徹子の部屋 加山雄三&泉ピン子&和田アキ子(1)

『徹子の部屋』(てつこのへや)は、テレビ朝日系列で月曜 - 金曜の正午から放送されている長寿トーク番組である。前身の日本教育テレビ(NET)時代の1976年2月2日から、2019年現在、放送44年目、放送回数11000回以上を数える長寿番組で、黒柳徹子司会の冠番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年5月15日(水) 12:00~12:30
放送局 朝日放送

番組概要

オープニング (その他)
12:00~

本日のお客様は加山雄三さん&泉ピン子さん&和田アキ子さん。

祝!11000回SP (バラエティ/情報)
12:00~

きょうの放送で徹子の部屋が放送11000回を達成した。11000回達成を祝い乾杯した。初回放送は昭和51年2月2日で、ゲストそれぞれの初回放送の写真が紹介された。

泉ピン子と加山雄三の妻が高校の同級生で一番仲が良かった。 加山雄三と結婚したことを聞いてびっくりした。和田アキ子がデビューした時加山雄三の番組のアシスタントを務め、その後加山雄三の船に遊びに行った時に加山雄三がぼくの妹にという曲を歌ってくれた時に和田アキ子は泣いてしまった。加山雄三のことを和田アキ子はお兄ちゃん、泉ピン子は船長とよんでいる。

キーワード
ぼくの妹に
若大将フェスティバル2019 ~君にありがとう~

祝!11000回SP (バラエティ/情報)
12:09~

泉ピン子がしている指輪は14カラットのダイヤで、誰にもやりたくないから死ぬ時に飲み込むのと話した。指輪に興味津々の和田アキ子は指輪を持っているのが羨ましく指が太いから入らないと話した。

祝!11000回SP (バラエティ/情報)
12:14~

泉ピン子と和田アキ子が仲良くなったのはここ10年で、ドラマで和田アキ子の母親役を泉ピン子が務めたのがきっかけである。和田アキ子について加山雄三は「パニック状態になると電話がかかってくる」と話した。

健康について泉ピン子は「年取ると友達や役者などと健康についての話しかしない」と話した。泉ピン子は父親が糖尿病だったので糖尿病専門の病院に通っている。そのため食べたいものが食べられなくなるので寂しいと思うと話した。お酒とタバコは50歳から1滴も飲んでいない。加山雄三も52歳でタバコ64歳でお酒を辞めた。和田アキ子はタバコは辞めたがお酒は今も飲んでいる。和田アキ子は二日酔いがなく肝臓は医者に女子高生の肝臓ですといわれたことがある。タバコをやめた理由について加山雄三は「歌っている時に風邪を引いてタバコを辞めてみたらキレイに声が出たので辞めた」と話した。

加山雄三はお酒が元々飲めなかったが、黒澤明と三船敏郎がかなりお酒を飲むのを見ていて、お酒を飲まないと偉くなれないのではないかと思ったから飲んだ。父親がお酒を飲めない人で、少しでもお酒を飲ませると顔が赤くなって泣き出す。

泉ピン子は加山雄三と初めて映画で共演した時、加山雄三の自宅に出演者が集まったが、次の日のセリフを覚えないといけなかったから辛かったと話した。加山雄三は黒澤明から「セリフは思えば出る」と言われたことがある。

キーワード
黒澤明
三船敏郎
上原謙さん

祝!11000回SP (バラエティ/情報)
12:29~

テレビ創成期の照明について黒柳徹子は「髪の毛2~3本しかない人が縮れ毛しか残っていなかった」と話した。

次回も引き続き加山雄三さん・泉ピン子さん・和田アキ子さん。

キーワード
加山雄三さん
泉ピン子さん
和田アキ子さん

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 5月15日 放送
  3. 次回の放送