関ジャム 完全燃SHOW 実はあの曲が超大事だった!関ジャム流 平成音楽史

『関ジャム 完全燃SHOW』(かんジャム かんぜんねんショウ)は、テレビ朝日系列で2015年5月10日より放送されている音楽バラエティ番組で、関ジャニ∞の冠番組。関ジャニ∞が毎回様々なアーティストをゲストに迎え、一夜限りのジャムセッションやトークを繰り広げる番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年4月22日(月) 1:55~ 2:55
放送局 朝日放送

番組概要

オープニング (その他)
01:56~

今夜は、関ジャム流 平成音楽史!!

オープニング (その他)
01:59~

オープニング映像。

関ジャム流 平成30年間の音楽史 プロから見た超大事だった曲とは? (バラエティ/情報)
01:59~

平成の31年間の中で平成の世に大きな影響を与えた楽曲を3人のプロが明かす。

ゲストのスガシカオらが紹介された。高橋茂雄は、平成元年が12歳位で、多感な時を過ごしていると話し、関ジャムならではの楽曲が知りたいなどと述べた。

平成前半の音楽史を紹介した。平成元年の楽曲「川の流れのように」で作詞を秋元康が担当したことで、ヒャダインは、小室哲哉などプロデューサーブームとなったと話した。

ヒップホップがメジャーではなかった平成初期、松尾潔が選んだ超大事な曲はEAST END × YURの「DA.YO.NE」。松尾は、当時ヒップホップはアイドルファンから一番遠い音楽だったが、アングラなヒップホップとメジャーなアイドルの組み合わせがアリなんだと気付かされた曲だという。ヒャダインは、この曲の元ネタはジョージ・ベンソンだが、サンプリングという考え方を持ってきたのがスゴイとコメントした。「DA.YO.NE」には関西バージョンの「SO.YA.NA」や博多バージョンの「SO.TA.I」などもある。ヒャダインは、「DA.YO.NE」以降、日本ではヒップホップとラップが乖離していったとして、松尾は女性アイドルがヤンチャな一面を見せるツールとしてハマったと話した。

ヒャダインがあげる平成30年間で超大事な曲はPUFFY「これが私の生きる道」。ヒャダインはTKサウンド時代にTKサウンドの特徴「キーが高い」「速い」に相反して、「高くない」「上手く歌おうとしていない」というのが新しかった。これがカラオケ文化の幅を広げたと思っているとコメントした。PUFFYをプロデュースした奥田民生についてスガシカオは奥田は「脱力しか出来ない」と話した。ヒャダインはビーイング系・TKサウンドが苦手な人が渋谷系にハマったという。

平成元年から2年まで放送された「三宅裕司のいかすバンド天国」。スガシカオが選ぶ超大事な曲はこのイカ天に出てきた、FLYING KIDSの「「幸せであるように」。スガシカオはそれまでの日本のファンクはお笑いやエンタメの要素が強かった歴史の中、ファンクと文学的な歌詞を融合させ、ファンクをポップミュージックまで押し上げた、当時全部やりたいことをやられたと思い、しばらく音楽をやめたという。スガシカオはファンクは同じリズムの繰り返しと16ビートがベースで退屈だが、文学的な歌詞で面白くすることに初めて成功したのがこの曲だとした。

松尾潔が選ぶ超大事な曲はZOO「Choo Choo TRAIN」。松尾は、今のR&Bは歌だけでなく踊りがセットになっていることが多い、その先駆けがこの曲、EXILEの下地がこの曲にあったと言えるとコメントした。松尾は歌う人と踊る人の分業制を始めから打ち出して成功したのは大きいとした。さらに、この曲はサビを女性ボーカルが歌わない、サビをコーラスにするのはR&Bの様式美に忠実だとした。また松尾はZOOは大人数ユニットの先駆けでもあるという。さらに、歌詞の英語の日本語の折衷具合に驚くという。

音楽プロデューサー・本間昭光が選んだ超大事な曲は椎名林檎「罪と罰」。本間は、禁じ手とも言えるベースやドラムを極端に歪ませたサウンド、歌い方、言葉選び、全てがそれまでの音楽シーンにはなかったもの、しかも今聴いても古さを感じさせないとコメントした。

ピエール中野が選んだ超大事な曲はPerfume「チョコレイト・ディスコ」。中野は、女性グループはビジュアルを売りにするグループが多かった中、Perfumeは楽曲のクオリティー・パフォーマンス共にレベルの高いものを打ち出し、「ストイックでかっこいい」という新しい女性ユニットの形を生み出したとコメントした。

