ビートたけしのTVタックル 詐欺&盗聴の最新悪質手口徹底的にバラしてやるSP

『ビートたけしのTVタックル』(ビートたけしのテレビタックル)は、テレビ朝日系列にて1989年7月3日から放送されている、政治を題材にした討論バラエティ番組である。ビートたけしが司会を務める冠番組。通称は『TVタックル』。新聞や雑誌のラテ欄に文字数の制限上『たけしのTVタックル』と表記されることがある。ステレオ放送(2014年3月31日放送分より)、文字多重放送(2012年4月2日放送分より)、ハイビジョン制作を実施している。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年9月30日(日) 18:30~20:54
放送局 朝日放送

番組概要

2018年絶対に引っかからないために詐欺&盗聴の最新悪質手口 徹底的にバラしてやるSP (バラエティ/情報)
18:30~

近年、未成年による特殊詐欺が増加。その原因とみられる「“裏バイト”掲示板」を芸人・パーマ大佐がジャーナリスト多田文明&小沢一仁弁護士と共に徹底調査した。まずは「即350万円、全国OK」などと書かれた募集案件に連絡。“タッチパネル”と書かれているものはいわゆる「出し子」の募集で、1日20万~30万の報酬を受け取ることが出来るという。小沢弁護士は詐欺の共犯に当たる可能性があると説明した。逮捕されればグループから切り捨てられるのみ。さらに、高収入を謳う“営業電話”は大卒以上で英語が必須とのこと。番組では英語が得意な芸能人に助っ人を依頼した。

キーワード
詐欺
出し子

オープニング (その他)
18:36~

オープニング映像。今夜はTVタックル犯罪リサーチャーズが様々な詐欺の中で特に被害件数の多い「特殊詐欺」の実態を調査する。

ビートたけしが5億円を盗まれたことがあるとトーク。中条きよしも何回も現金を盗まれたことがあるなどと話した。

キーワード
詐欺

2018年絶対に引っかからないために詐欺&盗聴の最新悪質手口 徹底的にバラしてやるSP (バラエティ/情報)
18:39~

大手企業の社名を悪用した架空請求詐欺を元世界チャンピオンの内藤大助が調査。今回は詐欺被害情報サイト「サギ検」に掲載されていた情報を元に、大手通販サイトを名乗る迷惑メールの連絡先にコンタクトを取った。

大手企業の社名を悪用した架空請求詐欺を元世界チャンピオンの内藤大助が調査。迷惑メールを受け取った体で連絡を取ったものの、今回使用した携帯電話は数日前に契約したばかり。相手は電話を保留にし番号を確認している様子だが、請求メールを送っていないことがバレてしまうのか。

キーワード
詐欺
サギ検
架空請求

2018年絶対に引っかからないために詐欺&盗聴の最新悪質手口 徹底的にバラしてやるSP (バラエティ/情報)
18:45~

大手通販サイトを名乗る迷惑メールに対し電話調査を行う内藤大助。調査には数日前に契約したばかりの携帯電話を使用。ところが、相手は去年7月に登録した有料サイトの料金ち遅延金29万9600円を支払うように主張してきた。さらに、今日中に振り込まなければ裁判になるという。支払い方法は近年の詐欺事件で多発しているプリペイドカード。電話をつないだままカードを購入しにいくよう要求してきたが、これは第三者と相談したり考えたりする余裕を与えないための常套手段。相手は着信側が通話料金を負担するコレクトコールだと説明した。内藤が詐欺ではないかと追及すると相手は次第に動揺を見せ始めた。さらに、先週契約した携帯だと伝えると激昂。会話の途中で電話を切ってしまった。

内藤大助が調査を行った電話について、多田文明は捕まらない自信があるのだろうと推測。発信地を特定されないように海外から転送して電話をかけるケースが多いのだという。内藤は先程の担当者カガワを諭すため、再び先程の番号に連絡。カガワと名乗る別の男性が対応し、大阪以外の地域から転送しているという。その後、最初に連絡を取ったカガワが電話に出たが、結局通話を切られてしまった。

プリペイドカードを購入して「ID番号を教えろ」という内容には注意。萩谷弁護士は絶対に詐欺、自治体によっては各コンビニに注意喚起を行っているなどと話した。また、個人名を書いていないメールも怪しい。

いま「裏バイト掲示板」では女性を詐欺集団に勧誘するケースが増加しているという。前衆議院議員の金子恵美がその実態を調査。ネットで女性求人を探し、複数の業者にメッセージを送った。「グレーゾーンブラック系の求人」という怪しい回答を寄せた業者にコンタクトを取ると、1週間で100万円が稼げるという。

