食彩の王国 2016年12月18日放送回

『食彩の王国』(しょくさいのおうこく)は2003年10月からテレビ朝日で放送されている紀行番組・料理番組。東京ガス一社提供(CMはスポットを挟み東京ローカルである。以前はBS朝日(明治との共同提供)でも放送され全国で視聴可能だった。地上波のネット局は協賛社差し替え)。

出典:goo Wikipedia

放送日 2016年12月18日(日) 6:30~ 7:00
放送局 朝日放送

番組概要

オープニング (その他)
06:33~

オープニング映像。きょうは、正月には欠かせない、餅を紹介。和食の鉄人の黒木純さんはお雑煮は年初めで気合の入る一品とコメント。全国各地の餅料理を紹介する。

キーワード
お雑煮

新年のお国自慢 夢もふくらむもち尽くし (バラエティ/情報)
06:34~

上野 アメ横商店街で買い物客に自慢のお雑煮を教えてもらった。福岡県出身の女性はブリ雑煮、岩手県の女性はくるみ雑煮を紹介した。島根では十六島海苔雑煮が有名、広島ではカキ雑煮、香川ではあんもち雑煮が有名だ。

湯島のくろぎで雑煮の作り方を教わる。大根・人参を短冊切りし、昆布とかつお節で出汁を通ったら、小松菜に下味を漬け、かまぼこと野菜を出し汁で煮る。角もちは一度焼き器に盛り付けると関東風雑煮になる。関西風は白味噌像に、もちは丸もちを使用する。えび芋、京人参、とうもろこしのピュレや白味噌をたっぷり溶いて染み込ませる。

御菓子司 亀屋大和は江戸時代から続くもち屋。もちは柔らかすぎないように作るのがいちばんよいという。鏡餅には丸く1年が何事もなく過ごせるようにという意味が込められているという。

飛騨高山ではもちが重宝されている。色とりどりのもちがあるという。粟がもちに混ぜられて粟もちが感染する。米の味わいが感じられる。秋もちはアズキをたっぷり付けて味わう秋もち。

農家に伝わる花もちは紅白柄で縁起がいいという。花持ちはあられとして最後に食べる。

パッソ ア パッソではイタリアンで新しくもちを食そうという動きがある。

キーワード
アメ横商店街
ブリ雑煮
くるみ雑煮
十六島海苔雑煮
カキ雑煮
あんもち雑煮
上野(東京)
福岡県
岩手県
島根県
広島県
香川県
大根
人参
小松菜
えび芋
とうもろこし
京人参
角もち
関東風雑煮
丸もち
関西風雑煮
白味噌
くろぎ
かまぼこ
昆布
かつお節
亀屋大和
鏡餅
朝市もち
飛騨高山
秋もち
花もち
花もちのあられ
パッソ ア パッソ

新年のお国自慢 夢もふくらむもち尽くし (バラエティ/情報)
06:52~

シェフが出汁に使うのはスルメ。白味噌と旨味が忘れられない雑煮だという。新たなイタリアンでの像には玄米もちや挽肉、ほうれん草などを使用する。

キーワード
パッソ ア パッソ
祖母の白味噌雑煮
雉肉
玄米もち
ほうれんそう
スルメ
白味噌

新年のお国自慢 夢もふくらむもち尽くし (バラエティ/情報)
06:56~

パッソ ア パッソでのイタリアンお雑煮のポイントはイカ出汁に生クリームを加える。お餅のリピエーノが完成。祖母のお雑煮の味と香りをそのままイタリアンに引き継いだ。

キーワード
パッソ ア パッソ
雉とお餅のリピエーノ

エンディング (その他)
06:58~

エンディング映像。

番組Facebookの告知テロップ。詳しくは番組ホームページから。 

食彩の王国の番組宣伝。

キーワード
食彩の王国ホームページ
食彩の王国Facebook
  1. 前回の放送
  2. 12月18日 放送
  3. 次回の放送