名医とつながる!たけしの家庭の医学 血糖値抑える(秘)食材&便秘解消の切り札果物

『名医とつながる!たけしの家庭の医学』(めいいとつながる たけしのかていのいがく)は、朝日放送テレビ(ABC)の制作により、テレビ朝日系列で2017年7月11日から毎週火曜日 20:00 - 20:54(JST)に放送されている、健康に関する教養バラエティ番組。司会を務めるビートたけしの冠番組。ステレオ放送、文字多重放送、ハイビジョン制作が実施されている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年8月14日(火) 19:00~21:48
放送局 朝日放送

番組概要

オープニング (その他)
19:00~

オープニング映像。

高血糖を防ぐ科 (バラエティ/情報)
19:00~

高血糖状態の目の血管の顕微鏡画像を公開。高血糖はガンや認知症のリスクを高める。高血糖の予防法として知られるのが食物繊維を摂ることやジョギングなどの運動。高血糖の最新の予防法、改善法情報を旭川医科大学病院の太田嗣人先生に教わる。今回の新事実は血糖値を下げるインスリンを増やす最新食材がわかったというもの。欧州糖尿病学会で報告された研究によると、ホエイによりインスリンの分泌量が倍近く増加した。

ホエイの正体とは?北海道十勝地方を取材。十勝地方の名物は豚丼やチーズなど。湖水地方牧場ではブラウンスイス、水牛を約40頭飼育している。ホエイと関係の深い食べ物はチーズ。十勝は全国一のナチュラルチーズの生産量を誇るチーズ大国。チーズ作りの際にホエイが登場する。チーズの製造工程を見学。搾乳し一晩寝かせた生乳からモッツァレラチーズを作る。殺菌して冷却、乳酸菌を入れ発酵。凝乳酵素で固める。チーズは牛などの胃から出る酵素が乳を固めて出来た。

1時間寝かせ生乳が固まりチーズに近づいてきた。カッティングし水分を抜く。水分と固形分を分離させ、固形分を粉々に砕く。お湯を加えかき混ぜてちぎってモッツァレラチーズの完成。このなかに血糖値を抑えるホエイが登場していた。

キーワード
高血糖
心筋梗塞
脳梗塞
ガン
認知症
食物繊維
インスリン
血糖値
ホエイ
小麦
とうもろこし
じゃがいも
日高山脈
豚丼
ソフトクリーム
湖水地方牧場
ブラウンスイス
水牛
チーズ
モッツァレラチーズ
乳酸菌
凝乳酵素

高血糖を防ぐ科 (バラエティ/情報)
19:17~

血糖値を下げる効果があるホエイの正体はチーズの上に溜まっていた黄色い液体。ホエイはチーズを作る際にできる上澄み液。リコッタチーズはホエイから作られる。ホエイに塩などを加え煮詰めて牛乳を足して完成。特徴は柔らかくホロホロの食感。南イタリアではスイーツの材料などで使われる。日本でも入手可能だが日常的に摂るのは難しい。しかしおなじみの食品にもホエイは含まれている。身近な食べ物でホエイを摂って高血糖を防ぐ方法を名医が教える。

血糖値のエキスパート太田嗣人先生がホエイの血糖を抑える働きについて解説。ヨーグルトの上澄み液はホエイ。ヨーグルトは身近な食品の中ではホエイ含有量ナンバーワン。ホエイの主な栄養素はナトリウムなど。血糖を抑える効果があるのはたんぱく質。ホエイのタンパク質は乳清たんぱく。インスリンの分泌を促すホルモンを増加させる。

乳清たんぱくを最も簡単に摂れるヨーグルト。太田先生は注意点は食前と食後どちらに摂るのかだと話す。そこでどちらが効果的に血糖値を抑えられるのか検証。

キーワード
ホエイ
血糖値
チーズ
リコッタチーズ
高血糖
ヨーグルト
ナトリウム
カリウム
カルシウム
マグネシウム
リン
亜鉛
炭水化物
たんぱく質
ビタミンC
ビタミンB
乳清たんぱく
インスリン

高血糖を防ぐ科 (バラエティ/情報)
19:29~

ヨーグルト食前食後どちらに摂る方が効果的に血糖値を抑えられる?を検証。森山正枝さんが実験。加齢でインスリン分泌が悪化すると食後の血糖の上昇を抑えられなくなり動脈硬化症に関わる。ホエイたんぱくを摂れば食後の高血糖が防げるという。100gのヨーグルトを食べどれだけ血糖値を抑えられるのか。食後ヨーグルトで血糖値に変化は?

