探して!集めて!有田コレクション ザ・ソロエル 揃えた先に新たな感動が・・・

放送日 2019年5月26日(日) 13:55~15:30
放送局 朝日放送

番組概要

オープニング (その他)
13:55~

今日の内容を紹介。

キーワード
多摩川

オープニング (その他)
13:57~

かたせ梨乃は「子どもの頃バービー人形を集めていた」と話した。

キーワード
バービー
ミッヂ
ケン
シルバニアファミリー

探して!集めて!有田コレクション ザ・ソロエル (バラエティ/情報)
13:58~

スギちゃんが多摩川の多摩川の在来魚をすべて揃えることに挑戦する。環境省発表によると、多摩川の在来魚は64種類いる。その中から冬の多摩川在来魚20種類を揃える。1日目多摩川源流部。まずは、ヤマメの棲む一ノ瀬沢に向かった。しかし、ヤマメとイワナは禁漁期で捕まえると怒られるので見るだけである。そのため水中カメラで元気な姿を確認する。スタートして2時間ヤマメを発見した。続いてイワナも発見し、源流部の2匹をクリアした。

2日目は上流部。確認する魚は6種類。まずは、藪を揺らしておびき出すが1匹もいない。次の藪を捜索してアブラハヤを発見した。アブラハヤと同時にカワムツを発見したが、外来種である。次にどじょうとハゼを狙い、ジュズカケハゼを発見した。次は藪の下のウグイ狙いだったが、カワムツが発見された。さらに捜索してシマドジョウを発見した。さらに、ウグイを発見した。ポイントを移してスナヤツメとカジカを狙う。石を足でどかすだけでカジカを発見した。残るはスナヤツメのみ。

キーワード
北都留郡(山梨)
多摩川
ヤマメ
イワナ
羽村市(東京)
河辺川原(東京)
スナヤツメ
アブラハヤ
カワムツ
ジュズカケハゼ
カワセミ
ウグイ
カジカ

探して!集めて!有田コレクション ザ・ソロエル (バラエティ/情報)
14:17~

スナヤツメを発見し、上流部全6種類を発見した。

3日目中流部。まずは目視でギンブナを発見した。次は、稚魚だがオイカワを発見した。さらに、カマツカを発見した。ポイントを移してタモロコを発見した。

キーワード
多摩川
スナヤツメ
稲田堤(東京)
ギンブナ
カマツカ
オイカワ
ニゴイ
タモロコ
モツゴ

探して!集めて!有田コレクション ザ・ソロエル (バラエティ/情報)
14:25~

モツゴを発見し、さらに、ニゴイを発見し、中流部全6種類を発見した。残りは下流部の6種類のみ。まずは、絶滅危惧種ニホンメダカを捜索し、すぐにメダカを発見した。さらに、ボラを発見した。残りは汽水域に生息する4種類のみ。今日は大潮で干潟の魚が確認し放題である。干潮の夜11時のまでの間釣りをしてマハゼを狙う。3時間後にマハゼを発見した。羽田空港近くの河口に移動し、干潮時に岩や石を動かし残り3種類を探す。しかし、大半はカニである。捜索してミミズハゼを発見した。さらに、湧き水の小川の底をさらいウロハゼを発見した。最後にゴリを発見し全20種類を発見した。

揃えた全20種類がスタジオに登場した。本田望結は「絶対諦めてしまう」と話した。

ガムの包み紙のコレクションがスタジオに登場した。

岡崎市に住む志賀賢三さんはガムの包み紙収集歴は20年以上。世界中の収集家と交換やネット検索などで5万枚ある。きっかけとなった包み紙は快傑ハリマオガムである。さらに、小泉純一郎のガムの包み紙など普通では手に入らない物もある。志賀さんは「絵のようで見て楽しい」と話した。さらに、包み紙のデザインから物語を作った。地道に買い続け初めてのデザインと出会うことが最高の瞬間である。中身のガムは奥さんが知り合いに配ったり、子どもにあげたりしている。

伊勢市に住む家を尋ねるとヒョウ柄の家が建っていた。

キーワード
大潮
多摩川
モツゴ
ニゴイ
ニホンメダカ
ボラ
マハゼ
テッポウエビ
ミミズハゼ
ゴリ
ウロハゼ
メダカ
ガム
クールミントガム
ガム包み紙
小泉純一郎
岡崎市(愛知)
快傑ハリマオ
伊勢市(三重)
ヒョウ柄

