関ジャム 完全燃SHOW 売れっ子音楽Pが選ぶ2016年のベスト10

『関ジャム 完全燃SHOW』(かんジャム かんぜんねんショウ)は、テレビ朝日系列で2015年5月10日より放送されている音楽バラエティ番組で、関ジャニ∞の冠番組。関ジャニ∞が毎回様々なアーティストをゲストに迎え、一夜限りのジャムセッションやトークを繰り広げる番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年1月8日(日) 23:15~ 0:10
放送局 朝日放送

番組概要

オープニング (その他)
23:15~

今夜は、売れっ子プロデューサーが独自の目線で選ぶ2016年名曲ベスト10。

キーワード
いしわたり淳治
蔦谷好位置
tofubeats

オープニング (その他)
23:17~

オープニング映像。

売れっ子プロデューサーが独自の目線で選ぶ2016年 名曲ベスト10 (バラエティ/情報)
23:17~

Superfly「愛をこめて花束を」の映像。

いしわたり淳治が選ぶ2016年の名曲ベスト10を発表。第10位は清水翔太「My Boo」で歌詞についてラブソングは「私のことどれくらい好き?」という質問に対する答えのようなもので、大げさすぎず狭すぎず愛してるの感情が歌われていて好きとコメント。

第9位は平井堅「魔法って言っていいかな?」で曲は誰かの暮らしの中で機能することが大切で個人的なエピソードに替え歌することができるような気がして素敵。恋人たちの日常の素敵なツールになる可能性を秘めているような気がしたとコメント。

第8位はSKE48「金の愛、銀の愛」で「金の斧と銀の斧」という誰のが知っている童話を恋愛の物語に落とし込んで主人公の心理描写が展開されているとコメント。

第7位はRADIO FISH「PERFECT HUMAN」で自己紹介という時間と手間がかかる作業をお笑い芸人として終えているため、キャチーな曲を作ったらこのようにバズるということではないかと思ったとコメント。

第6位はJUJU「ラヴ・イズ・オーヴァー」で現代は良い曲が見つけにくい時代だが、有名アーティストが過去の名曲をカバーすることで歌謡曲ならではの良さが再発見されるのは良いこととコメント。

第5位はRADWIMPSの野田洋次郎がプロデュースしたAimer「蝶々結び」で誰もが知っている蝶々結びを作る手順・特徴をそのまま歌詞にして歌うという衝撃。気がつくと歌の中に引き込まれているとコメント。

売れっ子プロデューサー3人が独自の目線で選ぶベスト10を発表する。

蔦谷好位置が選ぶ名曲ベスト10を紹介。楽曲に携わったアーティストは80組以上。

第4位はSuchmos「STAY TUNE」。結成後1年でフジロックフェスティバルに出演した注目のグループ。アーバンでオシャレな楽曲でこのブレイクはお洒落へのあこがれが音楽にも及んだとコメント。

いしわたり淳治が選ぶ名曲ベスト10を紹介。作詞を手掛けた楽曲は150曲以上。

tofubeatsが選ぶ名曲ベスト10を紹介。水星 feat.オノマトペ大臣はインディーズながら音楽配信サイト総合1位を獲得。森高千里や藤井隆とフューチャリングした楽曲をリリース。プロ目線で選ぶアナタの知らない隠れた名曲を紹介。さらにヒットの法則をバラす。

2016年の名曲ヒットランキングを紹介。tofubeatsは「メロディーよりはリズムに注目」と説明した。

1位翼はいらない/AKB482位前前前世/RADWIMPS3位恋/星野源4位君はメロディー/AKB485位世界に一つだけの花/SMAP6位PPAP/ピコ太郎7位LOVE TRIP/AKB488位ハイテンション/AKB489位SUN/星野源10位サイレントマジョリティー/欅坂48(BillboardHOTチャート)

