Jフットニスタ セレッソ・松田陸の「ヒーロー」▽名古屋・楢崎正剛が語るW杯!

『Jフットニスタ』(ジェイフットニスタ)は朝日放送(ABC)テレビで、2015年4月7日から火曜日の未明(月曜日の深夜)に放送中のサッカー情報番組。2018年からは、DAZNの単独提供番組として放送されている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年4月24日(火) 2:10~ 2:35
放送局 朝日放送

番組概要

オープニング (その他)
02:10~

互いのプライドをかけた大阪ダービー、ポドルスキ2ゴールなど本日の放送ラインナップを紹介。

キーワード
大阪ダービー
ポドルスキ
松田陸
セレッソ
アジアカップ
楢崎正剛

Jフットニスタ (バラエティ/情報)
02:11~

最下位のガンバはホームに3位のセレッソを迎えての1戦。オ・ジェソク、藤春がスタメン復帰。19歳の高江がJ1初出場。セレッソはケガの木本に変わって山下がセンターバック。ボランチには長身の山村を据える。開始早々セレッソが仕掛ける。ガンバもリーグ5得点のファン・ウィジョが攻める。前半11分、ガンバにアクシデントが襲う。東口と三浦が交差し、東口が負傷退場。4年目の林がJ1デビューとなる。28分のコーナーキック、林が落ち着いてゴールを守る。4連勝中のセレッソはゴール前で杉本が攻めるもゴールを奪えず。反撃にでたいガンバは倉田がドリブルで持ち込み、ファン・ウィジョが攻めようとしたところで倒され、ガンバがPKを獲得し、ファン・ウィジョが決めたことで先制点をガンバが獲得。大阪ダービーはガンバが1点リードで後半へ。攻撃の手を緩めないガンバは10分、藤本がヘディングシュートを放つもゴールならず。すぐさまセレッソも攻撃を仕掛ける。高木がガンバゴールに迫る。さらに33分、高木がシュートを放つもキーパーの正面で止められる。攻めるセレッソ、守るガンバ。勝利への執念がぶつかりあう。ガンバとセレッソの大阪ダービー。勝利を掴んだのはガンバ大阪。意地とプライドの激突。これぞ大阪ダービー。

AFCチャンピオンズリーグMD6 広州恒大(中国)vsセレッソ大阪。先制を許したセレッソは前半10分、ヤン・ドンヒョンのパスを福満隆貴がうけとり同点ゴールを奪う。しかし、後半再びリードを許すと、最後まで得点を奪えず。3-1で敗れグループステージ敗退となった。

Jリーグ第9節 ヴィッセル神戸vs名古屋グランパス。前節からスタメンを3人変更。開幕戦以来のスタメン渡邉千真。出場停止あけのポドルスキがスタメン復帰。前半6分、高橋がドリブルで持ち込むと、こぼれ球に渡邉。立ち上がりからゴールに迫る。前半12分、こぼれ球を藤田が拾うとチョン・ウヨンがシュートし先制。後半6分、佐々木がボールを受けると、大槻の落としからポドルスキの右足。華麗なパスワークから追加点を奪う。さらに36分、得意の左足でダメ押しの3点目。神戸リーグ戦初の連勝。

東口選手のアクシデントもあったが途中で入った林選手、ゲームキャプテンの三浦選手などガンバの熱が伝わった、セレッソも次のホームでは負けられない、等と話し、明治安田生命 J1 LEAGUEの順位表を伝えた。

澤田有也佳さんが「神戸ポドルスキ選手、貫禄の2ゴールでしたね。ガンバとセレッソの大阪ダービー私も取材に行ってきました」などと話した。

サポーターも盛り上がる大阪ダービー。サポーターに意気込みを聞いてみた。サポーターは「大阪ダービー勝つぞ」、「ガンバ絶対勝利」などコメントした。

パナソニックスタジアム吹田では一味違ったサッカー観戦ができる。ガンバが誇るVIPラウンジ。アルコール、ソフトドリンク、本格的なフレンチも体験できる。さらにバルコニー席から観戦ができる。

キーワード
ガンバ大阪
セレッソ大阪
吹田S
明治安田生命J1LEAGUE
オ・ジェソク
藤春
高江
木本
AFCチャンピオンズリーグ
広州恒大
山下
天河体育中心
山村
ファン・ウィジョ
ヤン・ドンヒョン
東口
三浦
福満隆貴
ヴィッセル神戸
杉本
名古屋グランパス
ノエスタ
倉田
渡邉 千真
ポドルスキ
藤本
高橋
高木
藤田
チョン・ウヨン
佐々木大樹
大槻周平
東口選手
林選手
三浦選手
C大阪
神戸
G大阪
ウェリントン
明治安田生命 J1 LEAGUE
ガンバ
セレッソ
大阪ダービー
パナソニックスタジアム吹田