探して!集めて!有田コレクション ザ・ソロエル (バラエティ/情報)
14:45~

伊勢市に住む勝又ひとみさんは、既製品のヒョウ柄を集めるのがこだわりである。コレクター歴は30年弱。すべてのヒョウ柄を集めるのが夢である。魅力は品があり、綺麗でカッコいいと話した。家族は迷惑していると話した。現在ほしいヒョウ柄は骨壷と棺桶である。

スタジオに勝又さんのヒョウ柄コレクションの一部が登場した。かたせ梨乃は「女王様気分になるからテンションあがる」と話した。勝又さんはクレーン作業会社を経営していて、クレーン車をヒョウ柄にペイントした。小藪一豊は「老眼が進んで急須に熱々の状態で入っていても保護色でわからない」と話した。

原西孝幸のギャグを五十音図で整理したところ、「え・ら・る」のギャグがなかったので、揃えてもらうことに。新たに「えしゃく」、「ラリアット」は本田望結ちゃんに認めてもらったが、「る」から始まる「ル・ル・ル」と「ルービックキューブ」のギャグは見送った。

栗田哲男さんはアジア各地の少数民族を撮影してきた、その数は80から100に及ぶという。近々ミャンマーの4つの民族を撮影するつもりで、なかでも顔に入れ墨を入れるマカンチン族が楽しみだという。ミャンマーの旅を取材陣そして才木玲佳さんと一緒にすることになった。

ミャンマーのヤンゴンに到着、車で620km移動してバガンに、それからオフロード車に乗り換え、ミャンマー北西部のチン州のカンペレについた。ミャンマーに来て3日目、山道をさらに進め、途中から荷物を背負って歩いていかなければならない。ガイドの少年によると、4民族の村に行くには最短2日、宿泊施設がないため、それぞれの民族の家で泊めてもらう必要がある。1日かけてセバ族の村に到着し、幸運にも出迎えた村人のタンオンさんに泊めてもらえることに。お母さんは二人のために夕飯を作り、暖かく一晩を過ごしたあと写真撮影を行った。歩くこと6時間でトゥントー族の村に到着した。村人はサンニーという穀物からお酒を作っていた。できたお酒を回し飲みし、村人にとけたところで写真撮影を行った。すぐに旅立ち、同じ日の午後7時ころにムン族の村に到着した。ムン族のソウソウさんがあっさりと泊めてくれて、ふたりは村人の優しさを噛みしめた。ミャンマー5日目の朝、日が昇ると撮影を行った。そうそう出発し午後2時にマカンチン族の村に到着した。

キーワード
ヒョウ柄
伊勢市(三重)
ZARAマグカップ
ZARA
FUJIWARA
ミャンマー
マカンチン族
セバ族
ムン族
トゥントー族
サンニー
ヤンゴン(ミャンマー)
バガン(ミャンマー)
カンペレ(ミャンマー)

探して!集めて!有田コレクション ザ・ソロエル (バラエティ/情報)
15:18~

はるばるミャンマーまできて、マカンチン族の風習だという入れ墨のある女性を探しに来たのに、見当たらない。村人にきいたところ、ようやく顔にドット柄の入れ墨の84歳のホウシェイさんを見つけた。マカンチン族では、結婚する女性が他の民族に奪われないよう顔に刺青を彫ったという。50年ほど前に禁止され、この村で刺青をしているのはホウシェイさん一人だけだという。栗田さんがカメラを構え、マカンチン族の笑顔を写真に収め、4つの民族の笑顔が揃った。

スタジオにいるメンバーが栗田さんの写真を鑑賞し、才木玲佳さんから話をきいた。村人の優しさに救われた、でもやっぱり日本がいいと思ってしまったと話した。

東京・大阪にいる14人の母に同じ相談で占ってもらい、鑑定結果がそろうか試した。かたせ梨乃の2017年の運勢を占ったところ、14人中13人が2017年は運気よしだという結果を出した。

くりぃむ有田の結婚生活も14人の母に占ってもらった。果たして結婚生活円満なのか。

キーワード
マカンチン族
ミャンマー
セバ族
トゥントー族
ムン族
マダムガラシャ
安芸実
愛佳央梨
星美友己
陽朱葵
村山佳寿巳
倉元彩光
木下多恵子
妙月
小田原せい
セレス玲奈
MATSUKO
トリン
希多真生子

探して!集めて!有田コレクション ザ・ソロエル (バラエティ/情報)
15:29~

くりぃむ有田の結婚生活を14人の母に占ってもらったところ、12人が円満だという結果になった。

  1. 前回の放送
  2. 5月26日 放送