キーワード
ヨーグルト
血糖値
インスリン
心筋梗塞
動脈硬化症
ホエイたんぱく
高血糖
ホエイ

このあと (その他)
19:34~

食前と食後のヨーグルト どちらが高血糖を防ぐ?便秘解消「うんちスピードアップ食材」驚愕の効果とは?

高血糖を防ぐ科 (バラエティ/情報)
19:35~

ヨーグルト食前食後どちらに摂る方が効果的に血糖値を抑えられる?を検証。森山正枝さんが実験。食後ヨーグルトでは確かな効果が確認された。しかし食前ヨーグルトの方が上昇がゆるやか&最高値も低かった。結果を見た太田先生は食前にホエイ、乳清たんぱくを摂ることでインスリンが早めに分泌され血糖値の上昇が抑えられたと話した。

キーワード
ヨーグルト
血糖値
ホエイ
乳清たんぱく
インスリン

便秘を解消する科 (バラエティ/情報)
19:38~

便秘の効果的な食べ物は食物繊維が豊富な野菜や発酵食品。今回は医学界が注目するとっておきの便秘解消食材を紹介。驚きの効果が期待できるうんちスピードUP食材とは?

沖縄のあの楽園に潜入。

キーワード
便秘
食物繊維

番組宣伝 (その他)
19:43~

ポツンと一軒家の番組宣伝。

便秘を解消する科 (バラエティ/情報)
19:43~

頑固な便秘を解消したい橘さんはこれまで多くの便秘解消法を試してきたがあまり効果がなかった。MRIで確認すると腸は便で大渋滞していた。便秘研究に精通する三輪洋人先生が教える便秘解消効果が期待できる食材はキウイフルーツ。ニュージーランドでの国際研究発表会で注目された。そこでキウイフルーツを食べるとどれだけうんちはスピードアップするのか調査。ごぼうvsキウイではキウイの圧勝だった。

便秘解消のポイントはキウイフルーツの保水力。キウイフルーツの食物繊維は大量の水分を含んでいる。それが大腸に届くと硬い便が柔らかくなり素早く移動、スムーズな排便が可能になる。

30年来の便秘に苦しむ橘さんがキウイフルーツで便秘解消に挑む。1日1個以上食べる、検証期間は1週間。1日目は朝と夕食にキウイフルーツを食べた。2日目に早くもお通じが来た。この日は排便4回。その後も宿便がなくなってもしっかりお通じがあった。1週間の検証が終了。最終結果は食べ始めた翌日以降毎日お通じ。

キーワード
便秘
りんご
MRI
慢性便秘症診療ガイドライン
キウイフルーツ
ニュージーランド
ごぼう
食物繊維

血管の老化を止める科 (バラエティ/情報)
20:01~

沖縄の竹富島には年間50万人の観光客が訪れる。リゾートしてだけでなく医学会からも注目される竹富島。竹富島の診療所が行った取り組みが健康寿命をのばそう!アワード最優秀賞に輝いた。受賞理由は3年で心筋梗塞、脳卒中によって救急搬送される患者を80%以上減少させた。その取り組みとは?

その秘密を探るため竹富島で潜入調査。竹富島の人口は347人。名物は水牛の牛車。水牛使いの有田さんが水牛を見せてくれた。有田さんは2~3年前に生死の境をさまよったが、血管年齢は実年齢より7歳若かった。レンタサイクル店を営む大浜恒子さんは糖尿病だったが血管年齢は実年齢より15歳若かった。さらにそば処 竹の子で調査。数年前まで生活習慣病患者だった夫婦も血管年齢が実年齢より若かった。他でも調査すると血管年齢はどなたも実年齢より若かった。その理由は診療所の先生だという。

脳内出血による死亡率は竹富島を含む八重山諸島は全国ワースト1位だった。4年前の島民の成人の平均血圧は140以上だった。心筋梗塞や脳卒中による救急搬送者数は7人/約350人だった。そんな島を救おうと立ち上がった1人の医師による取り組みで救急搬送者数は今年0人。その医師、方法とは?

