探偵!ナイトスクープ 2014年5月30日放送回

『探偵!ナイトスクープ』(たんてい!ナイトスクープ、英称:Knight Scoop)は、朝日放送テレビにて制作され1988年(昭和63年)3月5日から放送されている、視聴者参加型のバラエティ番組である。全国35局(後述)で放送されており、一部放送局で字幕放送(後述)を実施。2008年9月19日放送分以降からハイビジョン制作。通称『ナイトスクープ』。

出典:goo Wikipedia

放送日 2014年5月30日(金) 23:17~ 0:12
放送局 朝日放送

番組概要

オープニング (その他)
23:17~

オープニング映像。

大発見!阪尾コーナリング (バラエティ/情報)
23:21~

局長の西田敏行、秘書の松尾依里佳の挨拶。今回のゲスト、古田新太が紹介された。古田新太は最近幸せかと西田敏行に聞かれると、酒を飲んでいれば幸せだと語った。

最初の依頼が紹介された。大阪のフリーターの男性が、発見した全速力でコーナリングができる方法が分かったという依頼が説明された。依頼を受けた間寛平が紹介を行った。

阪尾大蔵さんが90度のコーナリングを絶対に曲がれるという方法を発見し、陸上選手に勝てると語った。阪尾さんはフリーター兼バンドマンであると自己紹介。今回のコーナリングはムーンウォークをヒントに考えたと語った。さらに見た目もかっこいい、180度で 5秒縮めることができるとと語った。

阪尾大蔵さんが実際に、普通の走り方と阪尾コーナリングのタイム差を披露した。用意されたコーナーを普通の走り方で3秒28で走ると、阪尾コーナリングは2秒59で走りぬけた。コーナー直前に減速する走り方に対し、直前に曲がりタイムを縮めた。間寛平も実際に走りタイムを縮めた。

近所の公園に移動し、直線が8mの正方形型のコースを用意した。阪尾大蔵さんは普通の走り方で10秒37で走り、阪尾コーナリングを用いた走りでは7秒94で走りぬけた。阪尾さんはムーンウォークとのつながりを解説した。

みなと堺グリーンひろばにてロンドンオリンピック日本代表を経験している東佳弘さんと阪尾大蔵さんが対決することになった。まず100mで実力差を比較した。東佳弘さんは11秒94、阪尾大蔵さんは14秒93で走り抜けた。続いて、阪尾さんの希望通りのコースで100mを走ることになった。対決に移ると阪尾さんがフライングをしてやり直し。対決では東さんが20秒81、阪尾さんが21秒50で惜しくも敗れた。

今度は全長72mでスタートとゴール直前の直線を8mに変更し再度対決となった。しかし再び敗れた。さらに最終章として29mで直線は3mでの対決を再度挑んだ。ビデオ判定の結果胸一枚分で阪尾さんが敗れた。

スタジオにて、西田はオリンピック選手はすごいと語り、間寛平はずっこいよねとコメント。

キーワード
マイケルジャクソン
ムーンウォーク
ロンドンオリンピック
みなと堺グリーンひろば

生卵が絶対に割れない? (バラエティ/情報)
23:38~

広島県の高校生から大発見として、卵が握っても割れなかったという発見をしたという依頼を紹介。カンニング竹山が取材に行ったことを語った。

竹山が藤本峻汰さん家族を前に、割れると語るも家族は割れないと語った。用意されていた卵は10個入り178円のスーパーの普通の卵だった。

藤本峻汰さんら家族の人々は卵を思いっきり握っても割れないところを見せた。竹山が卵を握っても割れなかった。さらに別番組で近くにいたたむらけんじも挑戦したが割れなかった。

竹山が他の卵で割れるのではと10種類の卵を用意。安いものから挑戦したがどの卵も割れなかった。

山田善春さんに電話でなぜ卵が割れないのかを伝えると、電話越しで卵を割ろうと握るが割れなかった。やがてロケ現場に山田善春さんが登場し、割れない理由としてたての力に耐えることを紹介したが、不十分なため、電話で高木昌興さんに相談。高木昌興さんもそこまで強いとは知らなかったと語った。

近畿大学に移動し、卵を割る挑戦を行った。近代のアメフト部が挑戦することになった。全員の握力を図り、握力順に並び、最大が75.5kgとなった。最小の31.0kgの部員からスタートし44.8kgで割れた。しかし、 45.1kgの部員は割れなかったので握力の強さだけで割れるわけではないとなった。そこで残り全員で挑むと48.6kg以上の握力の持ち主で56人中40人が割れた。結果アメフト部は卵がバンバン割れるとなった。

竹山は最後、スタッフ全員で卵を食べたことを語ると、スタジオで実践を促した。古田新太が挑戦するも卵は割れなかった。

キーワード
近畿大学アメリカンフットボール部
近畿大学

20年間解けないモンゴルのパズル (バラエティ/情報)
23:53~

モンゴルの市場で買った木のオブジェがパズルと言われたが、20年間解けなかった。

20年間解けないモンゴルのパズルを解いてもらうべく、モンゴル式整体院に行った。そして、そこでこのパズルを知っているという。これは難しいタイプで覚えていないという。次に居酒屋モンゴルゲルに行った。モンゴルの人は見たことはあるが、皆さん解き方がわからなかった。そこで、京都大学のパズル同好会の方々にお願いすることになった。少し動いたが、そこからは無理という。しかし、ハライチが適当にやっているとパーツが突然外れ、パズルが解けた。今度はなぜ解けたかを探るべく、パズル工房「葉樹林」に行った。これを作っている人も知っているという。そして、なぜ動かなかったかというと塗料が固まってパーツを固定してしまっていたと話した。

スタジオでトークした。

キーワード
モンゴル
パズル

エンディング (その他)
00:06~

エンディングテーマ:円広志「ハートスランプ二人ぼっち」

番組HP・携帯サイトでは依頼・小ネタ・パラダイス・特ダネ・スタジオ見学を募集中。

大人の新幹線「ラストフラワーズ」の告知。

エンディングトーク

キーワード
円広志
ハートスランプ二人ぼっち
探偵!ナイトスクープ 公式ホームページ
探偵!ナイトスクープ 携帯サイト
大人の新感線 ラストフラワーズ

エンディング (その他)
00:10~

エンディング映像。

  1. 前回の放送
  2. 5月30日 放送
  3. 次回の放送