ビーバップ!ハイヒール エスカレーター、タクシー…東京大阪『違い』のルーツ

『ビーバップ!ハイヒール』は、朝日放送テレビ制作の教養バラエティ番組である。女性漫才コンビのハイヒールの冠番組。タイトルは漫画の『ビー・バップ・ハイスクール』にちなむ。制作局の朝日放送テレビでは、自社制作の深夜番組レーベル「ナイトinナイト」の木曜枠で、2005年4月7日から2018年9月27日まで毎週木曜 23:17 - 翌0:17(JST)に放送され、2018年10月4日から毎週木曜 23:22 - 翌0:22(JST)に放送されている。現在では、一部のテレビ朝日系列局で常時ネットを実施しているほか、系列外の放送局でも不定期で放送されている。本項で記載の放送日は、いずれも朝日放送テレビ(関西ローカル)での放送分に基づいている。また、本項では、1990年代(1993年 - 1995年頃)に朝日放送(当時)で放送されていたハイヒールの冠番組・教養バラエティ番組『ハイヒールのどんなんかな予備校』(ハイヒールのどんなんかなよびこう)についても述べる。

出典:goo Wikipedia

放送日 2016年11月10日(木) 23:17~ 0:17
放送局 朝日放送

番組概要

オープニング (その他)
23:17~

オープニング映像。

今回は「くらべる東西~今明かされる違いのルーツ~」についてお伝えする。

くらべる東西~今明かされる違いのルーツ~ (バラエティ/情報)
23:22~

本日のカシコブレーンは作家のおかべたかしさん。ゲストのおのののかを紹介。

東京に行って驚いたことについて徳井は賃貸住宅の更新料に驚き、関西では更新料がかからないと話した。関西でよく使う「さら」という言葉は関東ではわからないとおのののかが語った。大野聡美は関西だとキャッチがしつこく付いて来るが関東はあっさりしてましたなどスタジオでトークを広げた。

関西では当たり前の「ちらし寿司」が関東では「生の海鮮」と呼ぶ。元々関西発祥で祝い事の際にゆっくり時間をかけて味わうものだった。一方、東京のちらし寿司は江戸前の寿司屋が考えたものだと伝えた。

また暖簾にも東西で違いがあり、関西の暖簾は縦に長く隠すことがよしとされたためであった。一方、見せることをよしと関東は縦に短く横に長い暖簾となっている。

さらに座布団にも東西で違いがあり、しめ糸は関西がYの字、関東が十の字になっている。座布団は元々京都の貴族が使うもので、正面を間違えるのは無礼とされYの字になった。関東では作法にこだわることなく着くつ手間を省いた為、十の字となった。また、関西ではコーヒーミルクのことをフレッシュと呼ぶ。

線香花火は元々、関西が発祥でわらの先に火薬を付けた形となっている。一方、関東では紙が盛んだった為、紙で包んだ線香花火が広まった。線香花火の名前の由来は線香のように立てて遊ばれていたからだと伝えた。

また、関西の銭湯では湯船が中央にあるが関東の銭湯では湯船は奥に配置されている。その理由として関西ではまず温もり会話を楽しみ泡を流すのもかけ湯をして湯船に入る。一方、関東ではかけ湯をせず洗う為、湯船は奥になった。さらに関西の風呂桶は小さく、関東の風呂桶は大きいものとなっている。

徳井やたむらは関西出身だがっ線香花火のことはわからなかったなど語った。また、シャベルとスコップは関東と関西では逆になっている。岡部先生は足をかけられないのがスコップで足をかけられるのがシャベルだと呼び方を教えてくれた。

ある時を境に東西で明確な違いが生まれたもの迫っていく。はじめはバスの乗り降りの方法を紹介。大阪では後ろ乗りから前降りが主流だが東京では前乗りから後ろ降りが主流となっている。この違いは大阪で全国初の均一料金制を導入したことをきっかけに前乗り先払いが誕生し、横浜や東京で今も続いている。大阪ではサービス前にお金を払うのはおかしいという意見が多く寄せられ全線後ろ乗りから前降りに戻ったと伝えた。

