世界の村で発見!こんなところに日本人 3時間スペシャル

『世界の村で発見!こんなところに日本人』(せかいのむらではっけん!こんなところににほんじん)は、朝日放送テレビの制作により、テレビ朝日系列にて2013年4月5日から2019年3月26日までレギュラー放送されていたバラエティ番組である。全150回。なお、レギュラー化前に2008年より不定期特番として7回放送していた。レギュラー放送終了後も、不定期特番として単発放送する。

出典:goo Wikipedia

放送日 2013年10月11日(金) 19:00~21:48
放送局 朝日放送

番組概要

オープニング (その他)
19:00~

オープニング映像。今回はカンボジア王国・ブラジル連邦共和国・パプアニューギニア独立国で暮らす日本人を紹介する。

ゲストの伊武雅刀が番組を見たことがないと話した。

キーワード
カンボジア王国
ブラジル連邦共和国
パプアニューギニア独立国

内戦で荒れた村に暮らすたった一人の日本人女性 (バラエティ/情報)
19:02~

カンボジア王国は、東南アジアインドネシア半島に位置し、面積は日本の半分で人口は1400万で日本の1/8。22年前まで政権をめぐる内戦が続いていた。ポル・ポト政権時代 飢餓と虐殺で死者100万人以上となった。今回、日本人女性が住むのはバッタンバンのタコック村。

カンボジアへはバンコクを経由して約12時間、プノンペン国際空港に到着したのは長谷川初範。長谷川はトゥクトゥクで空港からプノンペンに向かった。プノンペンは人口約140万で政治経済の中心地となっている。長谷川は、装飾品や衣類・食材や食品などが揃う中央市場でタランチュラの佃煮を試食した。

日本人女性が暮らすというタコック村について聞き込み。タコック村は知らないということで、バッタンバンへ向かうことになったが、急にスコールで足止め。長谷川は地元の人が利用するという個人タクシーでバッタンバンへ向かおうとしたが、荷台に乗るということで車移動は断念。

車移動を断念してプノンペン駅へと向かった長谷川だったが、線路工事が5年間も続いていて電車は走っていなかった。すると、飛行機で行けるということでプノンペン国際空港へと戻ったが、バッタンバン行きのフライトは6年前から飛んでいないという。そして、バッタンバンと同じ方向のシェムリアップ行きならあるということで、シェムリアップへ向かうことになった。

プノンペンを出発した長谷川は、1時間賭けてシェムリアップ国際空港に到着。長谷川はついでということで夜のアンコールワットに訪れたが、周りはただの暗闇だった。

長谷川が訪れたシェムリアップにはアンコールワットがあるが、早朝から日本人が暮らすタコック村があるバッタンバンへバスで移動。途中の30分休憩で、長谷川はカンボジア人が好きな組み合わせのスイカとご飯で朝食。

キーワード
カンボジア王国
タコック村(カンボジア)
プノンペン国際空港
カンボジア
プノンペン(カンボジア)
バッタンバン(カンボジア)
プノンペン駅
シェムリアップ(カンボジア)
シェムリアップ国際空港
アンコールワット

内戦で荒れた村に暮らすたった一人の日本人女性 (バラエティ/情報)
19:18~

日本出発から37時間半、日本人が暮らすタコック村があるカンボジア第二の都市・バッタンバンに到着。バッタンバンは人口約100万。ポル・ポト軍の活動拠点だった。長谷川は日本人女性が暮らすタコック村について村の人に聞き、トゥクトゥクで向かった。日本出発から38時間、長谷川は日本人女性女性が暮らすタコック村に到着。

カンボジアを訪れた長谷川初範が、カンボジアの伝統衣装でスタジオに登場。ただの暗闇だったアンコールワットについて、伊武は朝日のアンコールワットが良いと語った。さらに、長谷川は市場で食べたタランチュラの佃煮の食べた感想を話した。

