熱闘甲子園 熱闘甲子園[字] “驚異のドクターK”高橋(花咲徳栄)が登場!

『熱闘甲子園』(ねっとうこうしえん、Nettoh Koshien)は、朝日放送テレビ(ABCテレビ)とテレビ朝日の共同制作により、テレビ朝日系列局で全国高等学校野球選手権大会期間中に放送される同大会のダイジェスト・ドキュメンタリー番組である。2006年からはハイビジョン制作ならびに番組連動データ放送が取り入れられ、2007年からステレオ音声で放送されている。現在の冠スポンサーはコカ・コーラで、2006年までは「コカ・コーラサマースペシャル」として放送していた。2007年度から2015年度までは、同社のスポーツドリンクのブランド名である「アクエリアス」名義で単独提供。2016年からは、「コカ・コーラサマースペシャル」というタイトルを復活させている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2016年8月10日(水) 23:20~23:50
放送局 朝日放送

番組概要

オープニング (その他)
23:21~

オープニング映像。

高校野球応援ソング:光と影の日々/AKB48

このあとは、無失点男 甲子園 初陣。

ヒロド歩美と古田敦也が挨拶。NEXT・埼玉大会無失点の好投手。

キーワード
AKB4
光と影の日々
甲子園

熱闘甲子園 (ニュース)
23:24~

埼玉・花咲徳栄と秋田・大曲工業の試合。花咲徳栄の高橋昂也は、埼玉大会では6試合37イニング52奪三振、無失点の好投を見せている。対する大曲工は、チーム打率は代表校中最下位の.197。だが、秋田大会を勝ち抜いた理由について高橋陽喬主将は「納豆打線」と話す。毎日、食べている納豆のような粘り強い守備や打撃が身上だ。試合では、3点をリードされた大曲だが、4回に秋田大会の打率.071の3年・佐渡敬斗がホームランを放って1点を奪った。高橋昂也にとっては、埼玉大会から続く無失点が40イニングで止まった形だ。これが闘争心に火をつけ、勢いにのった高橋。大曲も10安打目をあげるなど奮闘するが、結果は6-1で花咲徳栄が勝利した。

部員136人という大所帯を率いる、広島新庄の恩地康平主将。去年夏、右肩を負傷し、それ以降は控えにまわった。心が折れそうな時、支えになったのは母からの手紙だった。「できることを見つけて全力でやりたい」と話す恩地主将。関東一との試合では、ピンチを背負ったエース・堀瑞輝のもとへ伝令に向かい、仲間を落ち着かせる。試合は1-1の同点のまま延長線へもつれ込んだ。恩地主将は、1塁コーチとして仲間を支える。そして延長12回、2-1で広島新庄が勝利した。試合を見守っていた母・尚子さんから電話を受けた恩地主将は、母へ感謝の言葉を伝えた。

キーワード
高橋昂也
守沢康陽
藤井黎來
野本真康
佐渡敬斗
栗谷川陽太
花咲徳栄
大曲工業
甲子園
納豆
恩地康平
堀瑞輝
石橋康太
北谷奨吾
広島新庄
関東一

夏跡 なつあと (バラエティ/情報)
23:34~

試合後、関東一の宿舎で、村瀬佑斗主将は部員へ涙ながらに最後の言葉を届けた。

AKB応援メッセージ動画配信中!♯nettoh_koshien

古田敦也は「良い投手戦で良いゲームだった」と振り返り、延長12回を完投した堀瑞輝投手について「これぞエース」と評価する。延長に入って疲れた場面で、ストレートのアウトコース低めを徹底して攻めていたと解説した。さらに、勝ち越した延長12回では、13球すべてがストレートだった。堀は、走り込みを行なってきて体力には自信があったのだという。

キーワード
関東一
甲子園
AKB
ツイッター
堀瑞輝投手

熱闘甲子園 (ニュース)
23:36~

このあとは、怪物 清宮撃破!!八王子 登場。

京都翔英の石原彪は「京都のドカベン」として話題を集めている。石原自身は「注目浴びるのは嬉しいが、左バッターやんって思った」と笑いを誘った。注目されるのは、.478・1HR・11打点という打撃力だけでなく、体型からは想像もつかない俊敏な動きと、強肩だ。この夏は1つの盗塁も許していない。しかし、石原にはチームメイトから「食べる量がヤバイ。いつも僕らが我慢しないと…」と不満が漏れることも。そんな石原主将率いる京都翔英は第二試合1回戦で鹿児島・樟南と対戦した。1回に先制した京都翔英だが、リードされるとそのまま点差をつめることはできず、9-1で樟南が勝利した。石原主将は「甲子園に出られて甲子園で終われたということは、よかったと思っている」と涙をこらえながら語った。

市和歌山3年・木下康司は、卒業した先輩・山根翔希から託された思いがあった。2014年夏の甲子園初戦、1-1の同点で迎えた延長12回ウラ・1アウト1塁3塁という場面で、山根はバックホームではなく1塁へ送球してしまい、市和歌山は敗れた。そんな経験をしながらも山根は桃山学院大学に進学後、再び野球をしている。木下は「色々言われたと思う。野球に対する思いが強い人なんだと感じる」と語った。先輩の思いを背負って初戦突破を目指す木下。山根もスタンドから見守る中、星陵との試合で犠牲フライを放って先制点を奪った。そのままリードを広げ、市和歌山は8-2で勝利した。

キーワード
清宮
八王子
石原彪主将
浜屋将太
川本万葉
京都翔英
樟南
ドカベン
甲子園
木下康司
赤羽陸投手
寺西健
市和歌山
鹿屋中央
星陵
桃山学院大学

エンディング (その他)
23:46~

エンディング映像。

熱闘甲子園の次回予告。

あすの対戦を紹介。甲子園初登場の八王子に注目した。ヒロド歩美が、あすの「熱闘甲子園」の告知をした。

あすの対戦表を紹介した。

キーワード
八王子
甲子園
大曲工
市和歌山
京都翔英
  1. 前回の放送
  2. 8月10日 放送
  3. 次回の放送