全日本大学駅伝 JAバンクスポーツスペシャル秩父宮賜杯第46回全日本大学駅伝対校選手権大会

放送日 2014年11月2日(日) 7:05~13:40
放送局 朝日放送

番組概要

オープニング (その他)
07:05~

オープニング映像。

スタート地点の名古屋・熱田神宮から中継。解説の日本男子マラソン界を牽引し今年4月にマラソンナショナルチームヘッドコーチに就任した宗猛と、駒澤大学OBで現在岐阜経済大学駅伝部の監督でもある揖斐裕二が、今回の東京五輪スター候補の集結について見所を語った。

キーワード
東京五輪
全日本大学駅伝
名古屋(愛知)

オープニング (その他)
07:09~

4連覇を狙う駒澤大学、逆襲を狙う東洋大学、競走部創部100周年の早稲田大学、平井のいる京都大学など、2020年東京五輪のスター候補ともなる各大学の選手が全日本大学駅伝への抱負を語った。

スタート地点の名古屋・熱田神宮より中継。関東地区の大学のみ出場の箱根駅伝、各地区の推薦校が出場する出雲駅伝と違って、全日本大学駅伝は、シード6校と全国の予選会を勝ち抜いた19校で戦う真の大学日本一を決める戦いとなる。熱田神宮からゴールの伊勢神宮までの道のりを説明し、現在の伊勢神宮の様子を伝えた。

キーワード
早稲田大学
東洋大学
全日本大学駅伝
東京五輪
箱根駅伝
出雲駅伝
名古屋(愛知)
伊勢市(三重)

全日本大学駅伝 出場校 (バラエティ/情報)
07:16~

全国の強豪校を、各地区のアナウンサーが紹介する。11年連続23回目の出場となる札幌学院大学は、 監督ではなく3人の女子マネージャーがエントリーメンバーを選抜している。選手とマネージャーたちが、大会への思いを語った。

2年連続9回目の出場となる東北大学では、エントリーメンバーの13人中大学院生が6人もいる。大学院生の菅野は、より多くの後輩に全国の舞台を味わって欲しく、チームの力になりたいため、院に進んでも駅伝を続けていると話した。

キーワード
札幌学院大学
全日本大学駅伝

全日本大学駅伝 出場校 (バラエティ/情報)
07:22~

信州大学は北信越地区代表、2年ぶり12回目の出場。松本城前から長野朝日放送・村尾まどかが大学を紹介した。箱根駅伝3回出場の経験を持つ、ボランティアコーチの小井薫さんがランナーを指導する。妻の千寿穂さんも手料理で選手をバックアップ。

中京大学は東海地区代表、7年連続35回目の出場。フィギュアの浅田真央や安藤美姫、ハンマー投げの室伏広治などのアスリートを輩出した。陸上部長距離チームには2つの掟があり、1つ目は部内恋愛禁止。集中できなくなり崩れていく選手が多かったという。2つ目は大会前日に、伊勢神宮の盃で水を飲み必勝を誓うという。

第一工業大学は九州地区代表、20年連続20回目の出場。航空工学部でも有名で、数多くのパイロットを輩出した。留学生ランナーのジョン・カリウキは、ケニア出身の薩摩隼人と呼ばれる実力者として期待される。

キーワード
信州大学
小井薫さん
浅田真央
室伏広治
安藤美姫
中京大学
ジョン・カリウキ
第一工業大学
千寿穂さん
箱根駅伝

全日本大学駅伝 出場校 (バラエティ/情報)
07:27~

広島経済大学は中国・四国地区代表、7年ぶり18回目の出場。監督の尾方剛は2005年の世界選手権男子マラソンで銅メダル、2008年の北京五輪にも出場した。監督には3年前に就任し、レベルアップに尽力したという。

全日本大学駅伝のスタート地点から中継。京都大学のエース・平井健太郎選手への注目について、高い目標を持ち自分で練習メニューを組むなど選手としての力の高さがあると話した。

関西地区代表5校から、41年ぶり2回目の出場となった京都大学を紹介。日本初のノーベル賞受賞者となった湯川秀樹を始め、6人の受賞者がいることで知られる。出場の立役者となったのは3年の平井健太郎選手で、9月の日本インカレで日本人トップの2位を記録した。父を早くに亡くし母親の手で育てられたという。

