しくじり先生 俺みたいになるな!! 3時間スペシャル

『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(しくじりせんせい おれみたいになるな)は、テレビ朝日系列で2014年10月3日未明(2日深夜)から2017年9月24日まで放送され、2019年4月2日(1日深夜)再開の教養バラエティ番組。レギュラー開始前に3回特別番組として放送されており、レギュラー放送中断期間中にも特別番組として3回放送された。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年1月23日(月) 19:00~21:48
放送局 朝日放送

番組概要

オープニング (その他)
19:00~

オープニング映像。

ドン小西先生の転落人生 (バラエティ/情報)
19:00~

ゲストはドン小西。かつて色の魔術師と呼ばれ、ニューヨークコレクションやミラノコレクションなどでショーを行っていた。一時は資産60億円という富を築いた。今回のしくじりの教科書はドン小西がデザインしたという。ドン小西は、過剰な思い込みから、借金を背負ってしまったしくじりをおかしたと話した。本日のテーマは、自分のセンスが正しい!と勘違いしてドン底に落ちないための授業。

ドン小西は、三重の一流呉服屋の御曹司だったという。幼い頃から英才教育を受け、学芸会は必ず主役をし、服装はオーダーメイドだったという。高校生になり上京、おしゃれに目覚め、赤坂や六本木のクラブで遊んでいたという。大学生になると、ロンドンファッションにゾッコンとなり、ロンドン行きを決意した。

海外カルチャーに触れているだけで自分のセンスがいいと思いこみ、自意識過剰だったという。祖父からお金をもらってロンドンに行き、ブティックめぐりをし、帰国してアパレルショップで働いたという。結婚して子どもも出来た。そんなとき自分だけにしか作れない服を作りたいと思い、自身のブランドを立ち上げた。ブランド名は、造語だという。しかし3年後8000万円の借金を負った。

キーワード
ミラノコレクション
ニューヨークコレクション
ficce
デヴィッド・ボウイ
T.Rex

ドン小西先生の転落人生 (バラエティ/情報)
19:14~

当時、営業をかけず、経理の勉強もしてなく、数千万円の設備投資をし、材料を買うお金すらなくなったという。

そこで、生地屋や糸屋で処分される余った布や糸をタダでもらい、余り糸を寄せ集めたセーターを作った。それが有名ファッション雑誌で紹介され注目を集めた。また、ビートたけしが着用しブームになった。ほかに、久保田利伸やスティングなども着ていたという。そして長野オリンピックとシドニーオリンピックのユニフォーム選考委員になったという。ほかにも、東武鉄道などの企業ユニフォームのオファーが次々と届くようになった。そのおかげで年商60億円、スタッフ約200人をかかえる会社となった。全国に50以上のショップをオープンさせた。資産60億で、フェラーリなど高級外車を6台持つなど当時のセレブ生活を紹介した。そのせいで、社員を人間として扱わないワンマン社長になっていた。

ドン引き!ワンマン社長行動

キーワード
ビートたけし
谷村新司
久保田利伸
エルトン・ジョン
スティング
ficce
長野オリンピック
シドニーオリンピック
大蔵省税関
東武鉄道
横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ

ドン小西先生の転落人生 (バラエティ/情報)
19:23~

第3位は、自分の好みに合わない社員はクビにした。社長直々に若手社員に仕事をまかせ、できあがった黒い服をみて、「黒い服は嫌い」とクビを告げたという。

第2位。美人な社員しか自分の近くに置かない。

第1位は、社員の不満は金の力で解決した。

ドン小西は、当時のスタッフには本当に申し訳なかった、反省していると話した。

世間は、ユニクロを代表とするシンプルファッションが到来していた。しかし、当時、年収1000万円以下の感性なんかクソくらえと、世間に迎合しなかった。部下からアドバイスがあったら一切耳を貸さず、高額な自分のド派手ファッションを作っていた。

