LIFE〜夢のカタチ〜 2012年9月8日放送回

『LIFE〜夢のカタチ〜』(ライフ ゆめのカタチ)は、2010年4月3日から朝日放送テレビ で毎週土曜日の午前中に放送されているドキュメンタリー番組である。初回放送分からハイビジョン制作、字幕放送を実施している。番組開始から2011年12月までは関西ローカルで放送。その後は、朝日放送テレビが加盟するテレビ朝日系列局の一部、北日本放送(日本テレビ系列)でも遅れネット方式で放送しており、過去には朝日放送の関連会社・スカイ・A Sports+(CS放送)でも放送されていた。現在は北陸朝日放送と北日本放送が遅れネットを実施。また、朝日放送(当時)では2014年3月29日まで、毎週土曜 9:30 - 10:00に放送。同年4月5日からは、放送枠を毎週土曜 11:00 - 11:30(いずれもJST)に移動する。

出典:goo Wikipedia

放送日 2012年9月8日(土) 9:30~10:00
放送局 朝日放送

番組概要

オープニング (その他)
09:31~

オープニング映像と放送内容の紹介。パティシエの”夢のカタチ”を放送する。

旬の果実を使った魅惑のケーキ 和歌山を愛するパティシエに密着 (バラエティ/情報)
09:32~

このあとは「摘果した廃棄するみかんをケーキに!三鬼さんの斬新なアイデアとは!?」を放送する。

和歌山市中島「ル・パティシエ・ミキ」を紹介。このお店では和歌山産のフルーツがふんだんに使われた商品を売っている。オーナーの三鬼恵寿は和歌山のフルーツの良さを知っていただければと語った。

「ル・パティシエ・ミキ」のオーナーの三鬼恵寿は、新作ケーキができるとそのたびに農家の方に試食してもらっている。農家の人は「作っているほうも嬉しいです」と語った。

三鬼恵寿が和歌山県紀の川市「東農園」を訪れた。農家の人はいちじくを使う人はあまり多くないので、嬉しいと語った。三鬼はこの農家のいちじくを使い「東農園さんの完熟いちじく果樹園」を完成させた。他にも「ル・パティシエ・ミキ」では「みかんの貴婦人」「みかんの蜂蜜入りバターケーキ 和歌山のべっぴんさん 」などを販売している。

三鬼恵寿が和歌山県有田市「的場農園」を訪れた。この農家では和歌山発の「完熟黒潮マンゴー」を作っていて、「ル・パティシエ・ミキ」ではこのマンゴーを使った「的場農園さんの黒潮マンゴータルト」を販売している。

三鬼恵寿は昔大阪・神戸のホテルで働いており、03年和歌山県にル・パティシエミキを開業した。昔からの同僚である塚本貴士は「最高の一流のシェフだと思います」と語った。

三鬼恵寿が和歌山県有田市「的場農園」を訪れた。的場秀行は摘果作業をしており、三鬼は摘果された青いみかんをケーキにするという考えを語った。

キーワード
みかん
紀の川市(和歌山)
東農園さんの完熟いちじく果樹園
みかんの貴婦人
みかんの蜂蜜入りバターケーキ 和歌山のべっぴんさん
有田市(和歌山)
完熟黒潮マンゴー
的場農園さんの黒潮マンゴータルト
大阪府
神戸市(兵庫)

旬の果実を使った魅惑のケーキ 和歌山を愛するパティシエに密着 (バラエティ/情報)
09:47~

このあとは「摘果したみかんを使ったケーキ。果たして完成するのか?」を放送する。

和歌山市中島「ル・パティシエ・ミキ」のオーナーの三鬼恵寿が摘果されたみかんでのケーキ作りに挑戦。試行錯誤の末、アーモンドクリームなどを使いケーキを作ったがみかんの風味が消えてしまった。

三鬼恵寿が和歌山県海南市下津町「橘果祖総本社 橘本神社」を訪れた。お菓子が祀られているこの神社は三鬼の心の拠り所で、リフレッシュしたいときによく訪れるという。

三鬼恵寿が摘果したみかんを使いケーキ作り。白あんを使い苦味を調和させようと考え、ケーキを作成した。

キーワード
みかん
中島(和歌山)
下津町(和歌山)

旬の果実を使った魅惑のケーキ 和歌山を愛するパティシエに密着 (バラエティ/情報)
09:54~

三鬼恵寿が摘果したみかんを使いケーキ作り。白あんを使ったケーキ「運動会のかおり」が完成し、ル・パティシエ・ミキのメニューとなった。三鬼恵寿は「最終的には農園の中でお店をやりたいというのが夢」と語った。

キーワード
運動会のかおり

エンディング (その他)
09:57~

LIFE〜夢のカタチ〜の次回予告。

  1. 前回の放送
  2. 9月8日 放送
  3. 次回の放送