教えて!ニュースライブ 正義のミカタ ”米朝首脳会談”本当の勝者は誰だ!?

『教えて!ニュースライブ 正義のミカタ』(おしえて ニュースライブ せいぎのミカタ)は、朝日放送テレビの制作により、テレビ朝日以外の同系列の一部にて毎週土曜日9:30 - 11:00(日本標準時)に放送されているニュース情報番組である。生放送。当初は朝日放送テレビのローカル番組で、2014年4月5日に放送開始。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年6月16日(土) 9:30~11:00
放送局 朝日放送

番組概要

オープニング (その他)
09:30~

オープニング映像。

司会者挨拶。今週あった米朝首脳会談について話した。

今週のミカタ (ニュース)
09:30~

米朝首脳会談について。それぞれの国がこの会談にをどう思っているのか?それぞれにどこの国か聞いた。犯罪心理分析で金委員長は緊張していたなどと出口保行は話した。

今週火曜日に行われた米朝首脳会談。失敗期待はずれなどとと批判の声があがっている。会談は2人からの会話から始まった。和やかなムードの中北朝鮮は完全な非核化を約束し、アメリカは北朝鮮体制の安全の保証を契約した。世界各国のメディアからは批判の声があがった。、トランプ大統領からは米韓合同軍事演習の中止が発表し、日本人拉致問題について話はしたようだが共同声明には拉致の文言すらなく非核化の費用は日本と韓国に負担を求めた。

「米朝首脳会談」についてほんこんさんは「核ビジネス」だと思うと話す。インフラ整備などが入る時アメリカの企業が入り遠回しにアメリカが設ける構図になるなど主張した。そして、スタジオではモーリー・ロバートソンさんと辺真一さんを紹介。米朝首脳会談についてモーリーさんは「トランプ大統領的に大成功」、辺真一さんは「米朝首脳会談は大成功」と発表した。共同声明では「新しい米朝関係の樹立に取り組む」、「朝鮮半島の平和体制構築に努力する」、「北朝鮮亜h朝鮮半島の完全な非核化に取り組む」、「朝鮮戦争中の捕虜らの遺骨回収・返還に取り組む」と発表された。スタジオではいつまでになどの具体性がないので失敗ではという意見が出た。

専門家らが「米朝首脳会談」が成功とする理由について「トップ同士の合意ができたから」と発表。これまでは事務方で細かい枠組みを作成するも北朝鮮が約束を反故してきた。今回はトップ同士が顔を合わせてサシの勝負。2人の合意によりトップダウンで物事が動こせるようになった。

トップ同士でやりやった結果、金正恩党委員長はやるしかない状態と説明。非核化の方向に進む方向は決められ、金正恩党委員長に履行するそぶりがなければトランプ大統領が大激怒の可能性があり、辺真一さんはその場合戦争に発展する可能性もあるなど話す。

ホンコンさんからの質問「米朝首脳会談は成功だったのですか?」をレイザーラモンHG画伯とともに紹介。

米朝首脳会談の1対1の会話について予測。金正恩党委員長から北朝鮮をシンガポールみたいに発展させたい、国民を腹いっぱい食べさせてやりたい、覚せい剤と武器製造以外に金儲けの方法を教えてほしいと話し、トランプ大統領からは米韓演習を止めてビーチにカジノホテルを建てようや朝鮮戦争を終わらせばノーベル平和賞がもらえるかもなど話したのではと紹介。トランプ大統領はコストカットをしたいなどの考えを持っているなど話す。

キーワード
米朝首脳会談
トランプ大統領
金正恩委員長
ホワイトハウス公式HP
朝鮮中央テレビ
拉致問題
ルモンド紙
CNN
金正恩党委員長
朝鮮日報
アメリカ
北朝鮮
ロシア
中国
朝日新聞
米韓合同軍事演習
アメリカ合衆国国防総省
日本人拉致問題
朝鮮中央通信
ABCテレビ
レイザーラモンHG
覚せい剤
朝鮮戦争
ノーベル平和賞
米韓演習

今週のミカタ (ニュース)
10:00~

北朝鮮の非核化をめぐる問題について、モーリー・ロバートソンが解説。北朝鮮の非核化にあたっては、IAEAによる核査察ののち、アメリカ・ロシア・中国に核が運搬され、解体される。トランプ大統領は、解体費用は日本と韓国が出すべきだと考えているという。中村逸郎は「非核化後のビジネスチャンスもロシア・中国は狙っている」とコメントした。

このあと… 「??兆円」日本だけが損をする!?