このあと、日本人女性を発見。

キーワード
タコック村(カンボジア)
バッタンバン(カンボジア)
アンコールワット
カンボジア

内戦で荒れた村に暮らすたった一人の日本人女性 (バラエティ/情報)
19:24~

日本人女性女性が暮らすバッタンバンのタコック村は、人口約1200人で稲作が盛ん。村で日本人女性の情報を聞き、タコック村に暮らすたった一人の日本人女性・岩田亮子さんと出会うことができた。

タコック村に暮らすたった一人の日本人女性・岩田亮子さんがいるのは、お寺の住職が開いているノリア孤児院。岩田さんは日本で客室乗務員として働き、結婚もしていた。アフリカでの井戸掘り活動に感銘を受けて、「いつか海外の人の為になりたい」と考えていたという。そして、43歳で離婚して退職、国際貢献の道に進んだ。そこで目の当たりにしたのはあまりに過酷な環境で暮らす孤児院。「原始的な生活こそ平等」と捉えたポル・ポトは知識人を大量虐殺、カンボジアでは子どもを教育できる大人が少ないのが現状だという。その現実を知った岩田さんは2009年、日本の家を引き払ってカンボジアに移り住む。

岩田さんの住まいはバッタンバンの街中にあるアパートで、安全面と仕事を求めて街で出てくる子供たちのためにちゃんとした情報を持つための街中にあるアパートに住んでいるという。岩田さんの支援には大きなモットーがあり、子供たちが自立できるようにと身の回りのことは子供たちにやらせているという。

孤児院の手伝いを始めた岩田さんはインターネットでの資金集めを行い、孤児院は広い場所へと移り、寝泊まりする立派な宿舎や勉強するための校舎も建った。岩田さんは一日のほとんどを一緒に過ごし、身の回りの世話をしながら勉強や言葉・体育を教えている。

スタジオで、長谷川初範がカンボジアにいる日本人女性に出会った感想を話した。

キーワード
タコック村(カンボジア)
バッタンバン(カンボジア)
ノリア孤児院
ポル・ポト
カンボジア

その小さな町に住む100歳を越えた日本人女性 (バラエティ/情報)
19:40~

このあと、100歳を超える日本人女性!?

その小さな町に住む100歳を越えた日本人女性 (バラエティ/情報)
19:43~

ブラジル連邦共和国は南米大陸最大の面積で日本の22.5倍、人口世界第5位で約1億9800万、1908年の移民政策により多くの日本人が移住。今回、100歳を越える日本人女性が住むのはフロレスタという町。

日本から米・デトロイトを経由して約31時間、日本人を探すべくグアルーリョス国際空港に降り立ったのは多岐川裕美。多岐川は、空港バスで人口約1200万 南米の経済の中心地サンパウロ市内を訪れた。多岐川はさっそく市内で日傘の代わりに雨傘を購入して、地元で人気のレストランで牛肉の定食を食べた。

キーワード
ブラジル連邦共和国
フロレスタ(ブラジル)
グアルーリョス国際空港
サンパウロ(ブラジル)

その小さな町に住む100歳を越えた日本人女性 (バラエティ/情報)
19:51~

多岐川は、サンパウロで日本人女性が暮らすフロレスタについて聞き込み。全く手がかりが掴めず、多岐川はヒールを脱いで動きやすい靴に履き替えて聞き込み再開。郵便局で聞き込みをするとフロレスタという町は6つもあり、ただのフロレスタは2つ。とりあえず、今いるサンパウロから近いパラナ州フロレスタへ向かうことになった。

パラナ州フロレスタに向かうことになった多岐川は、地下鉄でパラナ州フロレスタの手前の町・マリンガまで行くバスの発着地のテルミナル・ホドビアーリオ・バーラ・フンダ バスターミナルを訪れ。日本出発から37時間 バスでマリンガへ向かった。

多岐川が訪れたパラナ州の都市・マリンガは、人口約36万、自然豊かな町。多岐川はフロレスタに行くため町の人に聞くとバスで移動すると聞き、フロレスタに行くバスターミナルから日本人がいると思われるフロレスタへと向かった。