関東地区代表の14校を紹介。うちシード校として6校が出場する。優勝候補筆頭とされるのは駒澤大学で、過去11回の大会優勝を経験している。4年の村山健太は1万メートルで留学生を含む最速タイムを記録した。

関東地区代表から続いて、今年の箱根駅伝で総合優勝した東洋大学を紹介。3年の服部勇馬は30キロの学生記録を持つ。酒井俊幸監督のコメントを紹介した。

早稲田大学の渡辺康幸監督も、打倒駒澤大学へ闘志を燃やす。創部1914年と100年の歴史を持ち、主将は4年の山本修平。

明治大学の陸上部はさらに長い歴史を持つ。1907年創部と107年の歴史を持ち、今年は1万メートルを28分台で走れる選手が7人と全チーム最多となった。文元慧、有村優樹らのコメントを紹介した。

続いて青山学院大学を紹介。今もっとも勢いに乗っているといい、原晋監督もその強さを自負する。2012年の出雲駅伝で初優勝、去年の全日本大学駅伝で初のシード権を獲得した。

このあと 今大会の注目選手 東京五輪スター候補が登場!

キーワード
全日本大学駅伝
湯川秀樹
ノーベル賞
北京五輪
平井健太郎選手
村山謙太
東洋大学
箱根駅伝
服部勇馬
酒井俊幸監督
早稲田大学
渡辺康幸監督
山本修平
明治大学
文元慧
有村優樹
青山学院大学
原晋監督
東京五輪

全日本大学駅伝 出場校 (バラエティ/情報)
07:38~

全日本大学駅伝スタート地点の熱田神宮から中継。続々と選手が集まっていると話した。ゴール地点の伊勢神宮からの中継では、気温の割には肌寒さを感じると紹介した。

山梨学院大学のランナー、エノック・オムワンバを紹介。2012年大会で1年生にして区間記録を更新したが、今年の箱根駅伝で足を故障し失速、途中棄権。その後疲労骨折が判明した。チームメイトは選手を支え、ともに予選会から戦い直すことを誓ったという。

東海大学の瀬古天哩選手は、往年のランナー・瀬古利彦の息子。陸上選手として父親に解説されることが夢で、高校時代は短距離選手だったが大学から長距離に転向した。タイムが伸び悩み、2年でマネージャーに選ばれて選手としての活躍の道が絶たれたが、チームメイトからは優勝して胴上げしたいと励まされ、選手らを支えているという。

全日本大学駅伝の関東地区予選会のもようを紹介。優勝3回の日本大学、名門の中央大学らが落選する結果となった。本戦出場の14校から、東京五輪でも期待される選手を取り上げる。

大東文化大学からは、双子のエースランナー市田孝・市田宏を紹介。2人で力を合わせて大東大の復活を目指す。

駒澤大学のエース・村山謙太の双子の弟でもある村山紘太は城西大学から出場。アジア大会5000メートルで5位入賞などの実力を持つ。

全日本大学駅伝のスタート地点から中継。村山謙太・村山紘太の双子対決も注目されるなどと話した。宗猛が、実力では兄の村山謙太が上回るが、弟の村山紘太にも勢いがあり名勝負が期待されるなどと話した。揖斐祐治は、弟の村山紘太は直前にレースが重なっており疲労が懸念されると話した。

全日本大学駅伝の弥富第1中継点から中継。2区で出場する、東洋大学の服部勇馬などの選手を紹介した。

駒澤大学の大八木弘明監督、東洋大学の酒井俊幸監督をゲストに迎え、駅伝の戦略について聞く。駒澤大学・大八木監督は1区に村山謙太を置いたことについて、レースの主導権を握りたいと話した。東洋大学・酒井監督は服部兄弟を1区・2区に置いたことを聞かれ、2区の服部勇馬が弟からたすきを受けて順位を上げることに期待したいと話した。宗猛は先行逃げ切り型のチームとしてリードを広げるなら何分、追うなら何分ほどを期待しているかを質問した。駒澤大学・大八木監督は4区の時点で逃げるなら90秒、追うなら30秒までと答えた。東洋大学・酒井監督は同じく逃げるなら60秒、追うなら70秒までと答えた。揖斐祐治は駒澤大学・大八木監督に、中村匠吾を4区に配置した経緯を質問。監督は出雲駅伝の頃から主力に据えていたと答えた。

