スタンダップ! 2019年5月10日放送回

『スタンダップ!』(STAND UP)は、朝日放送テレビで毎週金曜日未明(木曜日深夜)に放送されている情報番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年5月10日(金) 2:20~ 2:40
放送局 朝日放送

番組概要

オープニング (その他)
02:21~

オープニングトークで、浦川泰幸は今回は映画「轢き逃げ 最高の最悪な日」の監督脚本を担当した水谷豊らにインタビューをしたと話した。

今回は映画「轢き逃げ 最高の最悪な日」特集。檀ふみさんと水谷豊さんインタビュー。

オープニング映像。

キーワード
轢き逃げ 最高の最悪な日

スタンダップ! (バラエティ/情報)
02:23~

映画「轢き逃げ 最高の最悪な日」の予告編。

浦川泰幸が映画「轢き逃げ 最高の最悪な日」の監督脚本を担当した水谷豊と檀ふみにインタビュー。檀ふみは「世の中の監督に見習ってほしいほど最高だった」と話した。檀ふみは「頭に明確な画があり自然に作り、若い俳優への指導を自分でやるのでヒントがあった、監督が演技ができるので無駄がない」と説明した。水谷豊は「反応のしようがない」と笑った。水谷は脚本は初めてで、浦川は脚本が素晴らしくて驚いたと話した。水谷豊は「温めていたものではなく2作目を出すに至って2日後にアイデアが出たが不思議だった」と振り返った。浦川泰幸が映画「轢き逃げ 最高の最悪な日」の監督脚本を担当した水谷豊と檀ふみにインタビュー。浦川は日本のクリント・イーストウッドになるとし、水谷豊は「クリント・イーストウッドは195cmある」とした。

映画「轢き逃げ 最高の最悪な日」の予告編。

浦川泰幸が映画「轢き逃げ 最高の最悪な日」の監督脚本を担当した水谷豊と檀ふみにインタビュー。水谷豊は「奥さん役に檀ふみを選んだのは最初にイメージで出たのは檀ふみさんだった、元々大学時代から知り合いで共演は2回しかなかった」と話した。檀ふみは「今は水谷豊はいい人になったけど、当時は狂気が出ていた、映画ではとんがっていた」とした。浦川は「本当は怖い人」だと話した。

キーワード
轢き逃げ 最高の最悪な日
クリント・イーストウッド

STAND UP News (バラエティ/情報)
02:32~

「没後130年 河鍋暁斎」の告知。

「良い子はみんなご褒美がもらえる」の告知。キャストが会見を行い、橋本良亮は自分だけがオーケストラが見えているのは難しいとした。斉藤由貴は「3週間の懸案事項は堤真一があまりにも何も食べない」とし、堤真一は「炭水化物ダイエットをしていると頭がまわらないので少しは食べるようにしている」と話した。

キーワード
没後130年 河鍋暁斎

スタンダップ! (バラエティ/情報)
02:36~

浦川泰幸が映画「轢き逃げ 最高の最悪な日」の監督脚本を担当した水谷豊と檀ふみにインタビュー。水谷豊は若手キャストの抜擢について「今回の話にはよかった、予測できない」とした。檀ふみは「1人1人に演技指導をするのでそれで良くなってくるので自分にも教えてほしい」とした。水谷豊は「言いたいことがあれば言うがない」と話した。檀ふみは「次回作は超える」と絶賛した。

キーワード
轢き逃げ 最高の最悪な日

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 5月10日 放送
  3. 次回の放送