羽鳥慎一モーニングショー 2018年6月13日放送回

即時削除基準: 全般8 初版投稿者による依頼または白紙化

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年6月13日(水) 8:00~ 9:55
放送局 朝日放送

番組概要

ニュース (ニュース)
08:00~

トランプ大統領と金正恩委員長の史上初となる米朝首脳会談が行われ、トランプ大統領は金委員長をホワイトハウスに招待すると明言したのに対して、金委員長は無言となっていた。

キーワード
トランプ大統領
金正恩委員長
米朝首脳会談
ホワイトハウス
ワシントン(アメリカ)

オープニング (その他)
08:01~

オープニング映像とキャスターの挨拶。

オープニングテーマ:「Morning Show」/葉加瀬太郎

キーワード
Morning Show
葉加瀬太郎

ニュース (ニュース)
08:01~

史上初の米朝首脳会談が行われ、トランプ大統領はシンガポールを後にした。一方、金委員長は日本時間の今日未明に帰国した。また、会談後の会見ではトランプ大統領は成果をアピールしている。

トランプ大統領はカペラホテルで会見を行い、このような時間を持てたことを忘れない・朝鮮戦争がもうすぐ終わるという希望を持っているなどと話していた。しかし、主導権を握る水面下でのせめぎあいが行われていた。

昨日行われた会談ではまずトランプ大統領が金正恩委員長に手を出して12秒の握手を行った。トランプ大統領は移動を金委員長に促すと、2人はジョークを言い合っていた。

米朝首脳会談はアメリカでも番組を変更して行われていて、2人は肩を並べて会談場所へと向かっていくと、通訳を通じた1対1の会談となり、金委員長は誤った偏見と慣行が時に目と耳を塞いでいたが、全てを克服してこの場に来ましたと話していた。この会談は48分間行われていて、カメラの前に2人は姿を見せると、順調であることを強調するトランプ大統領がいた。

トランプ大統領さらにアピール過熱。

キーワード
パヤレバル空軍基地
トランプ大統領
セントレジスホテル
金委員長
米朝首脳会談
カペラホテル
金正恩委員長
シンガポール
朝鮮戦争
アメリカ

ニュース (ニュース)
08:08~

初めて顔を合わせたトランプ大統領と金委員長だが、2人だけでの会談を終えると、官僚を交えた拡大会合が始まり、ここでもトランプ大統領は金委員長と握手を交わしていて、拡大会合は1時間半に渡って行われた。実務者を交えたワーキングランチには金与正氏も出席し、ここでもトランプ大統領はホストのように立ち振る舞った。その後が2人で散歩を行うとトランプ大統領が話しかけ、それに金委員長が答える形となっていて、金委員長は殆ど喋らなかったがここでトランプ大統領は署名を行うと述べた。

署名式には与正氏やポンペオ国務長官も集まる中行われ、金委員長は今日の歴史的な出会いで過去のことは封印し、新たな出発を告げる歴史的文書に署名し、世界は大きな変化を見ると述べた。そして、退出する際には金委員長がトランプ大統領に手を当てて退出を促すと、トランプ大統領もこれに応じて背中をたたき返していた。

米朝首脳会談の裏側ではホワイトハウスの当事者しか撮影できない映像が公開されていて、両国の高官が同じモニターを見つめる様子や、チーム内で話し合う映像が公開されている。また、トランプ大統領と金委員長が階段を降りる動画なども発信され、専門家は今回の会談はたくさんの演出があったと評していた。

共同声明署名後の記者会見の前、アメリカ側が金委員長に送ったというハングル語のビデオが上映された。映像に込められたのは過去に戻るか、前に進むかのどちらかしかないというメッセージ。過去に戻る場面ではミサイルや戦闘機など戦争をイメージさせる映像が流れた。その後流れたのは北朝鮮が発展していく未来を描いたイメージ映像。そして「トランプ大統領と金正恩委員長が歴史を切り開く会談を行います。太陽の中で光輝く瞬間、ひとつの選択。これが現実になるのでしょうか。」とのメッセージで締めくくられた。拍手に包まれながら登場したトランプ大統領。最大の焦点だった非核化については完全なる非核化に合意したと述べた。非核化の詳細が決まらなかったことについて時間がなかったと釈明。拉致問題については共同声明には含まれていないが議論はしたとしている。

