関ジャム 完全燃SHOW 竹内まりやに独占直撃取材!名曲の裏側を語る!

『関ジャム 完全燃SHOW』(かんジャム かんぜんねんショウ)は、テレビ朝日系列で2015年5月10日より放送されている音楽バラエティ番組で、関ジャニ∞の冠番組。関ジャニ∞が毎回様々なアーティストをゲストに迎え、一夜限りのジャムセッションやトークを繰り広げる番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年5月13日(月) 2:10~ 3:10
放送局 朝日放送

番組概要

オープニング (その他)
02:11~

今夜は、竹内まりやのスゴさとは?超貴重…御本人が直接回答!!

キーワード
竹内まりや

オープニング (その他)
02:15~

オープニング映像。

超貴重…竹内まりやに独占取材!! 名曲ベスト20で見えた山下達郎との関係 (バラエティ/情報)
02:15~

今夜の関ジャム完全燃SHOWは竹内まりやを特集。史上初の4世代でオリジナルアルバム1位を獲得し、1994年のベストアルバム「Impressions」は350万枚を売り上げた。最近は80年代シティポップブームで海外を中心に2400万回再生を記録している。81年の休業以降は本格的なライブは3回しか行っておらず、テレビ出演もほとんどない。竹内の大ファンだというさかいゆう&作詞家のzopp、さらにアルバムのライナーノーツを手がけた音楽評論家の能地祐子が竹内まりやを分析する。さらに彼らのギモンに竹内本人が回答!!

竹内まりやは2時間ガッツリ質問に回答してくれたという。竹内はこの番組を見ていて、あまり他ではない授業的な感じが面白いと語ったという。さかいゆうは竹内まりやの大ファンで、竹内まりやを分析したノートを書いている。番組の竹内まりやに関するアンケートには2万字も回答したという。

20~50代に聞いたこれぞ竹内まりやの曲BEST20を発表した。10位は「すてきなホリデイ」(01年)。ケンタッキー・フライド・チキンのクリスマスCMソングで20代からの支持が多かった。9位は「今夜はHEARTY PARTY」(95年)。1995・96・99年のケンタッキーのクリスマスCMソングで30代からの支持が多かった。歌詞にイケメンの例えで「キムタク」が出てくることから、キムタク本人がセリフとコーラスで参加している。8位は「けんかをやめて」(87年)。82年の活動休止中に河合奈保子へ提供した曲。

zoppは竹内まりやの曲はシンプルな言葉を多用していると分析し、あえて狙っているのかギモンをぶつけた。竹内まりやは昔は海外の曲の訳詞で「けんかをやめて」のようなシンプルなタイトルが多かった。zopp「青春アミーゴ」のようなインパクトのある言葉は思い浮かばない。椎名林檎のような不思議で難解な歌詞にも憧れるが、キャラに合わないのでオーソドックスな言葉を選ぶと回答した。褒められたzoppは嬉しそうだった。

20~50代に聞いたこれぞ竹内まりやの曲BEST20の7位は「純愛ラプソディ」(94年)。複雑な恋心を描いて90万枚のヒット。こぶし・しゃくり・鼻濁音などテクニックが満載の曲。6位は「シングル・アゲイン」(89年)。火曜サスペンス劇場の主題歌でヨーロピアン・ポップスの哀愁に昭和歌謡の湿り気をミックスした傑作バラード。5位は「カムフラージュ」(98年)。ドラマ「眠れる森」の主題歌、五感を全て描く歌詞に注目。4位は「September」(79年)。3rdシングルで日本レコード大賞新人賞を獲得した。

安田章大が竹内まりやの歌は歌詞がスゴく入ってくると語ると、さかいゆうはそれめちゃくちゃいい所と指摘し、竹内は最も聴きやすい音階領域であるミドルCからラぐらいまでを使っていると分析した。

