相葉マナブ 祝300回!寿司処相葉亭、シーズン2突入!修業再開!さらなる高みへ

相葉マナブ(あいばマナブ)は、テレビ朝日系列で2013年4月21日から、毎週日曜日18:00 - 18:30(JST)に放送されているバラエティ番組である。相葉雅紀の初冠番組でもある。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年6月16日(日) 18:00~18:30
放送局 朝日放送

番組概要

包丁王子 寿司開店に向け江戸前寿司を握る! (バラエティ/情報)
18:00~

今回で祝300回をむかえる「相葉マナブ」では、定期的に「寿司処 相葉亭」がオープンする。さらなるVIPゲストをお招きするため、銀座久兵衛の総料理長である二川さんと一緒に、相葉さんが江戸前寿司を握る。

初夏に旬をむかえる光り物の代表格であるアジは、今まで握った中でも評価が低かった。今回はそのアジの江戸前寿司をリベンジする。まず、アジを捌く時に棘状の鱗である「ぜいご」をとり、頭を落とす。続いて、しのぎを中骨に当てて骨を感じながら3枚に捌いていった。この時点で師匠から95点と称された相葉さんは、包丁の峰をまな板に当てて皮を引く「峰扱き」に挑戦した。相葉さんは峰と皮をまな板にくっつけて皮を引いたが、手前が浮いてしまって身が皮についていた。次は若干、薄めに切りつけてネタとシャリをのっける。前回はこの薬味が多く、ネタとシャリのバランスが悪かったので、それに気をつけながら相葉さんは握った。結果、師匠からは合格点の70点をもらえた。師匠は切りつけは少し厚かったが、握りでカバーしていたと話す。

平べったい独特の形で捌きにくいコチの江戸前寿司に相葉さんは挑戦した。まず、コチの背びれの棘をハサミで切って鱗を落とす。続いて頭を切り落とし、3枚におろしていった。皮は包丁で切ると同時に引っ張ってはいでいく。前回は包丁の角度と皮の動かし方で失敗したが、相葉さんは皮引きに成功していた。そして切りつけは身が硬い分、若干薄めに切りつけていった。さらに薬味の量と握りの店舗も良くし、左手親指でシャリも整えていく。ポイントはシャリを大量に掴んで減らすよりも少しずつ足す事で、相葉さんはこれらを意識しながらコチを握った。

相葉さんはコチの江戸前寿司を握り、師匠が食べてお客さんに出せるかどうか判定していた。合格点は70点となっているが、師匠は食べた瞬間に唸っていた。

キーワード
井ノ原快彦
銀座久兵衛
シソ
ネギ
アジ
コチ

包丁王子 寿司開店に向け江戸前寿司を握る! (バラエティ/情報)
18:18~

師匠は相葉さんが握ったコチの握りを食べた。結果、少しシャリが小さいために68点の点数をつけた。合格点の70点には満たなかったので、相葉さんはまた挑戦したいと話していた。

ヌルヌルが苦手な相葉さんは、マダコの足の根元に切り込みを入れていった。マダコは塩で約10分もみ、ヌメリをとって足先から少しずつ茹でていった。さらに10分ほど茹でて冷ましたら、薄めに切る「波切り」に相葉さんは挑戦した。こうすることで、醤油やタレを絡みやすくするという。

キーワード
コチ
マダコ

包丁王子 寿司開店に向け江戸前寿司を握る! (バラエティ/情報)
18:24~

薄めに切る「波切り」に相葉さんは挑戦し、まずまずの出来栄えに満足していた様子だった。その後、脂が少ないマダコはワサビを少なめにして、ネタとシャリのバランスを薄くしてネタが落ちないように慎重に返すことに挑戦していた。相葉さんは前回、ネタとシャリのバランスが良くなかったが、師匠が今回のマダコ握りを食べると、総合的に美味しかったので75点を出していた。

相葉マナブの次回予告テロップ。

キーワード
マダコ

番組宣伝 (その他)
18:27~

路線バスで寄り道の旅 2019夏の番組宣伝。

キャスト

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 6月16日 放送
  3. 次回の放送