たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学 たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学 病が少ない県民の秘密SP[再]

『たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学』(たけしのけんこうエンターテインメント みんなのかていのいがく)は、朝日放送(ABC)とユーコムの共同制作により、テレビ朝日系列で2010年1月12日から2017年6月6日まで毎週火曜日 20:00 - 20:54(JST)に放送されていた健康に関する教養バラエティ番組。全181回。司会を務めたビートたけしの冠番組。ステレオ放送、文字多重放送、ハイビジョン制作が実施されていた。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年7月8日(土) 14:00~16:55
放送局 朝日放送

番組概要

オープニング (その他)
14:00~

国民生活基礎調査で国民がどんな不調を抱えているのかを調べるとどランキング1位の県があった。胃痛・頻尿・物忘れが少ない1位の県を徹底調査する。

オープニング映像。

キーワード
胃痛
頻尿
物忘れ

治らない不調 解消法SP (バラエティ/情報)
14:02~

胃痛・胃もたれの推定患者は約1000万人とも言われる。胃潰瘍や胃がんの可能性がある。腹痛・胃痛の少ない県5位は栃木、4位は山口、3位は沖縄、2位は石川だった。

胃痛が一番少ないのは富山県だという。4回連続1位だという。富山県の秘密を探る。

都道府県ランキングは番組ホームページで公開中。

北陸新幹線が開通、黒部ダムなど五箇山相倉合掌造り集落、称名滝などの観光がある富山。ホタルイカや岩牡蠣、白エビが名産だ。街の人に行くと胃炎はないという。

何を食べているのか調べてみることにした。地元のスーパーにやってきた。様々な種類の昆布巻きがあった。さらに、とろろこんぶをまいたおにぎりがあった。100種類以上の昆布が売っていた。富山県は昆布の購入量・金額が日本一だという。江戸時代、北前船の中継地で、庶民に昆布食文化が根付いているのだという。

兵庫医科大学の三輪先生を訪ねた。胃痛には、昆布のアルギン酸が良いのだという。近年、胃に病変がないのに痛みを訴える患者が増えているという。機能性ディスペプシアという自律神経の乱れによって引き起こされる病気だという。胃痛知らずのカギは副交感神経が握っているかもしれないという。富山の人は副交感神経の働きが強い可能性があるという。

富山県民が副交感神経が少ないのか検査した。富山と東京でほぼ同じ条件でランダムに選んだ方の自律神経を検査した。東京ではほ7割が交感神経が優位だった。富山では6割を越える人が副交感神経が優位だった。

富山県民の副交感神経が高い秘密を探るため、最も副交感神経がたかかった内田さんの生活に密着した。その生活から判明した富山ならではの副交感神経UP法とは?

都道府県別ランキングは番組ホームページで公開中

キーワード
兵庫医科大学
胃潰瘍
胃がん
富山県
たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学 公式サイト
北陸新幹線
黒部ダム
五箇山相倉合掌造り集落
称名滝
ホタルイカ
岩牡蠣
白エビ
アルビス 大島店
昆布巻
北前船
とろろこんぶ
とろろこんぶおにぎり
胃炎
機能性ディスペプシア
自律神経
ストレス
副交感神経
アルギン酸
みんなの家庭の医学

治らない不調 解消法SP (バラエティ/情報)
14:24~

最も副交感神経が優位だった富山の内田英子さんに密着した。富山市の一軒家の自宅。朝6時半に30分の犬の散歩。15分歩くと富山湾が広がる。一家は長男家族もふくめ8人ぐらし。7時に朝食。英子さんは孫と家庭菜園にいた。家は7LDKの広々とした住まいだ。ご近所も広い家ばかり。富山は持ち家率が全国1位で、延べ面積、居住室数も1位だ。

ご主人と子どもたちを送り出し、英子さんとお嫁さんがふたりで朝食をとった。ひととおり家事をこなすと、仕事に向かう。仕事は鉄工所の経理事務。昼食は、近所の次男の嫁が担当。食事は家族揃って食べるという。

富山といえば置き薬が有名。有名な赤玉はら薬を見せてくれた。家庭で使用頻度の高いものがそろっていたが、全部使っていなかった。置き薬を発案したのは、二代目富山藩主、前田正甫。自ら胃腸の痛みがあったので熊の胆が入った万能薬、反魂丹を作らせた所、効果を発揮し、全国に行商して普及させたという。その際、薬はイザに備えてこそ意味があるとして発案したという。富山の人にとって薬はお守りだという。

