Jフットニスタ セレッソ・山下達也がプライベート写真で語る「秘訣」とは!?

『Jフットニスタ』(ジェイフットニスタ)は朝日放送(ABC)テレビで、2015年4月7日から火曜日の未明(月曜日の深夜)に放送中のサッカー情報番組。2018年からは、DAZNの単独提供番組として放送されている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年8月13日(火) 2:44~ 3:09
放送局 朝日放送

番組概要

オープニング (その他)
02:44~

今日の放送内容がオープニング映像として流れた。

今日のラインナップを紹介。ガンバ大阪にまた一人、頼もしい男が帰ってきた。J1昇格へ、京都が必死の追い上げを見せた。そしてJのヒケツにはセレッソ大阪・山下達也選手が登場などと紹介した。

キーワード
山下達也

Jフットニスタ (バラエティ/情報)
02:45~

J1第22節終了時の順位を発表。次節対戦でガンバはホームで磐田との対戦(8月18日)。続いてはJ2京都の対戦。

明治安田生命J2リーグ。京都サンガF.C.×栃木SC。京都はセンターバックに本多、ん2列目には2試合ぶりに金久保とメンバーを2人入れ替え。主導権を握る京都は前半16分、チャンスを演出するなど圧倒的にボールを支配していた京都だったが前半39分、栃木にボールを奪われカウンターを受け先制ゴールを決められてしまい0-1。1点ビハインドで迎えた後半14分、大黒にゴールを決められ2点のリードを許す。後半19分、闘莉王を前線に投入した直後、闘莉王のヘディングシュートもバーを叩いた。更に28分小屋松がドリブルで仕掛け、キーパーの位置を見て狙ったというボールはゴールに吸い込まれ京都が1点を返す。更に試合終了間際、一美のゴールで2-2に追いついた。2点のビハインドから勝ち点1を手に入れた。

リーグ屈指の守備力も、総得点はわずか20。2試合連続ノーゴールに攻撃陣よ、奮起せよ。明治安田生命J1リーグ、8月唯一のホームゲームとなったセレッソは、降格圏に沈む鳥栖との一戦。前節からメンバーを1人入れ替えたセレッソは、レアンドロデサバトは6試合ぶりの先発出場。木本を最終ラインで起用した。前半11分、奪ってからのカウンターでチャンス作ったセレッソは、清武がブルーノとのパス交換からターン。最後は水沼が狙うもシュートはキーパー正面。14分にも清武がサイドでボールを受けると、柔らかいクロスに水沼。しかしここはDFにクリアされる。それでも19分のコーナーキック。クリアボールに奥埜。豪快に叩きこみ、セレッソが先制。40分にはカウンターから水沼のピンポイントクロスに、奥埜。しかし上手くミートできず。1点リードで折り返した後半、セレッソが個性を強める。11分には丸橋のクロスからクリアボールを奥埜。これで得たコーナーキックにマテイ・ヨニッチ。ここもキーパーの高セーブにあい、得点とはならない。36分にも丸橋がしかけ、最後はブルーノ。何度も訪れた決定機を決めきることはできない。すると43分コーナーキックから同点ゴールを許してしまう。さらに終了間際、キーパーからのキックを前線でキープされると、DF陣が戻りきれず失点。土壇場で逆転を許したセレッソ、連敗となった。

J2第27節終了時(暫定)を発表した。次節は水戸/京都の上位対決(8月17日)。

2試合連続引き分け中のガンバ。ホームに広島を迎えた一戦。広島から期限付き移籍で今節出場できないパトリック。高江が4試合ぶりのスタメンに入った。復帰の入口はベンチスタート。前半、細かいパス回しからサイドを崩されたガンバ。シュートを打たれるも東口がナイスセーブ。30分には宇佐美が走り込みシュート。ガンバが徐々にリズムを掴み、42分には矢島。積極的にゴールを狙うも前半スコアレスで折り返す。後半18分、コーナーキックから倉田。しかし、相手の体を張った守備に得点が奪えない。35分、広島の鋭い出足からゴール前に迫られるも、東口がそれを許さない。すると宮本監督が動く。井手口が1年半振りにピッチに登場。ゴールがないまま迎えた44分、倉田の大きなサイドチェンジから、ボールを受けた小野瀬。こぼれ球に詰めていた倉田。倉田の2試合連続ゴールでガンバが先制。ガンバの勝利目前、まさかの失点、3試合連続引きわけに終わった。