さかいゆうが竹内まりやのテクニック満載の歌唱を「純愛ラプソディ」で解説した。竹内まりやは歌が上手い印象はあまりないが、めちゃくちゃ上手い事を実際に歌いながら解説した。ガを「ga」ではなく「nga」と発音し、通常の濁音とは違い、優しく柔らかい響きを出す「鼻濁音」を多様している。大滝詠一は竹内まりやの鼻濁音が日本で一番スゴいと評価していたという。純愛ラプソディは別撮りした歌を2本重ねている。さかいは声の重なりにズレがほぼ無い半こぶしの理由を知りたいとギモンをぶつけた。竹内まりやからの回答は、こぶしは意識しておらず、デビュー時からの歌い癖だという。曲を重ねた理由はちょっと歌に自信がなくて、アレンジも穏やかなので強さを出すためだったとのこと。

「純愛ラプソディ」の編曲は山下達郎。オルガン以外は全て山下が演奏している。さかいゆうは山下があえて盛り上げないアレンジにして、通がうなるような演奏をしていると分析した。歌の間に入る山下達郎の絶妙なギター「オブリ」(歌を盛り立てる旋律、裏メロ)を紹介した。竹内まりやは山下はアレンジを意図して緻密にやっていた。山下が気に入っているアレンジで完璧だと言っていた。アレンジャーは曲の要であり、それを山下達郎でできる事をすごく有り難いと思っていますと答えてくれた。

これぞ竹内まりやの曲BEST20 11位~20位を発表。毎日がスペシャルや家に帰ろうなどがランクインした。

錦戸「毎日がスペシャルとかはめちゃくちゃ聞いてたもんね」と語った。山下達郎と竹内まりやの役割分担の方法について紹介した。竹内まりやの答えに、高橋「すげぇーな」に、宮澤エマ「自己分析もスゴくされてるんですね」とコメントした。

これぞ竹内まりやの曲 BEST20 3~2位は、不思議なビーチパイと元気を出してがランクインした。また、番組では歌詞に解説を行った。

また、番組が竹内まりやさんに聞いた“普遍性”について、「どん世代の人でも人間として共通に持っているであるおう感情は見つけていきたいと思っている。それを言葉にしたり、メロディーにしたり。オーソドックであることというのをポリシーにしていきたい」と答えた。

これぞ竹内まりやの曲 BEST20 1位は、駅だった。エマ「びっくりしたのが、3位と2位と1位と全然局長が違うじゃないですか。でも、その根底にまりやさんの人柄とか綺麗なアルトボイスがあって、最初から出来上がってたシンガーだったんだなと関心しました」と話した。また、zoppは竹内まりやの楽曲に対し、独自の分析を行った。

竹内まりや「Turntable」2019年8月21日発売。「souvenir the movie~MARIY TAKEUCHI Theater live」

4人ボーカルで挑む!!原曲キーの「駅」です。

キーワード
Impressions
YouTube
さかいゆう
zopp
能地祐子
竹内まりや
オリコン
すてきなホリデイ
ケンタッキー・フライド・チキン
今夜はHEARTY PARTY
キムタク
けんかをやめて
河合奈保子
青春アミーゴ
椎名林檎
純愛ラプソディ
シングル・アゲイン
火曜サスペンス劇場
カムフラージュ
眠れる森
September
日本レコード大賞新人賞
大滝詠一
山下達郎
プラスティック・ラブ
色・ホワイトブレンド
もう一度
リンダ
マンハッタン・キス
幸せのものさし
Around40
キリンレモン
ドリーム・オブ・ユー~レモンライムの青い風~
人生の扉
毎日がスペシャル
めざましテレビ
家に帰ろう
木曜日の食卓
中山美穂
アン・ルイス
資生堂
不思議なピーチパイ
薬師丸ひろ子
元気を出して
SEPTEMBER
今夜はHearty Party
デニム
中森明菜
Turntable
souvenir the movie-Mariya Takeuchi Theater Live-

スタジオライブ (演技/演奏)
02:57~

さかいゆうと関ジャニ∞が「駅」をセッション。

このあとは、改めてじっくり聴こう!!さだまさし。

キーワード
竹内まりや
さだまさし

番組宣伝 (その他)
03:02~

やべっちFCの番組宣伝。

番組宣伝 (その他)
03:04~

あいつ今何してる?の番組宣伝。

エンディング (その他)
03:04~

関ジャム 完全燃SHOWの次回予告。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 5月13日 放送
  3. 次回の放送