人生の楽園 2015年4月4日放送回

『人生の楽園』(じんせいのらくえん)は2000年10月7日からテレビ朝日系列で放送されているドキュメンタリー番組である。2006年1月7日放送の1時間新春スペシャルよりハイビジョン制作となっている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2015年4月4日(土) 18:00~18:30
放送局 朝日放送

番組概要

オープニング (その他)
18:00~

オープニング映像。

卯月の壱 陶器の町のふっくらパン屋さん (バラエティ/情報)
18:00~

今回の主人公は瀬戸市の加藤秀晴さん・伊律子さん夫婦。自宅の目の前に、薪窯パンを売るお店「Calme」をオープンさせた。4種類のパンを販売し、店の奥にはイートインのコーナーもあって常連さんにも評判。瀬戸市は焼き物の街で、戦前まで登窯が主流だった。一方、「Calme」では窯の余熱で菓子パン用の焼き芋を作っていた。

秀晴さんは県職員として働き26歳で結婚、実家のとなりに新居を構え共働きしながら子育てしたが、秀晴さんは父の介護のため53歳で早期退職、介護のかたわら将来役に立つものを習いたいとパン作り教室に通い、窯で焼く自然酵母のパンと出会った。父の死後、両親が暮らしていた場所でパン屋を開くことにし、瀬戸の窯作り職人・小沢隆久さん特注の窯で試行錯誤し、2010年に「薪窯と自然酵母のパン Calme」がオープン。

キーワード
瀬戸市(愛知)
小沢隆久さん

卯月の壱 陶器の町のふっくらパン屋さん (バラエティ/情報)
18:10~

釜茹でや窯出しのときには郷土の味「五目めし」が職人たちにふるまわれる。

薪窯と自然酵母のパンCalme。加藤秀晴さんは午前3時半から釜の火入れを行い仕込んでおいた自然酵母の生地を丸める。合間に菓子パンも作り午前7時に薪窯の温度が整えば、次々と焼き上げていく。焼き終わる頃、妻の伊津子さんがパンの朝食を届けにくる。

加藤秀晴さんが喫茶店「Cafe du Refuge 岳」に商品を届けに向かった。店の一角に商品を置かせてもらいランチセットのパンも秀晴さん作の丸パンだ。店の主人が脱サラして始めた喫茶店だが、秀晴さんが2年前に猛烈な売り込みをかけたのだとか。

秀晴さんは自由時間につてを頼って薪の調達に出かける。一方、3年来通い続ける常連客には「子供も安心して食べられる」と大好評だ。

定休日、2人は瀬戸市郊外の祥雲寺で開かれる朝市「Easy マルシェ」に出店。子育て中の地元のお母さんたちが運営し厳選されたお店だけが商品を並べている。帰り道、伊津子さんが保健師として働いていた豊田市小原に足を伸ばし知り合いが働く「樟茶屋」で一服した。

秀晴さんには陶芸家のいとこ、9代目の長江惣吉さんがいる。2人は兄弟のように育った。薪窯でパンを焼く秀晴さんは焼きムラについて惣吉さんからアドバイスを受けた。

キーワード
瀬戸市(愛知)
五目めし
パンド カンパーニュ
豆乳いもパン
ハイジの山小屋ランチ
五平餅
小原(愛知)

卯月の壱 陶器の町のふっくらパン屋さん (バラエティ/情報)
18:25~

薪窯と自然酵母のパン Calmeに訪れたのは秀晴さんのテニス仲間。まるで部活帰りの学生のようになごやかな時を過ごした。父の介護をきっかけに早期退職しパン作りに精を出す夫を支える妻。夫婦2人がつくった居心地のいいパン屋はたくさんの笑顔をうんでいる。

キーワード
瀬戸市(愛知)

エンディング (その他)
18:28~

エンディングテーマ 「Heart in Heart」谷村新司

番組ホームページ告知テロップ。

「人生の楽園」の次回予告と、このあとの「世界が驚いたニッポン!スゴ~イデスネ!!視察団」の番組宣伝。

瀬戸蔵、薪窯と自然酵母のパン Calmeの紹介。

キーワード
Heart in Heart
谷村新司
人生の楽園
  1. 前回の放送
  2. 4月4日 放送
  3. 次回の放送