テレメンタリー2015 未来のエジソンたちへ

放送日 2015年8月23日(日) 5:20~ 5:50
放送局 朝日放送

番組概要

オープニング (その他)
05:20~

オープニング映像。

未来のエジソンたちへ (バラエティ/情報)
05:20~

今年中学1年生になった濱口瑛士さんは空想の世界の絵を書くことを得意としている。学校には行かず絵を書き続けているという。瑛士さんは東京大学の異彩発掘プロジェクトに参加している。これには全国600人から選ばれた15人が参加している。

山崎健太郎くんは五感を働かせてと言っていたのに皆が機械を使っていることが腑に落ちなかったという。健太郎くんはアスペルガー症候群であるため話を額縁通りに受け取ってしまうという。授業中には過集中という症状が出てしまった。また集団行動がうまくできないという。しかし小学1年生にカルマン渦を発見してから流体力学に没頭しているという。

今回の授業はイカを解剖して食すというもの。山本リオくんは一番最初に解剖に成功した。しかしアスペルガー症候群のため興味が無いことはそっちのけであるという。

濱口瑛士くんは極めて高い空間認識能力を持っている。しかし識字障害を抱えているため成績が悪く自信を失っていたという。幼稚園の頃ADHDと診断され以来週に一度クリニックに通っている。これがあったため小学校ではいじめを受けていたという。

山崎健太朗くんは日本のダム問題にも関心があり、コンクリートで作った水路で実験を重ねているという。日本のダムは現在、堆積物の影響で貯水量が減ってしまっているという問題がある。

子供たちは合宿に訪れていた。ミッションはここにしかない幻のお茶の作り方を修得するというもの。農業が得意なリオくんは張り切っていたが感情が高ぶるとそれをコントロールすることができなくなるので喧嘩が絶えなかった。しかし反省の色が見られなかったため当面のミッションへの参加を禁止されてしまった。

キーワード
アスペルガー症候群
カルマン渦
ADHD
識字障害

未来のエジソンたちへ (バラエティ/情報)
05:42~

瑛士くんの作品に興味を持ってくれた方が個展を開いてくれることになった。自分が作った作品を積極的に説明していた。プロジェクトでは絵が会話の中心になっていた。

水の流れが大好きであった山崎健太朗くんは突然水の興味がなくなってしまってしまったため参加に足踏みしてしまうようになってしまった。

プロジェクトへの参加を禁止されてしまったリオくんは家で9種類の野菜を作って緑の家を作っていた。

エンディング (その他)
05:48~

エンディング映像。ご意見・ご感想は「テレメンタリー」を検索。

キーワード
テレメンタリー

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 8月23日 放送
  3. 次回の放送