相葉マナブ 新企画「マナブ!イチからモノづくり」ついに、マナブ中華鍋作ります!

相葉マナブ(あいばマナブ)は、テレビ朝日系列で2013年4月21日から、毎週日曜日18:00 - 18:30(JST)に放送されているバラエティ番組である。相葉雅紀の初冠番組でもある。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年8月12日(日) 18:00~18:30
放送局 朝日放送

番組概要

中華鍋をイチから作る! (バラエティ/情報)
18:00~

相葉雅紀らが山田工業所を訪れた。中華鍋を叩いて作っているため料理人が好きな形の鍋を注文できる。四川飯店の鈴木広明さんや横浜大飯店の高山利昌さんなどがここの鍋を使っている。

厚さ1.2mmの鉄板をマシンにセットしボタンを押すと型抜きができる。中華鍋の形になった上下の刃が交差し一瞬で型抜きができる。

打ち出しは平らな鉄板をハンマーで打ってカーブをつけていく加工法。こちらのマシンで行う中華鍋の打ち出しは日本で唯一。長さ2mの棒がハンマーの役割を果たしレバーとハンドルで操作する。熟練の職人技に相葉雅紀が挑戦した。細かい凸凹をつけると油が鍋に残り仕上がりがきれいになる。約1時間かけて打ち出した。

続いてへり上げの作業。特殊マシンでプレスすると底まで押し込まれてへり上げが終了。へりの凸凹をならす作業は音を聞きながら約30トンの圧力で5分間打つ。

鍋底を専用マシンで約70トンの圧力で7回打って平らにした。鍋底をいじると薄くなっていくため厚くし周りは薄くすると熱が伝わりやすい。持ち手は専用マシンで筒状にする。持ち手部分を溶接で補強する。相葉雅紀は溶接は初対決。

溶接に挑戦したが穴が空いてしまった。

キーワード
中華鍋
四川飯店

中華鍋をイチから作る! (バラエティ/情報)
18:18~

溶接は金属を溶かして接合する作業。相葉雅紀が持ち手部分の溶接を行ったが穴が空いてしまった。修復してもらっているあいだにお玉をつくることに。お玉専用全自動溶接ロボットを使う。

パンパシ水泳番組宣伝

キーワード
中華鍋
お玉

中華鍋をイチから作る! (バラエティ/情報)
18:24~

お玉専用全自動溶接ロボットを使ってお玉を溶接した。人間の2倍のスピードで溶接。中華鍋は仕上げの作業。鍋のフチを削る。中華鍋が完成した。

パンパシ水泳番組宣伝

相葉雅紀がお返しに麻婆豆腐とチャーハンを作った。

キーワード
中華鍋
お玉
IKKOさん
麻婆豆腐
チャーハン

番組宣伝 (その他)
18:27~

イチから住番組宣伝

  1. 前回の放送
  2. 8月12日 放送
  3. 次回の放送