映画「東京家族」公開記念 グルメ&おもてなし東京親孝行ツアー 2013年1月19日放送回

放送日 2013年1月19日(土) 16:55~17:25
放送局 朝日放送

番組概要

オープニング (その他)
16:56~

本日公開の山田洋次監督の「東京家族」は「東京物語」をモチーフにつくられた作品。この作品には豪華なキャストが勢揃い、その中に長女の夫役として林家正蔵も入っている。林家正蔵はその役の中で親孝行が出来なかったということで、今回改めてご両親をおもてなししたいということだ。

東京スカイツリーを背景に挨拶。

その親孝行の舞台に選んだのは浅草と柴又。浅草ではとっておきの名店でおもてなし。柴又では山田洋次監督ゆかりの名店で映画の思い出にひたるということだ。そして昨年文化勲章を受賞した山田洋次監督も登場する。更に出演者達のインタビューも公開!

山田洋次監督が文化勲章を受賞したと報道するスポーツ報知の記事が映される。

キーワード
東京物語
東京家族
山田洋次
橋爪功
吉行和子
西村雅彦
中嶋朋子
妻夫木聡
親孝行
文化勲章
浅草(東京)
柴又(東京)
山田洋次監督
蒼井優
スポーツ報知

映画「東京家族」公開記念 グルメ&おもてなし 東京 親孝行ツアー (バラエティ/情報)
16:57~

親孝行ということでやってきたのは「浅草」。下町を知り尽くした正蔵が名店&グルメでおもてなしをする。2人は雷門の前で、映画「東京家族」で正蔵が演じた役の義父と義母役の橋爪さんと吉行さんと合流。

正蔵が最初に連れて行くお店は正蔵が落語家になろうと決意した店だという。やってきたのは「尾張屋」。このお店は食通としても知られた小説家永井荷風が愛した名店だという。のどごしの良い細い麺と本ガツオの焼き節による濃厚な旨味とコクのダシの極上の一品だ。正蔵のオススメは祖母に「噺家になって欲しい」と話された時に食べた天丼だという。特注のごま油によって揚げられた天ぷらが乗せられた天丼だ。しかし、一行はそば屋なので、ということで正蔵のオススメを頼まずに、そばを頼んだ。橋爪さんと吉行さんは料理に満足したようだ。

次に訪れたのは林家一門御用達という着物の帯のみを扱う「帯源」。噺家の9割はこの御店の帯を締めているという。そんな名店で帯をプレゼントするという。お召し物を見て帯を決めるので、という店主に正蔵は「値段が高い一番いいものを下さい」と話すが、それはお断りされてしまう。このプランは失敗に終わってしまった。

次に訪れたのは林家三平や中村勘三郎も愛用したという扇と扇子のお店「荒井文扇堂」。ここで扇を2人にプレゼントしたいという正蔵。正蔵は店主に干支にちなんだヘビ柄の扇子を用意してもらっていており、橋爪さんにヘビが書かれた扇子をプレゼント、吉行さんには両国橋が描かれた扇子をプレゼントした。

このあと「大絶賛!極上のスイーツが登場!!」「出演者が明かす!山田洋次監督マル秘素顔」。

次に訪れたのは甘味処「梅園」。ここで2人には「あわぜんざい」をおすすめした。粘りある餅きびと餡を合わせた逸品だ。吉行さんは思い出がある「豆かん」にした。2人はその味に満足した。

橋爪さんと吉行さんに山田洋次監督ついて聞いてみたところ、映画の撮影が始まる前は穏やかだったが撮影が始まるとアーティスティックに変わるという。正蔵は撮影の中でらっきょうをひたすら食べ続けさせられたことを話した。そんな監督に聞いてみたかったこととして吉行さんはストレス解消法をあげた。

一行は映画のヒット祈願のために浅草寺へやってきてお参りをした。

一行は山田洋次監督の「男はつらいよ」で有名な柴又にやってきた。そこで中嶋朋子と合流した。中嶋さんは「東京家族」の中で長女役を演じている。

次に一行がやってきたのは「川千家」。ここでは愛知県一色産のうなぎをつかった料理が食べられるという。ここのお店は「東京家族」の撮影にも使われたという。吉行さんはこの撮影のシーンでうなぎを食べることが出来なかったのが心残りだったという。一行は「うな重」を食した。

次に一行は「男はつらいよ」で出てくるお店のモデルとなった「高木屋老舗」。渥美清が愛用していたというイスを見せてもらった。一行はそこで「草だんご」を食べる。正蔵は更にサプライズとして山田洋次監督をゲストとして招待した。

キーワード
永井荷風
林家三平
中村勘三郎
東京家族
浅草(東京)
天丼
おろしそば
かけそば
高橋宣任
荒井修
両国橋
巳年
山田洋次監督
あわぜんざい
豆かん
らっきょう
男はつらいよ
柴又(東京)
一色(愛知)
うな重
渥美清さん
草だんご

