題名のない音楽会 2018年11月3日放送回

『題名のない音楽会』(だいめいのないおんがくかい、英字表記:Untitled Concert)は、1964年8月から放送されているクラシック系音楽番組。1966年3月まで日本科学技術振興財団テレビ事業本部(東京12チャンネル)(現:テレビ東京)が制作し、同年4月より現在までNET・日本教育テレビ→テレビ朝日が制作している。また1968年10月から1969年6月までは放送を休止した。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年11月3日(土) 6:00~ 6:30
放送局 朝日放送

番組概要

オープニング (その他)
06:00~

オープニング。本日のテーマは「クラシックの名曲を遊ぶ休日」。

キーワード
山中千尋
沼尻竜典

クラシックの名曲を遊ぶ休日 (バラエティ/情報)
06:02~

山中千尋が「乙女の祈り」のアレンジ曲を演奏した。

山中千尋を演奏を聞いた沼尻竜典は「音楽理論に基づいたピアノを弾きながら自由奔放にジャズを演奏している。汚い音が一つもない」と話した。沼尻竜典は高校時代はピアノ科で山中千尋の高校時代の先輩である。2人の親が共に群馬県出身で同級生である。

ジャズはクラシックから生まれたとされる。クラシックの中にもジャズの要素があり、ジャズはアドリブ、クラシックはカデンツァと呼ばれている。カデンツァは演奏者の腕の見せ所である。クラシックの中のジャズ要素2つ目はメロディに変化をつける即興的な装飾。山中千尋がピアノ協奏曲第20番でジャズとクラシックの弾き比べをした。クラシックの中のジャズ要素3つ目は一定のメロディに変化をつける変奏曲。沼尻竜典がきらきら星変奏曲を披露した。

山中千尋が白鳥のアレンジ曲を演奏した。

山中千尋はもしジャズの巨匠がクラシックの名曲を演奏したらどうなるのかを遊びで弾いている。代表的なのはビル・エヴァンスで、叙情的でかつ知的な音色を出しピアノの柔らかいタッチが特徴である。また、セロニアス・モンクは大胆な不協和音と独特のリズムが特徴である。山中千尋がシューベルトの「アルペッジョーネ・ソナタ」をビル・エヴァンス風とベートーヴェンの「エリーゼのために」をセロニアス・モンク風に弾いた。

山中千尋がラプソディー・イン・ブルーとマンボとストライク・アップ・ザ・バンドのアレンジ曲を演奏した。

偉人たちが残した言葉。

キーワード
T.バダジェフスカ
乙女の祈り
カデンツァ
木嶋真優
W.A.モーツァルト
ピアノ協奏曲第20番
きらきら星変奏曲
佐藤晴真
白鳥
C.C.サン=サーンス
ビル・エヴァンス
ワルツ・フォー・デビイ
セロニアス・モンク
ストレイト・ノー・チェイサー
F.P.シューベルト
アルペッジョーネ・ソナタ
L.v.ベートーヴェン
エリーゼのために
ガーシュウィン
ラプソディー・イン・ブルー
マンボ
バーンスタイン
ストライク・アップ・ザ・バンド

エンディング (その他)
06:26~

次回予告。

エンディング (その他)
06:28~

エンディング映像。

番組宣伝 (その他)
06:28~

おは土の番組宣伝。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 11月3日 放送
  3. 次回の放送