そうすると、業績は急降下し、全ブランドショップが閉店し、負債15億円をかかえた。この経験から、今いくら調子が良くても「たまたま時代の流れに乗っただけ」という謙虚さを持たなければいけないという教訓を得たという。

15億円の借金をかかえると、銀行員が鬼の取り立てにやってきた。不動産や外車などは全て売却し、個人預金も差し押さえ、妻の預金も返済に回された。銀行員から「お前センスゼロ」と言われ、怒りで震えたと話した。

ドン小西は、もう一度再建を社員に呼びかけたが、優秀なスタッフが次々去っていった。金もセンスもないただの豚だと思われていただろうと話した。

キーワード
ユニクロ

ドン小西先生の転落人生 (バラエティ/情報)
19:37~

ドン小西は、この人についていこうではなく、この人を「支えよう」と思える人間が上に立つ人に必要だという教訓を得たという。

その後、ficceの権利を売却し、実家も売却し、娘はイギリスに留学させていたが、大学の学費も支払えなくなった。すべてを売却し、借金は3億円になった。これまで妻にも横暴な振る舞いをしていたため、離婚になったという。ひとりになり、うつ状態となった。そうした中、自分にはもう何もないと思い知らされたという。

そんな中、ワイドショーでのファッションチェックのオファーが届いた。失うものは何もない、できることは全てやろうと考え、オファーを受けた。材料が買えないので、もう自分を売ることしかできないと思ったという。そこで、ディレクターがドン小西という名前をつけた。当時はちょっとムッとしたが、今は感謝している、人の意見を聞くと状況が変わることを初めて知ったという。ファッションチェックは大ウケした。次々にオファーが届き、2010年15億円の借金を完済した。

周囲に支えられ、求められ、評価されて初めて「仕事」は成立する、と教訓を得たと話した。自分の服を着ろ、ではなく、着たいと思わせる服を作るべきだったと話した。

自分に自信を持つことは良い事だが、自分の考えを押し付けてしまっている人に向けて、センスを否定するだけの生き方はダサい、大事なのは目の前の壁にセンスを持って挑戦することだ、と贈った。シンプルファッションブームのとき、自分なりに解釈して勝負していたらどうなっていたかと思うと悔しいと話した。

就活家族の番組宣伝。

キーワード
ficce
うつ状態
とくダネ!

銀河鉄道の夜を中田解説 (バラエティ/情報)
19:50~

オリラジ中田が、宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」について解説する。83年前に発行され、国語の教科書にのったり、大学の入試問題で採用されるなどの名作だ。作者は、岩手出身の作家。世間では銀河鉄道999とごっちゃになっている人がいる、しかし全く別の作品だと話した。

物語の始まりは、主人公ジョバンニが学校で授業を受けている場面から始まる。キャラクターの名前が独特でヨーロッパ風だが、舞台は岩手県だという。宮沢賢治は、岩手のことをイーハトーブと呼んでいた。りゅうちぇるがちぇるちぇるらんど出身だと言うように、宮沢賢治はおしゃれな世界観をプロデュースしたかったのだろうと話した。宮沢賢治の写真を紹介、ベートーヴェンの写真を真似して撮っていたという。

物語序盤、ジョバンニには、同級生に父親の仕事をバカにされ、放課後には活字拾いのバイトをし、家に帰るとお母さんは病気で寝たきり、配達されているはずの牛乳が届いていない、そこでジョバンニは牛乳屋にとりにいくと、担当者がいないので明日きてくださいと言われる、帰り道でいじめっ子一味と遭遇などの、地味に嫌なことがたくさん起こる。その日は町で一番大きな祭りの日だった。

ジョバンニは、ザネリと離れ、丘の上に走り、星空を眺めていると、列車の中にいた。目の前には親友のカムパネルラが乗っていた。カムパネルラは、いじめっ子はもう帰った、お父さんが迎えに来た、お母さんは僕を許してくださるだろうかと話した。

KAGAYAのイラストで銀河鉄道の路線図を紹介した。天の川にそって北十字から南十字に向かう列車だという。最初の停留所は、白鳥の停車場だった。降りると、水が流れていて美しい宝石や不思議な液体で満たされていたという。銀河鉄道を映像化した作品を紹介。

中田は、銀河鉄道の夜は、宇宙旅行ではなく、天の川の輝きと岩手の自然の間の世界で宮沢賢治の世界だと話した。

まさかの展開に驚愕!!