バスの乗り降りの考え方は鉄道にもある。関東のICカードは先に初乗り運賃が引かれ、改札から出る時に乗り越し精算がされる。一方、関西では乗車の際に運賃は不要で降車の時に全額精算されると伝えた。

消防署についている紋章も東西で違いがあり、東西で比べてみると中央の円の大きさと矢印の太さが違う。関西にシェアをもつセラミックス会社では東京消防庁に営業をかけ作成期間11ヵ月をかけて指定採用品となった。当時4、5年で付け替えが必要だったが新たなセラミックス制の紋章は劣化しにくいと噂になり東日本で広がっていった。一方、関西では従来の紋章を採用し続けていた為、東西で違いが生まれたと伝えた。

続いては、祭りで使われる山車と神輿について東西の違いを紹介。以前は神輿ではなく幕府公認の日本一山車の多い祭りだった。その理由として電柱の普及により1889年以降、神輿へシフトしていった。一方、関西では電線や線路よりも祭りのほうが大事だとして山車が神輿に変わることはなかった。

東京神田祭は幕府のイベントだった為、明治政府によって山車から神輿に変えられたという説があると先生が話した。

キーワード
祇園祭
だんじり祭り
神田明神

凡人が探求する ハテナの自由研究 (バラエティ/情報)
23:45~

プロバスケットチームの大阪エヴェッサに所属する橋本拓哉選手と橋本尚明選手に心眼を試してもらう。橋本拓哉選手が心眼フリースローと心眼3ポイントシュートに挑戦した結果、見事に大成功。2人の心眼パス&シュートに挑戦した結果、失敗に終わった。

ロンドン五輪で銀メダリストの平野早矢香さんに心眼卓球を挑戦した。アテネ五輪元日本代表の新井周さんと平野早矢香さんで心眼ラリーに挑戦した結果、11.05秒続き見事成功した。

似顔絵大会スピード部門世界1位の洋一丸さんに似顔絵心眼に挑戦したもらった。心眼似顔絵に挑戦した結果、特徴は掴んだ似顔絵となった。

キーワード
大阪エヴェッサ
ロンドン五輪
アテネオリンピック

くらべる東西~今明かされる違いのルーツ~ (バラエティ/情報)
23:55~

関西人が関東で暮らして嫌なことTOP10を紹介していく。

アレも違うの!?関西VS関東

くらべる東西~今明かされる違いのルーツ~ (バラエティ/情報)
23:58~

関西人が関東で暮らして嫌なことTOP10を紹介。8位に吉本新喜劇がみれないなどがランクインした。たむらは六本木駅のホームは地下約42メートルあり地上まで約6分かかると語った。たむらが一位は家賃が高いことと答え正解し、人との距離が近いことが3位にランクインした。

おのののか売り子時代の衝撃体験!

キーワード
吉本新喜劇
六本木駅

くらべる東西~今明かされる違いのルーツ~ (バラエティ/情報)
00:05~

関西人が関東で暮らして嫌なことTOP10を紹介。人との距離が近いことが3位にランクインしたことについて、おのののかは売り子をやっていた時期に阪神が来るときだけは売り子も震えると語った。

キーワード
吉本新喜劇
六本木駅

くらべる東西~今明かされる違いのルーツ~ (バラエティ/情報)
00:09~

関西人が関東で暮らして嫌なことTOP10を紹介。居酒屋が高いが7位にランクインし話にオチがないことが2位にランクインした。

アノ東西の違い…その謎が明かされる!

キーワード
吉本新喜劇
六本木駅

エンディング (その他)
00:13~

たむけんも東西で違うという話を行った。これに対したむらは、関東のあの格好になるとハードルが下がるなど語った。

おかべたかし「くらべる東西」東京書籍より絶賛発売中!

エンディング曲:come again / JamFlavor

今夜のカシコブレーンの著書は番組ホームページからも購入できます。

エンディング映像。

キーワード
くらべる東西
JamFlavor
come again
ビーバップ!ハイヒールホームページ
  1. 前回の放送
  2. 11月10日 放送
  3. 次回の放送