JのHero (バラエティ/情報)
02:20~

セレッソ大阪・松田陸。幼き頃にサッカーに出会い、憧れた選手とは。松田陸は「サッカーしたいなと思ったのは中田英寿さんを見て」と話す。中田英寿は日本代表の司令塔として3度のワールドカップに出場。日韓大会ではチームをベスト16に導いた。松田陸は「あの人は努力もしてたと思いますし天才という部分もある。小さい頃はあまり覚えていないが多少は意識したと思う。小さい頃から絶対プロになるとやっていたので努力した。まだ距離は縮まっていないしもっと努力しないといけないし今の子どもたちにも努力はしてほしいと思う」と話した。

キーワード
セレッソ大阪
松田陸
中田英寿

Jフットニスタ (バラエティ/情報)
02:21~

明治安田生命J2リーグ、京都サンガF.C.vs ロアッソ熊本。京都は重廣をボランチで起用。その重廣は中盤で激しくボールを奪い、主導権を熊本に許さない。前半28分、右サイド仙頭のクロスにレンゾロペス。京都にゴールが生まれ、先制。前半をリードで折り返す。しかし後半、左サイドを崩され、同点に追いつかれるとその後、1人退場者を出した熊本にアディショナルタイム。終了間際に痛すぎる失点。京都は連敗から抜け出せない。

明治安田生命J2LEAGUE第10節終了時の勝ち点、順位を表示した。京都は勝利が遠い。

関西4クラブ試合予定を表示した。J1は水曜ナイトゲーム。

J’sHistory25th1996年、三つ巴の年。前半戦、開幕8連勝の横浜フリューゲルスが首位。後半戦、ルーキー柳沢敦の活躍で鹿島が首位。名将ベンゲル監督の率いる名古屋も猛追!勝ち点差「3」で鹿島アントラーズが優勝。三つ巴を制した。

♪空も飛べるはず/スピッツ。

NEXT「なでしこ、アジア制覇。」&「レジェンドが語るW杯」。

キーワード
京都サンガF.C.
ロアッソ熊本
明治安田生命J2リーグ
西京極
重廣
阪南大
望月
仙頭
レンゾロペス
京都
明治安田生命 J2 LEAGUE
J1
G大阪
神戸
C大阪
空も飛べるはず
スピッツ
横浜フリューゲルス
柳沢敦
鹿島
ベンゲル監督
名古屋
Jリーグ
アジア
なでしこ
W杯

Jフットニスタ (バラエティ/情報)
02:25~

AFC女子アジアカップ2018 決勝 日本vsオーストラリア:試合は前半15分いきなりのピンチを迎えるもキーパー山下がファインセーブ、スコアレスで前半を折り返す。後半39分長谷川のパスから途中出場の横山ゴールが決勝点となり大会連覇を飾った。

プレミアリーグWEST 第3節 ガンバ大阪ユースvs東福岡高校:ガンバは前半43分縦パスに抜け出した原田のクロスに大谷のゴールでガンバが先制する。後半9分東福岡が反撃する。コーナーキックのこぼれ球を中村がゴールで同点に追いつく。後半20分ガンバ途中出場の塚元がゴールで勝ち越した。「シュートが入った時はめちゃうれしかった」と塚元選手が述べた。

高円宮杯U-18 プレミアリーグWEST:ガンバ大阪ユースは3位に浮上、東福岡は敗れるも首位をキープしている。

キーワード
AFC女子アジアカップ2018
山下杏也加
横山久美
長谷川
ヨルダン
プレミアリーグWEST
ガンバ大阪ユース
東福岡高校
大谷優斗
中村拓海
塚元
原田
高円宮杯U-18 プレミアリーグWEST

DreamStage~レジェンドが語るW杯~ (バラエティ/情報)
02:27~

大混戦の高円宮杯のこれからが楽しみ。6月に迫った露W杯に向け、W杯の舞台に立った選手だからこそ分かる事をレジェンドが語る。名古屋グランパスの樽崎正剛は「W杯はサッカー人生最大の目標でサッカー選手の醍醐味が全て詰まっている」と述べた。樽崎は1998年のフランス大会から4戦連続でW杯に出場。2002年大会ではGKとして決勝トーナメント出場に大きく貢献した。樽崎は「大会毎に年齢・立場が違い、自信・経験ができていく中で自分の実力が知れた。世界の選手と本気で戦えて後の自分に影響を与えている」と述べた。樽崎にとってW杯は「夢であり目標であり、人生の刺激になる大会」と述べた。

キーワード
高円宮杯
ロシアワールドカップ
名古屋グランパス
樽崎正剛
フランス大会
日韓大会
ドイツ大会
南アフリカ大会

エンディング (その他)
02:31~

来週はヴィッセル神戸・藤田直之選手がJのHeroに登場する。

エンディング映像が流れた。

♪GOAL!/馬と魚

セレッソ大阪vs浦和レッズ 観戦チケットペア1組にプレゼント。TEL:00678-06-26。詳しくは番組HPまで。

キーワード
ヴィッセル神戸
藤田直之選手
GOAL!
馬と魚
セレッソ大阪vs浦和レッズ 観戦チケット
番組HP
ヤンマースタジアム長居
  1. 前回の放送
  2. 4月24日 放送
  3. 次回の放送