1位世界に一つだけの花/SMAP2位ANOTHER STARTING LINE/Hi-STANDARD3位I seek/嵐4位YAMATO☆Dancing/BOYS AND MEN5位罪と夏/関ジャニ∞6位復活LOVE/嵐7位裸足でsummer/乃木坂468位Power of the Paradise/嵐9位Fantastic Time/Hey!Say!JUMP10位恋/星野源(タワーレコード2016年間チャート)

蔦谷好位置が選ぶ2016年の名曲ベスト10を発表。10位はT字路s「はきだめの愛」で、千原ジュニアに教えてもらったもの。9位は米津玄師「LOSER」、8位はKan Sano「C’est la vie feat. 七尾旅人」で、蔦屋が注目する音楽レーベル「origami PRODUCTIONS」所属。7位はSALU「In My Face」で、「origami PRODUCTIONS」所属のmabanuaがプロデュースした。6位はChance the Rapper「No Problem」で、次のグラミー賞最優秀新人賞ではないかとした。5位はチャットモンチー「majority blues」だった。4位はリーガルリリー「リッケンバッカー」だった。

いしわたり淳治は名曲ベスト10の8位にRADIO FISHの「PERFECT HUMAN」を選び、「皆、nakataの意味が分かっているから曲として成立する」と語った。高橋茂雄は「RADIO FISHだけは入らんといてと思っていた」と吐露した。古田新太はAimerの「蝶々結び」に注目し、いしわたりは「人間関係を違うモノに例えた隠喩の歌詞」と紹介。いしわたり曰く、感情を収納できる歌詞は良曲で、「ラヴ・イズ・オーヴァー」に着眼した。ホラン千秋は清水翔太の「My Boo」の歌詞「今までいろんな人と会って 自分がどういう男かって本当の意味で理解させてくれた子はいない 君以外」について熱弁を振るい、「最高の愛してる」とコメント。

10位:欅坂48・サイレントマジョリティー。tofubeatsは「とにかくインパクトがありまいた。毎回秋元康さんの歌詞はとりあえず印象に残るようにできている」とコメントした。

9位:METAFIVE・Luv U Tokio。YMO高橋幸宏や小山田圭吾、砂原良徳など伝説のミュージシャンが集結。tofubeatsは「パソコンで音楽を作っている人からしたらオールスター戦。仕上がりもとても良いし50歳近くなってもこんなに楽しくできるという感じがいい」とコメントした。

8位:星野源・恋。ドラマの主題歌に使用され「恋ダンス」ブームを巻き起こした。tofubeatsは「この曲はリズムがとても速い。ミュージシャン目線でいうと、もうちょっとテンポを落としてゴージャスにやりたいなと思うがそこをポップな感じにするため速くしている。日本ぽく音を増やして速くして良くする、そのいい形」とコメントした。

7位:ソランジュ・Don’t touch my hair feat. Sampha。この曲が収録されたアルバムはタイム誌2016年ベストアルバム2位に。tofubeatsは「アメリカで大ヒット。シンプルに聞こえるがプロの技が冴える一曲」とコメントした。

スタジオトークで、蔦屋は米津玄師「LOSER」のミュージックビデオは誰も真似出来ないダンスをしているとした。アメリカのSia「Chandelier」のMVで11歳のダンスが変態的でかっこいいとし、FKAツイッグス「Glass&Patron」のダンスも特徴的だと紹介した。米津はMVで人生初のダンスだったとし、先生に教えてもらいすぐに撮ったとした。蔦屋はリーガルリリー「リッケンバッカー」はチャットモンチーが流れを作ったかもしれないとした。いしわたり淳治は「シャングリラ」などチャットモンチーの初期プロデューサーで、チャットモンチーは素材そのままを生かしたものだと話した。蔦屋は「majority blues」のmajorityとminorityの対比を解説した。蔦屋は宇多田ヒカル「花束を君に」を複雑なメロディーだとしたが、「majority blues」も上下に動くメロディーだとした。

6位:三浦大知・Cry & Fight。作詞・作曲・振り付けもこなしダンスと歌唱力は各方面から高評価。tofubeatsは「ダンスやボーカルがすごいのはもちろん、軸になる音楽性がかなり挑戦的で素晴らしい1曲」とコメントした。