キーワード
トランプ大統領
北朝鮮核・ミサイル問題
IAEA
非核化

今週のミカタ (ニュース)
10:09~

スタジオトークが展開された。ラジオや労働新聞での拉致問題解決済みの報道は気にしなくていい。拉致問題解決には柔軟な対応が必要。金正日氏が会うことにオープンだとしてもまだ本気なのかはわからない。北朝鮮に要求するべきは安否確認と謝罪だ。日朝関係で変えるべきは日朝平壌宣言だと思う。日朝の問題は日朝のトップ同士で話すべきだと思う。拉致被害者を返すことのできない理由について根本的にメスを入れない限り前には進まないとコメントした。

このあと・・・暗躍米朝首脳会談の裏で露中蜜月!

キーワード
IAEA
トランプ大統領
菅官房長官
拉致問題
労働新聞
警察庁
東京新聞
金正恩委員長
安倍首相
曽我ひとみさん
金正日総書記
小泉純一郎
防衛省
コリア・ミッションセンター
日朝平壌宣言

今週のミカタ (ニュース)
10:31~

今週行われた米朝首脳会談。その4日前、ロシアのプーチン大統領は中国・習近平国家主席から勲章を授与されていた。同じ頃にカナダで開催されていたG7(主要7ヵ国首脳会議)ではトランプ大統領が「なぜ私達はロシアのいない会議を開くのか。ロシアを交渉のテーブルにつかせるべきだ」とロシアのサミット復帰を訴えた。しかしプーチン大統領は上海協力機構の人口や購買能力はG7を上回ると一蹴。サミットに復帰せず、中国とともに上海協力機構を重視する考えを示した。この協力機構の場でプーチン大統領と習主席が首脳会談を開催。プーチン大統領は習主席から友好関係の証として外国人に授与する最高の栄誉勲章「友誼勲章」を授与された。さらに2人は露中の青少年アイスホッケー親善試合を観戦。移動は仲良く高速鉄道で。プーチン大統領は中国について「両国関係は歴史的に最高水準に達した。世界の中で国と国の関係の模範となり、世界の安定と平和にむけた重要な役割を果たしている」と連携を強調。露中蜜月の影響は日本にも。ロシア政府から「サハリンと北方領土を結光ファイバー回線の海底設置計画に着工する」との通告が日本政府に伝えられていた。予定を1年以上繰り上げての着工。この事業者には中国企業が選ばれていたという。

レイザーラモンHG画伯のイラストを背景にオール巨人さんから質問。「プーチン大統領は金正恩委員長と何回も会っている習近平国家主席と有効を深めていますが、露中でなにか思惑・企みがあるのでしょうか?」「安倍総理はプーチン大統領とよく会談をしていますが、何の進展もなく利用されているだけでは無いのですか?」。

中村逸郎さんのミカタは「米朝首脳会談はあくまで前座。ここからの主役はプーチン大統領」。ロシアの新聞によると米朝首脳会談で勝利したのはロシア。中村さんは米朝首脳会談を裏で演出したのはプーチン大統領だと言う。米朝首脳会談では核兵器を破棄するの?という質問に2人とも3度も無視。中村さんは「プーチン大統領に相談せずに非核化は決められないと2人とも知っていた。先月31日ラブロフ外相が北朝鮮を訪問し、金正恩委員長と会った時に小箱をプレゼント。 ラブロフ外相は『この小箱には鍵がかかる。ロシアと北朝鮮の秘密はこの小箱に鍵をしておけ』と言っていた」など述べた。会談当日に北朝鮮ナンバー2の金永南最高人民会議常任委員長がモスクワを訪問。プーチン大統領と金委員長との首脳会談に向けて調整を行った。中村さんによると、この日プーチン大統領はW杯開幕の日で多忙だった。

