相葉マナブ 『マナブ!ナイスアイデアJAPAN第2弾』日常の不便を解消!

相葉マナブ(あいばマナブ)は、テレビ朝日系列で2013年4月21日から、毎週日曜日18:00 - 18:30(JST)に放送されているバラエティ番組である。相葉雅紀の初冠番組でもある。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年9月10日(日) 18:00~18:30
放送局 朝日放送

番組概要

学ぶ!ナイスアイデアJAPAN (バラエティ/情報)
18:00~

今回は「学ぶ!ナイスアイデアJAPAN」の第2弾をお送りする。

トングのような形をしているが、先端がハサミのようになっておりギザギザになっているものは何に使うか?出題。ヒントはキッチンで使うもので、開発に携わった曙産業の近藤さんは子どもの大好きな「?」を上手に作るために考えついたという。正解は卵焼きを作る道具だった。卵を巻く時に菜箸とは違いうまく丸めていけるアイディアグッズ「たまごやきの達人」だった。

同じ形のものが4つ、裏側には車輪。そしてL字の器具と車輪が取り付けられたグッズは何に使うのか?出題。これは東大阪市の大洋精工が開発したものだという。正解は4つの器具をテコノ原理であげた隙間に噛まし、重たい家具を簡単に運べるアイデアグッズ「らくらくヘルパーセット」だった。

続いてはプラスチック製でくの字型になり片側には円の中にギザギザした歯があり、もう一方にはグッズは何かを押すための爪があるグッズは何に使われるものか?出題。これ新潟三条市の下村工業が開発したもので、きっかけはサラダを作る時に包丁で切ることなどを考えたという。正解はミニトマトを素早く安全に切れる「ミニトマトカッター」だった。

続いてのアイデアグッズは?

見た目は石の様な円形のグッズは何を使うか?出題。表面はクッション性が高く柔らかくなっており、裏面は滑りにくい素材が使われている。これはデザイナーのダンカンショットンさんが日本の玄関に不便さを感じた時に考えたものだという。

キーワード
曙産業
燕市(新潟県)
卵焼き
たまごやきの達人
大洋精工
東大阪市(大阪)
らくらくヘルパーセット
ミニトマト
三条市(新潟)
下村工業
ミニトマトカッター

学ぶ!ナイスアイデアJAPAN (バラエティ/情報)
18:19~

正解は靴を履かなくても玄関の対応ができるアイデアグッズ「トビイシステップングストーン」だった。実際にアイデアグッズを利用して体験をした。

長方形のボックスに取っ手がついたグッズは何に使うか?出題。ボックスには何かを通す隙間が空いておりボックスの内側にはデコボコとした加工がされている。正解は海苔巻きを簡単に作れるアイデアグッズなのだが、そこにどんなナイスアイデアがあるのか?

キーワード
トビイシステップングストーン
アントレックス
海苔巻き

学ぶ!ナイスアイデアJAPAN (バラエティ/情報)
18:25~

実際にグッズで海苔巻きを作ってみる。ボックスにごはん・具・ごはんの順に層になるように入れていく。そして取ってを持って上下に振り、ふたの所にスリットがあるので、そこに海苔を差し込んで全て入りきるまで上下に振る。そしてフタを開ければ海苔巻きが完成。正解は「ふりふりのりまき型」だった。

キーワード
ふりふりのりまき型
ダイソー
海苔巻き

エンデイング (その他)
18:27~

エンディングの挨拶をした。

「相葉マナブ」次回の番組宣伝テロップ。

  1. 前回の放送
  2. 9月10日 放送
  3. 次回の放送