報道ステーション 2018年1月19日放送回

『報道ステーション』(ほうどうステーション)は、2004年(平成16年)4月5日から、テレビ朝日をはじめとするANN系列で平日(祝日も含む)22時台に生放送されている報道番組。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年1月19日(金) 21:54~23:10
放送局 朝日放送

番組概要

オープニング (その他)
21:54~

オープニング映像。

出演者らの挨拶の後、本日のゲストの羽生善治さんを紹介。報道ステーションに来るのは20年ぶりぐらいだという。国民栄誉賞の知らせを受けたのは当日の発表の1時間前だと述べた。

キーワード
国民栄誉賞
永世七冠
報道ステーション

ニュース (ニュース)
21:56~

今日、JR東日本が新潟県で起きた大雪による15時間以上にも及ぶ電車の立往生についての検証結果を公表し、自治体の救援を断った対応は誤りだったと謝罪した。

キーワード
JR東日本
三条市(新潟)

ニュース (ニュース)
21:59~

今日、JR東日本は先日起きた大雪による電車の立往生に対する検証結果を公表。全員の輸送手段が無いという状況だったので、電車内で待機していただくことが最善だと述べた。また、新潟県、三条市のバスによる救援の申し出を断ったのは、全員を一斉に救助する事にこだわっていた。今となって考えると誤った判断だったという。

立往生した車内にいた女性は、電車内で動かないと言われるよりは、電車が駅に止まっている時に動かないと言われた方がまだ、取れる手段があったのではないかと述べた。ただ、今回の救援を断った事に対して、車内にいた女性は、車内にいる人数も多いし、道も悪いので正解だったのではないかと述べた。JR東日本は関係機関との連携不足を認め、自前でやりすぎたとし、再発防止策を国交省に報告するという。

関係機関との連携を深めないとこういう想定外の事象に対する対応は難しいと富川アナは述べた。また、羽生さんは想定外の出来事に関しては、マニュアルだけでは対応出来ない事も多い、現場の人は難しい判断を迫られると述べた。その後、将棋で想定外の手を刺された時はどうするという質問に答えていた。

今日、福井県の九頭竜川の河川敷で男児の遺体が発見された。捜査関係者によると、遺体の服装は、先月9日から行方不明の3歳の男児に似ているという。男児の遺体が発見された場所と行方不明になっている3歳の男児がいなくなった場所とは40km離れているという。警察はDNA鑑定などで身元の特定を急ぐという。

防衛省はアメリカの米軍ヘリが普天間第二小学校の上空を飛行している映像を公開した。日本とアメリカは先月、米軍ヘリの窓が普天間第二小学校の敷地内に落ちた事件を受け、米軍ヘリが学校上空を飛行することを可能な限り避けると約束したばかりだった。また、アメリカ海兵隊は操縦士の証言等から学校上空を飛んでいないと否定している。小野寺五典防衛大臣は今回の速やかな通告は常にしっかり見ているぞというメッセージがアメリカ側に伝わると思っていると述べた。

冒頭でお伝えした信越線のニュースの中で三条市の記者会見の日付が入っていない事を謝罪。会見が行われたのは16日だという。

電車の中で・・・

キーワード
JR東日本
國定勇人市長
信越線
東光寺駅
三条市(新潟)
帯織駅
国交省
坂井市(福井)
九頭竜川
DNA鑑定
防衛省
普天間第二小学校
小野寺五典防衛大臣
江崎鉄磨沖縄・北方担当大臣
翁長雄志知事
沖縄県
自民党
竹下亘政務会長
名護市長選挙
名護市(沖縄)
自民党本部
宜野湾市(沖縄)
Google Earth
アメリカ海兵隊
越前市(福井)

ニュース (ニュース)
22:18~

柏駅で常磐線の乗客から車内で子供が生まれたと119番通報があったと報じた。消防が駆けつけると赤ちゃんが生まれていたという。出産した女性は病院に向かう途中だったという。出産を手伝った女性は元看護助手で5人の子供の母親だという。その後、母子ともに病院に運ばれて命に別状はないという。