拉致被害者の家族は「米朝首脳会談につなげて、日本人拉致問題が再度クローズアップされてきたということについてはそれに対することについて当然歓迎するし期待もする。」などと述べた。トランプ大統領と電話で会談した安倍総理大臣は「拉致問題に関する私の考えについてはトランプ大統領から金正恩委員長に明確に伝えていただいたということ」と述べた。会談は成功だったと自画自賛したトランプ大統領。

米朝首脳会談の内容を見てみると、トランプ大統領は北朝鮮に対して事実上の体制保証の提供を約束したのに対して、金正恩委員長は朝鮮半島の完全な非核化に断固として取り組むとしていて、具体的には平和と反映のため新たな関係を構築すること、恒久的で安定した平和的な体制を朝鮮半島に築く努力を続けること、北朝鮮はパンムンジョム宣言を再確認し非核化に取り組むこと、アメリカ・北朝鮮は戦争捕虜や行方不明者の遺体回収と帰還に取り組むことがあげられた。パンムンジョム宣言は朝鮮戦争の終結を宣言し平和体制を構築すること、完全な比較化を通じ核のない朝鮮半島を実現することがあがっている。太田さんは遺体回収についてはクリントン政権時代に始まったものの、ラムズフェルド国防長官やチェイニー副大統領が北朝鮮を嫌って中止してしまった経緯があるものの、この宣言はアメリカに大きく不利なものとなっていると指摘した。

また、トランプ大統領は金正恩委員長について優秀だと評していて、これについては「26歳で後継者になり政権を運営してきた」ためだとしている。また、トランプ大統領は完全で検証可能かつ不可逆的な非核化を指す「CVID」を声明に入れられなかったことを指摘されると「時間がなかったからだとし、ミサイル関連の発射場も破壊に着手した」と述べた。玉川さんはトランプ大統領に盛り込む気がなかったと見ていて、占領もしていないのに検証するのも難しいと話していて、トランプ大統領自身も「15年かかる」と取材に話していた。さらに、非核化についてもトランプ大統領は「日本と韓国が負担する」と話していて、浜田さんは非核化の費用は260兆円という試算がありこれを2か国で負担すると相当の負担額になると指摘している。一方で太田さんはアメリカが朝鮮半島で核を使うと脅したことから核開発を進めた経緯があると述べた。

会談のポイントを解説。朝鮮中央通信は「両国が相手に対する理解を持って敵視しないということを約束し、それを保証する法的・制度的措置を取らなければならないと述べた。最高指導者は、米国側の朝米関係改善のための真の信頼構築措置を講じていくなら、われわれも引き続きそれ相応の次の段階の追加的な善意の措置を講じていくことができるとの立場を明らかにした。朝米両首脳は、朝鮮半島の平和と安定、朝鮮半島の非核化を進める過程で段階別、同時行動原則を遵守するのが重要であることについて認識を共にした」などを報じた。

会談後のテレビのインタビューでは「あなたは1年後にインタビューをし、私は間違いをおかしたかもしれないと言うかもしれない。それはあり得る」と述べたと報じている。太田昌克氏は自画自賛をしていたが、これは何を言いたいのかわからないと話した。辺真一氏は自信の表れだと思うと話した。玉川徹氏は抜き出した部分だけ見てしまうと全体像を見えない可能性があると話した。トランプ大統領は会談以前に北朝鮮の金正恩委員長と話したことがあると述べ、米帳首脳間の対話が比較的早い時期に集中的に行われていたことを明らかにした。時期は明確にしなかったが電話会談をしたとみられる。

太田さんは共同声明の内容のどこが不利なのか聞かれると、トランプ大統領は北朝鮮に対して安全の保証を行っていて、ここには威嚇もしないという事が書かれているためだとしている。そのために日本を守っている核の傘は無くなったに等しいと指摘した。玉川さんはトランプ大統領はお金をかけないために世界の防衛を行わない方針で当選していて、軍事演習も止めるとしているのは納得だと述べた。これに対して太田さんはアメリカは平和の秩序をこれまで築いてきているが、これを敵対関係のある北朝鮮のみと一方的に進めていて危ういと述べた。