内田さんだけでなく、他のお宅でも薬は未開封だった。ほかにもイザに備えているものがあるという。

キーワード
富山湾
内田鉄工
赤玉はら薬
富山の置き薬
前田正甫
反魂丹

治らない不調 解消法SP (バラエティ/情報)
14:38~

薬以外で備えているものがあるとして、米を1年あずけている農家があると紹介した。神通川が頻繁に氾濫し、飢饉に見舞われていたため、今でもイザに備えて1年備蓄するのが当たり前なのだという。富山は、生命保険の加入件数は2位、貯蓄保有率は1位で、イザに備える県民性がうかがわれる。

午後4時、英子さんは仕事を中断し花壇に向かい、孫と花の世話をした。花は玄関に飾った。富山はチューリップの球根の出荷量ランキングが日本一。いままでのVTRをみて、専門の先生は、備えあれば憂いなし精神がストレスを軽減している、花のある暮らしが副交感神経を高めると話した。

キーワード
神通川
チューリップ。
副交感神経
ストレス

治らない不調 解消法SP (バラエティ/情報)
14:48~

専門家は、不安が解消されるだけでも胃の症状はよくなる。胃の不調で、病院で異常がないとわかったら3割の胃痛が回復したという報告もあるという。

カンタンにできる副交感神経をUPさせる方法を聞く。機能性ディスペプシアで胃痛を感じる人は知覚過敏の状態になっているという。今年4月にイギリスで発表された研究によると、ある呼吸法を32分行うと、副交感神経が活発化するという。その呼吸法は、4秒かけてゆっくり息を吸い、6秒かけてゆっくり息を吐く、これを繰り返すという。6回やって数分休むのを1セットとして2~3セットくりかえすのが良いという。胃に病変がない場合、この呼吸法で収まる可能性は高いという。だが一度は病院で調べてもらうことが重要だと話した。

物忘れの最大の原因は加齢による脳の機能低下。日本人の高齢化にともない、65歳上の7人に1人が認知症だという。認知症の初期症状、物忘れが日本で最も少ない県を紹介。5位は埼玉、4位は宮崎、3位は大分、2位は山梨だという。

キーワード
機能性ディスペプシア
胃潰瘍
胃がん
物忘れ
認知症

治らない不調 解消法SP (バラエティ/情報)
14:57~

日本で一番物忘れが少ないのは、鹿児島県だった。スタジオの鹿児島県出身の恵は心当たりがないと話した。鹿児島県の秘密を探る。

都道府県ランキングは番組ホームページで公開中。

鹿児島といえば、桜島、西郷隆盛、名勝仙巌園、尚古集成館などを紹介。また、温泉大国として、霧島温泉郷。名物は黒豚とんかつ、黒豚しゃぶしゃぶ、鹿児島黒牛、黒さつま鶏、鹿児島ラーメンなどを紹介した。

鹿児島県民の物忘れについて抜き打ちで記憶力チェックをおこなった。おとといの夕食に何を食べたか聞いた。東京では、20名中14名だった。正解率7割。鹿児島では19名中17で9割だった。

認知機能検査「STM-COMET」での検査を実施した。鹿児島県内の3か所でランダムに60歳以上の男女を募集し、37名に検査を受けてもらった。80代は4つ覚えていれば平均だが7つ答えられた。ほかにも実年齢より脳年齢が若い人が続出した。37名のうち24名が脳年齢が若かった。脳年齢が若い四元さんと南さんに密着することにした。

名古屋から認知症予防の専門家、遠藤先生をお呼びした。四元さんのお宅に伺った。午前7時30分、朝ごはんを作り始めた。名医が見つけた脳を活性化させる秘密とは?

日本一物忘れが少ない県で発見!脳を活性化させる方法

キーワード
たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学 公式サイト
名勝仙巌園
西郷隆盛
尚古集成館
坂本龍馬
黒さつま鶏
鹿児島黒牛
黒豚しゃぶしゃぶ
黒豚とんかつ
鹿児島ラーメン
桜島
霧島温泉郷
霧島市(鹿児島)
南九州市(鹿児島)
鹿児島市(鹿児島)
STM-COMET
認知症

治らない不調 解消法SP (バラエティ/情報)
15:16~

四元さんは73歳で朝一番で化粧をするという。予定がなくても人と会うことを意識した積極的な弘道は物忘れ防止につながるという。午前8時、朝食。33年前に夫をなくし、一人暮らしをしている。鹿児島県は高齢者の一人暮らし率が全国1位だという。朝食のメニューにあったオリーブオイルヨーグルトにある、オリーブオイルの成分が認知症予防になるという。