キーワード
詐欺
架空請求
プリペイドカード
読売新聞

2018年絶対に引っかからないために詐欺&盗聴の最新悪質手口 徹底的にバラしてやるSP (バラエティ/情報)
19:17~

前衆議院議員の金子恵美が女性の怪しい裏バイトを調査。業者はアダルトではなく高収入が得られることを強調。1日最低2万円を保証し、週100万円を稼ぐことも可能だという。仕事は振り込め詐欺グループのいわゆる「受け子」「出し子」だったが、業者は詐欺を想起させる言葉を避け女性でも働きやすいと説明。また、偽造の身分証を作るために写真を要求してきたが、公文書偽造は1年以上10年以下の懲役に処される可能性がある犯罪行為だ。

女性限定裏バイトの調査を行った金子恵美は、電話の印象として紳士的な対応で安心感を与えるような手口だったとコメント。一緒に仕事をする仲間意識が芽生えてしまうのではないかなどと話した。詐欺業界では女性が重宝されるのだという。

元兵庫県警刑事・飛松五男氏に師事したという盗聴ハンター八幡愛に密着。高性能アンテナと受信機を搭載した車で都内を走行していると、都内の高級住宅街で盗聴電波をキャッチ。盗聴被害者は50代の妻と60代の夫が2人で暮らす住宅だった。住民の撤去依頼を受けて室内の調査に着手。

夫婦2人暮らしの住宅で盗聴電波の発信源を探す八幡愛。電源の延長コードにコンセントタップ型の盗聴器が仕掛けられているのを発見した。20年前には約8万円で販売されていたが、現在は約2万円ほどで手に入れられるという。夫婦に心当たりはないとのことで、盗聴犯は不明のまま。

都内某所で盗聴電波をキャッチ。被害を受けているマンションの一室には家政婦が滞在していた。出張で不在中という家主に連絡を取り、撤去依頼を受けた八幡は室内へ。家主は不動産会社を経営する独身女性とのこと。

キーワード
詐欺
受け子
出し子
公文書偽造
盗聴
飛松五男

2018年絶対に引っかからないために詐欺&盗聴の最新悪質手口 徹底的にバラしてやるSP (バラエティ/情報)
19:40~

独身女性社長の家に仕掛けられた盗聴器を調査する八幡。応接室のテレビの裏側からコンセントタップ型の盗聴器を見つけ出した。後日、改めて女性社長に話を聞くと心当たりがあるという。

キーワード
盗聴

2018年絶対に引っかからないために詐欺&盗聴の最新悪質手口 徹底的にバラしてやるSP (バラエティ/情報)
19:47~

盗聴器が仕掛けられていた独身女性社長に心当たりを聞くと、約2年前に親密な関係にあった男性がストーカー化した経験があるという。しかし未だ犯人の特定には至っていない。

盗聴事情に詳しい小林冬季氏が盗聴器の見分け方を紹介。コンセントの裏側にA・B・Cといったシールが貼ってあるものは量産型の盗聴器。障害物がなければ約5km先まで受信が可能だという。若狭勝弁護士は盗聴器を仕掛けるために他人の家に侵入することは住居侵入罪にあたるが、仕掛ける行為そのものは違法性を問えないと説明。スマホが盗聴器になるケースもあるという。

裏バイト掲示板を調査していたパーマ大佐が怪しい書き込みを発見。連絡を取ると、呂律が回らない様子の男性が対応した。アイス=覚醒剤、野菜・草=マリファナ、チャリ=コカインで、隣の数字は分量を表すという。パーマ大佐がこういうのは良くないと伝えると、相手はお前はかけない方がいいぞなどと話し電話を切った。

芸人・パーマ大佐が“裏バイト”掲示板を徹底調査。大卒以上で英語が必須という“営業電話”の内容を調べるため、マイケル富岡に協力を依頼した。業者に連絡を取り、マイケル富岡が英語で自己紹介を行う。すると、業務内容はいわゆる投資詐欺であったことが判明。日本人の富裕層の高齢者へ投資の話を持ちかける際に、外資系の銀行の外国人営業マンを演じる人物を募集しているのだという。さらに、裏カジノのディーラーや解禁日前のカニの密漁などといった怪しい仕事を次々と紹介してきた。

業者が口にした裏用語「黒ガツオの一本釣り」がどういった内容かをスタジオで予想。報酬は1000万円だという。

キーワード
盗聴
住居侵入罪
コカイン
覚醒剤
マリファナ
詐欺
投資詐欺
賭博罪

2018年絶対に引っかからないために詐欺&盗聴の最新悪質手口 徹底的にバラしてやるSP (バラエティ/情報)
20:10~

業者が口にした裏用語「黒ガツオの一本釣り」は“ブラックたたき”の意味で、裏の仕事で稼いだ人のところへ強盗に入ることを指すのだという。いくつもの案件を話した男は気に入ったものがあれば連絡してくれと言い残し電話を切った。