キーワード
全日本大学駅伝
箱根駅伝
エノック・オムワンバ
東海大学
瀬古利彦
瀬古天哩選手
日本大学
中央大学
東京五輪
大東文化大学
市田孝
市田宏
城西大学
村山紘太
村山謙太
アジア大会
服部勇馬
東洋大学
服部弾馬
中村匠吾

第46回全日本大学駅伝対校選手権大会(中継1) (スポーツ)
07:53~

第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会。選手が呼ばれスタート地点に入る。選手達がスタートした。

現在のスタート地点の様子を伝え、川嶋伸次、吉野真治がレースの解説を行った。大学名が呼ばれ、各学校の選手らがスタート地点に向かった。

キーワード
第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会

第46回全日本大学駅伝対校選手権大会(中継2) (スポーツ)
08:08~

第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会。選手達は1km地点を通過している。

キーワード
第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会

第46回全日本大学駅伝対校選手権大会(中継3) (スポーツ)
08:12~

第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会。2.65km地点、佐藤と一色が先頭を引っ張り走っている。

キーワード
第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会

第46回全日本大学駅伝対校選手権大会(中継4) (スポーツ)
08:18~

第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会。選手は4.7km地点を通過中。服部弾馬選手の様子について中継で伝えた。5kmを越え、レースが動いてきた。

キーワード
第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会

第46回全日本大学駅伝対校選手権大会(中継5) (スポーツ)
08:23~

第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会。6.35km地点、他大学同士の双子の兄弟・村山兄弟が先頭を走り、集団の中に差が開いてきた。

キーワード
第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会

第46回全日本大学駅伝対校選手権大会(中継6) (スポーツ)
08:35~

第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会。第1区間も後半に入る。村山紘太が先頭を走っている。43分、第2区間へのたすきが渡された。

キーワード
第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会

第46回全日本大学駅伝対校選手権大会(中継7) (スポーツ)
09:16~

第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会。第2区間も後半に入る。木村慎の走りに注目した。

キーワード
第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会

第46回全日本大学駅伝対校選手権大会(中継8) (スポーツ)
09:20~

第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会。第2区間も後半に入る。駒沢大学中谷がトップで3区にたすきをつないだ。

「横浜国際女子マラソン」の番組宣伝テロップの表示。

キーワード
第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会

第46回全日本大学駅伝対校選手権大会(中継9) (スポーツ)
09:39~

第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会。西澤がトップを走る。駒沢大学OBの油布が第3区間にのコースを解説した。

キーワード
第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会

第46回全日本大学駅伝対校選手権大会(中継10) (スポーツ)
09:44~

第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会。3区の9.5km地点、西澤がトップを走る。

キーワード
第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会

第46回全日本大学駅伝対校選手権大会(中継11) (スポーツ)
09:49~

第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会。3区の9.5km地点、2位の東洋大学に3位の青山学院大学が迫っている。駒沢大学がトップで第4区間にたすきをつなぐ。

マイナビABC、森永レディスの番組宣伝テロップの表示

キーワード
第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会

第46回全日本大学駅伝対校選手権大会(中継12) (スポーツ)
10:13~

第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会。4区の14km地点、駒沢大学がトップを走る。

キーワード
第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会

第46回全日本大学駅伝対校選手権大会(中継13) (スポーツ)
10:17~

第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会。現在の状況について、宗猛、揖斐祐治らが解説した。

第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会。14km地点でのトップは駒沢大学。

出場校・駒澤大学の紹介。4連覇&史上最多優勝を目指す駒澤大学の勝利への原動力は、大八木監督の檄で、中村選手、村山選手も、あの声が聞えると頑張らなくてはと思うのだと話した。

キーワード
第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会

第46回全日本大学駅伝対校選手権大会(中継14) (スポーツ)
10:24~

第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会。現在14km地点を山本修平選手が走っている。

キーワード
第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会

第46回全日本大学駅伝対校選手権大会(中継15) (スポーツ)
10:30~

第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会。まもなく15km地点を走る高久選手を追っている。だい区に、駒沢大学がトップでたすきを渡した。