午前9時50分、近所の友達が続々とやってきた。いただいたお菓子をあけ、取りとめのない話で爆笑していた。

キーワード
オリーブオイル

治らない不調 解消法SP (バラエティ/情報)
15:24~

四元さんたちに集まっていたのは、年の差があるグループだとわかった。年齢がバラけていることで、脳が活性化し良い影響を与えているという。グループ同士でお化粧をはじめたのを見て、先生は、化粧にかぎらず、洋服など身だしなみに気を遣うことが認知機能を保つのに効果があるという。四元さんの物忘れ予防ポイントとして、朝から化粧して身だしなみに気を使う、年齢の違う多くの仲間と集う、オリーブオイルを使った料理を食べると伝えた。

続いて、南さんのお宅に向かった。南さんは年上の奥さんと二人暮らし。お休みなので、お昼は奥さんと自宅でラーメンを食べた。鹿児島は高齢者2人暮らしの割合が全国3位だという。食後、南さんは、冷蔵庫から鯛を取り出した。自らおろしはじめた。青魚に含まれるEPA・DHAが認知症予防に効果があると数多く発表されている。

鹿児島は釣りをする人の割合が全国1位。魚をよく食べていることが物忘れ防止につながっているという。

午後4時、長女と孫が夕食の手伝いにやってきた。つづいて長女の夫、次男、次男の妻、長男がやってきて、近所に住む家族があつまって夕食会が行われた。四元さんと南さんに共通していたポイントは、世代をこえた集いだという。他の方にも聞くと、郷中教育の流れで、上の人が下を育てるという風習があったと話した。

恵は郷中教育を知らなかったが、飲み会だと、先輩がよく動いているという話をした。遠藤先生は、世代を超えたコミュニケーションが素晴らしいと話した。四元さんは1週間に86人と会っていたという。全員お友達だという。きんさんぎんさんの家族の例を紹介、脳の活性化に会話が重要だと話した。

家庭でできる、脳を活性化させる方法を紹介する。

キーワード
EPA
DHA
郷中教育
蟹江美根代さん
矢野年子さん
津田千多代さん
佐野百合子さん

治らない不調 解消法SP (バラエティ/情報)
15:42~

物忘れ改善テレビ鑑賞法として、一人暮らしの高齢者の方は外出せずテレビをぼんやり観ている人が多いので、気になる情報のメモを取る、誰かに話すことだと紹介した。情報から確かめたり、試したりすることが大事だと話した。

最も頻尿が少ない都道府県を紹介する。頻尿の主な原因は加齢で、40歳以上の約半数が頻尿の傾向があるという。頻尿の少ない県5位は佐賀、4位静岡、3位秋田、2位大分、1位は山梨県だった。

都道府県ランキングは番組ホームページで公開中。

山梨といえば、世界文化遺産となった富士山。名産は桃やぶどうで収穫量は日本一。ワインの消費量も日本一だ。名物はほうとう、とりもつ煮。かっぱめしも人気だ。

山梨県民は頻尿を感じていないか100人アンケートをとった。40歳以上で、日中8回以上は全国50%だった。山梨は23%だった。山梨県民の膀胱強さをチェックすべく、トイレのあと、500mlの水をのみ、尿意を感じた方から退室するというテストを行った。山梨県外に住む10人では、2時間で全員退室した。山梨の方は3時間たっても6人が残っていた。

テストをうけてもらった大澤さんと大森さんの生活に密着することにした。

甲州市に住む大澤さんは桃とブドウの農家だ。夫と両親の4人家族。全員頻尿で困っていないという。午前5時、朝食を作る大澤さん。こだわりのお味噌汁は、ひとばんつけておいた煮干しとカツオ節の出汁から作る。家庭菜園で食べる野菜を収穫。午前7時、畑作業から家族が戻り食事をする。ふたたび家族は畑仕事へもどった。

このあいだに家事をこなす大澤さん。洗濯物は一気に干すのではなく、何度も往復し、あちこちに干していた。広い庭を使うためという。そのあとゴミを捨て始めた。捨場は250メートルも離れていた。運動量を増やすためにたくさん歩いているという。甲州市のチャレンジプラス1000歩に参加しているからだという。4年前から甲州市が始めた健康プログラムで、意識して1000歩多くあるくという

甲州市以外でも山梨県では、各市町村で歩くことを推奨している。以前は歩くことが苦手だった大澤さんだが、ご主人がこのとりくみ参加しようと誘ったのだという。歩数計を見ると5105歩だった。昼食に家族がもどり、食事のあと、40分ほど昼寝をとった。午後は家族で畑仕事をした。夕食後、歩数計を確認すると14651歩だった。