スタジオでは母子ともに無事でよかったと話題になった。あの場に居たら男性陣は何もできないと思うと盛り上がった。

このあとは「小室哲哉さん 引退を発表」を放送。

キーワード
柏駅
常磐線
小室哲哉さん

ニュース (ニュース)
22:23~

看護師との不倫疑惑の報道を受けて、小室哲哉さんが記者会見で引退を表明したという。小室哲哉さんは看護師女性との不倫については否定した。小室哲哉さんは体調面や精神面で不安を抱えており、彼女に依存してしまっていたと語った。

慶応大2年の20歳の男性が自宅で父親をナイフで刺して殺害しようとした疑いで現行犯逮捕されたと報じた。父親はその後死亡したという。20歳の男性は容疑を認めているという。

このあとは「来週は今季最大の大雪に警戒を」を放送。

キーワード
小室哲哉さん
KEIKO
慶応大

気象情報 (ニュース)
22:28~

気象情報が報じられた。

東京都心の雨雪の予想が報じられた。気象予報士の縣梨花は都心でも雪が積もる可能性があると語った。

今季一の寒波が襲来するという。水曜日頃に猛吹雪になる可能性があると報じた。

このあとは「横綱 稀勢の里 きょうから休場」を放送。

キーワード
南岸低気圧
稀勢の里

スポーツニュース (ニュース)
22:33~

大相撲で嘉風と稀勢の里が対戦した。対戦は嘉風が勝利した。稀勢の里は左大胸筋損傷疑いと右前胸部打撲で休場になった。5場所連続休場になるという。地元のファンは残念だと語っているという。

大相撲で鶴竜と琴奨菊が対戦した。結果は寄り切りで鶴竜が勝利した。鶴竜は6連勝だ。

スタジオでは今場所も横綱が1人になってしまったと話題になった。羽生善治は「万全な体長で来場所期待したい」と語った。

このあとは「スピードスケート日本代表平昌五輪へ 本番モード」を放送。

キーワード
稀勢の里
嘉風
牛久市(茨城)
鶴竜
琴奨菊
平昌五輪

スポーツニュース (ニュース)
22:38~

平昌五輪でメダルが期待されるスピードスケートを長野・エムウェーブで取材。小平・山中選手意外の日本代表が本番に似せたタイムトライアルレースを行っていた。湯田監督はタイムトライアルの意図について、平昌五輪は夜間にレースが行われるが選手らは経験がないためと話す。競技アナウンスは英語、メディア・一般公開で雰囲気を五輪に近づけた。日本代表新ユニホームを着用した高木選手らがタイムトライアルを行った。課題として日中の過ごし方、気持ちの切り替えなどを挙げた。

NEXT:高梨 スキージャンプW杯 前回女王 平野が大苦戦

長野県エムウェーブから寺川綾が中継、平昌五輪で競技時間にベストな状態に持っていくことが重要だとした。高木美帆とロンドン五輪のスケジュールを紹介。ポイントは昼食後の3時間で、疲れすぎない過ごし方だとした。

キーワード
平昌五輪
エムウェーブ
高木美帆
佐藤綾乃
押切美沙紀
長野県
高梨
平野
スキージャンプW杯 蔵王大会

スポーツニュース (ニュース)
22:46~

今日スキージャンプW杯蔵王大会が開催。総合1位のルンビー、3位の高梨沙羅らが出場しており日本勢は未だ優勝がない。1回目はルンビーが最長不倒を記録。2回目でも日本勢は及ばず高梨4位、伊藤3位。高梨はジャンプの感覚が自分のものになっていない、明日に繋げたいとコメント。