一方辺さんは戦争捕虜や行方不明者の遺体回収・帰還について、北朝鮮の労働新聞には「行方不明者」という言葉は含まれていないとして、拉致問題が関係しているのではないかと見ていた。これについて玉川さんはトランプ大統領は文書の中に入れなかったが話はしたと述べていて、これに対しては北朝鮮の文献に「行方不明者」という文言は入っていないだけでなく、北朝鮮とアメリカの間では「行方不明者」は存在していないことを述べていた。これに対して太田さんは行方不明は英語の原文から朝鮮戦争中に行方不明になったアメリカ人のことではないかと述べた。

辺真一氏は北朝鮮が主張するところの米朝国交正常化、制裁解除などが含まれているのではないかと述べた。太田昌克氏はいつもながらの北朝鮮の話法、条件闘争に戻っているのが非常に気になると述べた。浜田敬子氏は完全に北朝鮮ペース、事前準備が非常に少ない中で最初から優位に進めていると言えば北朝鮮という印象を受けたと述べた。

一方朝鮮戦争の終結について、トランプ大統領はもうすぐ終わるという希望を抱く事ができるとしながらも、交渉が進んでいる間は軍事演習をお金がかかるので行わないと述べていて、在韓米兵3万2000人を米国に戻したいとも述べていた。これについて朝日新聞は韓国政府は対話が続く間の演習の中止を支持する構えだが、一方で恒久的な中止には米韓協議が必要との見方を示し戸惑いを隠さなかった。また、在韓米軍は年末までに昨日をソウル南方の平沢基地に移すとしていて、この動きで在日米軍や日本の自衛隊の負担が増えるとも見られる。これについて太田さんは否定的に見ていて、トランプ大統領はグアムから爆撃機を飛ばすと6.5時間かかる事を述べていて、損得勘定で動いていると指摘し、共同声明では寧辺原子力研究センターでは何もしないという約束も取っていないのに演習を中止していると指摘した。これについて辺さんは8月の米韓合同軍事演習も中止となったが、これは南北間の敵対行為をやらないという考えをトランプ大統領が尊重した形となったと見ていて、玉川さんは兵士を帰国させることで莫大な金額の節約が出来ることを目的としているだけだと述べた。

また、トランプ大統領は制裁については「核の効力が無くなったと確信した時点で解除する」と述べていて、今後の会談予定について平壌にいずれ行くことと・金委員長をホワイトハウスに招待すると述べたが、金委員長はこれについては無言だった。また、拉致問題については文章化していないが取り組んでくれると述べていた。浜田さんは安全保障を金委員長に与えたこと・正しい指導者と認めていることは海外の記者も指摘していて、玉川さんはトランプ大統領が戦争になったら3~5000万人の命が失われたと話していたので、戦争については脅しだったと見ていた。辺さんは金委員長への挑発に対して会った時に別の印象になったとトランプ大統領が話していた事を明かしたが、スタジオでは最初に見極めて決めてしまって良いのかという意見が出た。

この会談を受けて韓国では「最後の冷戦を解体した世界史的事件」と評していて、中国は「制裁は目的ではなく、必要があれば制裁の一時停止や解除をすべき」としている。これについて太田さんは文在寅大統領は米韓合同演習の問題もあるので、述べていることよりは複雑な感情だと見ていた。一方の玉川さんは戦争を起こさないことが目的で、戦争を避けるために文大統領は在韓米軍の撤退を公約に掲げていたところもあり、韓国側は歓迎していると見ていた。辺さんはこれについて様々な合意が米朝の対立によって前に進んでいないものの、パンムンジョム宣言をが認められたことで南北は会見改善を進められると喜んでいると見ていた。一方アメリカのメディアは米朝首脳会談について厳しい評価をしている。

キーワード
トランプ大統領
金正恩委員長
金与正氏
ポンペオ国務長官
カペラホテル
飯塚繁雄さん
横田早紀江さん
安倍総理大臣
米朝首脳会談
パンムンジョム宣言
朝鮮中央通信
日本経済新聞
産経新聞
ホワイトハウス
サンダース報道官のツイッター
サンダース報道官
ポンペオ国務長官のツイッター
明治大学
非核化
朝鮮戦争
金委員長
ラムズフェルド国防長官
チェイニー副大統領
安倍総理
核の傘
拉致問題
日本人拉致問題
軍事演習
板門店宣言
労働新聞
CVID
ABC
朝日新聞
平沢基地
イギリス
寧辺原子力研究センター
米韓合同軍事演習
ソウル(韓国)
グアム(アメリカ)
平壌(北朝鮮)
シンガポール
中国外務省
文在寅大統領
米韓合同演習