ブラジルを訪れた多岐川裕美が、ブラジル・サルバドール地方でお祭りなどの時に着る衣装でスタジオに登場。ブラジルまで行く途中、起きても起きても飛行機で着いてもずっと歩かされたと話し、カバンを持たないスタッフに冷たいと話していた。

多岐川裕美出演映画「晴れのち晴れ、ときどき晴れ」の告知。

多岐川が訪れたパラナ州の都市・フロレスタは、人口約6000、農業が盛んな町。多岐川は日本人探しを行うと、100歳を越える日本人女性の孫と友達だという男性と出会い、日本人女性が暮らす家に向かった。日本出発から60時間、100歳を越える日本人女性と出会った。

キーワード
サンパウロ(ブラジル)
フロレスタ(ブラジル)
パラナ州(ブラジル)
テルミナル・ホドビアーリオ・バーラ・フンダ バスターミナル
マリンガ(ブラジル)
ブラジル
晴れのち晴れ、ときどき晴れ

その小さな町に住む100歳を越えた日本人女性 (バラエティ/情報)
20:11~

日本出発から60時間、100歳を越える日本人女性の吉野オワカさんと出会った。吉野オワカさんは今から85年前、家族3人でブラジルに移民。ブラジルまでの渡航日数は2か月もあったが、移民船では麦ご飯に糠と塩だけだったという。サンパウロのコーヒー農園と3年間の契約で働くことになったが、最低限の生活は保証されたが給料として現金を残すことができなかった。農園での契約が終了した3年後、日本から持ってきた全財産を使って農園を購入。オワカさんはブラジルで4人の子供を出産。1961年に夫が他界し、オワカさんは93歳まで働いた。そして、去年11月に108歳の誕生日を迎え、子どもと孫は18人。ひ孫と玄孫が17人。3人の家族は、85年の年月を重ねて60人以上の大家族となった。

スタジオで、多岐川裕美がブラジルにいる日本人女性に出会った感想を話した。ブラジルの日本人女性の言葉に感銘を受けたジュニアは、公共の電波を使ってそのような女性を募集していた。

キーワード
フロレスタ(ブラジル)
パラナ州(ブラジル)
サンパウロ(ブラジル)
ブラジル

ジャングルに囲まれた町に住むたった一人の日本人 (バラエティ/情報)
20:21~

パプアニューギニア独立国はニューギニア島の東半分と周辺の島々、面積は日本の1.25倍、人口701万で日本の1/18。800以上の先住民が異なる言語・文化を保有し、昔ながらの生活を行う先住民も存在するという。太平洋戦争中、日本軍と連合軍が激戦を繰り広げた。今回、日本人が住むのはウェワクという町。

このあと、パプアニューギニアでビックマンと呼ばれる日本人。

キーワード
パプアニューギニア独立国
ウェワク(パプアニューギニア)

ジャングルに囲まれた町に住むたった一人の日本人 (バラエティ/情報)
20:25~

日本からシンガポールを経由して約22時間、ポートモレスビー・ジャクソン国際空港に到着したのは南海キャンディーズのしずちゃん。市内までのタクシーで向かう途中、しずちゃんが心配で相方の山里から電話が入った。

ポートモレスビーで日本人が住むウェワクについて聞き込み。日本人が住むウェワクはニューギニア島の北部で、ポートモレスビーからは約760kmもあるという。

しずちゃんが到着したポートモレスビーは、海洋民族がおよそ2000年前に住み着いて生まれた町で、人口約30万、主な産業は農業や鉱業。市民の台所・マヌト市場へとやって来たしずちゃんは、ブアイと呼ばれる嗜好品を食べた。

キーワード
シンガポール
ポートモレスビー・ジャクソン国際空港
山里
ポートモレスビー(パプアニューギニア)
マヌト市場
ブアイ
ウェワク(パプアニューギニア)

ジャングルに囲まれた町に住むたった一人の日本人 (バラエティ/情報)
20:35~

日本出発から29時間、日本人が住むウェワクの手前のマダン空港に到着。

日本人が住むウェワクはニューギニア島の北部で、しずちゃんがいるポートモレスビーからは直線距離で約760km。船では3日間はかかるが、飛行機なら1時間だという。島の南北は道路でつながっていないため、ポートモレスビー・ジャクソン国際空港に戻ってウェワク行きを聞いたが途中のマダンまでしかなかった。北部への便はいつも混雑していて、ウェワクまでの空席があるのは3日後ということで手前のマダンに向かった。

