中山秀征の究極ハウス 日本中に愛された大スター坂本九の豪邸を訪問!初公開映像も

放送日 2017年9月23日(土) 16:00~17:25
放送局 朝日放送

番組概要

オープニング (その他)
16:00~

日本中が愛した大スターの豪邸や体操の世界王者が育った究極ハウスを紹介。テーマ「愛」。

キーワード
坂本九
内村航平

中山秀征の究極ハウス (バラエティ/情報)
16:03~

東京・目黒区柿の木坂にある坂本九の邸宅を妻・柏木由紀子が案内した。アメリカで1位となったゴールデンレコードを紹介。作詞・永六輔、作曲・中村八大の昭和歌謡を代表する「上を向いて歩こう」は世界に代表する名曲で当時日本には「ランキング」が存在しなかった。世界69カ国で1500万枚以上を売上げた。坂本は1963年に川崎市から柿の木坂へ引っ越した。さらに1975年、坂本が33歳の時に家を新築した。坂本が残した数々のお宝を紹介する。

金メダリスト・内村航平選手を育んだ究極ハウスを紹介する。

キーワード
坂本九
上を向いて歩こう
内村航平

中山秀征の究極ハウス (バラエティ/情報)
16:11~

東京・目黒区柿の木坂にある坂本九の究極ハウスは2004年に建て替えられた家。建て替えの話が持ち上がったのは亡くなって10年後のことだった。次女・舞子さんは「古くなっていたので新しいお家にしてほしかった」と当時を振り返った。柏木由紀子は決断するのに10年間の葛藤があったと話す。同じ場所に新しい家を建てることを決意し、最後の日には家をホームビデオで撮影。当時の映像を紹介した。さらに当時の結婚式の様子などが紹介された。

夫婦の思い出が刻まれたカセットテープを紹介。子どもたちが寝た後に呼び出され自宅で収録された曲も存在することを明かした。

作詞・作曲・坂本九。2005年にCD化されたデュエット曲「あの日の約束」を紹介。収録されたのは1985年で、坂本が帰らぬ人となった年だった。

父の日に家族が坂本へ贈った曲「パパ大好き」を紹介。

曲をプレゼントされた坂本は例の顔で大喜びしたと話す。中山の子どもは4人とも男児で、背中を蹴られたりすることを明かした。柏木は自宅では坂本は娘たちにモテていたことを明かした。坂本は新しいもの好きで8ミリなどで撮影したエピソードなどを紹介した。

坂本九の秘蔵プライベート映像。

キーワード
坂本九

中山秀征の究極ハウス (バラエティ/情報)
16:27~

坂本九が撮影した当時の家族の映像を紹介。柏木は「坂本は携帯電話を知らない」と説明し「すごい年月が経ったんだな」と振り返った。柏木は麻雀に嵌っており、坂本に麻雀を教えてもらったことや、正月には4卓・16人で麻雀大会を行うことを明かした。

坂本九の「お宝」が続々登場!

キーワード
坂本九

中山秀征の究極ハウス (バラエティ/情報)
16:32~

北海道・夕張群栗山町にある「坂本九 思い出記念館」を紹介。亡くなるまでの9年間、福祉番組の司会などを行っていたのが縁で9回目の命日に9角形の記念館が開館。また999人からの寄付が寄せられた。記念館には、衣装やカセットレコーダー、携帯用テレビなどが展示されている。自宅には王貞治が引退した1980年に贈られらバットなどが無造作に眠っていた。さらに婚約記念に購入したベンツ280SLなどが紹介された。

家が孫に伝える「坂本九の面影」。

長崎・諫早市の県立運動公園の麓の高台にそびえ立つ体操・内村航平の実家を紹介。今年、地元リンガーハットと契約を結び日本発のプロ体操選手になった。契約金は推定4億円。母・内村周子さんが中山を出迎えた。周子さんは長崎を拠点にしながら講演会や体操教室などを行っており、内村選手の小学生時代のノートを初公開する。

キーワード
坂本九 思い出記念館
坂本九
内村航平

中山秀征の究極ハウス (バラエティ/情報)
16:42~

内村航平選手を育てた家は敷地面積300坪で1・2階が体操教室、3階が住居となっている。実際に内村選手も練習を行っていた体育館で、現在は下は1歳から40歳まで300人もの生徒がいる。半年前から床運動専用の別館も完成した。

中学時代体操部だった中山はユニフォーム姿に着替えて再登場。高校時代にインターハイで優勝したことがある父・和久さんも登場した。

周子さんが考案した絵本を使ったトレーニングを中山に実践。周子さんは「2~3時間平気でトレーニングが出来る。集中力がつく」と説明。さらにイメージトレーニングなども行っている。