ニュース (ニュース)
08:57~

CNNは実務というよりもショーだった。トランプ大統領と金委員長が1対1で会談をした短い時間ではないが通訳を挟んで話をしている。実際の会話は半分程度に過ぎないと伝えた。ニューヨーク・タイムズは北朝鮮が合意を履行するかどうかは何も保証がない。共同声明は具体的もデッドラインもない骨子にすぎない。韓国との軍事演習中止の発表や演習を「挑発的」「高くつく」と表現したことを危惧していると伝えた。USA TODAYは金正恩委員長が欲しいものを手にしたことは疑いようがない。長くのけ者にされてきた北朝鮮の国際的な正統派を引き上げたと伝えた。

トランプ大統領は午前9時1分にホテルを出発、20分ごろカペラホテル敷地内に到着、59分に会場入り。金委員長は9時12分ごろホテルを出発、53分に会場入り。トランプ大統領は敷地内で待機していたとのこと。トランプ大統領は以前から「重要なミーティングには遅刻せよ」と言っている。ギリギリに行った方が場が仕切れると考えたのではないかと専門家。別々の入り口から会場へ入ったとのこと。朝鮮日報は金正恩委員長の靴には中敷きが入っており、2.5cm~5cmほど実際の身長より高くなっていた可能性があると報じた。

太田昌克氏は「CNN、ニューヨーク・タイムズはトランプ大統領に対して批判的なため当然の評価だと思う。私も同じような評価をする。検証可能な非核化ということを約束できていない。これは失敗だと思う。適切なプロセスを取らないと会話が進まない。」と述べた。浜田敬子氏は「アメリカのメディアの反応は当然だと思う。こんなに丸腰で相手に与えていいのだろうか。会見はトランプ大統領の独演会を見ているようだった。外交をやっているという印象ではなかった」と述べた。

午前10時10分、1対1で通訳同席で会談。午前10時54分拡大会合。ここに加わったのはアメリカ側はポンペオ国務長官、ボルトン補佐官、ケリー主席補佐官。北朝鮮側は金英哲副委員長、李英浩外相、李洙墉副委員長。お昼ご飯は午後0時50分、ワーキングランチだった。ここには拡大会合のメンバーにサンダース報道官、ソン・キム元駐韓大使、ポッティンジャーNSCアジア上級部長。北朝鮮側は金与正第1副部長、崔善姫外務次官、ノ・グァンチョル人民武力相、ハン・グァンサン部長が加わった。玄松月団長について辺真一氏は楽団がアメリカに行く話が前からあるためそのための接触をしていた可能性があるとした。

午後1時37分、敷地内を散歩。トランプ大統領はここでビーストを報道陣にちら見せさせた。これについてアメリカのメディアはトランプ大統領が金正恩委員長にビーストを見せびらかしたと報じた。太田昌克氏は「大統領専用車は重要なインテリジェンスの塊。簡単に見せてしまっていいのかなと心配。このへんは軽率かなと思う」と述べた。午後2時41分共同声明に署名。金正恩委員長側のペンにはトランプ大統領のサインがあった。しかしそれは使わず金与正氏がペンを渡し、サインをした。午後5時15分トランプ大統領が1人で会見、午後6時58分シンガポールを出国。金正恩委員長はきょう午前0時半に出国。

キーワード
トランプ大統領
金正恩委員長
米朝首脳会談
CNN
ニューヨーク・タイムズ
USA TODAY
カペラホテル
小西克哉氏
玄松月団長
ビースト
朝鮮日報
ポンペオ国務長官
ボルトン補佐官
ケリー主席補佐官
金英哲副委員長
李英浩外相
李洙墉副委員長
サンダース報道官
ソン・キム元駐韓大使
ポッティンジャーNSCアジア上級部長
金与正第1副部長
崔善姫外務次官
ノ・グァンチョル人民武力相
ハン・グァンサン部長
金与正氏