つづいて、忍野村に住む、大森さんを訪ねた。午前6時、煮干しと昆布の合わせ出汁をとったお味噌汁を作った。自家製で味噌を作っている。大森さんは塩分濃度を厳しくチェックした。しょうゆも出汁でうすめただし醤油で、どんな料理も減塩にこだわっていた。

そこへ食改さんと呼ばれる天野さんがやってきて抜き打ちで塩分チェックをした。食改さんとは食を通した健康づくりを進めるボランティアだという。減塩味噌の作り方を教えたのも食改さんだった。その後、昼食、夕食は塩分控えめな食事になった。大森さんは元気で暮らせるのは食改さんのおかげと話した。

頻尿の名医、高橋先生を訪ねた。2人の生活をみてもらうと、よく歩くことだと話した。頻尿は肥満がひとつの原因だという。また、歩くことで足のむくみが解消されるのも良いと話した。山梨県は足のむくみやだるさが日本一少ないという。つづいて、減塩が良いという。塩分のとりすぎで水分を取り過ぎてしまうという。

よく歩くことと減塩は、夜間頻尿の改善に効果があるという。全国で夜間頻尿は推定4500万人いると言われている。

夜間頻尿で悩む岩井さんと上田さんを取材。夜間頻尿の様子を紹介した。

ふたりの塩分摂取量はおどろきの量だった。家庭で出来る簡単減塩テクニックを大公開。

キーワード
物忘れ
頻尿
山梨県
たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学 公式サイト
世界文化遺産
ワイン
ほうとう
とりもつ煮
かっぱめし
富士山
煮干し
かつお節
味噌汁
チャレンジプラス1,000歩
歩数計
忍野村(山梨)
食生活改善推進員
出汁醤油
肥満
むくみ
減塩
ナトリウム
夜間頻尿

治らない不調 解消法SP (バラエティ/情報)
16:27~

夜間頻尿で悩む上田さんと岩井さんに密着。普段の食事内容と歩数をチェックした。岩井さんはあまり塩分を気にしていなく調味料をたっぷりかけていた。朝食だけで10gと1日の目標塩分量をオーバーしていた。1日で24gとっていた。一方、上田さんは、夕食だけで11g、1日で18.8gとっていた。

女性の目標歩数は1日8500歩とされているが、岩井さんは2890歩、上田さんは2345歩だった。足のむくみについて、ふたりともむくんでいた。

5月10日、埼玉の岩井さんのもとへ山梨の食改さんがやってきた。塩分が高すぎると注意された。上田さんのお宅にも食改さんが登場。味噌汁の味見をして、これは飲めないとダメ出しした。食改さんは、昆布に切れ目を入れ、干ししいたけを浸したダブル出汁をすすめた。これにカツオ節をくわえたトリプル出汁もすすめた。味噌は普段の3分の1にした。

キーワード
夜間頻尿
干ししいたけ
昆布
ダブル出汁
トリプル出汁

治らない不調 解消法SP (バラエティ/情報)
16:40~

食改さんの減塩テクニックを伝えた。ひとつはダブル出汁。もうひとつは、牛乳を入れる。味噌汁に旨味が加わるという。火ととめて加える。できあがった減塩味噌汁を試食、思ってたより味がすると大満足だった。

岩井さんのお宅で、食改さんは野菜炒めを作った。味付けは焼き肉のタレだという岩井さんに、食改さんはカレー粉を使うという。野菜を炒め、しんなりしたらカレー粉を入れる。これに粉末あご出汁をスプーン1杯入れるという。塩分は0.5g、試食するといままで濃かったのがわかったと話した。

こうして、岩井さんは5.1gの塩分摂取、上田さんは4.2gの塩分摂取と減塩した。またふたりには、プラス1000歩を実践してもらった。すると初日から夜中のトイレが激減し、ふたりとも夜間頻尿が劇的に改善した。

腰痛の新原因診断法を紹介。

キーワード
ダブル出汁
牛乳
焼き肉のタレ
あご出汁
チャレンジプラス1,000歩
夜間頻尿

エンディング (その他)
16:51~

病気の都道府県別ランキング みんなの家庭の医学を検索。

次回予告。腰痛の新原因&改善法SP

中山優馬「貯金箱」

お悩み解決!名医Q&A公開中 ケータイ・スマホで検索 みんなの家庭の医学

報道STATIONの番組宣伝。このあと9時54分から。

「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」の番組宣伝テロップ

キーワード
たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学 公式サイト
貯金箱
たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学 ケータイ・スマホサイト
  1. 前回の放送
  2. 7月8日 放送