ワイド!スクランブル 2012年6月4日放送回

『ワイド!スクランブル』(英称:WIDE!SCRAMBLE)は、1996年4月1日から1997年9月26日までテレビ朝日・朝日放送(現:朝日放送テレビ)[注 1]の共同制作により、1997年9月29日からテレビ朝日単独制作により、いずれもテレビ朝日系列で生放送されている平日の情報・ワイドショー番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2012年6月4日(月) 12:00~13:05
放送局 朝日放送

番組概要

オウム菊地直子容疑者(40)逮捕 17年の逃亡生活全容解明へ (ニュース)
12:00~

午前11時30分、神奈川県相模原市のとある民家で、家宅捜査が始まった。その民家で暮らしていたのは、1995年の地下鉄サリン事件に関与し、特別手配をされていたオウム真理教の元幹部の女だ。女は手配されてから17年、各地を転々としながら身を隠していた。相模原市の家には、女ともう一人、自称サラリーマンの男が住んでいて、警察は男を犯人蔵匿の疑いで逮捕した。

ゲストとして、ジャーナリストとしてオウム事件を追い続けた有田芳生氏と、宗教やカルト問題に詳しい紀藤正樹弁護士が紹介された。

オウム真理教の元幹部だった女は、もともと蔵だった建屋に住み、近所の人とはほとんど話さなかったという。

きのう、警視庁に匿名の情報が寄せられた。その情報とは、特別手配されているオウム真理教元幹部の女が、相模原市の民家に住んでいるというものだ。張り込みの結果、現れた女は手配写真より大分痩せているものの、ほくろの位置や指紋が一致した。名前を尋ねる警察に、女は素直にうなずいたという。

キーワード
地下鉄サリン事件
相模原市(神奈川)
オウム事件
オウム真理教
警視庁

オウム菊地直子容疑者(40)逮捕 17年の逃亡生活全容解明へ (ニュース)
12:08~

女が逮捕された後、神奈川県大和警察署に1人の男が現れた。サラリーマンを自称する男で、相模原市の民家で女と同棲している男だった。男は、女に2005年に横浜で知り合い、2006年に町田市で同居、2010年から相模原市に転居した。男はその間、女にプロポーズを申し込んだが「私はオウムの信者だから結婚できない」と断られたという。

女は”桜井千鶴子”という偽名を使い、介護の仕事を請け負っていたが、その働きぶりはまじめであったという。

1995年3月20日、乗客12人が死亡し、5500人余りが負傷した地下鉄サリン事件に関与したとして、殺人や、殺人未遂などで逮捕された女容疑者。昨日の供述では「サリン生成に関わっていた事は間違いないが、当時は何を作っているのか知らなかった」と語った。女は高校時代には陸上部に所属し、オウム時代はマラソン大会に行くたびも出場。指名手配後は各地を転々と逃げ回ったが1996年11月、埼玉県所沢で潜伏中、警察に居場所を知られてしまう。女は仲間と共に、すぐさま家を引き払ったが、抜け殻となった家には彼女の胸中をせきららに表す日記が捨て置かれていた。

キーワード
町田市(東京)
相模原市(神奈川)
横浜市(神奈川)
オウム真理教
サリン
地下鉄サリン事件
所沢(埼玉)

オウム菊地直子容疑者(40)逮捕 17年の逃亡生活全容解明へ (ニュース)
12:13~

1996年、潜伏先に残されていた日記には、「もう逃亡生活をやめたい」とする女の悩みがあり、去年12月31日、自ら警察に出頭した男は、「区切りをつけたい」と語った。オウム真理教家族の会の代表は「(女は)色々なものを見聞きしてゆれていたと思う。逮捕されてほっとしていると思う」と語った。

女の身柄のおかれている東京湾岸署によると、女にはすでにオウム真理教への信仰心は無く、17年の逃亡生活について謝罪しているという。女は相模原市、町田市などを転々とし、「もう逃げなくてもいいと思うと安心した」と語った。

神奈川県相模原市の女の住んでいた家の間取りと、女が近所づきあいをせず、勤務先について誰も知らなかったことが語られた。

スタジオで、去年12月に出頭した元信者の男によって、オウム真理教にふたたび社会の目が向いたのが、今回の逮捕に繋がったのだと語られた。また、紀藤弁護士は同棲していた男に自らの素性を説明した事から、オウムによるマインドコントロールは解けているのではないか、と推測された。

女の逃亡生活の足取りとして、千葉市川市にはじまり名古屋と京都下京区を転々としていた事、今田捕まっていない指名手配の男と共に埼玉の所沢市に住んでいた事、昨日神奈川県相模原市に移ったことが語られた。

今回犯人蔵匿の罪で逮捕された男は、女が”桜井千鶴子”と名乗っていた事、プロポーズをしたら「私は指名手配されている。結婚できない」と断られたことを供述した。

女が知人を介して介護会社に入社した事、今年1月ヘルパーの資格を取得した事、近所では高橋と名乗り、年齢も偽っていたという情報と共に、これまでの話をおさらいして、女の近況について語り合った。

女が関与したと見られている事件は地下鉄サリン事件のほかに、薬事法違反事件、新宿、青酸ガス事件、都庁爆弾事件などがあげられる。女は、サリンの生成に関与した事は認めたが、なんの意味を持つかまでは教わらなかったとかたった。それもそのはずオウムの組織形態は特殊で、犯罪を計画したのはごく一部。他の信者は運んだりする程度である。去年12月に男信者が出頭し、きのう女も逮捕されたが、世間の目がオウムに向き始めている今、残る容疑者も大分追い込まれているのではないか、と推測された。