中山が35年ぶり体操に挑戦。転回やバク転を披露した。中山は「すごい懐かしくて天井が見えるって思った」とコメントした。

内村選手が使っていたトランポリンが今も残されており、中山が膝を曲げないで飛ぶ練習を披露した。

「タンブリングトランポリン」は100万円以上の値段が高価な代物。1万円のトランポリンで練習をする内村選手5歳の映像を紹介。周子さんはあることがきっかけでトランポリンを買い換える決意をした。

キーワード
内村航平

中山秀征の究極ハウス (バラエティ/情報)
16:53~

内村選手に誕生日にねだられた大きなトランポリン。これを入れるため体育館を改築するため周子さんは1億円の借金をしてトランポリンを購入した。周子さんは「子どもの夢を閉ざすことが一番子どもの成長に良くないこと」と説明した。

長崎市の高校で顧問を務める妹・春日さんも当時のことを良く覚えており「よく買ってくれたな、子どものためとは言え」と振り返った。内村選手は中学3年生になると大きなトランポリンも使いこなせるようになっていた。

体操教室の上はクラッシックバレエのスタジオになっており、周子さんは現役のバレリーナで指導も行っている。

中山が3階の内村家の自宅を訪問。部屋には内村選手写真などが飾られていた。部屋はなんと36畳もあった。

周子さんは広さの理由について「引きこもりになってほしくなくてこの建物を考えました」と説明し勉強部屋も兼ねていたことを明かした。

周子さんは内村選手が中学卒業までは宿題も一緒に行っていたことを明かす。さらに内村選手12歳の誕生日映像を紹介した。

キーワード
内村航平
純心女子高等学校
スポーツクラブ内村

中山秀征の究極ハウス (バラエティ/情報)
16:59~

内村一家の16年前の秘蔵映像を公開。内村選手は「県大会で1番とりたい」と話していた。

周子さんが偶然見つけた内村選手が書いた小学生時代のノートを紹介。両親に教わったコツなどが書かれていた。さらに技のイメージを膨らませるために、友達から貰った人形で演技の練習を行っていた。

周子さんと和久さんが出会ったのは34年前。体操の指導者研修会で知り合いバスの中で意気投合したエピソードなどを紹介した。

内村家の年表を見ながら内村選手の競技人生を紹介。内村選手は緊張のあまり頭が真っ白になりボロボロの演技を披露。最下位から始まった競技人生だった。先に才能を開花させたのは妹・春日さんだった。

トランポリンの効果もあって内村選手は才能を開花させる。19歳で北京五輪に出場を果たす。団体で銀・個人総合でも24年ぶりのメダル獲得をした。周子さんは内村選手の活躍を生で見ておらず京浜東北線の中で知ったことを明かす。実は、春日さんの全日本ジュニア選手権を応援していたことを明かした。

内村選手が2004年に東京の学校へ進学するが部屋はその時から13年間変わっていない。周子さんは「子離れできるできないは関係ないと思う、愛は。常に死ぬまで愛してあげたい」と説明。中山は「内村選手のすごい力に間違いなくなってます、支えになってますよ、最後のひと踏ん張りのとき」とコメントした。

内村選手が東京の高校に行っても、周子さんは手作り弁当を冷凍し東京に発送していた。内村選手の好物はハンバーグで、中山に特製のハンバーグを披露した。

周子さんは家族について聞かれると「常に思い続けること」と語った。ひたむきな愛情で2人の体操選手を育んだ周子さんの子育ては、今大勢の母親たちに指示されている。杉山愛の母親が代表の子育て支援施設で周子さんが講義を行った。

坂本九の究極ハウスを紹介。次女の舞子さんは3年前に結婚して母親となっていた。舞子さんのお子さん晴楽くんは2歳。上を向いて歩こうのイントロを聞かせると「じぃじ じぃじ」と言うことを明かした。さらに舞子さんが2歳の時の映像を公開した。1985年8月12日に航空機事故で帰らぬ人になった坂本九について、妻・柏木由紀子さんは「どこか悪いとすぐに病院にいく。ずっと信じられなかった。戻ってくるんじゃないかと思っていた」と話す。由紀子さんと2人の娘は年に1度、コンサートを開きその歌で坂本九が生きていた明かしを紡ぎ続けている。

キーワード
内村航平
スポーツクラブ内村
北京五輪
すぽっと
上を向いて歩こう

中山秀征の究極ハウス (バラエティ/情報)
17:21~

中山が坂本九の究極ハウスに捧げる渾身の一筆を披露。「星空の九」としたためた。

  1. 前回の放送
  2. 9月23日 放送
  3. 次回の放送