ニュース (ニュース)
09:24~

米朝首脳会談を、当事者がツイッターで実況していた。サンダース報道官のツイッターには、両国の側近たちが見守る様子。ポンペオ国務長官のツイッターからは、会場に向かう自身の様子。ホワイトハウスのツイッターからは、両首脳が階段を降りる様子が動画で投稿された。スタジオはツイッターだと一方的に物を言う”劇場型政治”になりかねないと心配する中、玉川がトランプ大統領は「こういう大統領であると、自分の仮説が変わった。」とコメントした。そして日本では、拉致問題について声明はないが、言及はあった。そしてどういう進展があったのかが大きな問題。

キーワード
トランプ大統領
金正恩委員長
米朝首脳会談
サンダース報道官のツイッター
ポンペオ国務長官のツイッター
ホワイトハウスのツイッター
サンダース報道官
ポンペオ国務長官
ホワイトハウス
拉致問題
シンガポール

ニュース (ニュース)
09:29~

米朝首脳会談で取り上げられた拉致問題について、横田早紀江さんは「ちょっと不安ですが、歴史的に大きな動きがあったと思っています」とコメントした。安倍総理はトランプ大統領に、拉致問題を提起したことに感謝したが、結局は”日本が直接北朝鮮と向き合う”と話していた。横田さんらはこれまで拉致問題について、長い間真実を待ち続けてきた。太田は小泉総理が平壌に行った際、記者として安倍総理(当時副官房長官)に同行し、厳しい情報を持ち帰ることになったことを振り返り、「総裁選などは関係なく、(安倍総理には)政治家生命を賭してやってもらいたい」など主張。何も進展がなかったこともあるが、家族会は冷静に受け止めている。政府はこれからはアメリカを頼ってはいられず、これからどういう外交を積んでいくか、もう時間はない。浜田は「アメリカと北朝鮮がお祝いムードにあるうち、置き去りにされないようにしなければ」とコメントした。

たっぷり日差しあり洗濯日和。北日本は冷たい雨傘+長そでで必須。

米朝首脳会談のトピックは数あれど、日本にとっては拉致問題が大きい。玉川は、今までとは違い「日朝首脳会談をやらない理由がなくなってきている。やればいい。」と指摘。また、アメリカも、北朝鮮に拉致された行方不明者を抱えており、トランプ大統領は米軍の遺骨の送還とともに金正恩委員長に問題を提起している。辺はこれによって、安倍総理も続けば、金委員長が同じ対応をするかも知れないので、今がチャンスだと説いた。9月にはウラジオストクで、安倍総理も出席する経済フォーラムが行われ、プーチン大統領が金委員長を招待するのではないかということで、ここで日朝首脳会談を行うとも考えられる。拉致・ミサイル・核の3つの問題について、今後は日本が北朝鮮と相対することになる。

キーワード
横田早紀江さん
安倍総理大臣
日朝首脳会談
プーチン大統領
拉致問題
米朝首脳会談
拉致被害者家族会
トランプ大統領
小泉総理
田中均さん
総裁選
滋さん
川崎市(神奈川)
平壌(北朝鮮)
ウラジオストク(ロシア)
ネルドンさん
安倍晋三総理大臣
金正恩委員長
日朝平壌宣言
田中さん
雲南省(中国)
ミャンマー
北朝鮮

かわなみ天気ショー (ニュース)
09:39~

BGM:原田雄一/Have a nice day

暑さに疲れたらお昼寝も大事!

天気予報を伝えた。

キーワード
Have a nice day
原田雄一
シャンシャン
台場(東京)

ニュース (ニュース)
09:45~

ワシントン近郊にある地下鉄の駅で颯爽と現れたのは電車ではなく、鹿。鹿はホームに上がったり、反対側の線路を走ったりと縦横無尽に走り回っていた。鹿は近くの緑地から迷い込んだのではないかとされ、トンネルを抜けて戻ったということだ。

キーワード
ワシントン・ポスト
ワシントン(アメリカ)
鹿

番組宣伝 (その他)
09:48~

金曜ナイトドラマ僕とシッポと神楽坂の番組宣伝。

キーワード
相葉雅紀

エンディング (その他)
09:52~

次回予告。

羽鳥慎一のこぼれ話動画のお知らせ。「モーニングショー」で検索。

キーワード
モーニングショー
  1. 前回の放送
  2. 6月13日 放送
  3. 次回の放送