各国の首脳がプーチン大統領と首脳会談をやっていこうと考えている。中村さんはトランプ大統領がプーチン大統領に助けを求めているという見方を示していて、米露首脳会談開催を検討しているという。「米露首脳会談は今の日程からだと11月31日からのグローバルトゥエンティまでない。それまで待てないと。非核化をどうするかという大きな問題があるが、米露首脳会談終了後、ロシア外務省副大臣が非核化の具体的なプランを持っているのはロシアだと言った」とのこと。モーリー・ロバートソンさんは「米露首脳会談は考えられる。それは11月の中間選挙の前にやらないと意味がない。のんびりやるとチャンスにならないので、トランプ大統領としてはどんな理由をつけてもロシアと会談したいと思う」など述べた。韓国・文在寅大統領の訪露も6月に決定。中村さんの見方では「米朝首脳会談のトランプ大統領を見て文大統領あh不安になっている」という。

キーワード
プーチン大統領
米朝首脳会談
朝鮮中央テレビ
習近平国家主席
Twitter
トルドー首相
G7
トランプ大統領
ドイツ政府公式HP
上海協力機構
ロシア大統領府公式HP
露中首脳会談
友誼勲章
北方領土
カナダ
サハリン
金正恩委員長
レイザーラモンHG画伯
安倍総理
米朝会談
ロシアワールドカップ
非核化
ラブロフ外相
金永南最高人民会議常任委員長
露朝首脳会談
モスクワ(ロシア)
米露首脳会談
ロシア外務省
中間選挙
文在寅大統領
ウィーン(オーストリア)
ウラジオストク(ロシア)

今週のミカタ (ニュース)
10:46~

ロシアと中国の蜜月関係について解説。プーチン大統領は2020年までに露中の軍事同盟の締結を目論んでいるとのこと。両国は対米対策として軍事同盟に向けた3大原則に署名している。ロシアと中国は今週、樺太と北方領土を結ぶ光ファイバー工事を開始。中国の通信器大手も参画していて、菅官房長官は「法的根拠のない占拠のもとで事業が進められることは極めて遺憾だ」とコメントしている。中村逸郎によると、中国は「一帯一路」構想の一環としてこの共同事業に参入しているという。

このあと… 写真で分かる!国際情勢のミカタ

キーワード
プーチン大統領
北方領土
一帯一路
菅官房長官

今週のミカタ (ニュース)
10:54~

正義の味方の番組HPのテロップ。

今回のG7では貿易問題を巡り対立が激化した。メルケル首相を中心にとした自由貿易グループは首脳宣言に多国間ルールによる貿易の推進を明記しようと主張しているが、公正貿易を主張するトランプ大統領はこれを拒否。安倍総理は仲介役となり「自由で公正なルールに基づく貿易でどうか」と提案した。ロバートソン氏は「こういう事で間に入ってくれるので、トランプ氏は安倍総理を信頼しているのでは」とコメント。

G7サミットの様子を報じた各国の写真を比較した。ドイツ、アメリカ、フランス、日本、カナダともに自国の首相がメインの構図だった。出口先生は「同じものでも何を中心に置くかで全く見方が変わる。一はモノを見たり聞いたりしたときに自分に都合の良いように解釈するため、同じ場面を各国が都合の良いように理解する」とコメントした。

キーワード
正義のミカタ
G7サミット
メルケル首相
トランプ大統領
安倍総理
サンダース報道官のTwitter
フランス大統領府
マクロン大統領
首相官邸のTwitter
トルドー首相
バーナム効果

エンディング (その他)
10:59~

ソーラン節(近藤利樹)

レイザーラモンHGが描いた今週のニュースイラストを紹介した。

キーワード
ソーラン節
近藤利樹
レイザーラモンHG
  1. 前回の放送
  2. 6月16日 放送
  3. 次回の放送