武見敬三

武見 敬三(たけみ けいぞう、1951年(昭和26年)11月5日 - )は、日本の政治家、元ニュースキャスター、大学教員(国際政治学者)。自由民主党所属の参議院議員(4期)、WHO親善大使。厚生労働副大臣、参議院外交防衛委員長、自由民主党参議院政策審議会長を歴任。学歴は慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻博士後期課程満期退学。学位は法学修士(慶應義塾大学)。元日蓮宗檀信徒協議会副会長(現在は現顧)。問家族は妻と2男1女。海洋基本法の制定に尽力した他、自殺対策基本法、JICA改革など多くの議員立法・行政改革に携わった。その評価は国際的にも高く、様々な国際的専門家会議に招聘されており、2019年には保健問題に関する実質的な活動を担うことを期待されWHO(世界保健機関)の親善大使に就任した。国際的なトップ医学誌であるランセットは武見を「カリスマ(catalytic charisma)」と評し特集している。保健政策に関わる国際的なこれらの活動は、日本の外交力を強化するものとして評価されている。日本医師会の会長であった武見太郎の子息。麻生グループ代表麻生泰(麻生太郎衆議院議員の弟)の和子夫人は姉であり、武見自身麻生太郎とは母方のはとこにあたる。大久保利通、牧野伸顕らの子孫。

出典:goo Wikipedia

出演番組

64件中 1件~10件を表示

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 次のページ