」は午後3~5時まで大人1000円、子供500円となっている。別府八湯は源泉数と湧出量で国内1番となっていてこの8か所全てが違う効能になっているという。

先程作業をした特産品の地獄蒸しが完成し食べた。豊のしゃも、くにさき姫だこを食べたがこの地熱観光ラボ縁間では1500円の「海鮮ピザ」もあることから紹介して食べた。そしてここでは足湯のサービスもあるといい、こうしておもてなしを受けた勝俣州和は世界一と称賛していた。

大分・豊後大野市を訪れ山の中にある施設へとやってきた。ここでおもてなしをするというのだがこの施設はまるで解体現場のような柵などが配置され「きけん」の看板などもある怪しい雰囲気となっていた。

キーワード
豊のしゃも
くにさき姫だこ
錦雲豚
別府八湯
別府八湯 温泉道 名人
地獄蒸し
別府市(大分)
おにやまホテル
立ち寄り湯
海鮮ピザ
足湯
豊後大野市(大分)

おもてなし神対応II (バラエティ/情報)
02:48~

大分県は乾しいたけ生産量日本一で、豊後大野市は生産量・品質ともに大分を代表する産地である。しいたけの美味しい見分け方はかさが丸みがあるもので軸は太く・短いものを選ぶ。しいたけには2つの育て方があり、おがくずや栄養剤を混ぜた培養地で栽培する菌床栽培とナラやクヌギの原木で自然に栽培する原木栽培がある。焼きしいたけを食べた勝俣州和は「トリュフだコレ」と話した。

山から海へある魚を求めて大海原へ。

キーワード
菌床栽培
原木栽培
白山川キャンプ村
豊後大野市(大分)

おもてなし神対応II (バラエティ/情報)
02:55~

津久見市 保戸島を訪れた。津久見港から約14kmの豊後水道に浮かぶ島で援用マグロ漁の基地として知られている。漁師たちが考案した“ひゅうが丼”はまぐろ赤身に胡麻醤油などを和えたもの。

津久見市で新たに誕生したブランド魚ヨコヅーナは最高級とされるクロマグロを独自の方法で養殖した。エサは稚魚から成魚になるまで配合飼料のみで育てるツナフードで、養殖方法は世界初である。ヨコヅーナの刺身を食べた勝俣州和は「1切れでマグロ1匹分」と話した。大トロを食べて「赤身よりマグロの味が強い」と話した。中トロの炙りを食べて「マグロに敵わないですね」と話した。

中津市のスイーツ「カボスの玉手箱」(おはら果樹園)を紹介した。

このあと 次のおもてなしは・・・熊本県 火の国のおもてなしを肌で感じる

キーワード
ひゅうが丼
津久見市(大分)
保戸島
豊後水道
ヨコヅーナ
カボスの玉手箱
おはら果樹園
ツナフード
カボス
中津市(大分)
熊本県

おもてなし神対応II (バラエティ/情報)
03:04~

熊本県 阿蘇市 阿蘇一の宮 門前町商店街を散策した。春になると商店街沿いは桜並木となる。これは観光客に楽しんで貰いたいと地元の方が植樹したものだ。阿蘇とり宮の「馬ロッケ」を食べている子どもたちの集団に遭遇した。この商店街には多くの人に地元の水を飲んでもらいたいとして地元の方が設置した「水基巡りの道」があり至るところに水飲み場がある。一行は阿蘇ジャージー牛乳ソフトクリーム片手に一息ついた。

キーワード
阿蘇一の宮 門前町商店街
阿蘇市(熊本)
馬ロッケ
阿蘇とり宮
阿蘇ジャージー牛乳ソフトクリーム

おもてなし神対応II (バラエティ/情報)
03:09~

熊本・阿蘇市にある阿蘇ホテルを訪れ、勝俣州和は寝釈迦山を一望できる露天風呂に入った。

温泉から上がった勝俣州和は熊本名物料理の極プランの馬刺しなどを堪能した。

中島綾菜ときどゆういちが用意した熊本城おもてなし武将隊のパフォーマンスを勝俣州和は観覧し、高菜漬けで作った握り飯をいただいた。熊本城おもてなし武将隊はいまの熊本城を見てほしいと話した。

南阿蘇西小学校の児童たちから勝俣にお礼のビデオメッセージが届いた。かつて勝俣は熊本地震に被災した同小学校をサプライズ訪問し、ドッジボールをプレゼントしていた。

キーワード
寝釈迦山
阿蘇ホテル
立ち寄り湯
阿蘇市(熊本)
極プラン
熊本城おもてなし武将隊
南阿蘇西小学校
熊本地震
熊本城

エンディング (その他)
03:17~

エンディングトーク。勝俣は熊本地震から復興しつつある熊本・大分から元気をもらった、多くの人達に観光に来て欲しいなど話した。

キーワード
熊本地震

スポット

グルメ

おはら果樹園
阿蘇とり宮
由布院ミルヒ ドーナツ&カフェ
明ぼ乃
陽だまり食堂

スクール/教育

宮城調理製菓専門学校

レジャー/交通

伊達家伯記念會
仙台市博物館
白山川キャンプ村
仙台城
熊本城
おにやまホテル
四ツ谷堀開渠水路

宗教

瑞巌寺
瑞鳳殿
仙台東照宮
大崎八幡宮

政治/経済/地方自治体

米沢城址

旅行

森重旅館
阿蘇ホテル

流通

壱弐参横丁
  1. 1月20日 放送