キーワード
第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会

第46回全日本大学駅伝対校選手権大会(中継16) (スポーツ)
10:47~

第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会。第5区地点について記録保持者の志方さんが解説した。17番で走る京都大学が映された。

キーワード
第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会

第46回全日本大学駅伝対校選手権大会(中継17) (スポーツ)
10:54~

第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会。第5区の11.6地点をトップの駒澤大学が走っている。

キーワード
第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会

第46回全日本大学駅伝対校選手権大会(中継18) (スポーツ)
11:02~

第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会。第5区の11.6地点を走る、明治大学横手選手が映された。

キーワード
第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会

第46回全日本大学駅伝対校選手権大会(中継19) (スポーツ)
11:06~

第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会。第5区の11.6地点を走っている。

フィギュアスケート グランプリシリーズ番組宣伝テロップの表示。

キーワード
第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会

第46回全日本大学駅伝対校選手権大会(中継20) (スポーツ)
11:17~

第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会。第5区の11.6地点を走っている。

キーワード
第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会

第46回全日本大学駅伝対校選手権大会(中継21) (スポーツ)
11:23~

第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会。第6区を走っている。

悲願の初優勝をめざす明治大学は、西弘美監督と選手たちの関係性がとてもよく、時に優しく時に厳しく指導している。選手らは、そんな父のような監督を、優勝して胴上げしたいのだと話した。

第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会。第6区を走っている。

キーワード
第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会
明治大学

第46回全日本大学駅伝対校選手権大会(中継22) (スポーツ)
11:33~

第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会。第6区を走る青山学院大学の川崎は現在2位。

「福岡国際マラソン」の番組宣伝テロップの表示。

第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会。第6区を走る早稲田大学の井戸がペースを上げた。駒澤大学が1位で第7区につないだ。

去年初のシード権を獲得し、今大会NO.1の急上昇をみせる青山学院大学、「最強へ向けての徹底」をスローガンにたたえ、”最強”の初優勝を目指している。

第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会。選手らは第6区~7区を走る。

創部100周年をむかえた早稲田大学、監督は、今年のチームは誰が一番強いのかわからないが、チームワークが本当によく、総合力は優勝を狙うのに相応しいレベルのチームだと、監督や選手らが話した。

キーワード
第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会
早稲田大学
全日本大学駅伝

第46回全日本大学駅伝対校選手権大会(中継23) (スポーツ)
12:07~

第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会。第7区を走る阿部竜巳が差を詰めてきている。

キーワード
第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会

第46回全日本大学駅伝対校選手権大会(中継24) (スポーツ)
12:11~

第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会。選手たちはレースの大詰めに入る第7区を走っている。

キーワード
第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会

第46回全日本大学駅伝対校選手権大会(中継25) (スポーツ)
12:17~

第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会。選手たちはレースの大詰めに入る第7区を走っている。駒澤大学が1位で8区にたすきをつないだ。

キーワード
第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会

第46回全日本大学駅伝対校選手権大会(中継26) (スポーツ)
12:30~

第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会。第8区のアンカーへと次々にたすきが繋がれた。

「サッカーキリンチャレンジカップ 2014」の番組宣伝。

キーワード
第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会

第46回全日本大学駅伝対校選手権大会(中継27) (スポーツ)
12:44~

第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会。第8区のアンカーへと次々にたすきが繋がれた。エノック・オムワンバが現在8区の7km地点を走っている。

全日本大学駅伝を制し、史上初の4連覇を達成した駒澤大学の大八木弘明監督と馬場翔大ら選手たちが、インタビューで喜びのコメントと今後の抱負を語った。

第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会。ゴール地点では、ここまで14校がゴールしている。

キーワード
第46回回全日本大学駅伝対校選手権大会
全日本大学駅伝

エンディング (その他)
13:35~

全日本大学駅伝の最終順位を振り返り、解説の揖斐祐治らがレースを総括した。

キーワード
全日本大学駅伝

キャスト

  1. 前回の放送
  2. 11月2日 放送
  3. 次回の放送