速報!甲子園への道 2016年7月20日放送回

『速報!甲子園への道』(そくほう こうしえんへのみち 英: ROAD TO KOSHIEN)は、朝日放送テレビの制作により、テレビ朝日系列局ほかで放送されている全国高等学校野球選手権大会の地方大会ダイジェスト番組。略称は、1990年代中盤以降から「への道」(読み方は「えのみち」ではなく「へのみち」と読む)としているが、あまり浸透しておらず、単に「甲子園への道」や「速報甲子園」と略される場合もある。

出典:goo Wikipedia

放送日 2016年7月20日(水) 0:15~ 0:40
放送局 朝日放送

番組概要

オープニング (その他)
00:15~

オープニング映像。

高校野球応援ソング:光と影の日々/AKB48

キーワード
AKB4
光と影の日々

速報!甲子園への道 (ニュース)
00:17~

オープニングトーク。ヒロド歩美は全国の地方大会の魅力を伝えて甲子園の大会を楽しめるようにしていくなどと述べた。

番組ツイッターのテロップ。

沖縄大会決勝。1回、美里工は2点を先制する。すると嘉手納が6得点で逆転に成功する。その後も打ち勝つ野球で得点を重ね、11-3で嘉手納が勝利し、甲子園出場を決めた。

東海大相模は8回に4点を追加し7-2とリードを広げるが、9回に1点差に詰め寄られる。しかし何とか逃げ切り7-6で勝利した。

智弁学園は4回に同点に追いつくと、エースの村上頌樹が好投した。6回には4番の福元悠真にホームランが出るなど、8-1で高田商に勝利した。

八戸学院光星は9-3で八戸西に勝利した。

聖愛が3点リードしていたが、6回に大湊が引っくりがえし、8-4で大湊が勝利した。

札幌第一のエース・上出拓真は好投、9回に走者一掃のタイムリーが飛び出し5-0で札幌第一が勝利した。

キーワード
Twitter
嘉手納
美里工
前徳柊亭選手
大田浩二選手
大石哲汰選手
仲地玖礼投手
神奈川大会
東海大相模
瀬谷
戸崎慶主将
全国高等学校野球選手権大会 奈良大会
智弁学園
高田商
村上頌樹投手
福元悠真選手
岡澤智基主将
全国高等学校野球選手権大会 青森大会
八戸学院光星
八戸西
青森大会
聖愛
大湊
上出拓真投手
南北海道大会
札幌第一
高階成雲選手

ヒーローズ (バラエティ/情報)
00:24~

早稲田実業の清宮幸太郎は、高校通算51本のホームランを放っていて、ギャラリーも集まる選手。3回戦で秋留台と対戦した清宮幸太郎は、第2打席で特大のホームランを放ち、高校通算HRを52とした。清宮は、ヒーロー像を聞かれると、小さい子や観てる人が「清宮みたいになりたい」と思ってくれるような人物でプレースタイルでも憧れであることだと思うなどと述べた。清宮は5回戦でも通算53号ホームランを放っている。

キーワード
清宮幸太郎
西東京大会
啓明学園
秋留台
国士舘

速報!甲子園への道 (ニュース)
00:28~

埼玉栄のベンチ入り20人中7人が1年生。八潮との試合で1年生の4番は1回にタイムリーを放つと、7番の1年生もタイムリーを放った。その後も1年生達がチャンスを作り、8-1で埼玉栄が勝利した。

4回、早大学院の背番号「3」西川佳樹のタイムリーでチャンスを作ると2点を獲得し、逆転すると、5回に主将・宮崎大地のタイムリーをキッカケに一挙9得点で11-1で早大学院が成蹊に勝利した。

その他の試合結果を伝えた。

甲子園で7回全国優勝しているPL学園が、今年の夏の大会で休部することになった。PL学園の中村順司元監督にインタビュー。PL学園が大阪地区予選の初戦で、東大阪大学柏原高等学校と対戦し、7対6で敗北した。

甲子園全国地区予選の主な試合結果、明日の主な試合予定を紹介。

近江高校・伊東優作選手の父親・洋さんは、野球部の部長をしていて、小さい頃から息子に野球の指導をしていた。伊東洋さんは、ミャンマーで野球指導をしていた。滋賀県大会で近江は、水口東に14-0で勝利した。

甲子園近畿地区予選の主な試合結果、明日の主な試合予定を紹介。

キーワード
埼玉大会
八潮
埼玉栄
西東京大会
成蹊
早大学院
宮崎大地主将
西川佳樹選手
PL学園
東大阪大学柏原高等学校
梅田翔大主将
近江高校
水口東
  1. 前回の放送
  2. 7月20日 放送
  3. 次回の放送