おかずのクッキング 素材のレシピ・にら/バラの巻きずし

『おかずのクッキング』は、テレビ朝日と一部の系列局で放送されている料理番組。40年の歴史を持つ長寿番組でもある。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年5月5日(日) 5:25~ 5:50
放送局 朝日放送

番組概要

オープニング (その他)
05:25~

きょうはにら料理3品を紹介する。後半は番組初登場の関岡弘美がバラの巻き寿司を作る。

オープニング映像。

キーワード
関岡弘美
にら

おかずのクッキング (普遍情報)
05:27~

白い巨塔の番組宣伝。

きょうは今が旬のにらを使った肉にらを紹介する。

にらをみじん切りにしてボウルに入れ、そこへ卵を割りお肉、小麦粉、塩を入れ混ぜ合わせていく。フライパンに植物油を投入し、肉にらの素を焼いていく。焼き色がついたら裏返してこしょうで味付け。赤身がなくなるまで火を通す。お好みでからしや醤油を備え付ければ完成。試食した堂真理子はにらがたくさん入っているから香りも食感もすごい楽しめるなどとコメント。

続いて紹介するのはにら豆腐。フライパンに油をしき、木綿豆腐をちぎってフライパンで焼いていく。豆腐に塩をふり、焼き色がつくまで触らない。にらを投入し、にらに塩を振っておく。とき卵を2回にわけて投入する。最後に醤油で味付けすれば出来上がり。試食した堂真理子は卵とお豆腐でやわらかい、にらとお豆腐合いますねなどとコメント。

続いて紹介するのはにらちぢみ。卵に冷水を入れ混ぜていく。そこに小麦粉を加え混ぜていき、その後にらを投入しさらに混ぜていく。フライパンにごま油をしく。卵をちぢみの素に後からもう一つ投入、あまり混ぜないのがオシャレなのだそう。ちぢみを焼き上げていくが、菜箸で穴を開けながら焼いていくと火が通りやすくなる。裏返してさらに焼けば完成。試食した堂真理子は、サクサク、にらのシャキシャキがいい、ごま油が良い風味を出しているなどとコメント。

テロップ:素材のレシピ「にら」おかずのクッキング4月5月号に掲載、テキストの年間定期購読は0120-223-223

キーワード
にら
肉にら
おかずのクッキング
合いびき肉
にら豆腐
にらちぢみ

告知 (その他)
05:38~

好評発売中の「土井善晴の素材のレシピ」の告知。詳しくは「おかずのクッキング」で検索。

キーワード
土井善晴の素材のレシピ
おかずのクッキング

おかずのクッキング (普遍情報)
05:39~

続いては初登場の料理研究家の関岡弘美さん。カラフルな園児弁当などの本を出版するなど、華やかな料理が得意。今日はスモークサーモンを使ったバラの巻きずしを作る。少なめの水で炊いたご飯1合に合わせ酢大さじ3杯を混ぜていく。温かい内に混ぜることで酢が馴染む。合わせ酢を加えたらご飯を潰さないように底から返すように混ぜる。混ぜたらバラの花びらにする分を取り分ける。そこに桜でんぶを混ぜる。すし飯を広げて冷まし、表面が冷めたら上下を返していく。冷めたらかたく絞った濡れ布巾をかけておく。続いて具材の準備。スモークサーモンを粗みじん切りにする。そして薄焼き卵を1/4ずつ焼き、薄焼き卵を4枚作る。

具材の準備が出来たら巻いていく。卵を1~2cmほど重ねて並べ、のりと同じくらいの大きさにする。卵の上にランダムにピンクのすし飯を置く。置いたすし飯の上にサーモンをちらし、軽くおさえる。最初に芯を作ってから巻いていく。薄焼き卵の切れ目は手で抑えながら巻き込んでいく。次に海苔に片側2cmを残してすし飯を敷き詰める。少し押し付けると綺麗な断面になる。先程巻いたすし飯を乗せ、きゅうりを皮の部分を上にして押し込む。三角形に切ったきゅうりはバラの葉っぱになる。そして巻き簾の両側を持ち上げ、ご飯を端まで置いた方を最初にくっつけてから逆の方を被せ、しっかり丸めた後巻き簾で少し固定して落ち着かせる。切る時は濡れた布巾で少し拭いた包丁を使うと切りやすくなる。切った巻きずしを盛り付けると完成。

テロップ:番組ホームページはおかずのクッキング 検索

キーワード
バラの巻きずし
スモークサーモン
バラ
きゅうり
番組ホームページ

告知 (その他)
05:45~

おかずのクッキ ングの年間定期購読受付中。

「おかずのクッキング」の次回予告。

キーワード
おかずのクッキング

エンディング (その他)
05:48~

堂真理子のブログ公開中、詳しくは番組ホームページを検索。

「おかずのクッキング」の次回予告。

オープニング曲:「まほうのあじ」宇宙慧

「おかずのクッキング」の次回予告。

キーワード
堂真理子の最近どうですか?
まほうのあじ
宇宙慧
  1. 前回の放送
  2. 5月5日 放送
  3. 次回の放送