テレメンタリー 2016「二度目の激震」 過去にもあった熊本地震とよく似た地震

『テレメンタリー』は、ANN系列のドキュメンタリー番組である。タイトルは「テレビドキュメンタリー」からの略称による造語。タイトルの後には年号が入る(例:『テレメンタリー2017』)。

出典:goo Wikipedia

放送日 2016年9月4日(日) 5:20~ 5:50
放送局 朝日放送

番組概要

オープニング (その他)
05:20~

オープニング映像。

二度目の激震~語られなかった経験則~ (バラエティ/情報)
05:20~

熊本地震では1度目の震度7の地震のあと、28時間後にさらに大きい震度7の地震が発生した。気象庁会見での「経験則でものが言えない」などとの発言も話題となった。日本の古い地震では同様に2度の大地震が重ねて起こるケースがあったという。

熊本地震では1度目の震度7の地震のあと、28時間後にさらに大きい震度7の地震が発生した。熊本・益城町の島田地区の住民は、2度目の「本震」で多くの住宅が倒れたと答えた。気象庁は1度目の会見で「震度6弱程度の余震」が起こる可能性があると注意を喚起していた。益城町を今年8月に取材すると倒壊家屋は撤去が進まず、地震発生当時について聞くと地震が来ると思わず壊れた自宅の中にいたなどとの声が聞かれた。島田地区では80代夫婦が崩れた家の下で生き埋めとなり、妻が死亡。県全体で40人が16日の「本震」で犠牲となっている。気象庁職員はその後の会見で、余震の予想は過去100年の事例に基づいていたなどと釈明した。その後の検証実験では、木造住宅への耐震基準を満たす補強でも2度の震度7の揺れには耐えられないことなどが明らかになった。

過去に震度7の地震が2度続けて発生した例は、気象庁のデータベースを調べると観測開始から今まで発生していなかった。地震考古学者の寒川旭氏にさらに古い事例について聞くと、江戸時代など過去にはたびたび発生していると答えた。

日光東照宮では1683年に2度の地震が立て続けに発生。古文書には当時の混乱が記されているが、現在の市民に聞くと当時について知らないという人がほとんどだった。慈眼堂には当時の地震で倒れた唐門が組み立てられているが、他の石像などは全て倒壊し作り変えられた。

関東大震災の地震も1度ではなく複数回起こったという。東京・墨田区では陸軍の被服廠の建て替え工事の空き地に人が集まり、火災旋風で焼かれて死亡した。現在は東京大空襲の犠牲者とともに「東京都慰霊堂」にまつられている。

キーワード
熊本地震
橋本徹夫課長
武村雅之教授
気象庁
益城町(熊本)
地震
日光東照宮
名古屋大学 減災連携研究センター
東京都慰霊堂
関東大震災
墨田区(東京)

二度目の激震~語られなかった経験則~ (バラエティ/情報)
05:39~

名古屋大学 減災連携研究センター 武村雅之教授は関東大震災当時の震度分布図を作ったが、従来の震源と合致しなかった。そこで当時の手記を探ると本震の直後に相当大きな余震があったことがわかった。普通の地震計で観測すると本震の揺れの中に隠れてしまうので見えないことがあり、東京を破壊したのはこの二度目の余震だったのではと推測した。しかし震災の地震波形の振り幅が余りに大きく地震計の多くは振りきれてしまい、その説を科学的に証明するのは困難だった(東京大学地震研究所蔵)。

今村式2倍強震計(岐阜県博物館蔵)が計測した関東大震災の地震波形が、岐阜地方気象台(岐阜市)に残されており、小西弥市さんが波形について説明した。武村雅之教授はこのデータを元に、二度目の地震の震源を東京湾付近と推定した。これで東京や埼玉の甚大な被害が説明できる。小西教授は小堀鐸二研究所(東京都港区)の神田克久博士らと震災の解析を行った。その結果、都心部では余震の揺れの方が大きくなっていたことがわかり、本震によって建物の耐力が低下、その後の余震で倒壊した可能性が高いという推測がなされた。

名古屋大学 減災連携研究センター 武村雅之教授は「想定外だった」「こんなことは初めて」などというのは過去に被災した方々にあまりに申し訳ないと語る。教授は、「防災の第一段階としては過去に起こったことをもう一回丹念に洗いなおすことが、今一番重要なことではないか」と訴えた。

キーワード
関東大震災
名古屋大学 減災連携研究センター
東京大学地震研究所
武村雅之教授
岐阜県博物館
岐阜地方気象台
小西弥市さん
小堀鐸二研究所
神田克久博士
今村式2倍強震計
武村教授
岐阜市(岐阜)
港区(東京)

エンディング (その他)
05:46~

エンディング映像。

エンディング (その他)
05:48~

エンディング映像。ご意見・ご感想は「テレメンタリー」で検索。

キーワード
テレメンタリー
  1. 前回の放送
  2. 9月4日 放送
  3. 次回の放送