キーワード
沖縄県
竹富島
厚生労働省
健康寿命をのばそう!アワード
心筋梗塞
脳卒中
石垣島
水牛
血管年齢
糖尿病
インスリン
ソーキそば
コレステロール
脳内出血

血管の老化を止める科 (バラエティ/情報)
20:18~

竹富町立竹富診療所の石橋興介先生が島民の血管を若返らせた。以前は那覇市の総合病院で生活習慣病を診る内科医として勤務、離島医療に携わることを夢見ていた。4年前に竹富島に赴任、島民へ健康への意識改革を行い検診の必要性を訴えた。さらに血管の状態を悪化させている原因を改善していった。改善点は大きく3つ。1つ目はあるものを島から排除したこと。

石橋先生がスタジオに登場。島民は家族のようなものだという石橋先生は血管の状態が悪い人などには家庭訪問をして意識づけをはかった。石橋先生が島から排除したものはたばこ。たばこの自動販売機を完全撤去、島でたばこが買えない状況にした。それにより喫煙率は約35%減少した。残り2つの改善点は食生活と運動に関すること。

島の1日に密着 血管若返りの秘密とは?

キーワード
竹富町立竹富診療所
那覇市(沖縄)
生活習慣病
竹富島
たばこ

血管の老化を止める科 (バラエティ/情報)
20:27~

竹富島の島民の血管を若返らせた方法は食事と運動。原田和昌先生が再検証し優れた2つのポイントが判明。石橋先生が指導した竹盛さん夫婦の生活から健康の秘密を解き明かす。午前7時、夫婦は仕込みの真っ最中。午前9時に朝ごはんを作る。3年前から毎日食べるようにしているのは豆腐。23種類使ったヘルシーな朝食をたべた。もずくなど伝統的な沖縄食材を使う。原田先生が注目したのが豆腐。

キーワード
竹富島
豆腐
もずく
ゴーヤ

このあと (その他)
20:33~

血管の名医が太鼓判!竹富島の食事&運動の秘密。治らない「足のしびれ」名医のセカンドオピニオン

血管の老化を止める科 (バラエティ/情報)
20:35~

竹富島の島民の血管を若返らせた方法は食事と運動。原田和昌先生が再検証し優れた2つのポイントが判明。石橋先生が指導した竹盛さん夫婦の生活から健康の秘密を解き明かす。午前10時半に夫婦が営むそば処 竹の子開店。店はすぐに満席に。午後5時半、夫婦はウォーキング。竹富島では涼しくなってきた夕方にウォーキングを行う。夫婦は歌謡曲を聴きながら歩く。午後8時に夕食。ご主人は3年前から2日に1回休肝日をもうけている。三線で十九の春を披露した。名医が注目したのは豆腐を使った料理と夕方のウォーキング。

キーワード
竹富島
ウォーキング
沖縄そば
もんた&ブラザーズ
DESIRE
休肝日
三線
十九の春
豆腐

血管の老化を止める科 (バラエティ/情報)
20:44~

竹富島の島民の血管を若返らせた方法は食事と運動。原田和昌先生が注目したのは豆腐を使った料理と夕方のウォーキング。夕方のウォーキングは筋肉を維持できる最適な時間。成長ホルモンが盛んに分泌されている。体内の余分な糖などを効率的に燃焼させ生活習慣病を減少させた。豆腐を使った料理の血管若返りポイントをスタジオで解説。

原田先生は筋肉の維持に重要な栄養素ロイシンがしっかり摂れていた、筋肉が保たれていると動脈硬化の予防効果があると説明した。ロイシンはたんぱく質に含まれる必須アミノ酸の一種、筋肉の材料、合成を促すスイッチの役割を果たす。ロイシンは大豆製品や肉魚、乳製品に多く含まれる。

キーワード
豆腐
ウォーキング
竹富島
成長ホルモン
生活習慣病
動脈硬化
ロイシン

名医のセカンドオピニオン (バラエティ/情報)
20:49~

名医のセカンドオピニオン。今回症例を教える名医は多摩川病院の駒形先生。先生が今警鐘を鳴らす症状は足のしびれ。多くの場合は画像診察で原因特定できるが、画像に病変が写らない足のしびれがあり、最悪寝たきりになる。原因不明の足のしびれに苦しめられた中山さんに話を聞く。彼女は足のしびれにより歩くこともままならなかったという。病に立ち向かう勇気を与えてくれたのは5年前に他界した母だった。足のしびれを引き起こす病の正体とは?