キーワード
マダン空港
ウェワク(パプアニューギニア)
ポートモレスビー(パプアニューギニア)
ポートモレスビー・ジャクソン国際空港
マダン(パプアニューギニア)

ジャングルに囲まれた町に住むたった一人の日本人 (バラエティ/情報)
20:40~

日本出発から29時間、マダン空港に到着。マダンで日本人が住むウェワクについて聞くと、ウェワクの手前のボギアまでしか道はないという。さらに、ボギアまではあすの朝までバスは出ないという事でマダンで1日目終了。

2日目、日本人が住むウェワクに向かうためギリギリまで道が繋がっているボギアまでバスで向かった。マダンから5時間かけてボギアに到着し、ウェワクまでの道のりを聞くと小さなボートで海へでて海外沿いにウェワクに向かうという。しかし、強風と高波でボートへは出せないという。さらに、マダンから飛行機でウェワクへ向かうことができると聞き、再びさきほど来た道を引き返した。

3日目、マダン空港からウェワクに向かい、日本出発から71時間 日本人が住むウェワクに到着した。

スタジオに、パプアニューギニアに訪れたしずちゃんがパプアニューギニアの民族衣装で登場。日本人が住む村までの道のりについて、道がガタガタでムチうちのようになったと話した。

伊武雅刀出演「都市伝説の女」の番組宣伝。

日本出発から73時間、ウェワクに住むたった一人の日本人・川畑静さんと出会うことができた。川畑静さんは、パラダイスニューウェワクホテルのオーナーで、パプア人の奥さんと娘さんの3人で暮らしている。川畑静さんは1971年に初めてパプアニューギニアにドキュメンタリーのカメラマンとして撮影で訪れ、カメラマンとして世界を飛び回る日々を送っていたが、1984年にホテル再建のためマネージャーとしてパプアニューギニアに戻ってきた。当時、ホテルの借金は5000万円にものぼったが20年かけて完済。その姿は現地の人から尊敬される人物としてビッグマンと呼ばれるようになった。

ウェワクに住む川畑静さんは、18歳で海軍航空隊の予科練で配属された部隊が人間魚雷「回天」だった。川畑さんは後回しとなり、出撃目前で終戦を迎えた。そして、川畑さんがウェワクで続けているのが7万人以上の遺骨が眠っているこの島で、日本からの遺族と一緒に遺骨を探して供養をして日本に返す活動を続けているという。

日本人が住むというウェワクは、人口約2万5000、農業中心の港町。そんなウェワクで日本人の情報の聞き込みを行うと、山の上のホテルにいるという情報を得た。しずちゃんは歩いて15分ということで向かうと、途中の地元の方からその日本人はカワバタということを聞いた。

パプアニューギニアを訪れたしずちゃんが、パプアニューギニアで暮らす日本人と出会った感想を話した。

キーワード
マダン空港
マダン(パプアニューギニア)
ウェワク(パプアニューギニア)
ボギア(パプアニューギニア)
パプアニューギニア
パラダイスニューウェワクホテル
回天

千原せいじがアフリカ54か国に住む日本人全員に会いに行きます! (バラエティ/情報)
21:05~

今回、千原せいじが向かったカメルーン共和国はギニア湾に面し人口は2050万で日本の1/6、地域によって地形や気候も様々で、アフリカ大陸を凝縮したミニアフリカと呼ばれる。言語の異なる240の民族が存在し、王様がいる王族社会で昔ながらの生活習慣を守っている。今回、日本人が住むのはメヨメサラという村。スタジオで、日本人と出会ってきた千原せいじは「最低です」と語った。

カメルーンへは飛行機でパリを経由して約26時間、ドゥアラ国際空港に到着したせいじは開口一番「久々にヤバイにおいしてる」と話した。タクシーで市街地へ向かい、カメルーン最大の商業都市・ドゥアラに到着。人口約250万、主にコーヒー豆やカカオを輸出している。せいじは夜にも関わらず日本人探しを開始し、日本人が住むメヨメサラまではドゥアラから首都・ヤウンデを経由するという。バスは夜もやっているということで、日本出発から27時間半 ドゥアラからヤウンデに向けてバスで出発した。

このあと、さらなる悲劇が!?