4人目の元バルサ戦士、トーマス・フェルマーレン。W杯出場経験を持つベルギー代表のセンターバックが、神戸の守備に安定感をもたらす。4試合勝利がない神戸は、6位と好調の大分との一戦。フィンク監督になって初めてスリーバックで挑んだ神戸。Jリーグデビューのフェルマーレンは、スリーバックの左へ入った。序盤から主導権を握った神戸は、前半11分、パスを受けた古橋がドリブルからシュートを狙うもキーパーに防がれる。18分には西のパスから、再び古橋。しかし大きく枠を外れた。32分、イニエスタが体制を崩しながらもDFを抜き去るとパスを受けた古橋の豪快な一発で神戸が先制。一方守備もスリーバックが機能し、大分にチャンスを与えず、神戸リードで前半を終える。しかし後半立ち上がり、ミスから大分のカウンターを受けると、これを止めることができず同点ゴールを許してしまう。追いつかれた神戸は14分、イニエスタが古橋とのパス交換からゴールに迫るも枠を捉えられず。32分にはゴール正面のフリーキック。初瀬が直接挑むもキーパーに阻まれ、勝ち越しゴールとはならず。終始大分を圧倒するが勝利とはならなかった。

キーワード
明治安田生命
ガンバ
磐田
セレッソ大阪
サガン鳥栖
栃木SC
明治安田生命J1リーグ
本多
金久保
レアンドロ デサバト
木本
大黒
闘莉王
小屋松 知哉
一美 和成
ブルーノ
京都
清武
水沼
奥埜博亮
丸橋
マテイ・ヨニッチ
ガンバ大阪
サンフレッチェ広島
パトリック
高江
東口
宇佐美
矢島
倉田秋
井手口陽介
宮本監督
小野瀬
トーマス・フェルマーレン
ヴィッセル神戸
大分トリニータ
フィンク監督
古橋亨梧
西
イニエスタ
初瀬

Jのヒケツ (バラエティ/情報)
02:57~

セレッソ大阪、山下達也。山下選手のヒケツとは?山下選手は「5年ほど前から朝、アキレス腱痛がひどく、ジョギングもできないような状態だった。毎日5分ほど正座をすることが日課。やり始めて足首も柔らかくなり、足首の状態も良くなってきた」などと述べた。毎朝の正座が山下達也のヒケツ。

長年セレッソ大阪の最終ラインを支えてきた山下達也選手が大切にしていることとは?

NEXT、INAC情報!

キーワード
セレッソ大阪
山下達也

Jフットニスタ (バラエティ/情報)
03:01~

高円宮杯プレミアリーグWEST、第7~10節を振り返る、セレッソ大阪U-18・藤尾翔太(18)大阪ダービーでのゴールはキーパーの動きをよく見て冷静に決めた。ヴィッセル神戸U-18・重野祥輝(17)チーム最多の6ゴールをあげるアタッカー。京都サンガF.C. U-18・勝島新之助(16)1年生ストライカー、後半戦にも注目。東福岡高校・荒木遼太郎(17)高体連の東福岡のナンバー10虎視眈々と得点を狙う。

高円宮杯プレミアリーグWEST、8/24(土)京都サンガF.C. U-18vsヴィッセル神戸U-18。セレッソ大阪U-18vsサンフレッチェ広島F.Cユース。大津高校(熊本)vsアビスパ福岡U-18。名古屋グランパスU-18vs東福岡高校。8/25(日)ガンバ大阪ユースvs愛媛FC U-18。

9日(金)復興支援の一貫として神戸レディースフットボールセンターでサッカー教室を行った、夏休みを利用して行われたイベントには東北・岡山県真備町・神戸の小学生約30人が参加、アイナックの選手達とサッカーで楽しい時間を過ごした。高瀬選手は「東日本の人たちの繋がりはここにいるからこそ強く感じる、少しでもそういう人たちと繋がれることは自分にとってはすごく大きなこと」などと述べた。

NEXTJのヒケツ東口順昭。

キーワード
高円宮杯プレミアリーグWEST
セレッソ大阪U-18
藤尾翔太
ヴィッセル神戸U-18
重野祥輝
京都サンガF.C. U-18
勝島新之助
東福岡高校
荒木遼太郎
サンフレッチェ広島F.Cユース
大津高校(熊本)
アビスパ福岡U-18
名古屋グランパスU-18
東福岡高等学校
ガンバ大阪ユース
愛媛FC U-18
神戸レディースフットボールセンター
神戸市(兵庫)
真備町(岡山)
東口順昭

エンディング (その他)
03:05~

「Jフットニスタ」の次回予告。

エンディング映像が流れた。

♪GOAL!/馬と魚

キーワード
馬と魚
GOAL!
  1. 前回の放送
  2. 8月13日 放送
  3. 次回の放送