残酷な天使のテーゼと並んで平成アニソン大賞を受賞した曲として「メロキュア」の「Agape」を紹介。挿入歌で本気の曲を作った。レベルの底上げをした作品と解説。スタジオでは98年が分岐点だったと語る。聞いてみると歌謡っぽさがあると解説。

平成後半の音楽史を振り返る。

松尾潔が重要だった曲として平成14年のCHEMISTRYのMy Gift To Youを紹介。着うたの最初の曲。音楽配信が当たり前の文化の先駆けとなったと解説。2つの曲にはプリセットされていて世界初の着うたソング。再生は30秒だった。当時は場を盛り上げるBGMだったと振り返る。その後着うたフルができ、携帯電話で聞きやすい音に調整。カセットテープからMDになりCD-Rになりダウンロードになりサブスクリプション配信になったと聞きやすいようになったと解説。

スガシカオは「ドレスを脱げ」ゲスの極み乙女。を紹介。新しいと思うことがないとコメント。全く意味不明で様々なジャンルをごちゃ混ぜになると解説。川谷絵音はなんとなく1個のジャンルを確立する方程式を川谷絵音が持っていると解説。

ボカロの最初の曲としてsupercell feat.初音ミクでみんなでプロデュースすることボカロPが増えたことと、歌い手というボカロ曲を肉声で歌う歌い手文化もできたとヒャダインが解説。現在ではヒットチャートにボカロ曲が登ることが珍しくなくなった。米津玄師はボカロPだったと解説。スガシカオもボカロPを行ったことがあると解説。初音ミクが大ヒットしたのは売れそうな声だなと家電量販店で思ったとコメント。プロの道が大きく広がったと解説。

「労働なんかしないで 光合成だけで生きたい」発売中。

このあと「令和」時代の音楽は?

キーワード
平成
川の流れのように
美空ひばり
秋元康
見岳章
小室哲哉
つんく
EAST END × YUR
ジョージ・ベンソン
KICK THE CAN CREW
CHEMISTRY
平井堅
Mummy-D
RHYMESTER
宇多丸
SO.YA.NA
武内由紀子
今田耕司
東野幸治
SO.TA.I
鶴屋華丸
おたこぶー
板谷由夏
サンプリング
クリスマス・イブRap
いい感じ やな感じ
Chase the Chance
安室奈美恵
Body & Soul
SPEED
奥田民生
PUFFY
これが私の生きる道
渚にまつわるエトセトラ
井上陽水
ピチカート・ファイヴ
THE BLUE HEARTS
三宅裕司のいかすバンド天国
FLYING KIDS
幸せであるように
浜崎貴司
ZOO
Choo Choo TRAIN
中西圭三
EXILE
m-flo
バブルガム・ブラザーズ
WON’T BE LONG
trf
Overnight Sensation ~時代はあなたに委ねてる~
椎名林檎
罪と罰
Perfume
チョコレイト・ディスコ
中田ヤスタカ
メロキュア
残酷な天使のテーゼ
Agape
宇多田ヒカル
浜崎あゆみ
MISIA
aiko
鈴木あみ
幸福論
Automatic/time will tell
poker face
つつみ込むように
My Gift To You
着うた
着うたフル
ゲスの極み乙女。
夜空ノムコウ
Progress
ドレスを脱げ
川谷絵音
supercell feat.初音ミク
千本桜
メルト
天月ーあまつきー
浦島坂田船
米津玄師
ニコニコ動画
労働なんかしないで 光合成だけで生きたい
スガシカオ

関ジャム流 平成30年間の音楽史 プロから見た超大事だった曲とは? (バラエティ/情報)
02:44~

関ジャム 完全燃SHOWの番組宣伝。竹内まりや特集は近日放送。

令和の音楽について解説。ヒャダインはお金の整備をしてほしいと語る。

このあと「アーティストが関ジャムでやりたい企画!!」。

キーワード
竹内まりや
令和

番組宣伝 (その他)
02:49~

やべっちFCの番組宣伝。

番組宣伝 (その他)
02:49~

MUSIC STATIONの番組宣伝。

エンディング (その他)
02:49~

関ジャム 完全燃SHOWの次回予告。

  1. 前回の放送
  2. 4月22日 放送
  3. 次回の放送