ANNスーパーJチャンネル 2018年3月14日放送回

放送日 2018年3月14日(水) 17:53~18:15
放送局 朝日放送

番組概要

ニュース (ニュース)
17:53~

今日午後3時過ぎ、金沢市役所で職員らが男に刺されたと通報。30代の男が大声で叫びながら刃物を振り回し職員らを切りつけた。刺されたのは男女4人でけがの程度は分かっておらず、病院に搬送されたがいずれも意識はあるという。刺した男は市役所内を逃げ回ったが身柄を確保された。容疑を固まり次第逮捕の方針。

金沢市役所前から中継。午後3時過ぎ、30代の男が刃物のようなものを持ち大声で叫びながら職員ら4人を刺した。事件直後すぐに館内放送が流れ物々しい雰囲気になったとのこと。男はその後職員により取り押さえられた。精神疾患の有無、動機についてはまだ不明とのこと。事件当時、建物内には確定申告のために多くの市民が訪れていた。事件後は厳重に規制線が張られ、市の職員ですら入ることが難しい状況が続いている。現在、建物内では警察による検証が進められているものと思われる。30代の男は間もなく逮捕される見込み。

青森市で今日開幕したカーリングミックスダブルスの日本選手権。平昌オリンピックの銅メダリストの藤沢選手はペアを組む山口選手と会場入り。メダリストを一目見ようとチケットは決勝戦まで異例の完売。藤沢選手はファンのサインや写真にも気軽に応じた。午後0時半に開場、0時50分に開会式、午後2時に予選リーグ開始。カーリングのミックスダブルスは1試合10エンドではなく8エンドで、1エンドも5投と少なくなる。ストーンを投げた選手がスイープすることもある。試合は藤沢、山口ペアが意地をみせ、第4エンドを終了し5-1でリード。もぐもぐタイムは藤沢選手がゼリー飲料、山口選手がいちごだった。その後試合は相手チームがギブアップし8-1で勝利。藤沢選手は「たくさんの方に見てもらいながら出来るのは光栄なこと。」などと述べた。両選手は午後8時から青森のチームと対戦する予定。

今日は各地で今年一番の陽気となり東京都心では21.5℃と5月上旬並み。千鳥ヶ淵の寒桜は満開、更にはソメイヨシノも開花までもうひと踏ん張り。千鳥ヶ淵のさくらまつりは今月29日からの予定で、千代田区観光協会の吉田事務局長はあまり早く咲いてしまうと準備が間に合わないかもしれないと話した。群馬県・伊勢崎では夏日目前の24.9℃を記録。鳥取県・倉吉市の寺の境内では早咲きの桜であるカラミザクラが満開を迎えている。

決裁を終えた行政文書が財務省内で改ざんされた問題について、財務省は疑惑が報道された3日後の今月5日に国交省が一部の文書の改ざんに気づき指摘。麻生大臣が書き換えを知ったのは11日だったという。今日の集中審議は与党側が前国税庁長官と昭恵氏の証人喚問を拒否しないことを理由に日本維新の会を除く野党が欠席。一方野党6党は合同ヒアリングを開き財務省を追及。与党内では前国税庁長官の証人喚問には応じざるを得ないとの声が出ている一方、昭恵夫人については応じない方針を崩していない。

法廷で襲撃…被告の男の手には

キーワード
金沢市役所
金沢市(石川)
藤沢五月選手
第11回全農日本ミックスダブルスカーリング選手権大会
山口剛史選手
SC軽井沢クラブ
LS北見
平昌オリンピック
青森市(青森)
皇居前
千鳥ヶ淵
千代田区観光協会
千代田のさくらまつり
倉吉市(鳥取)
名古屋市(愛知)
南足柄市(神奈川)
上越市(新潟)
山口市(山口)
東京都
高崎市(群馬)
伊勢崎(群馬)
大阪市(大坂)
寒桜
ソメイヨシノ
カラミザクラ
花見
西田昌司議員
自民党
国交省
財務省
麻生大臣
昭恵氏
日本維新の会
安倍総理大臣
希望の党
山井衆院議員
財務省理財局
柚木衆院議員
フェイスブック

ニュース (ニュース)
18:11~

オウム真理教の元幹部の死刑囚13人のうち7人を東京拘置所から移送。移送先はいずれも死刑を執行する施設が設置されている大坂と名古屋の拘置所に2人ずつ、仙台、広島、福岡の各拘置所に1人ずつ。残りの死刑囚らは引き続き東京拘置所に収容される。オウム真理教をめぐる一連の事件の裁判が1月に終結したことを受け、法務省は死刑執行の検討を本格化しているとみられている。

死刑執行について大谷氏は「3月20日で地下鉄サリンから23年経つ。死刑囚は執行までは何の刑も服してないことになる。これだけの事件を起こした13人を23年間何の罪も服さないまま置いておくのは法治国家としてはありえない。これから何人かにわけて執行していくとみられる。ただ治安情勢を良い状態でないと社会的な不安を巻き起こすため状況を見ながら動き出すのではないか。」などと述べた。

2014年、アメリカ・ユタ州ソルトレークシティーの連邦裁判所での裁判。ギャングのメンバーで恐喝などの罪で起訴された25歳の男が、弁護士の机からボールペンを持ち出し、証人の男性を襲撃。男は保安官によって射殺された。殺された被告の家族の弁護士は「ボールペンが凶器になることは理解できるが、射殺する必要なかった。」などと述べた。裁判所は保安官の行動は正当なものだったとしている。

キーワード
東京拘置所
大阪拘置所
名古屋拘置所
仙台拘置支所
オウム真理教
法務省
アレフ
札幌市(北海道)
連邦裁判所
ソルトレークシティー(アメリカ)
  1. 前回の放送
  2. 3月14日 放送
  3. 次回の放送