キーワード
オウム真理教家族の会
オウム真理教
町田市(東京)
相模原市(神奈川)
マインドコントロール
市川市(千葉)
下京区(京都)
名古屋市(愛知)
所沢市(埼玉)
地下鉄サリン事件
サリン
都庁爆弾事件

ドロ沼離婚裁判 美元(32)胸中激白 (ニュース)
12:29~

高嶋政伸と美元が離婚裁判を行われた。美元は、裁判後に離婚の可能性を示唆するようなコメントを行った。この離婚裁判について、3人の専門家が裁判の行方を分析する。

高嶋政伸は離婚裁判で美元について、証言台で、マンションの玄関の前に生ゴミ置いたり、寝るときに抱きしめないと寝れないと美元と駄々をこねるを拒むと怒りだして手がつけられなかったと話した。また、美元に生活費を上げるように言われたなどと証言した。これに対して、美元は夫が上げてくれたと反論した。

美元の浪費癖と思わせる話しについて、専門家に聞くとこのことが直接原因ではなく、考え方の違いの積み重ねによるすれ違いであると指摘した。また、2人は去年8月から別居していたが、仕事に訪れたホテルに無断で侵入して手を握っていたと美元はストーカーであると証言した。

裁判では、高嶋政伸の暴行についても裁判でも話が及んだ。高嶋政伸は美元が暴行を降るので玄関から外に出そうとした主張した。一方、美元は意図的に高嶋政伸を殴ったわけではないと反論している。これにやり取りについて専門家は、どちらにも有利になる証言となると話した。

キーワード
高嶋政伸
美元

ドロ沼離婚裁判 美元(32)胸中激白 (ニュース)
12:39~

美元は裁判後に、高嶋政伸について質問すると健康に気をつけてなどと心配をしていた。また、ホテルに行った時は、高嶋政伸に呼ばれたと話し、相手が嘘を付いていると話した。さらに、高嶋政伸に久しぶりに会えてよかったと話し、高嶋政伸の体調が戻ったあとで離婚について改めて話し合いと語った。

高嶋政伸と美元の東京地裁の様子を紹介。美元は高嶋政伸を眺めるのに対して、高嶋政伸は目を合わせることがなかったなどと話した。また、裁判中に、高嶋政伸の証言のあと裁判長から今の心境を聞かれると修復を確信したと語ったなどの紹介した。

高嶋政伸は、美元の夫婦生活について、起源がよかったのは10日ぐらいで怒りのスイッチを押さないようにビクビクしていたと証言した。また、金銭については109万円を生活費として渡していたなと証言している。さらに、ストーカーとDVについては、ホテルに勝手に侵入していたと話し、自分は殴ってないなどと証言している。

弁護士先生は、高嶋政伸は、美元離婚を申し立てた側となっているために結婚が破綻していることを立証して行かなければならないが、離婚理由としては弱いなどと解説した。

美元は、夫婦生活は修復は可能であると話していた。金銭問題については、相手が勝手に上げてくれたと話し、ストーカーについても相手に呼ばれたために駆けつけたと証言した。また、DVについては、一方的に殴られたなどと証言した。スタジオでは、弁護士からは、改めて高嶋政伸の離婚の理由では弱いと話し、再裁判はできるが再審には時間がかかるなどと話した。

キーワード
高嶋政伸
美元

夕刊ブラッシュアップ (ニュース)
12:49~

昨日逮捕された菊地直子容疑者の写真と手配書の顔がほとんど別人であると東京スポーツが報じている。警察官は道ですれ違ってもわからないくらい違っていたとコメントしている。

菊地直子容疑者逮捕のきっかけは捜査当局にもたらせれた状況提供であったと夕刊フジが報じている。この情報を受けて捜査員が現場で容疑者を逮捕したという。去年の大晦日に平田信容疑者が出頭したことがきっかけで警察は全国一斉捜査に踏み切ったのだという。

JR九州が東京・大阪の観光だけで帰国してしまう外国人に向けて、来年10月から豪華な「ななつ星in九州」という列車を運行すると東京スポーツが報じている。

「ともに頑張ろう」で奮起!?W杯予選本田圭佑秘話!

キーワード
東京スポーツ
夕刊フジ
JR九州
ななつ星in九州

夕刊ブラッシュアップ (ニュース)
12:55~

チェーンソーVS高枝切りバサミ 清掃活動中に大げんか

本田圭佑がW杯予選で復活ゴールを上げたが、試合の活躍にあたり高校の先輩の松井秀喜との秘話を紹介。松井秀喜と本田圭佑の共通知人が松井秀喜からの応援メッセージを贈り、「ともに頑張ろう」というメッセージが贈られ本田圭佑は歓迎していたという(東京スポーツ)

キーワード
松井秀喜
本田圭佑
東京スポーツ
W杯予選

夕刊ブラッシュアップ (ニュース)
13:00~

長崎・佐世保市で町内会の清掃中参加した男性2人を傷害の罪で逮捕した。事件の発端は、チェーンソーと枝を切断をしていた男性に高枝切りバサミ持った男性が騒音の苦情を言ったことでトラブルになり、持っている道具でケンカをしたと見られる。(夕刊フジ)

キーワード
佐世保市(長崎)

エンディング (その他)
13:03~

野田首相が内閣改造に対して、田畑正が注目点としてハードルをひとつ乗り越えたことなどであるなどと話した。

キーワード
内閣改造
野田首相
  1. 前回の放送
  2. 6月4日 放送
  3. 次回の放送