今から9年前、中山さんは50歳の頃、二世帯住宅に暮らす実の両親の面倒を見ていた。最初の異変は右の足先のしびれ。しびれはすぐに消えた。それから2週間、両足にしびれを感じ、足をうまく動かせずつまずいた。それ以降、両足のしびれは頻繁に起きるようになった。異変に最初に気付いたのは母だった。母のような強い女性になりたいと中山さんは不調を心の中にしまった。

その数日後、同僚と帰宅中に足全体にしびれが広がった。しかも強さが増していった。近所の整形外科を受診、診断は頚椎症性脊髄症。しかしこのあと駒形先生により本当の原因が明らかに。中山さんは薬を服用しながら首を伸ばすリハビリに通うことになった。その数日後、また強いしびれに襲われ、強烈な痛みを伴った。家族に相談をしない中山さんの病は悪化の一途を辿った。普段の生活もままならない状態となった。

そこで総合病院を訪れ、MRI検査を行ったが首以外に病変は見当たらなかった。今までと違う薬がプラスされ温熱療法が施された。さらに鍼も試したが効果を感じることはできなかった。病はさらなる異変を伴い襲いかかる。今度は手がしびれ始めた。総合病院の神経内科を受診、脳の精密検査の結果、異常は見当たらなかった。

最初の症状が出てから2か月。足が強くしびれ全く動かなくなり、母に胸の内を打ち明けた。母の言葉に後押しされ整形外科を訪ね納得がいくまで相談、そこで駒形先生を紹介された。

キーワード
調布市(東京)
多摩川病院
MRI
しびれ
頚椎症性脊髄症
脳梗塞

番組宣伝 (その他)
21:22~

ポツンと一軒家の番組宣伝。

名医のセカンドオピニオン (バラエティ/情報)
21:22~

名医のセカンドオピニオン。足のしびれに悩む中山さんが駒形先生の診察を受ける。先生は問診で症状に隠れた病のヒントを探り出していく。しびれる症状が起きるのは不意に力を入れた時に多い。首以外の場所に病変が無いのか洗い直すことにした。脳と背骨のMRI画像や血液検査の結果を再チェックするが病変は写っていなかった。そこで医学テストを行う。手より足の反射が強いことが判明、背骨の上部に異常が隠れている可能性が浮上した。

駒形先生はさらなる問診を試み、咳をすると胸が痛む症状があると聞き、テストをして足のしびれを再現させた。特殊な方法でMRI検査を行った結果、ついに病の正体が明らかになった。

キーワード
しびれ
MRI
血液検査

名医のセカンドオピニオン (バラエティ/情報)
21:36~

名医のセカンドオピニオン。足のしびれに悩む中山さんが駒形先生の診察を受け、病の正体が明らかになった。診断結果は背骨にできた腫瘍による足のしびれ。病名は硬膜内くも膜嚢腫。くも膜に袋ができ髄液が入り込む病。通常のMRI撮影では袋が確認できない。駒形先生が病に気付いたポイントは2つ。手と足の反射が違うことと力を入れた時に症状がでること。背骨にできた袋を取り除く手術が行われ中山さんの足のしびれなどは大きく改善、普段通りの生活を送れるまでに回復した。

名医が教える!高血糖を防ぐ方法。「たけしの家庭の医学」検索。auスマートパスでも!

たけし院長が名医に聞く 血管研究の未来とは?

キーワード
しびれ
硬膜内くも膜嚢腫
MRI
高血糖
たけしの家庭の医学
auスマートパス

エンディング (その他)
21:42~

「アントマン&ワスプ」(配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン)の告知。

血管研究のポイントは筋肉と脂肪、全体を良くすると血管も良くなるなどと話した。

ザ50回転ズ「新世界ブルース」(Magic Box)

auスマートパスでも!名医が教える高血糖予防法公開中。ケータイ・スマホで検索「たけしの家庭の医学」

キーワード
アントマン&ワスプ
ウォルト・ディズニー・ジャパン
ザ50回転ズ
新世界ブルース
Magic Box
たけしの家庭の医学
auスマートパス
高血糖
血管

番組宣伝 (その他)
21:44~

報道ステーションの番組宣伝。イタリア・ジェノバで高架橋崩落。

キーワード
ジェノバ(イタリア)
  1. 前回の放送
  2. 8月14日 放送
  3. 次回の放送