映画「東京家族」公開記念 グルメ&おもてなし 東京 親孝行ツアー (バラエティ/情報)
17:08~

次に訪れたのは甘味処「梅園」。ここで2人には「あわぜんざい」をおすすめした。粘りある餅きびと餡を合わせた逸品だ。吉行さんは思い出がある「豆かん」にした。2人はその味に満足した。

橋爪さんと吉行さんに山田洋次監督ついて聞いてみたところ、映画の撮影が始まる前は穏やかだったが撮影が始まるとアーティスティックに変わるという。正蔵は撮影の中でらっきょうをひたすら食べ続けさせられたことを話した。

山田洋次監督は出演者達の目にはどう映ったのか。西村雅彦さんは演出を受けられたことを光栄に思っていると話した。夏川結衣さんは温かい方だと思いますが厳しい人だったと話す。妻夫木さんは山田洋次監督の声の「よーい」の声のおかげで芝居に集中できたと話す。蒼井優は監督の好奇心にびっくりしたと話す。

そんな監督に聞いてみたかったこととして吉行さんはストレス解消法、橋爪さんは山田監督が時々哄笑するクセを挙げた。

一行は映画のヒット祈願のために浅草寺へやってきてお参りをした。

一行は山田洋次監督の「男はつらいよ」で有名な柴又にやってきた。そこで中嶋朋子と合流した。中嶋さんは「東京家族」の中で長女役を演じている。

帝釈天題経寺にやってきた一行、そこで隠れた芸術品という彫刻を見せてもらった。この彫刻は10名の彫刻家が彫刻刀のみで9年間かけて製作したものだという。

次に一行がやってきたのは「川千家」。ここでは愛知県一色産のうなぎをつかった料理が食べられるという。ここのお店は「東京家族」の撮影にも使われたという。吉行さんはこの撮影のシーンでうなぎを食べることが出来なかったのが心残りだったという。一行は「うな重」を食した。

次に一行は「男はつらいよ」で出てくるお店のモデルとなった「高木屋老舗」。渥美清が愛用していたというイスを見せてもらった。一行はそこで「草だんご」を食べる。正蔵は更にサプライズとして山田洋次監督をゲストとして招待した。

キーワード
あわぜんざい
山田洋次監督
東京家族
渥美清さん
豆かん
らっきょう
蒼井優
妻夫木聡
西村雅彦
夏川結衣
浅草(東京)
男はつらいよ
柴又(東京)
柴又帝釈天参道
一色(愛知)
うな重
草だんご

映画「東京家族」公開記念 グルメ&おもてなし 東京 親孝行ツアー (バラエティ/情報)
17:15~

高木屋老舗にいた一行にサプライズ!山田洋次監督がゲストとして登場した。山田洋次監督は2012年に文化勲章を受賞した名監督。監督は「二階の他人」で監督デビューし、世界最長シリーズとしてギネス認定された「男はつらいよ」やアカデミー賞で最優秀監督賞を受賞した「幸福の黄色いハンカチ」を生み出した。その山田洋次監督の作品で通じるものは「家族」、そして監督生活50周年に選んだのは小津安二郎監督の「東京物語」をモチーフとした「東京家族」だ。この場では東京家族の出演者が監督にずっと聞きたかったことを直撃する!

山田洋次監督が「東京家族」に秘められた想いを語る。家族あっての幸せというようなものを見終わった観客が考えてみるようになればいい、と監督は話す。

東京家族のあらすじ紹介。妻夫木さんは、東京家族について「本当に心あたたまる作品」と話した。

このあと正蔵から親孝行のプレゼント!

東京家族の出演者と山田洋次監督との座談会。橋爪さんが聞いたのは「自分への印象」。山田洋次監督は「役者」と感じる、そういう印象があるのは高倉健さんと橋爪さんくらいと話す。次に吉行さんが聞いたのは「ストレスの発散法」、山田洋次監督は映画を作っているのが面白い、あまりストレス発散とかはないと話した。またお酒は飲まないということだ。

豪華キャストが続々登場!

キーワード
東京家族
橋爪功
吉行和子
西村雅彦
中嶋朋子
夏川結衣
林家正蔵
柴又(東京)
小津安二郎
男はつらいよ
二階の他人
東京物語
幸福の黄色いハンカチ
おとうと
アカデミー賞
文化勲章
ギネス
スキー
高倉健さん

映画「東京家族」公開記念 グルメ&おもてなし 東京 親孝行ツアー (バラエティ/情報)
17:21~

最後に正蔵から吉行さんと橋爪さんに親孝行ツアーの締めくくりとして、監督のサインが入った映画のスタッフジャンパーをプレゼントした。

東京家族のあらすじ紹介。妻夫木さんは、東京家族について「本当に心あたたまる作品」と話した。

キーワード
東京家族
橋爪功
吉行和子
西村雅彦
中嶋朋子
夏川結衣
林家正蔵

エンディング (その他)
17:24~

山田洋次監督からのメッセージ、「東京家族」は家族連れでぜひ見ていただきたいと思います、ぜひ見に来て下さいと話した。

キーワード
東京家族
  1. 1月19日 放送