卓球の全日本選手権。女子シングルス6回戦、連覇を狙う平野美宇は最終ゲームまでもち込まれるが接戦を制し、準々決勝進出。

石川佳純は早田ひなと対戦。互いにひかずラリー戦に。第1ゲームから点の取り合いになるなか、勝負どころで石川が打ち勝ちリード。4-1で石川が制し準々決勝進出。

昨日ジュニアで初優勝した張本智和は男子シングルスで準々決勝進出。更に男子ダブルスで準決勝進出を決めている。

キーワード
スキージャンプW杯蔵王大会
ルンビー
高梨沙羅
伊藤有希
全日本選手権
平野美宇
芝田沙季
石川佳純
早田ひな
張本智和
定松祐輔
宇田幸矢
張一博
高木和卓

金曜特集 (バラエティ/情報)
22:53~

今、街でどんなことが注目されているのか。どんな世界があるのかに注目するが、今回は羽生善治がなぜこんなに勝ち続けられるのかに注目する。

竜王戦のセットを再現。初手は7番勝負の1局目はどちらが先に指すか決まっていないので分からないが、2局目以降は決まっているので事前に考えてきている。最初の数手は考えるより事前に思っている手を指している。意表を突かれる場合は最初から考え始める。お互いに想定している局面が進んでいるときは早く手が進むが、止まると考えてなかったということがお互いに分かる。お菓子は場合によるが、メニューがあるのでそこから選ぶ。甘いものを選ぶのは糖分が必要なのと地元の名産を選ぶとした。

森内俊之七段のVTR。将棋に対する思いは子供の頃から感じていた。将棋を指しているときは目が輝いている。 勝ち続けていてもそんなに喜ばない、負けていても落ち込まない、一喜一憂しない強さがある。同じ時代に同じ世界でできて良かったと話した。

羽生最強のライバル村山聖、難病により29歳で死去。村山の両親は、亡くなる3ヶ月前高熱が続く中、お風呂に入って羽生さんに会いに行くんじゃと言っていた。将棋の最後の最後の奥にはまだ奥がある。そういう感じを持っていると羽生と対局して感じたのではと

羽生は森内さんと最初に会ったのは10歳なので35年以上切磋琢磨している。村山さんは10代のころはしのぎを削ったライバルだった。棋士は喜怒哀楽を表に出す人は少ないが、ずっとやっていれば分かってくると話した。

羽生の長女から家では仕事の話をせず、一言もマイナスの言葉を言わない父。「言葉は人を作る」だからこそ口に出す言葉はよく考えて大切に。信条を体現する父。一つの仕事を頑張り続けている父をとても尊敬しておりますとメッセージを送った。これについて羽生は極力マイナスの言葉を言わないようにしている。言っていることから感情が生まれることも有るので、負のサイクルに入らないようにとはよく思っている。続いて次女からは家ではほんわか優しくて怒られたことはない。バラエティ番組を見て一緒に笑い、悲しいときも一緒に悲しんで泣いてくれる、いつも子供の気持ちに寄り添い共に分かち合って並走してくれる父が大好きですとメッセージが届いた。これについて対局では感情を出さないが、日常では全く変わらないことはないとした。

なぜ勝ち続けられるのかに羽生は負けることを恐れずにリスクを取って挑戦する気持ちは失わないでいたいと思っている。若いときは計算する力などを中心に考えるが、ある程度経験を積んでくると感覚的に見る発想で考えることが多い。将棋の世界は数学的な面もあって若い世代の人たちが新しい発見をするケースがかなり多いので、実績がなくても内容がいい将棋を指す若い人たちの棋譜はよく見ている。若手の台頭は自然の流れ、自分も勉強しながらアレンジして吸収していく。自分の感性とは違った人たちなので楽しみでもあるし、大変でもある。そこに大きな刺激を受けている。自分自分の持ってる力を出し切って限界に挑んでいきたいと話した。

キーワード
村山聖

エンディング (その他)
23:05~

富川悠太が羽生善治にお礼を言い、羽生善治がお辞儀した。

  1. 前回の放送
  2. 1月19日 放送
  3. 次回の放送