強盗に行って報酬をもらえなくても訴えられない、などとビートたけしがコメント。若狭弁護士は20~30万といった少額報酬案件が問題だと主張した。また、都内で現金を受け取り近郊に運搬する「運び」という仕事もある。多田文明は犯罪者を狙う犯罪者がいるためだと説明した。現金を運ぶだけでも盗品等運搬罪にあたる可能性がある。海外旅行で密輸などの犯罪行為に巻き込まれる恐れもあるため注意。

デビュー曲「うそ」でミリオンセラーを果たし、必殺仕事人で三味線屋の勇次を演じた中条きよしが迷惑メールの実態を徹底調査。メールに記載されたアドレスをクリックすると悪質なサイトに飛んでしまい、お金を騙し取られるケースが多いという。今回調査するのは昨日スタッフに届いた「データ通信量がまもなく上限となります」とだけ書かれた迷惑メール。

キーワード
強盗
うそ
三味線屋 勇次
迷惑メール

2018年絶対に引っかからないために詐欺&盗聴の最新悪質手口 徹底的にバラしてやるSP (バラエティ/情報)
20:21~

中条きよしが迷惑メールの実態を徹底調査。「データ通信量がまもなく上限となります」とだけ書かれた迷惑メールのアドレスをクリックすると、1000万円を現金で送るといったような謎の案内が書かれたページに飛んだ。サイトに記載された電話番号へコンタクトを取ると、ID番号を尋ねられた。どうやらページを開いただけでサイトに登録されてしまった様子。しかし、サイト運営会社はあくまでシステム管理業務のみを行っているため、直接「メール」で連絡を取るよう指示してきた。そのメールというのはサイト内の専用メールで、銀行振込などでポイントを購入して利用するもの。1通470円という超高額な料金がかかる。実際に金を受け取ろうとしても質問や応答が続きどんどんお金を取られていくという。また、メールの送信元は会社が雇ったサクラである可能性が高いそう。

詐欺の手口を理解した中条は再びサイトの運営会社と連絡を取った。

キーワード
うそ
迷惑メール
読売新聞
詐欺

2018年絶対に引っかからないために詐欺&盗聴の最新悪質手口 徹底的にバラしてやるSP (バラエティ/情報)
20:33~

詐欺の手口を理解した中条は再びサイトの運営会社と連絡を取り、業者を追及。業者は「文面上怪しかったらメールは絶対返さないほうが良いですよ」などと話した。

中条きよしが調査を行った内容について、電話応対をした悪徳業者は警察関係の人間だと誤解したのではないかなどとトーク。迷惑メールで払ったお金は理論的には取り返せる可能性もあるが、実際には難しいという。「生前贈与」を謳う迷惑メールなどもあり、同情心を誘う内容に引っかかってしまう被害者も多い。

芸人・パーマ大佐が“裏バイト”掲示板を徹底調査。ノーリスクで月50万~100万を稼げるという内容の書き込みを見つけ、業者に連絡を取った。仕事内容は指定された複数の部屋に行き、宅配された商品を受け取るだけだという。このあと不動産業者を利用した驚きの手口が判明。

キーワード
うそ
詐欺

2018年絶対に引っかからないために詐欺&盗聴の最新悪質手口 徹底的にバラしてやるSP (バラエティ/情報)
20:42~

芸人・パーマ大佐が“裏バイト”掲示板を徹底調査。荷物を受け取って運ぶだけで報酬を得られるというバイトでは、マンションなどの空き部屋で鍵が鉢植えの下に置いてある部屋を狙い、不動産業者で架空名義で契約。契約では審査に落ちるよう年収を低く申告しておき、他の内見が入らない審査期間中に通販で健康食品を注文。雇われた人物が商品を受け取るが料金は到着後の後払いのため、代金未払いを請求される頃には空き部屋となっており請求できないという仕組み。報酬は1万5千円+交通費。受け取った商品は転売などに使われるという。業者はリスクがないと説明したが、住居侵入罪や詐欺などに問われる可能性がある。

キーワード
住居侵入罪
詐欺

エンディング (その他)
20:50~

ビートたけしは事務所を独立した際にたくさんの人から連絡が来て断るのが大変だったなどとトーク。東国原が「3割位は詐欺師かも」とコメントした。

番組宣伝 (その他)
20:50~

「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」の番組宣伝。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 9月30日 放送
  3. 次回の放送