キーワード
銀河鉄道の夜
宮沢賢治
銀河鉄道999
KAGAYA
りゅうちぇる
アスク
岩手軽便鉄道
岩手
北上川

銀河鉄道の夜を中田解説 (バラエティ/情報)
20:24~

ある駅で、たくさんの人が乗ってきて、氷山にぶつかって沈みここにいると話した。タイタニック号事件は宮沢賢治16歳の事件で、この事件を取り入れていると話した。そこへ「新世界」の曲が流れ、終点の南十字にむかった。すべての乗客が降りていった。電車にはジョバンニとカムパネルラだけになり、カンパネルラもいなくなっていた。そこでジョバンニは目を覚まし、家にむかうと、川にひとだかりができていて、ザネリが川に落ちたが、カムパネルラが助けてくれたが、カムパネルラは助からなかった。

舞台「あたらしいエクスプロージョン」の告知

中田は、終わり方があまりにも悲しいので挫折する人が多いという。中田は、宮沢賢治が伝えたかった教訓が隠されているという。雨ニモマケズを、だれかのために生きる生き方を描いていると紹介。カムパネルラは、宮沢賢治が雨ニモマケズの「ソウイウモノ」の象徴なのではないかと話した。中田は、人のために生きることこそが本当の幸せだと伝えたかったのではないかと話した。

キーワード
あたらしいエクスプロージョン
タイタニック号
新世界より
雨ニモマケズ

銀河鉄道の夜を中田解説 (バラエティ/情報)
20:38~

「雨ニモマケズ」は、死を目前にした賢治が自分のために書いたメモだったという。また、銀河鉄道の夜も未発表の作品だったという。中田は銀河鉄道は、天国と現世との間なので美しいのではないか、死ぬことは悲しいし怖い。でも人のために生きたという充実感があれば納得して旅立てるのかもしれないという教訓を得たと話した。宮沢賢治は、地元の人から作品以上に愛されていた、宮沢賢治という生き方が代表作なのではないかと話した。

キーワード
雨ニモマケズ

マルシア先生が人生を猛反省 (バラエティ/情報)
20:42~

ゲストはマルシア先生。ブラジル生まれの日系3世で、地元のカラオケ大会から、猪俣公章先生のスカウトでデビューした。デビュー曲のふりむけばヨコハマを紹介。NHK紅白歌合戦にも出場した。またバラエティでもブレイクし、現在舞台など、マルチな活動をしている。

マルシアは、新春かくし芸でのブチギレ、ロンドンハーツでブチギレしたという2大しくじりをし、バラエティでの仕事が激減したと話した。本日のテーマは、すぐにブチギレてあとで後悔しないための授業。

キレやすい人の特徴を紹介。マルシアはもともと建築家を目指していたという。カラオケ大会で猪俣公章先生にスカウトされたという。そのとき移民としてわたった祖父が大反対したという。空港で、「成功するまで帰るな」と言われたという。それを聞いてカチンときて、逆に闘争心に火がついたという。2年3か月猪俣公章先生の家で内弟子となったという。

大ヒットした「ふりむけばヨコハマ」は、おしとやかな大和撫子として売り出したという。なので、濃いメイク、ジーンズ禁止などのNG項目があったという。しかし、心の中ではイヤだと思っていたという。1年経って、笑っていいともに出演した。おしとやかにしろと言われていたが、生放送でショートパンツでナマ足で登場し、サンバでシャウトしたという。怒られると思ったが、バラエティ番組でのオファーが殺到したという。