5位:HEIZE・Shut Up&Groove。韓国で人気急上昇中の実力派女性ラッパー。tofubeatsは「一見オシャレな感じで進むのですが最後にグッとリズムが最近のヒップホップっぽくなるのが気持ち良い」とコメントし「J-POPではあまりみられない」と説明した。

4位:宇多田ヒカル・真夏の通り雨。8年ぶりのアルバム「Fantôme」収録曲。tofubeatsは「ピアノの弾き語りで進行する曲かと思いきやストリングスが入ってきて曲が終わるころには全然違う場所に連れて行かれているのがすごい」とコメントした。

tofubeatsが選ぶ2016年の名曲ベスト10を振り返った。星野源「恋」のテンポについて「皆さんが踊る為に速くしている」と説明した。ドラマに出演している古田新太は当日ダンスを覚えたことを明かした。さらに歌詞に注目し「色んな恋が当てはまるような歌詞にしている」と説明した。いしわたり淳治は「カラス・人の群れ、などの名詞が出てくる。いい歌詞は名詞が前半に出てくる」 と明かした。ソランジュ「Don’t touch my hair feat. Sampha」は2~3年掛けて作った曲で歌詞が際立つことを紹介した。蔦谷好位置はスネアドラムの2拍・4拍の音色が違うことなどを説明した。

4位真夏の通り雨/宇多田ヒカル5位HEIZE/Shut Up&Groove6位三浦大知/Cry & Fight7位Don’t touch my hair feat. Sampha/ソランジュ8位恋/星野源9位METAFIVE/Luv U Tokio10位サイレントマジョリティー/欅坂46

キーワード
Superfly
愛をこめて花束を
いしわたり淳治が選ぶ2016年の名曲ベスト10
清水翔太
My Boo
平井堅
魔法って言っていいかな?
SKE48
金の愛、銀の愛
RADIO FISH
PERFECT HUMAN
JUJU
欧陽菲菲
ラヴ・イズ・オーヴァー
ゆず
Aimer
野田洋次郎
RADWIMPS
蝶々結び
back number
高嶺の花子さん
タマシイレボリューション
Suchmos
STAY TUNE
フジロックフェスティバル
木村カエラ
Chara
布袋寅泰
私立恵比寿中学
チャットモンチー
シャングリラ
OKAMOTO’S
RIP SLYME
水星 feat.オノマトペ大臣
ももいろクローバーZ
9nine
YUKI
翼はいらない
前前前世
君はメロディー
世界に一つだけの花
PPAP
LOVE TRIP
ハイテンション
SUN
サイレントマジョリティー
AKB48
星野源
SMAP
ピコ太郎
欅坂46
千原ジュニア
米津玄師
Kana Sano
T字路S
LOSER
majority blues/消えない星
In My Face
グラミー賞
Hi-STANDARD
BOYS AND MEN
関ジャニ∞
SALU
mabanua
リーガルリリー
乃木坂46
Hey!Say!JUMP
ANOTHER STARTING LINE
I seek
YAMATO☆Dancing
Chance the Rapper
罪と夏
復活LOVE
裸足でSummer
No Problem
Power of the Paradise
Fantastic Time
origami PRODUCTIONS
リッケンバッカー
秋元康
はきだめの愛
METAFIVE
Luv U Tokio
C’est la vie feat. 七尾旅人
高橋幸宏
小山田圭吾
砂原良徳
ソランジュ
FKAツイッグス
Don’t touch my hair feat. Sampha
Glass&Patron
Sia
Chandelier
三浦大知
Cry & Fight
宇多田ヒカル
花束を君に
majority blues
HEIZE
Shut Up&Groove
真夏の通り雨
Fantôme

スタジオライブ (演技/演奏)
00:00~

このあとは、音楽プロデューサーが選ぶベスト3だが…。

高橋優と関ジャニ∞が「象」を披露した。

キーワード
関ジャニ∞

エンディング (その他)
00:06~

関ジャム 完全燃SHOWの次回予告。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 1月8日 放送
  3. 次回の放送