キーワード
カメルーン共和国
メヨメサラ(カメルーン)
ギニア湾
パリ(フランス)
カメルーン
ドゥアラ国際空港
ドゥアラ(カメルーン)
ヤウンデ(カメルーン)

千原せいじがアフリカ54か国に住む日本人全員に会いに行きます! (バラエティ/情報)
21:16~

日本出発から33時間半、ヤウンデに到着し一泊。首都・ヤウンデは人口約240万、政治の中心地で町には政府関係の施設が立ち並ぶ。日本出発から38時間半、せいじは朝から日本人が住むメヨメサラ行きのバスを探していると、バスは昼ぐらいに出発するということでバスをチャーターしてメヨメサラに向かうことになった。メヨメサラに行く途中にオススメのスポットがあるかとドライバーに聞くと、アフリカでも珍しいニシローランドゴリラがいるという動物保護区に立ち寄った。

日本出発から45時間、日本人女性が暮らすメヨメサラに到着。しかし、せいじを乗せた車がメヨメサラを離れていった。

キーワード
メヨメサラ(カメルーン)
ヤウンデ(カメルーン)
ニシローランドゴリラ

千原せいじがアフリカ54か国に住む日本人全員に会いに行きます! (バラエティ/情報)
21:24~

日本出発から45時間、日本人女性が暮らすメヨメサラに到着したがメヨメサラでの取材許可が下りなかった。メヨメサラは大統領の実家があるため警備が厳しくテレビ撮影の許可が下りなかったのだという。

カメルーンの熱帯雨林の村に住む日本人女性と会えなかったが、今回は現地に住む日本人女性からビデオレターを送ってもらったと紹介した。

キーワード
メヨメサラ(カメルーン)
カメルーン

千原せいじがアフリカ54か国に住む日本人全員に会いに行きます! (バラエティ/情報)
21:29~

カメルーン南部 熱帯雨林の小さな村・メヨメサラに住む日本人女性・蔵光小百合さんからのビデオレターを紹介。北海道釧路市のコミュニティFMのパーソナリティとして15年のキャリアをもつ蔵光さんは、カメルーンのコミュニティFMで働くボランティアの募集を見てメヨメサラにやって来たという。蔵光さんは毎週金曜日に1時間の番組を担当していて、日本の音楽・文化・日本語を紹介しているという。カメルーンでの生活で苦しかったことが食べ物があわず、3か月で10kgもやせてしまったことだという。

カメルーンの熱帯雨林の村に住む日本人女性についての感想を話し、せいじはカメルーン滞在3日間で3kgもやせてしまったと話した。さらにせいじは、このあとの旅はトラブルが続くような国しか残っていないと話した。

ヤウンデで再び日本人探しをスタートさせたせいじは、たった一人の日本人女性が住むという先住民の村・バングラップへと向かった。直接行くバスはないので、隣の町・バンガンテに向かうバスで向かった。すると、バスに乗り合わせた人から日本人の女性がよく同じバスに乗っていると聞いた。

日本出発から67時間半、日本人女性が住むバングラップの隣の町・バンガンテに到着。乗り合わせた男性に誘われて一緒にランチし、バングラップに向けてバイクタクシーで移動。日本出発から70時間、日本人が住むバングラップに到着。

キーワード
メヨメサラ(カメルーン)
釧路市(北海道)
カメルーン
ヤウンデ(カメルーン)
バングラップ(カメルーン)
バンガンテ(カメルーン)

エンディング (その他)
21:43~

世界の村で発見!こんなところに日本人の次回予告。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 10月11日 放送
  3. 次回の放送