結果、6年間365日ほぼ休みなかったという。忙しさがピークに達し、朝起きたときの気分で1日の機嫌がきまったという。睡眠は2~3時間で、つねに忙しく、どんなアドバイスをされても聞く耳をもたなくなった。当時は、自分の考えが常に正しいと思っていたという。

当時、運転したマネージャーに対して細かいことでキレていたという。キレやすい人は、神経質で細かいことにうるさいという。これまでのマネージャーは、農家に転身したり、外国に移住したり、行方不明になったりしているという。

25歳で結婚し、出産のため産休し、半年後に仕事に復帰すると仕事が激減したという。イメージのギャップに自分が困惑したという。

2001年の新春かくし芸大会でブチぎれた事件について話した。毎日7~8時間、みんなを率いてサルサを練習し、結果が50点満点中44点だったことにブチギレてスタジオを飛び出したという。その後、もう一度スタジオに戻ったという。プライドが高く、自分の思い通りにいかないと納得できない性格だと話した。

マルシアは、キレそうになったら深呼吸をしてキレた後の事を冷静に想像してみようと話した。

その後、キレやすいというイメージがつき、逆にバラエティ番組のオファーが殺到し、ほとんどの番組で本番中にキレてくださいとお願いされるようになったという。キャラとして求められるとしんどかったという。

キーワード
サンパウロ(ブラジル)
猪俣公章先生
ふりむけばヨコハマ
NHK紅白歌合戦
いないいないばあっ!
新春かくし芸
ロンドンハーツ
カンニング竹山
笑っていいとも
夜もヒッパレ一生けんめい
おしゃれカンケイ
こたえてちょーだい!
オリエンタルラジオ
大鶴義丹
Popteen
新春かくし芸大会
ゴルゴ松本

マルシア先生が人生を猛反省 (バラエティ/情報)
21:16~

マジギレした事件を紹介。デヴィ夫人が番組に出始めた頃に「誰、この子?」と言われスタジオを出て楽屋に帰ろうとしたという。あとでデヴィ夫人は謝ってくれたという。また、スペインのロケで、さとう珠緒が「このおばさんうるさい」と言ったことで「あんたもババアになる」と言い返したという。

また、自宅で夫が知らない女性といるところに遭遇し、離婚した。今は彼には感謝していると話した。会見では、記者がどうにかキレさせようと質問してきたという。

爆発寸前の離婚会見映像

キーワード
さとう珠緒
デヴィ夫人

マルシア先生が人生を猛反省 (バラエティ/情報)
21:25~

離婚の記者会見映像を紹介した。

ロンドンハーツの格付けし合う女たちというコーナーで「男に手をあげそうな女ランキング」の回で1位になり、ブチギレてスタジオを出たという。当時のVTRを紹介した。この一件から冗談が通じないと思われるようになり、ガチでヤバイと思われるようになったという。

テレビ初告白!知られざる過去

キーワード
ロンドンハーツ

マルシア先生が人生を猛反省 (バラエティ/情報)
21:33~

マルシアは、その後、芸能界を1年半休業したという。家に引きこもり、テレビもつけず、貯金を切り崩しながら生活していたという。そこで、人生は思い通りにならない、思い通りにできるのは自分だけだと気づいたという。芸能界入りを反対していた祖父は、毎月マルシアに手紙をくれていたという。

マルシア先生が人生を猛反省 (バラエティ/情報)
21:39~

29年前にもらった祖父からの手紙を紹介した。いまは、色々な仕事をもらって前進していると話した。すぐキレる人には、キレる前にまずは笑ってみよう、とアドバイスを贈った。

  1. 前回の放送
  2. 1月23日 放送
  3. 次回の放送